« ガンダム オペレーショントロイ | メイン | さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン »

2008年10月24日 (金)

銀河英雄伝説 Windows版

081022_2

http://gineiden-game.jp/
SOFMAPの予約特典のマウスパット。通常版含めてで売り切れていたのがかなり驚き。


版権乱用で発売中止になった、前作と違って今回はパンナム製。
これ前にトロイやってたので評価がひくくなるけどトロイほどひどくないか。
"スゲー"とまでは行かないけど。

リアルタイムで進行するゲームなので、戦闘中は常に艦隊を動かしていかに相手艦隊の横か後ろを取る行動をする必要があり、艦隊移動ということで行動にラグが多く移動も遅いのでかなり先読みで行動が必要になりうまく原作の雰囲気は出ていると思う。
たた、一個艦隊ならまだしも、最大四個艦隊操作するのでかなり忙しいのにインターフェイスが中途半端かなーと。
無駄にXBOX360のコントローラーにも正式対応しています。あまり操作性よくないけど。

Photo_3

ゲームはGames for Windows LIVE対応なので、Xbox360のゲーマータグとLiveシステム使えるし実績システムも実装しているので360ユーザーとしてはうれしいけど、逆に無料だけどLive対応のアカウントがないと対戦できないし、期間限定対戦サーバーのわりに個人サーバー立てれないなど、PCならではの自由度がないのは、LIVEの制限。

あとプログラム、なんか異常にハイスペックを要求。とくにビデオカード。
ゲーム画面は拡大と縮小がリアルタイムでできるけどどー見ても戦艦のモデリングがズーム率に関係なく同じのよーな・・・。普通画面縮小すればモデルも簡易版にすればもっと処理軽くなる気がするんだけどね~。レベルを下げると紙切れ戦艦になり、かなり軽くなのでそのあたりはまーPCソフトらしいところ。

画面も、画面比率で表示できるエリアは変わるけど、解像度を1920*1080にしても、スケーリングされて1280*720と表示できるマップが同じというのもねぇ。高解像度にするメリットゼロです。

解像度でマップサイズが変わらないので画面比率を変更すると、マップ表示サイズがかわり

4:3
43

 

5:4
54

16:10
1610

16:9
169

どー見てもワイドのほうが大きく4:3と16:9ではかなりのハンデになるかと。
なので解像度は一番広い16:9の1280×720を推奨。

で、かるくやった感想は、Live対応といい、コントローラといい、16:9基準といい・・・
どーみてもXBOX360版出す気だろ?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/16809718

銀河英雄伝説 Windows版を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