« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

Mitsubishi F-2A ただし

Imas1

アイマス仕様・・・。

Imas2

パーツも黄色・・・。パーツ数そのものは少ないしF-2は中型機なので小さい
F-2そのものは新しい機体なので金型も新めで作りやすいかと。

Imas3

ただし、デカールは星の量が死ねる。
パネルラインのグレーや白のラインもあるので機首白い部分以外は成形色でもそれなりに
見れるはず。
まー基本は全塗装ですけど。

Imas4

デカールの請求代がなめてる。本体余裕でもう一台買えます
(アイマス機は限定品なので買えるかは別)

ハセガワの在庫がなくなるほど好評らしいけど、この世に完成品が出来上がるのは
そのうち何割か・・・。
これでスケールキットに目覚めてくれるとメーカーとしては嬉しいんだろうけど。

元々のF-2Aのキット比べても価格がそんなに変わらないし1/72サイズだから買ったけど
1/48とかになるとF-2で30cm、F-22で40cmと置き場所に困るので
できれば1/72シリーズで展開してほしいところで(買うかどーかは別だけど)



ちなみにモデグラ1月号には、1/72 F-16C用の真美デカールが付くそうで
兄弟機のF-16買って双子機作れということらしい。

ウルヴァリン : X-MEN ZERO

Img93020190001

X-MENのスピンオフ、人気キャラのウルヴァリンの誕生の話。
西暦1845年のカナダで病弱だったジェームスがとある理由から腕から爪を出してミュータント
として覚醒して、似た様な能力の兄弟のビクター(セイバートゥース、劇中で名前出てこなかった)と
世界を転々としていかにアダマンチウムの体になり、記憶がなくなるまでの話。

X-MENと違って、プロフェッサーXとマグニートの争いという分かりやすく太い筋が有ったけど
今回はウルヴァリンの私怨がメインなので話が小さく見えるし、X-MENや続編に続く以上
メインキャラの生死はバレバレ。死亡確定な奴も死んでません。

カンビットの杖やデットプールの刀とかのミュータントの超能力はかなりカッコイイし、
X-MENからのゲストキャラもでるし(といっても一人除いて子供だけど)
回を追うごとにすごくなっていくヒュージャックマンのマッチョっぷりとか見所は結構ある。

見て損はしないけど、ファン以外でも絶対見に行けとはいえないぐらいかなーと。

どーみても続編作る気満々終わり方だったけど、この続編や、デットプール、マグニートの
スピンオフ、他のX-MEN若き日の話が映画化もされるらしい。
アニメ化もされる予定だけど、日本ではスパイターマンの次に知名度はあると思うけど
どこまで行けるかな~?

自転車保険

Ts3m0022_2

http://www.jitenshahoken.com/

自転車の盗難保険はヤフオクで買ったので掛けれないけど、ぶつけた際の損害保険は個人に対して
なので保険掛けた。

無灯火で車道に右側を携帯見て音楽プレーヤー両耳ふさいで走るお馬鹿に
ぶつかったところでむこうが悪いし車やバイクでも向こうが悪くなるので対人向けの保険かと。

ぱっと見てYahooのちょこっと保険の自転車プランがお手軽なのはいいけど、額が少ないし月単位で
考えるとそんなに高くないけど年で考えるやや割高。

JCAの自転車総合保険だと安いし、保険適応がレース中も入りかなり広い。
でもJCAに加入必須で4月からじゃないと割高になる。

他のとなると大手のだと車の特約とかではあるけど、単体ではほとんどなくなった。

で、結局日新火災ぐらいしかないので結局ここで。
通院とかはいらないんだけど仕方なし
入院が3000円
賠償責任と死亡時が2000万円。
で掛け金は三年で7290円。月換算で202円也。
三年後にこの保険コースが残っているかは知らないけど、とりあえず三年は安泰

2009年9月29日 (火)

サブウェイ123 激突

123

原作があり三度目の映画化らしい。原作見てないけど・・・。

NYの地下鉄がジャックされて、その犯人がたまたま居た運行指令係に無線で
一時間以内に1000万ドルを持ってこないと一分ごとに乗客を殺害していくという要求をする。
犯人と指令係の無線でのやり取りの心理戦が肝なサスペンス映画。

