« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

DVDケース FCD-DR4SVN

090531

ケース無しのDVD-Rの保管用にもっとも最適なケース。
ケース入りのDVDラックはいっぱいあるけど、ケースなしのだと
キャリングケースばかりなので。

ハンガー付の不織布が80枚、両面入れると160枚入る。
頑丈だし積み重ねもOK。頑丈な分移動はやや不便だし
ハンガー部分がやたらと折れると欠点はあるけど
ケースなしの安いDVD-Rをまとめて保管するには
ほぼオンリーワンだと思うのでビデオやデータを焼きまくってる人には
かなりオススメ。

0905312

気が付けば四つあるわけで・・・。
一年に一回ぐらいで買ってる気がする・・・。
(50枚いりDVD-Rを四ヶ月ぐらいで買ってるので計算上はあってるけど)

デススマイルズ まだまだまだ


墓地はこれが限界。 あとは森か・・・。

最後の実績が発表されたけど、あれは無理・・・。
でもなんかランク表みると実績1250の人いるんだけど、どーみてもチート・・・
外人だし・・・。

2009年5月29日 (金)

グラントリノ

Photo_2


クリントイーストウッド(78歳)の最後の主演らしい。(監督はまだやる)

朝鮮戦争の帰還兵の超頑固な老人の妻が他界して一人で家で暮らすところから始まる
自分の息子にも冷たく孤立状態なほどの超がんこ。
となり家にアジア民族系の家族と子供がいて、その従兄弟の不良グループから
老人の車(フォードのグラントリノ)を盗んでこいといって老人に見つかり
お詫びとして老人の仕事を手伝うことになりご近所付き合いが始まった。

そのトロイけど素直な少年に老人が師匠としていろいろなことを教えていくのが
メインで、それを妨害するのがアメリカなので当然銃はもっていて危険極まりない従兄弟の不良グループ。
とうとう不良たちが隣家で銃を乱射逃亡して一人娘まで襲われ老人がついに切れて
行動に出るまでがほぼ話の全編。

あらすじ書くだけだと非常につまらない話になるけど、そこは名監督。
どうでい良いような話をうまく見せていて、現地人を出演させたアジアの
モン族の生活とか、非常にこだわっていて飽きさせない。
ラストシーンの行動は考えさせられるけど、ミリオンダラーベイビーや硫黄島シリーズとか違ってなにかつっかえたまま終わるわけではなく
しっかりと泣かせます。

スタートレック

Photo

自分はトレッキーではなくトレッカーなので、TOSの世代にそこまで思い入れは無いけど、監督がMi:3やクローバーフィールドの監督といえば見に行かない理由が無いわけで。

原題も邦題もナンバリング(11作目)がないことからいままでのTVドラマシリーズの映画ではなく完全新作でパラレルワールド扱い。
そうでもしないと若いスポックと元祖スポックを同時に出すのは無理。元祖スポックがTVシリーズの世界から130年ぐらい前にタイムワープという、いかにもスタトレな設定らしいけど。
その老スポックが今回の話の鍵。

いまどきの映画らしくCGを多用した宇宙船戦闘もあるけど、スタートレックの肝は人間ドラマ。
出会ったばかりのカークとスポックの怒鳴りあい(そしてバルカンアタック)や、船らしくそれぞれの担当部署の人間と協議しながら解決していくのはいかにもスタートレックで一安心。

敵役といえばクリンゴン星人(名前だけは出る)だけど出てくるのは、バルカンと
ロミュラン星人。
削除した決断は結果として時代設定がスリムとなり初心者にも判りやすくなったストーリー、上映してすぐにUSSケルヴィンの遭遇戦からはじまり、カークとスポックの少年時代、USSエンタープライズの進宙から一気にラストまで126分、ほとんどノンストップで話が進む展開は非常にバランスが取れていて飽きが無かった。

STファンは、若いクルーや出てくる単語にニヤニヤしたりとファン考慮しながら、新スタートレックエピソード0にあたるので以前のスタートレックを全然知らなくても楽しめるようになっていてファンでなくても予告で面白そうだと思ったなら
期待を裏切らないデキなのでオススメです。

ラストの"Space... The Final Frontier"のセリフとTheme of Star trekの曲はかなりグッときた。 ウルトラクイズとは言わないように。

2009年5月27日 (水)

あずきのチカラ

0905261

あずきを電子レンジで熱して使うアイピロー。

0905262

あずきのお手玉の長い感じで、目頭の辺りだけ小豆が入ってない。
重さは160gでお手玉二個分ぐらい。

0905263

目に当たる面は熱しすぎるとキケン!が浮かび上がる。

いつも使っている、のぽぽんHOT&COLDとの比較
・顔との密着度が中身が小豆なので高くどっしりと乗ってバンドがなくても意外と落ちない。
・適切な温度が分かる
・温度にムラがあっても振って均等化できる。
・買いやすいし安い(ダイコクドラックで698円で普通に売ってた)
・のぽぽんの保温ジェルと違って小豆なので冷めやすい(10分ぐらいなので使用には問題なし)
・顔との接触面が不織布なので衛生的に繰り返し使うのにちょっと問題があるかな・・・。
 (のぽぽんもあまり変わらないけど・・・)

メーカーが桐灰科学なので非常に買いやすいし、値段もお試しで買っても問題ないぐらい安い
使い捨てでもないのでコストパフォーマンスは悪くないかと。

2009年5月25日 (月)

