« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

ディケイド 最終回

0908303

番組もう終わるのにまだ戦ってた・・・。
なにこのバッドエンド展開は。

0908304

で続きは冬の劇場版ですか・・・。

ある意味一番やっちゃ駄目な終わらせ方かと。
仮面ライダーWやるぐらいならTVで完結させればいいのに。

ロードレーサーのサドルのセッティング

ケツが痛いのでサドルカバーつけてから膝が痛くなって来たので、
まじめにサドルとハンドルのセッティングをやってみた。

サドル跨いだときの股下の寸法を測って、そこから設定するらしい。
で股下の長さが76.5cmなので
BB軸からサドルの高さの長さを股下に0.88かければいいらしいなので67.32cm。
で、実際測ると73cm・・・。ちょっと高すぎる模様で。

確認する項目は四つ
サドル高 (BB軸中心からサドルの中心の高さ)
サドル後退幅(サドル先端からBB軸中心まで)
サドルハンドル間距離(サドルの先端からハンドル中心軸まで)
サドルハンドル高低差(サドルとハンドルの高さの差)

股下76cmぐらい基本は
サドル高   68cm
サドル後退幅 5.5cm
サドルハンドル間距離 49.5cm
サドルハンドル高低差 5cm

で実測は
サドル高   73cm
サドル後退幅 4.5cm
サドルハンドル間距離 49cm
サドルハンドル高低差 8cm

サドルが高いから他もあってない模様
いろいろ弄ってここまで修正

サドル高   68cm
サドル後退幅 5cm
サドルハンドル間距離 50cm
サドルハンドル高低差 5.5cm

確かにペダルも回しやすいし、肩甲骨も広がってる感じで上半身も楽。

変更前

0908301

変更後

0908302

何処と何処が変わってるかは、間違い探しで。
あとは実際乗って微調整というところで。


セッテング方法、ペダリング方法や上半身の使い方とかいろいろ載っているので
かなりお勧めです

平成ガメラ Blu-ray BOX

090829

平成特撮ブームの火付け役の平成ガメラ三部作がBD BOX化。
定価換算で一作当り4200円とDVD版の3800円と変わらないし、DVDにはついてない
スタッフ95人の映像インタビュー集「15年目の証言」もついてる。

BDとはいえ画質的にはノイズが多くてちょっとイマイチなところもあるけど
値段的にも安いし、前もってたのが単品のLD-BOXなので調度いいかなーと。
LD-BOXに付いてたメイキングは欲しかったけどね、この映画の特撮技術の
レベルはCGに頼るようになった今では見られないぐらい高いので。

つーか

0908292

TVつけてたらBS11でガメラやってるし・・・。
画質もそんなに変わらん気がする・・・。

 

2009年8月28日 (金)

G.I.JOE The Rise Of COBRA

Gi

アリメカだとTVアニメにもなっているアクションフィギュアが原作。
日本でもプレミアがついてる玩具で有名かと。

MARS社が作った金属を腐食させるナノテクノロジー兵器を輸送中のNATO軍に謎の超兵器で
武装した部隊と交戦。味方と思われる別の超兵器を使用した部隊に辛くも兵器共々助けられるが、
助かったのは部隊長のデュークと友人のリップコードのみ。
その部隊に引きつられて世界中から集めたエキスパート集団G.I.ジョーの基地へ着いて
MARS社の社長より正式にG.I.ジョーに兵器の輸送依頼がくるが実はMARSの社長の先祖は
敵国同士に武器を供給しており・・・
という感じの話。

敵も味方も超兵器、ナノテクノロジー兵器をめぐってパリの街を車やスーパーアーマーでチェイス
(ただしまわり巻き込みまくり)や、同門弟子同士の忍者剣術アクションとか、
南極基地での総力戦とかこれでもかーというぐらいノンストップでアクションが展開されます。

ただサブタイトルどおりの悪の組織COBRAが誕生するまでの話なので
逃走中に突然コブラの組織宣言をするコブラコマンドーや、誰が見ても消化不良な大統領の事や
ラストの方は無理矢理次回作へ引っ張った感じがするのがちと残念。

アクションとか話を盛り込みすぎてちょっと食傷気味にもなったのでもう少しメリハリが有ったほうが
よかったかなーと思うけど、予想以上に金掛けた二時間分しっかり楽しめる(ラスト除く)
アクション大作かと。

クアアイナ アボカドバーガー

090828

なんばパークスにあるクアアイナのアボカドバーガー。
肉が1/3LB(約150グラム)なのでマクドのクォーターパウンダーが1/4LBのそれよりも多い。
それ以前にトマトの5mmスライスが二枚、アポカドが一枚が入って無駄にドデカイ。
一番すごいのは値段、ハンバーガーだけで1080円也。
マックポークが10個買っても釣りがきます。

味付けがかなり薄め。悪くはないけどその辺りの佐世保バーガーのほうが個人的には
好みかなと。


マイクロソフト、北米でXbox 360本体の値下げを正式に発表

http://gs.inside-games.jp/news/200/20009.html


Xbox 360 Elite $399.99$299.99
Xbox 360 Pro $299.99$249.99 *在庫のある限り
Xbox 360 Arcade $199.99 → $199.99