ドラマ"24"みたいにリアルタイムっぽく一時間が展開されていき
賄賂疑惑で落ち目な指令係と出所して死を恐れない犯人との相手の腹の探り合う無線の
やり取りはなかなかみてて面白い。
特に犯人役のジョントラボルタの切れっぷりがなかなかいい味出してます。

孤立した地下鉄でアンテナ立てて無線スポットを見つけて外の状況を確認とか、
犯人の真の目的の確認とか、ネットの検索エンジンから指令係の賄賂疑惑を見つけ出すとかは
今時らしい話の展開だし
タイムリミットがある為展開が非常にスピィーディなので見てて飽きなかった。

ただ人質とか何かありそうな展開のキャラが何もなかったとかの主役の二人以外のキャラが
あまりにもおざなり過ぎと、ラストの犯人の諦めの早さっぷりがちょっとイマイチだったかなーと。

2009年9月27日 (日)

Gaming Mouse G500

Img_0769

四年前に買ったG5 Laser Mouse。レーザーマウスの安定感や操作感覚は
悪くなかったけど、親指のボタンがひとつだけというのが不便で
その後そのボタンだけ追加されたG5-Tが発売されたけどボタン追加だけに
マウス買い換えるのも悩んで数年、ようやく新しいモデルのマウスが出たので
買ってみた。ワイヤレスマウスという手もあったけどPCで一番よく使うデバイス
なのでちょっとした遅延や電波障害で止まったりすると一気にストレス溜まるので
ワイヤレスはパス。
インクはSofmapで一万買うと1000円割引券が有ったのでそれの間に合わせ用。

Img_0771

G5と比べると高さは変わらないけど、やや幅が広い感じ。
といっても広くなったのは前のほうで指ではさむ真ん中あたりはほとんど変わらない
ので操作感覚はほとんど変わらない。
ボタンはG5が8でG500が10。
親指のところはちょっとザラザラしている。
マウスのコードは相変わらずの布巻きのコード。

Img_0780

レーザーの位置が変わってるけどあまり違和感なし。
マウスのソールが取り外しやすいように切り込みが入っているのはGood。

Img_0787

マウスのカウント数を変化させるボタンはホイール下から左側に移動。
あまり指を動かさずに人差し指でカウントが変更できる。でも瞬時にするには
ちょっと慣れがいるかと。
瞬間的に変更する必要があるのはゲーム中にスナイプするときぐらいだろうけど。

段階は三段階でデフォルトで400,800,2000dpi。
マウス本体のLEDで目視可能。Dpiの数値はSetpointで変更可能。

Img_0784

ホイールが今のロジクールの高めのグレードに搭載されている物に変わっている。
ホイールが重たいので一気にまわすときによく転がってるのでスクロールさせ易い。
ホイールの後ろのスイッチでホイールをカチカチとクリックするモードと、
カチカチクリックがまったくないモードに切り替えができる。
クリックがない場合にホイール一気にまわすと数秒間回り続けます。
当然スクロールはさせやすいけど、回転させてホイールとめる時にブレが出やすい。
ホイールボタンを押したときも同様にぶれる。

Img_0785

親指ボタンは三つ、真ん中のボタンでマクロを登録してマクロボタンとして使用可能。
マクロボタンが下のほうに有るので進む戻るボタンの境目の上の方を押しても
ちゃんと、進む戻るのボタンは押せる。
G5と比べればブラウザの進むボタンがついたし、ボタンがかなり出っ張ってるので
押しやすい。

Img_0783

G5から賛否両論の重し。
重いマウス好き専用で普通なら無しでも十分な気もする。

01

マウスのソフトウェア、Setpoint
この一覧に出ている設定はマウスのメモリに記憶可能で
別PCでも差した時点でそのままの設定で使用可能らしい

 

02
マクロエディタ。
マウスもキーホードも遅延も記録可能。
これもマウス本体に記録可能。
ネットゲーとかで引っかかりそうな気もするけどどーなんだろ・・・。

個人的には
・G5と変わらない操作感覚。
・ホイールがまわしやすくなった。
・親指ボタンが増えて押しやすくなった。
・マウスのソールが交換しやすくなった。
 (G5とソールの形はほぼおんなじなので流用可能かと)

