« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

Galaxy Tabでadhoc接続

Adhoc

Root化が必要だけどやってみた。

Img_0820

よーはWillcom回線で繋ぎたかったわけで・・・
DOCOMOの3GのSIM入れ替えれば3Gでできるけど4980円は高いので。
一括払い済みの20円/月の黒耳データ通信で使いたいわけ。

簡単手順。分からなかったらやらないほうがベターです。

1.z4rootをTabにインストールしてROOT化。
2.busyboxをTabにインストール(これしないとshellからcpコマンドが使えません)
3.android SDKとKiesをPCに導入
4.USBケーブルでPCとTABを接続
5.adb shellでターミナルにはいりSUでroot化。
6./system/binにあるwpa_supplicantをバックアップ
("/mnt/sdcard"がTabの内蔵メモリなのでそこあたりに)
7..どこかでAdhocが使えるwpa_supplicantを拾ってきて/system/binに入れる。
8.再起動
ちょっと面倒ですが有料アプリはいりません。


これでadhocの機器と接続可能になりますがWEPじゃないとTABから
見えない模様。


Willcom

UPLOADがバグってるけどDOWNLOADは2本しか繋がらない期待値どおりの結果に。
いいところだと200kbpsぐらいまではでるけど、最大の問題はあっという間に
電池が切れる灰鰤のバッテリーだったりする。

基本Wimaxで緊急でWillcomつかえれば良いのでこれで準備がOKで。

Root化は自己責任で。

PS.
淀屋橋でWillcomリベンジ

Img_0821

なんかむかしより早くなってる。
これぐらいなら実用あるな。

Img_0822

 

一方、Wimaxは・・・。

追記
いまのGalaxy tabのVersionだといろいろ変わっているので
こっち側を参照してください。

2010年11月28日 (日)

気が付けば8年目。

8

2002年の12月から約八年。
Xbox360で遊んだゲームのカウントもとうとう200に。

そろそろ新機種とか、出ませんかね。BDドライブ搭載とかで。

Galaxy tabの動画再生

Galaxy Tabで一番気になっていたので別記事。

4

ソースはコイツのOPをエンコして比較してみた。

プレイヤーは標準のビデオプレイヤーとRockPlayer。

標準のビデオプレイヤーは動画のハードウェアデコードできるものしか再生が出来ない模様。
以下真空波動研調べ分類してみた。
全部TMPGEnc 4.0 XPでエンコしてます。

ビデオプレイヤーで再生できたもの

1440x1080 24Bit Windows Media Video 9 23.98fps 6000.00kb/s
Windows Media Audio 9.2 48.00kHz 16Bit 2ch 192.00kb/s
[WindowsMedia] 00:01:29.000 (89.000sec) / 70,954,079Bytes

1440x1080 12Bit Divx 5.x(DivX503b301/DivX503b3013/DivX503b3013p) 23.98fps 2155f 5985.32kb/s
MPEG1-LayerIII 48.00kHz 128.00kb/s CBR Stereo
INFOTAG
[RIFF(AVI2.0)] 00:01:29.881 (89.881sec) / 68,694,538Bytes

720x576 24Bit MPEG4 Adv Simple@L4 23.95fps 2154f 2508.49kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 159.98kb/s
MP4 Base Media v1
[MPEG4] 00:01:29.920 (89.920sec) / 30,024,698Bytes

1440x1080 24Bit AVC/H.264 High@4 23.97fps 2155f 7432.17kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 159.98kb/s
MP4 Base Media v1
[MPEG4] 00:01:29.920 (89.920sec) / 85,367,013Bytes

ROCKPLAYERでソフト再生できたもの

720x480 23.98fps 16:9 625line 5000.00kb/s
Dolby AC-3 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) CM 160.00kb/s
[MPEG2] 00:01:30.133 (90.133sec) / 58,746,884Bytes

ROCKPLAYERでソフト再生できたけどコマオチが発生したもの

1440x1080 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 23.98fps 6000.00kb/s
Windows Media Audio 9.2 48.00kHz 16Bit 2ch 192.00kb/s
[WindowsMedia] 00:01:29.000 (89.000sec) / 71,340,609Bytes

1440x1080 23.98fps 16:9 625line 10000.00kb/s
Dolby AC-3 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) CM 160.00kb/s
[MPEG2] 00:01:29.923 (89.923sec) / 109,983,748Bytes

ROCKPLAYERでソフト映像はコマオチで再生できたけど
音声がノイズで再生できないもの

1440x1080 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 23.98fps 6000.00kb/s
Windows Media Audio 10 Professional 48.00kHz 24Bit 2ch 440.02kb/s
[WindowsMedia] 00:01:29.000 (89.000sec) / 73,590,079Bytes