CyberClean

0905251

スイス生まれの新感覚クリーナーらしい。

0905252

中身はゲル状。かなり前に流行ったスライムといえば分かりやすい。
アレをエタノール添付して消毒効果をつけた感じかと。


0905253

このホコリまみれのキーボードを・・・。

0905254

スライムが侵食、なんかエロイな。
そしてひっぺがすと・・・。

0905255


           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/
    |        \
    |        |

微妙にきれいになったよーな・・。

0905256

クリーナー側みると確かにホコリはとれてるけどヨゴレはいまひとつ。


結論
キーボードの隙間のホコリ取りしては手軽で簡単でいいけど
よごれ取りとしてはイマイチかなと、手のアブラ程度なら取れます。

2009年5月24日 (日)

デススマイルズ まだまだ

あくまでNotデスで3億目指してやってるけど、さすがに限界になってきた

現状プラン
港2でカウント1000+1000ぐらいでクリア

墓地を3200万ぐらい、クリア時のカウントは850以上が理想。

で、湖畔3で2000万で1000+0以上でクリア

カウント1000+0で開始、火山で7500ぐらい。湖畔だとあまりカウントが持ち越しが出来ない所為か。

これで大体1.5億。
沼2でどーがんばっても2000万いくかいかないか程度なので1.7億。
森3でリシャージしてボスでパワーアップして倒して稼ぐのが一番かなー。
森3のWハイパーという手もあるけど。

そのあたりで予選で2億いけそーな予感。

各面のカウントの持ち越し
港(1000+α)→墓地(850)→湖畔(800)→沼(300)→森(1000+α)→火山

で各面の点数
港()→墓地(3500)→湖畔(2000)→沼(2000)→森(3500)→火山(9000)
となれば予選で2億行くはずだけど厳しい。

バンコックデンジャラス

 

Photo

広告とか全然やってなかったので 案の上来週(しかも木曜)で終了なので
土曜日見てきた。
土曜の夕方の10分前で席とってもど真ん中とれるほどの人。

いつも一人で孤独だけど、成功率100%の完璧な暗殺者のジョー。
バンコクに来て四件の依頼受けて引退するつもりだったが・・・。

仕事で怪我したので薬局に行って、耳が聞こえない医者のフォンになぜか一目ぼれ。


ついでに現地で雇った依頼者との運搬役を弟子にして育てていく。
完璧な仕事も不完全になり、最後の依頼でミスをしてしまう。

予告でやってるミスというのはと最後の終盤の方なのでミスして追われるのが話しの
メインではありません。
バンコクで孤独な奴が堅気の女に引かれながら暗殺を続けていくのがメイン。

で、孤独であるジョーの自分で作った掟がこれ。

その1 質問するな
その2 堅気の人間とかかわるな
その3 跡を残すな
その4 引き際を知れ

実に破りまくってます。

衝撃のラストも、どうも説明不足過ぎるし、いきなりそのまま終わるのでかなり消化不足。
アクションに関しては、スナイプあり、スニーキングありと退屈させない程度にはあるので話の消化不足が実に残念。

ニコラスケイジのガンアクションといえば、真っ先にフェイスオフなんだろうけど
あれを期待するとちょっと残念な結果になるので注意。

フェイスオフはかっこいいガンアクションとしてオススメ。
ヒットマンは、暗殺者物としてはややB級だけどこれよりは・・・。

2009年5月23日 (土)

スラムドッグ$ミリオネア

Photo_2

元々梅田だとガーデンシネマのみの予定だけだったけど、
受賞したとたん一気に増えた模様。パンフの下の帯も追加もしてるし。

インドでのクイズミリオネアにスラム出身の青年が出場。
残り一問で2000万ルピー獲得というところから始まる。
今までの問題は前回の放送で回答しており、前回の放送直後に不正疑惑で
警察に捕まり、前回の放送のVTRを見ながら尋問されていく。
青年の人生で出会った出来事が問題として出題されて不正ではないこと証明する。
そして、最終問題を答えるためにTVへ出演するというのが話の筋。

少年の波乱万丈な人生をクイズの問題にあわせて語っていくあたりは、
非常にうまく表現していて、観光地のきれいなインドではなく、
スラムだらけから超高層ビジネスビルが乱立する急成長するインドを表現する
社会性やその中を逞しく生きていく中で幼馴染で途中ではぐれた
少女を探し続ける純愛物。
スラム出身のお茶くみの主人公が一夜で大金を獲得するアメリカンドリームを非常にうまくミックスした作品。
最終問題に答えるための番組へ出演する最高潮時はスラムの人々からの賛美にきっと共感するはず。

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ

Photo


超電王シリーズらしい・・・。まだ続けるということですか、これは。
一応仮面ライダーディケイドの電王編の続きになるけど、
あまり伏線貼っていない(ジークとか小さい良太郎とか)ので
これ単体でみても全然問題はないけど、孫のNew電王が説明も無く出てくるので
前作の劇場版は見てないと?になること間違いなし。
ディケイドも去年のキバと同じような扱いでちょい役。
TVの電王編と違って、士に憑いてディケイドに変身とかするぐらい。

内容についてはいつもの電王。一応子供が主役っぽいところもあるけど、
メインではないので。安心していつもの電王をお楽しみください。
でも、鬼に間違えられるモモタロス。どーみても一番鬼に見えます。