といいところばかり。
チルトホイールのやり辛さとホイールボタンの押しづらさはG5から変わってない。

結論としは満足のデキ。
ただゲーマーマウスもってても、やるPCのFPSとかのゲームが家庭用先行とか
減ってきているので使う機会が減ってきているのでちと残念。

つーかAmazon安いな・・・。

エロゲの特典

0909271

ハルカナソラ
・黒ウサぬいぐるみ
・キャラクターソングCD
・テレカ
・ピロートークCD
・携帯液晶プライバシーフィルター
・お風呂ポスター

夏ノ雨
・ドラマCD
・イラスト集
・お風呂ポスター
・ベットシートカバー

両方購入特典
・下敷き
・システムボイス

多すぎるんですけど・・・。

そもそも同じ会社の別ブランドで同時発売は二兎追うものは一兎を得ずのように
両方共倒れて、Gardenのシナリオすっぽ抜けとかなりそうで気になったところだけど
評判みるかぎりではそんな感じはないのでちと一安心。

第21回 CGアニメコンテスト

090926

http://cganime.jp/EX/contest
今回はKyoto Cross Media Experienceが主催になったので京都で開催。
CGアニカップの日仏親善試合も次の日に開催となってた。
その所為で東京上映が今年は予定が無い。(アキバでの予定が有るとか無いとか)

21回ということで、20才超えたのでDogaだけじゃなくてもっと大きな規模にしようという事で
主催を変えてフランスの団体を含めて規模を大きくしたのは良いけど、
いままでのCGアニメコンテストらしい、草の根的な感じが回を追うごとに
協賛が増えるたびになくなってたけど今回はさらになくなってきたなーという感じがする。
休憩時の放送事故もなくなってたし・・・。
まー作品のレベルがどんどん上がってきているから、その作品を草の根レベルのまま
の発表会で埋もれさすにはもったいないので仕方ないのかな。

今回の要点

・CGアニカップの為二日開催、上位の五作品は次の日上映。
・放送事故なし
・イヴの時間の一話上映で相変わらずの会話のテンポの良さで続きがきになる
・吉浦康裕監督のイヴの時間のプレゼンすげーうまい
・いつものDVD販売は、許可がまだ出てないので発売なし
・イヴの時間の1~5セット、目の前で売り切れで涙目

イヴの時間はGyaoでみれるから良いんだけど、上映作品のDVD販売がないのは
ちょっと痛いところ、せめて選外の外伝だけでもほしかったところで。

あと土日開催は休日がつぶれるので一週あけるか三連休の時にしてほしかったところで。
もしくはCGアニカップはCMEX主催で、CGアニメコンテストはDOGA主催で別扱いでするとか。
(スタッフ死ねるけど・・・)


会場で一番受けていた中学星がyoutubeで上がってた。 このノリが一作しかなかったのも残念。

2009年9月25日 (金)

Forza3 予告どおりにデモ配信

F1

予告どおりに9/24にキタ。
つーか、直前にデタ動画がすごすぎる

どーみても頭Dパクッた架空の富士見街道コース、マクロ操作ではなく実際に操作した
リプレイらしいけど、こんなドリフト出来ねー。
実車でドリフトするのとおんなじでForzaでドリフトは設定をケツフリセッティング
にしてもかなり難しいです。

話戻してデモ版

コースは一箇所E3で発表されたときのコース、使える車は5台。

F4

設定にオートブレーキが付いた。
これONにすると、バトルギア4にもあったコーナーで自動的にブレーキ掛かるので
アクセルベタ踏みステアリングだけで走れます。

シフトをMTにするとクラッチボタンでギアチェンジしないとギアボックスが壊れるらしい。
ダメージ、消耗をシミュレートにすると、ガソリン減る分車体が軽くなるけど、
軽くぶつけるだけでもあっという間に走行不能に。

F2

同時走行数は前作とおんなじで8。もう少しほしいところなんだけどね。
あと車内視点が追加。いままでのゲームで一番違和感のない車内視点、
すごい走りやすい。車体にダメージ食らっても車内の損傷はありません。
さすがにボディが壊れても中は安全といいたい車メーカーが許さないんだろうけど。