ROCKPLAYERでもまともに再生が出来ないもの
0111 1440x1080 29.97fps 16:9 625line 20000.00kb/s
0112 AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 0.00kb/s
188Pct
[MPEG2-TS] 00:00:00.000 (0.000sec) / 2,979,100,640Bytes

結論
ビデオプレイヤーとしては、Mpeg4とDivXとWMV9ならハードデコードが効いて
フルHDだろうが再生が出来てる模様。

Mpeg2やWMV9APはソフトウェア処理でなら再生可能。
ただし高い解像度やビットレートだとコマオチが発生。

WMA10 Proは再生不可。

TSファイルはムリポ

VC-1(WMV9AP)とかハードウェア的にサポートはされているらしいので
ソフトウェアの問題なのかなぁと。
Mpeg4AVCやDivXと問題なくHD再生できるので結構満足。

追記
5.1chはオーディオフォーマット問わずにムリっぽい。

さらに追記
android 2.3.3に上げたところ下のフォーマットのハードデコード再生できるようなってた。

1280x720 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 23.98fps 3800.00kb/s
Windows Media Audio 10 Professional 44.10kHz 16Bit 2ch 160.02kb/s
[WindowsMedia] 00:23:44.000 (1424.000sec) / 709,022,028Bytes

720x480 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 29.97fps 1500.00kb/s
Windows Media Audio 9.2 48.00kHz 16Bit 2ch 160.01kb/s
[WindowsMedia] 00:23:44.000 (1424.000sec) / 301,374,094Bytes

VC-1のフォーマットはサポートされた模様ただしでもちょっと不安定、
MPEG2-PS,TS共にムリでした。
WMA10 Proの音声も鳴ってます。

補足

Dlna

標準でDLNAソフトがあり、サーバーにもクライアントにもなります。
再生できるコーデックは標準のビデオプレイヤーと同じの模様。
無線LANはIEEE802.11n対応なので11nの無線LANなら
ビットレート高めでもコマオチしません。
でもやっぱりTSファイル読ませたい・・・。

Galaxy Tabの使用感

なんと言ってもウリは7インチで1024×600高解像度。

Device3

一応YahooのPC版のトップページを表示させてもちゃんと見れます。

Img_0792

同じ7インチで800×480の中華パットと比較。
細かさはある程度把握できるかと。

Img_0794

Android2.2なのでFlashもちゃんと動きます。
ジャパンワールドカップ」も若干遅いし縦幅足りてないけど動いています。

ブラウズそのものは、重たいFlashを使わなければ 1GHZのCPU+512MBのメモリ
の恩敬でかなり軽いです。
Flashも標準のブラウザよりもDolphine Browser HDにすると若干軽くなります。
ただ画面サイズの問題もあるのでFlashに関しては大きな期待はしないほうが
いいです。


ニコニコ動画でのブラウザの比較用動画。
ドルフィンのほうが快適にみれてます。

5

一応通話も出来ます。通話UIそのものはかなり使いやすんだけど・・・
本体にスピーカーとマイクが付いてるので本体のみで通話は可能だけど
スピーカーの音声はかなり大きく、音量を絞っても周りに聞こえるぐらいです。
ちなみにスピーカーの音量は最大にするとかなり大きくなります。

Img_0809

付属品のマイク付きイヤフォンでやれと言う事らしい。
BluetoothのHSPかHFPで通話が一番良いかと。

ただ、不在着信のLED点灯がハード的にないし、留守番電話機能がないので
電話としての機能はいまいちです。
(留守電サービスはドコモの有料サービスでカバーはできます)

バッテリーは取り外し不可とはいえ4000mAhの大容量のバッテリーが搭載されているので
スマートフォンにありがちな負荷掛けた処理してたらすぐにバッテリー切れたという事はなく
六時間延々とWifiでつないでいろいろやってたけど60%ぐらい残ってた。
公称では七時間動画再生可能だそうです。

BluetoothはHSP,HFP,OPP,A2DP,AVRCP,SPP,HID,FTP,PBAP,SAPのプロファイル対応。
HID対応はうれしいけど、DUNやPAN非対応はちょっとつらい。

2

家にある機器で適当にペアリング。
灰鰤とかプリンターとかペアリングしても対応するプロファイルがないわけで・・・。
Wiiのコントローラはセキュリティがパスキーなしではペアリングできない仕様なので
ペアリング出来ず。


Bench

quadrant standardでのベンチマーク。
981でギリギリ1000行ってません。
海外版では1000超えてる記事みたことあるけどクロック下がってるのかな?
それでも速い方かと。

