« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

関西のクイズ番組

Img_0111

なんで、関西のクイズ番組って
四択とかで必ずボケた回答があるんだろう・・・。

2010年8月27日 (金)

借りぐらしのアリエッティ

Photo_3



ジブリの映画とはいえ宮崎駿監督ではないです。

お話
14歳の小人の少女・アリエッティは、人間に見られてはいけないという掟の下、
郊外にある古い屋敷の床下で、人間の生活品を借りながら、
両親と密かに慎ましく暮らしていた。
そんなある日、その屋敷に引越してきた病を患った少年・翔に自分の姿を見られてしまい、
アリエッティは外の世界で暮らすことを余儀なくされる。
面倒なのでWikipedia転載。

設定も悪くない、美術音楽はさすがジブリで綺麗。
でもねぇ話が何にもないんですよね・・・。
序盤の世界観説明と人間に見つかったまではいいけど、そのあとの大きな出来事というと
家政婦さんに見つかって捕まった位、それも翔に手伝ったもらって救出してあっさり終了。
でそのあとエンディング。その後の翔とアリエッティがどーなったとかの後日談もなく
"おしまい"。
泣けたとか後ろに座っていたJCがいったけど、私には泣き所がわかりませんでした。
グラントリノ見たときのほうがよほど泣けたわ。

もうチョイ短くして短編映画と割り切るのなら悪くはないんだけど・・・。

ジブリ映画だから売れるんだろうけど、宇宙ショーへようこそのほうがよっぽど
夏休みの子供向け(正確には男の子向け)だと思うよ。

なんかジブリというブランドに胡坐かいてるようにしか見えないわ。

ソルト

Photo_2

アンジェリーナ・ジョリーのアクション映画って脚本が雑というイメージがあるんだけど
やっぱりこれも雑だった。スパイ映画じゃなくてアンジー映画。

ロシアのスパイにCIAの尋問を行ったところ、いま尋問をしているCIAのソルトが
ロシアから20年以上の長期計画を持って潜入したスパイでNYにくるロシア大統領を
暗殺すると言われる。

三年前に結婚した夫が心配でCIAの防衛網を抜け出すソルト、しかし夫が見つからず
なぜかNY現れて・・・、という話。

まーラストをみてから考えると、死んでいった人の数のカウントしてみるとか、
何故蜘蛛をもって逃げ出したとか伏線は張ってあって判るんだけど、
その間の展開がだるい、そりゃソルトは嵌められたとい言いつつ逃げ続けて
説明が全然ないわけだし。
ラストバトルもソルトは真の黒幕がわかっていなかったのに
なぜそこまでいったのかがいまいち説得力がないし、
なーんか腑に落ちない。
話そのものはスパイ映画でよくある展開です。

アンジェリーナ・ジョリーのアクションだけはカッコイイのでそれ目当てならいいけど
それ以外だとあまりお勧めできません。
今日見た四本の中で唯一眠気を感じました

ベストキッド

Photo


これまた有名な映画のリメイク。Aチームと時代も似てるねぇ。
カラテじゃなくカンフーなのに洋題はKarateKid・・・。
と最初バカにして見ていたけど、格闘技の種類変えた以外は原作に
忠実なデキでなかなか面白かった。

デトロイトから北京に引っ越してきて、ガールフレンドがてきたと思ったら
何度も苛められて、窮地を救ったカンフーの達人にカンフーを教えてもらい
大会で決着をつける。という筋は原作とほとんどおんなじ。

あまりに有名な練習シーンはちょっと変わってたけど、(変わりに師匠がワックス掛けてた)
準決勝戦で足を負傷されられる展開もそのまんま。
当然決勝戦のラストは鶴の型なんだけど、カンフーの鶴の構え方見た思った。
Fightfever_taekuk
あれは、マスタータエクックだ。
一瞬でファイトフィーバーに脳内変換されて
せっかくのこの型からカッコイイ蹴りをして優勝しても笑いが止まらなかった。

名作のリメイクを時代に反映して変えただけでやっているようなものなので
当然デキが悪いわけがないので26年前の作品を知らなくても、
最初は弱くても一生懸命練習すれば強くなって大会優勝するという少年漫画を地で
いくような展開は全然楽しめます。