F5

でも、今回はひっくり返ります。
きれいに引っくり返ったままだとアクセル全開でクルッと戻ります。
救済処置かと。シミュレーターなのにここはかなり不自然。

F3

リアルタイムテレメトリ表示は前作どおりだけど配置と透明度が変わって表示したままでも
走りやすくなった。

あとは、ゲーム中で一定時間戻ってミスをなかったことにできる
リワインド機能もあります。

F6

リプレイもよくなった。
編集してアップロードすれば、WebからAviファイルとしてダウンロード
できるらしい。

かるく触った感じでは前作を引き継いでさらに初心者向けにもセッティングが出来るように
なった正当進化版といった感じ。
Forza2のデモ版ではパッド操作は困難だったけど、今回は結構余裕でいけるようにもなってた。
MTでもクラッチ操作に関しては、クラッチ付きのハンコンを出すらしいのでそれ用なのかなと。
クラッチ押さずに変速するとリアルにガリガリと音がするのが痛々しいです。

デモ版では、痛車作成ペイント機能はないけど、前作よりパワーアップしているらしい。
オークションは、ペイントのパーツごとにオークションができたりセッティングのオークションも
できるんだそーな。

いい意味での予想通りの体験版でした。
できることなら体験版でタイムアタックランキングしてほしかったかなーと。
修正ランキングはある模様。

例によって適当プレイ動画。横転できたのでそれでよし。


しかし、これのライバルゲーム。
四作目から五作目つくるまでにForzaが3作出来たわけだけど
どんなものになるかねーと、遅くなれば遅くなるほど敷居が上がるのに・・・。

2009年9月23日 (水)

妙見山に登山 (ただしチャリで)

シルバーウィークで長距離でも行こうかと思ってたけど、生憎の天候なので
比較的短時間で帰れる近場で登山、勝尾寺は行ったから妙見山へ。

Img_0705
前回のハンガーノックは懲りたので最初から補給食準備。

 

Img_0707

いざ423号線へ。コンビニがたくさんあるのはここからコンビニがないので
補給しとけという意味か。
伏尾越えるとえんえんと山道。といってもそんな急勾配ではないのでラク。

Img_0710

道が拓けたと思ったらトンネルの入り口。
ここから新御堂筋までぶち抜いてるのか・・・。
止々呂美や豊能の人には便利だけど逆からはあまり人が来ない気がする。
新名神の完成待ちかな。

ここから箕面森町まで道は状態はよかった。

Img_0711

金石橋交差点
伏尾から来た場合、ここを左に曲がると最短距離で妙見山につくけど山二つ越え。
右にまがると箕面ダム経由で勝尾寺にいける。
勝尾寺、妙見山コンボツーリングとかはやってるそーな。
ここで一時間ほど掛かったので補給。そのまま直進。

豊能町中心部に奇跡のコンビニが、持ってくるの忘れてたタオル購入。

Img_0713

妙見口交差点。ここを左折して野間峠へ
ここで距離は20kmぐらい。当てにならないProtrekの高度計は280m
(実際は360m)
ここまではぜんぜん余裕です。

Img_0714

田舎風景ですが大阪です。

ここからが急勾配。34-25のギアはヘタレ脚で漕ぎ切れず、妙見入り口手前で歩きに。

Img_0730

ヘコヘコと歩いてやっと見えた妙見山の看板。
ここで高度計は400ちょっと。(Protrekの誤差は50mぐらいで実際は460m)
423号線分岐から1kmぐらいで100mぐらいあがってます。
ここから残り2kmで150m以上あがる事になる。
最初は非常に急勾配、途中は楽だけど、最後も急勾配になり、すーかり忘れてた
立ち漕ぎでなんとか登り切る。

Img_0716

山頂駐車場に到着。
ちなみここは兵庫と大阪の県境なのでチャリのリアタイヤだけが大阪にあります。
ここで高度は570m(+50で620m)。掛かった時間は家からほぼ二時間。
電車+徒歩よりは速いはず・・・。
人は結構居たけど、ローディー海苔は自分含めて三人ほど。
ここまで自転車で来る馬鹿三人。
ただ走って車道上ってくる人も居た、上には上が居る・・・。

のこり山頂までは徒歩。

Img_0718

参道っぽい道をまっすぐ行くと着く星嶺の礼拝堂。
どーみても仏教の礼拝堂じゃねー
山頂へはここまでくるの途中参道で分岐してる未舗装の道を登る。
かなり急勾配で石も積んでない未舗装なのでロードシューズだとくだりは危険。
MTBシューズでよかった。