Device

メーラーもHTML表示もできて結構使いやすいです。

いい所だけではなく欠点も。

・充電が厳しい。
USBケーブルなのでPCに接続すると充電マークはでるけどバッテリーが全然増えていかない。
もともと大容量なのでなかなか増えないのはわかるけど電源付けっぱなしだとだめっぽい。
電源ボタン押してスリープにすればPC接続でも少しずつ充電されていく模様。

Img_0796

付属のACアダプタ。出力2Aの大出力。
ためしに灰鰤をこれで充電したら即フル充電になった。

スペック表の充電時間が約 224分でこのアダプタ使った場合なので
PC接続の場合500mだから四倍の896分ということかな。
灰鰤みたいにDATA端子のショートや、1A以上じゃないと充電状態にならない
と言うことはないのでまだマシなのかなと。

・フルスクリーンにならない。

Device2

800×480ぐらいで真ん中に表示されてフルスクリーンになりません。
ソフト全部がそーなるわけじゃないのでソフト的な問題かと。

・GPSの感度が悪い。
灰鰤との比較で、だけど2chのスレとかみても評判がよくない。
灰鰤と同時にGoogleマップ開いてもGPSがトラックするのは灰鰤がかなり先。

Gps

Googleマップを使ってボイスナビしてくれるナビゲーションソフトが入っているけど
GPS感度の問題でちょっと厳しいのではと思うけど。

・重い
 電車乗ってて片手つり革で片手Tabで20分。
 シリコンカバーつけて450g状態だと結構腕が疲れた。
  バッテリーの容量とトレードなので仕方ないんだけどね・・・。

んでもって結論。

1GhのCPUで非常にサクサク動いて、画面もPCサイトに見るには必要程度の横の解像度と
画面サイズ。Flash対応によってほとんどのサイトが見れる適応性。
画面が大きいので自炊した電子書籍とか、動画再生もしっかりできたり
7インチというスーツのポケットにギリギリ入るぐらいの携帯性。
いろいろやってもなかなかきれないバッテリーの容量。

Androidタブレットといえば、中華パッドだけど完成度がイマイチで素人にはおすすめできない
モデルばかりだけど、Galaxy Tabはハード的にもソフト的にもiPadに匹敵できるハードかと。

15年ぐらいまえならこんな尖がったハードは日本が最先端だったのに、
iPadといい、GalaxyTabいい海外に完全に置いてけぼり食らってるのは技術よりも
売上優先させてガラケー化した結果なのかなと。

 

Galaxy tabの外観

Img_0798

高さ 約 190mm×幅 約 120mm×厚さ 約 12.1mmなので
DVDトールケース(
190×136×14)に近いサイズです。

Img_0802

厚さも12.5mmぐらいでほぼスペックどおり。

Img_0787

重さのほぼスペックどおりの382g。結構薄いので重く感じる。

Img_0800

拡張端子、iPhoneに似てるけど違うらしい。
付属品は充電用のUSB変換ケーブルがあるけど、ドックとかもあってHDMIも付けれるらしい。
USBホストケーブルとかもあるのかな?

左右にステレオスピーカーの穴があるけど動画見る際には横向きなのちと微妙。

Img_0803

300万画素のAFのカメラ。ライトもついてます。サイズが大きいのでちょっと撮りづらい。


Img_0805

見づらいけど、左からSIM、MicroSD、ボリューム、電源ボタン。
MicroSDは32GBまで認識できるそーで。

薄くでどっしりと重く表面がツルツルなので何度も落としそうになるのでカバーは
付けておいてほうがよろしいかと。

プラ樹脂の背面にチープさが無いと言えばうそだけど、逆に軽くなり電波障害が発生
しないと思えばそれはそれでいいかと思ったりする・・・。

2010年11月27日 (土)

Galaxy tab のシリコンケース

Img_0789

とりあえずということでエレコムのシリコンケース買って見た。

写真とかで見て横のボタンのあなはどーなってるか心配だったので
ヨドバシで確認して購入。

Img_0791

SIMカード以外のところはすべて空いている模様。
別メーカのやつはMicroSDスロットとか埋まってたのでケース買うときは注意がいるかと。
ちなみにシリコンケースそのものの重さは70gとやや重たいです。
(tabとあわせると450g)