原作は今見ても全然面白いです、先に原作を見るのも一興。

特攻野郎 Aチーム

A

いわずと知れた、昔の海外ドラマのリメイク映画。
間違って変な方向へリメイクする映画も多いけどこれは、まさしくそのまんま。
映画版で尚ハデになった。

Aチームが結成される八年前のエピソードから始まりそれが終わってやっとタイトルコール。
バグダッドにゲリラがドル紙幣の原版が持っていて、Aチームが超ド派手な秘密作戦にて
それを回収したが、何者かに原版を盗まれ、将軍も殺害されてその罪をAチームメンバーが
受けることになりメンバーバラバラで特殊刑務所に懲役10年となったが・・・。
というのが序盤のストーリー。

Aチームのメンバーが原作からユニークすぎたのでどこまで再現出てきているか心配だった
けどそれは無用な心配だった。
各人それぞれ原作に劣らないバカっぷりだった(褒めてます)。
むちゃくちゃなヘリのチェイスシーンとか戦車の空中戦とかも、全然リアルじゃないけど
ムチャっぷりがAチームらしい。
銃撃ちまくりだけど余り人が死ぬシーンもなく、黒幕が死なずに捕まるのもAチームらしいね。

そんなのありかと突っ込む間もなく進んでいく展開、すっきりとしたラスト。
これがアメリカンアクションムービーだ、といわんばかりの作品でした。

でも、AC-130Hが爆撃するシーンで"リアル「コールオブデューティー」だ"というセリフで
自分以外笑わなかったのは、ちょっと寂しかったです。

2010年8月26日 (木)

超怪しい Bluetoothヘッドセット BlueTiger BH-M20

Img_0107

ヤフオクで2000円ぐらいで落札したBluetoothヘッドセット。
当然Made in Chinaです。

Img_0108

マイクブームが長いBTヘッドセットがほしくて
長い奴はビジネス向けで高い物ばかりなので・・・。

ペアリングはぜんぜん問題なし、手持ちの機器で相性で
接続できなかった機器はなし。パスコードは"0000"固定です。

Img_0109

いままでのBTヘッドホンでろくに使えなかった
AVRCPがまともに動くのは驚き。再生/停止、曲送り/戻り、
音量調整問題なし。
こんな奴にっ…く、悔しいッ、ビクンビクン と灰鰤も震えています。

肝心の音声だけど、HFPのは普通に聞こえる、A2DPで音楽聞く場合は
ちょっと低音重視で高音が篭ってて音声が聞き取りづらいかなぁ。
まーA2DP目当てじゃないのであまり気にしない。
あとデフォルトで音量がかなり大きいです。
(ボリューム絞れば問題なし)

マイクも口が近い分よく聞こえるでもノイズフィルターはなさげ
なので、屋外で使用すると風切り音が聞こえてきそう。

中華ハードお約束でハードはいいけど、デザインがヘボイのは
定番なので、割り切って使う分にはよろしいんでは無いでしょうか。

IXY 30sでまじめに夜景

Img_0104

信号待ちでサッと手持ちで撮影してもこのクオリテー。

Img_0091

満月をとろうとするとこのザマ。
フォーカスが合わない。設定変更すれば取れるはず・・・。
近くのものを取るのはオートでOKだけど夜の背景とかはちょっと難しい模様。

 

船場カリー vs coco壱番屋

Img_0102

西天満にある、なぜか隣り合わせのカレー屋。
久々にcoco壱側にいったら8/31で閉店の模様。

勝者は船場カリー。
勝因は良くわかんないけど・・。

とかいって船場カリー側も閉店となれば、ダブルKOだったりして。




2010年8月25日 (水)

金曜日の予定

Img_0106

ギッシリです。途中で寝ないかが心配。

新Xbox360 4GB 発売

http://www.xbox.com/ja-JP/hardware/x/xbox3604gbconsole/


予想通りのハード発売、前にでた250GBと違うところはHDD有無以外に

・グロスブラックからフラットブラックに変更
・4GBメモリ内蔵
ぐらい?

同時に別売の250GBHDDもでるけど15000円と一緒に買うと
29800円の250GB HDD内蔵版よりも5000円近く高くなる罠。

今買うなら、多少うるさくてもベヨネッタとForza3がついて
120GB HDD内蔵の旧形のバリューパックが一番いいようながする。
今、22000円ぐらいだし。

PC用のUSBメモリがあるなら16GBのHDD代わりとして使えなくないので
それで代用すればそれなりには使えるのかなぁ・・・。

新型の最大のウリは動作音が非常に静かなことなので
少しでも静かなのがいいのなら、29800円だしてXbox360sを
買ったほうがあとあと幸せになります。