Img_0719

到着。ではなくこの裏にある・・・

Img_0720

このちっちゃい三角点が山頂。660mだそうな。


Img_0723

ご当地飲料、桜川サイダー。
強炭酸ですっきりするけど、ばてた体にはちとつらい。
飲みながらソイジョイ補給。
補給終了でレッツ爆走ダウンヒルと行きたいところだけど、昨日の雨で路面ぬれたままなのでゆっくりと。

Img_0724

登りは気にならなかったけど、くだり途中でバス停が・・・。
周りに登山道もないのに誰が使うのかと・・・。

Img_0729

ダイヤは日曜祝日のみで一日二回のみ。
下の携帯電話から確認できるらしいけど携帯ここ圏外だったよ・・・。

Img_0732

野間峠まで戻ってきた方向の反対側を見ると、心霊スポットらしい野間トンネル。
峠の頂上がトンネル内にあるので先が見えない。

Img_0733

中は普通のトンネルだけどぶち抜いただけトンネルなので声が異常に響く。
なんか微妙な雰囲気。ちと気味悪い。

そのままトンネル通って高度差300mを一気にダウンヒル。所々ぬれてたけど
妙見参道ほど酷くないので爆走。前にいた軽自動車はチギリました。

Img_0742

で、着いたのが野間の大けやき。ほんとに大きい。樹齢1000年とか。
府内で一番大きいらしい。

Img_0744

能勢電鉄終着駅、妙見口駅。もともと能勢電鉄は妙見山参拝の為にできたそーな。
電車で妙見山行く場合はバスのってケーブルカー+ロープウェイと結構面倒。
バスもなかなか来ないのでケーブルカーまで歩くとかなり遠い

この時点でPM1:00と予定よりも早いので寄り道へ

 

Img_0747_2

この辺で一番高いのは妙見山なのであの高い山がたぶんそーかと。

Img_0748

一庫ダム、豊中市の水源なので水の量が気になるけど意外と水が多い??

Img_0755

ダムの反対側。無駄に巨大だ。そりゃ建設に大金が掛かるわ。

Img_0761

能勢電、笹部駅。
かなり秘境駅。駅の周りには何もないというか、車で来れないし駐車場も駐輪場もない。
隣駅に行くにも徒歩でも車でもすごい遠回りが必要。

Img_0757

裏の住宅街から来るにはこの歩道橋わたらないと来れませんし
住宅街側には看板すらありません。 

Img_0764

帰る途中にある、三ツ矢サイダー発祥地である三ツ矢塔と奥にある三ツ矢記念館。
ただし工事中で入れませんというか、唯一の通路だった手前にあったホームセンターが
閉店して取り壊されて更地になり、立入禁止になったのでそこまでいけません。
ちなみにいまでも炭酸が沸いてるらしい・・・。

Img_0768

川西火打地区。元々このあたり江戸時代からの革工場地帯で、
子供の頃に来て川西は牛革くさいというイメージを植えつけてたけど
完全に全面更地になってました。
繁栄している川西能勢口から徒歩10分の広大な土地を放置しているのには訳があって
商業施設作る予定が、130倍の六価クロムが検出されたので白紙になったそーな。

付近の個人経営の鉄工所は現存してたけど休日なので稼動していないのか廃業なのか
判断に悩むところ。

あとは猪名川沿いの道路をすいすいと通って帰宅。

今回はしっかりと補給食準備したのでハンガーノックにはならなかったし
妙見山の下りからは下りの方が多いので結構楽だった。
ただやっぱり、25のリアカセットだと登坂はちょっとつらいので27に変更しようと
さらに思うのであった・・・。
あとチャリに速度計、左腕に心拍計、右腕に高度+方位計となかなかへんな格好だったので
まとめた奴が欲しいところ。あとGPSも。

今回のデータ
走行距離:68km
走行時間:5:57
消費カロリー:4080kcal

今回のルートをALPSLABに投稿してみた。
高度が出るので結構便利です。

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=0432db9ab17bfeb171f05c7e1d79f56c

 

2009年9月22日 (火)