でも黒は地味になりすぎるのでクリア買っとけばよかったとちょっと反省。

保護フィルムはゴリラガラスの耐久度は信じて付けてないです。
どーせなら画面大きいのでプライバシーフィルターのほうがいいのかも。


Galaxy Tab カテキタ

Img_0786

ヨドバシ梅田にて購入。13%ポイント還元中なので当然一括払い。
44000円ぐらいだったはず。
Galaxy Sと違って売り切れは無かったけど結構契約してる人が多かった。
以外に女性が多かったキガス。
むしろ今日はauのコーナーが修羅場になってた。
個人的ではなく会社的にauはがんばってほしいのでもっと売れてくれ。

でGalaxytabのかるく触った印象は。
ちょっと重いけどサクサクでバッテリーは長持ち。
サイズも持ち運ぶのにギリギリの大きさ。
なかなかいい感じかと。

週末はいろいろしたいところで

2010年11月23日 (火)

2010年 神農祭 

Img_0784

大阪市内ど真ん中の道修町の祭り。
薬の会社が一同に会してる道修町の少彦名神社のお祭り。

今年はあいにくの天気ですが・・・。明日は晴れるから大丈夫かな?


Img_0778

雨とはいえ、屋台はしっかりはまわってます。自分じゃないけど・・・。

2010年11月21日 (日)

RADEON HD4850からHD5850へ

RADEON HD4850からHD5850に交換してみた。

持ったときの感想はズッシリ。

Img_0757

686g重い・・・。

Img_0772

4850は479g。

Img_0758

転がっていたVoodoo2は195g。おそらくヒートシンクやファン付けないとこれぐらいの
重さになるはず。それだけ5850のヒートシンクが大きいということ。

そして物理的にいろいろ不便なところが・・・

Img_0762

長い・・・。
4850が22cmで5850が24cm。4870と同じ長さとはいえ長いよ・・・。

Img_0763

そして6ピン補助電源2本必要・・。4850は1本なので注意。

Img_0766

取り付けると後ろのファンに干渉、泣く泣く外す。

Img_0768

ファン外してもギリギリ。

Img_0769

なので、ベイごと取っ払い。ケースに取り付けてる12cmファンが直接あたるので
冷却的には問題ないかと。
P180恐るべし、組み込むのは一苦労だけど・・・。

Img_0759

DVI×2、HDMI、DISPLAYPORTの4出力。内三つ同時に出力可能。

 

Img_0770

二年間放置していたDISPLAYPORTのケーブルを今使うときがキタ!!


Img_0771

DisplayPortでWQXGA出力できた。低解像度のドットバイドットも問題なさげ。
3008WFPはDisplayPortだけがWQXGAの解像度でHDCPが有効になるので
BDビデオ再生時に解像度を下げる手間が省けた。

Img_0773

3008WFPでDISPLAYPORTだけが他のデジタル入力とPBP表示が可能なので
ありがたい。

4850と5850の適当な比較ベンチ。
CPUはCore2Quad 6600 定格
FF14 BENCH
1280×720
2640 : 2766
1920×1080
1812 : 2653

ラストレムナント ベンチ
1280×720
96.81 : 106.84
1920×1080
32.36 : 62.71

3DMARK06
3DMark Score
    11805 : 12917 
SM 2.0 Score
    4572 : 4503
SM 3.0 Score
    5583 : 6851    

ゆめりあベンチ
1600×1200
41873 : 65320

高解像度でも値が落ちず、SM 2.0とか使う古いソフトだと余り変わらなさげ。
DX11で且つ1920×1080の高解像度なら5850の性能をフルに引きだせるかと。
現状低解像度での値そのもの低いのはCPUがネックか。
録画マシンのPhenomII X6ならもう少し数値あがりそうだけど・・・。

2010年11月20日 (土)

PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION DX

7

PMCEがDXになって帰ってきた。

1

普通のパックマンっぽいけど

2

左右どちらにでるフルーツをとると

3

反対側の迷路が更新される。これを繰り返していく。
エンドレスではなく時間制限があるので基本スコアアタックげーです。

4

今回敵が数珠つなぎになる。どんどんつなげて長くできる。

 

5

つながったところでパワーえさ食べて一気に反撃。

6

一気にバクバク食べる、これがきもちいい。

普通パックマンは敵がどんどん速くなるけどCEはパックマンも速くなる。
まったく避けれないという状況はないけど、速すぎて操作ミスしたりする。

あとDXになって新しいところはマップの追加と。

9

近づきすぎるとスローになる。当たり判定が弾幕ゲーみたいにかなり小さいので
ギリギリで避けれることが多いです。

10
ボム機能が追加。ただし巣に戻るだけなので一時しのぎですが・・・。


8

なぜかNGが・・・。次回に続くというのは別のゲームかと。

 

五分スコアアタック、ノーミス100万点狙うがムリでした。ノーポムは解除したけど・・・。