になったらしい。日本でなら、29800円、24900円、19800円ってところかと。

Arcadeを下げていない時点でパンチ力不足。PS3下げたのでこっちも下げました感
が非常に強い。世に言う実質値下げみたいな。

EliteとPS3が同じ値段ならBD付いてる分PS3買うのは当然な気がするんだけど・・・。
Proがなくなるとますます比較されるし。

Arcadeが170ドルぐらいでEliteが250ドルなら良くやったなんだろけどね。

どっちみち日本だと19800円のアーケードでもそこまで売れていないからあまり変わらんのだろうけど・・・。
どーもSO4以降日本の市場で売れそうなゲーム(世に言う大作RPG)のリリースが
無いのが原因だろうけど、個人的には良質な洋ゲーのローカライズがされれば全然OK。
でも売れないと市場も広がらないから売る為には日本市場に媚びたゲームがいるわけで・・・。
TGSでの発表に期待したいところ。

しかし、こんな状態でも値段を下げないWii・・・。
個人的にはソフトがかぶるPS3よりも、ダウンロードゲームがよさげなWiiの方が
ほしいところだけど、値段が下がらないとどーにも買う気がしない。

日本HP、10.1型1,366×768ドット液晶搭載のミニノート「HP Mini 5101」

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090827_310972.html


アメリカで先行販売してたのが日本でも発売開始。

Atom ZじゃなくてAtom Nで1,366×768の解像度でノングレア液晶とかなり惹かれる
スペックなんだけど、7万の価格帯は微妙・・・。

キャンペーン価格でひとまわり大きいけど、重さは同じのThinkpad X200sとそんなに値段が
変わんないんだよね・・・。

あたらしいIdeapad S10-2が1280×720とちょっと解像度が落ちるけど、
6セルバッテリーで六時間持つし青歯ついて55000円ぐらいなので今買うならこっちかなーと。

まーそろそろBD再生も動画支援で余裕らしいIONネットブックもそろそろでるしWindows7も
発売されるのでそれらを待って考えても良いんじゃないかと、自分に言い聞かせてたり。

2009年8月27日 (木)

ボルト

Photo

ディスニー映画。ピクサー製作なので子供用の超安定な話。

TVドラマでスーパードッグとして活躍する犬、ボルト
ずーとスタジオで生活していて子供の頃からTVスタジオから出たことがなく、
ドラマのスーパードッグの力が本当にあると信じ込んでいる。

ドラマの展開でドラマでの飼主である少女ペニーが連れ去られてしまい次週へ続く展開となり
信じ込んでいるボルトは離れ離れになったペニーを助け出そうとしてスタジオを飛び出したが
運悪い展開となり、ハリウッドの反対側のアメリカ東海岸に着いてしまう。
ここから猫のミトンズとハムスターのライノと一緒にペニーにところへ旅をする。
途中で自分がただの犬という現実をしって挫折するボルトにいろいろ教える現実的なミトンズ、
TVの活躍を信じきってるライノの応援もあり何とか進んでいくという
定番すぎる話。

字幕版は知らないけど、吹き替え版はちゃんと日本仕様にボルトのネームブレートが"Bolt"ではなく
”ボルト"になってるし、挿入歌も日本語でローカライズもしっかりしてる。
(劇中の看板とかはBOLTだったけど・・・)

いろんな意味で安定してるな~と。
逆にいうと子供向けすぎて物足りないところでもあるけどね。

しかし、CMで"ボルト"で検索ってあったけど、いま一番上に出てくるのは
ウサイン・ボルト・・・。

2009年8月26日 (水)

センコロール

Photo

パンフは初日で売り切れだそーな。空の境界見に行ったとき買えばよかった・・・。

2007年発表された動画革命チャンネルのトレーラーの方が綺麗なんですけど・・・。



監督、脚本、作画を宇木敦哉一人で作成した30分アニメ映画。
「ほしのこえ」や「秒速5センチメートル」の新海誠に続けといわんばかりの感じだけと
あのレベルまで行ってるかというと、微妙かなーと。

謎の生物「センコ」を従い似たような生物と戦いに普通の女子高生が巻き込まれるのが
一応のストーリー。
でも、30分の尺の所為で、話が第一話、もしくは前編で終わってる。
ナゾの生物の正体や、何で戦っているのかとかまったく謎が解けずに終わってる。
後編とか予定があるならまだしもこれ単品で考えると風呂敷ひろげました、終わりました、と
まー中途半端な感じ。

そりゃ個人レベルとして考えるなら、かなり高いレベルなんだろうけどお金とっている以上は
プロレベルの物が見たいわけで。
一番良かったのは二年前のトレーラーというのはいただけないかなと。
後編作ってしっかり話をまとめるのであればまた評価が変わるけど、予定がないのであれば
CGAコンテスト発表会の佳作レベル程度の作品ですな。

いまさら CATAN

本メールは、マイクロソフト株式会社が 2008 年 3月 21日 から 4月 11日
まで実施いたしました『Xbox LIVE "CATAN" プレゼントキャンペーン』に
ご応募いただいた方へ個別に配信しております。

■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         Xbox LIVE "CATAN" プレゼントキャンペーン
         --賞品のお届けと発送の遅れに関するお詫び--
■_________________________________

昨年実施いたしました『Xbox LIVE "CATAN" プレゼントキャンペーン』に
ご応募いただき、誠にありがとうございます。本キャンペーンにおきまして、
一部のお客様に "CATAN" のご利用コードがお届けできておりませんでした。
プレゼントの発送が遅れましたことをお詫びを申し上げますとともに、以下
の通り "CATAN" のご利用コードをお送りさせていただきます。

今後とも Xbox 360 に変わらぬご支援をいただけますよう、
お願い申し上げます。

15ヶ月も経ってもらってもねぇ・・・・。
遅すぎるわ。