GEARS OF WAR2 一通りクリア

1

一応オフラインクリアとオンラインも一通りプレイしたので感想。

前作のライトマス爆弾でも壊滅しなかったローカストの反撃が始まり大ピンチの人類。
起死回生の敵の本拠地への大攻勢が始まるというストーリー。
前作のラーム将軍みたいな敵ボスいるけど中途半端な決着、怪しげな実験室、
敵対する光る敵、主人公の親父の複線貼って終了するといい、
どーみても次作への持ち越しを想定してる。
Halo2ほどひどい引きじゃないけど、スパイダーマン2みたいな伏線でした。

ゲームシステムそのものはほとんど変わっていない。
Aボタンだけで可能な多彩なアクション、ローディランからのスピーディな展開、
タイミングがいるリロード、ノリの良いデルタチーム四人組と神演出な吹替。
全シナリオLiveでの協力プレイ可能(途中からでも可)。
GOWの前作の雰囲気そのままで期待を裏切らない。

マップ構成も多彩

6

巨大生物に飲み込まれたり

7

別の巨大生物に船沈められたり。

9

戦車乗って敵基地乗り込んだり
面構成は前作以上にバラエティに飛んでます

8

イカスキャラ、コール。いつもどおりでこんなノリ

10

新フィーチャー、チェーンソーの鍔迫り合い。
Bボタン連打で負けたほうが切り刻まれます。

16

ちなみに今回の切断面は黒ベタじゃなく、モノクロ表記に。

13

海外版と比べてもっともゲーム性が変わったミートシールド。
海外版だとシールドにダメージ食らうと部分的にもげてくるらしい
けど日本版は大きさが潰れるまでそのままなので対戦で使うとかなり強い。
これと、ヘッドショットが頭が破裂する表現規制で国内版の発売が遅れて
国内限定鯖対戦になった原因らしいけどCERO Dのバイオハザード5ですら
ヘッドショットできるのでいかにCEROの審査がおかしいのかがよくわかるな。
つーかなんでバイオがDなのかと・・・。

ネットワーク対戦も相変わらず。
爆発系の武器が異常に強い。
特にグレネードは設置出来てセンサー爆弾の機能が追加されて使い勝手も増えてる。
その割にはスナイパー系の武器が弱くなってる。
且つマップが狭めなので結局至近距離でのショットガンでドンパチがメインになるので
マップ覚えて中距離で圧倒的な有利なロケランか一撃で屠れるグレネードとれれば
かなり有利。
デスマッチのWarzone,Executionだと復活できないのでかなり一方的になるのが
前作同等バランスがどーかなと思う。
あとマッチングもレベル調整してねーだろといいたい。

3

基本この距離でのショットガン対戦。
裏回って殴るかショットガン打つかの駆け引き。
FPS/TPSでこの距離の戦闘は非常に苦手なのでぜんぜんスコアがあがりません。

4

復活するまでの間に観戦モード。
ボイスチャットが有効なので自チームにアドバイスすればいいんだけど
ほとんど居ませんね・・・

12_2

マッチングの悪例。
偏ると一方的な展開になります

あと今作で追加された、HORDE。
五人協力プレイでWave単位で出てくるローカストとWave50まで戦い続けるモード。
スコアは全員共通なので個人プレイ禁止でいかに協力して戦うかが肝。
Wave10ごとに敵のローテーションがありその度に敵が強くなるのでWave50
だとかなり硬く攻撃力も高くなってる
普通にやってもレベル50まで三時間掛かるので根気がいるモードなので
野良だとチトつらいかも。
でも、個人プレイ優先で殺伐となりやすいGOW2のネットプレイでなかで
協力プレイが肝なモードなので対戦ヘタレでも結構楽しめるかと。

あと
見るからにバグが多い。

14

ダウンしても棒立して助けてくれないドム

15

わかりづらいけど、チェーンソーでお仕置きしようとしてBボタンを押すとなぜか
のけぞりモーションが発生するバグ。
これはかなり多発する。

あと引っかかったり、敵が中浮いたりと
微妙なバグが多いのが気になった。

些細なところも多いけど全体としては、悪くないゲームなので
さっさとストーリーの完結編のGOW3を出してほしい。

限定版じゃなくても全然楽しめるけど、限定版の方が安いわけで・・・。