« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

まどかマギカカテキタ

Img_1350

久々にTVアニメのビデオソフト買った希ガス。(全巻買うというつもりで)
見た目に反して斜め行きすぎなハードなストーリーと展開。
つーか、1、2話の時点であーなることが予想できなかったわ。
ドラマCDネタバレ全開だよ。

でもやっぱり二話でこの値段はどんどん価格が下がってる映画と
ちがって高すぎる。


2011年4月25日 (月)

新型Xboxにインシュレーター

Img_1345

旧型のXbox360にインシュレーター使うと結構静かになるのは有名だけど
あえて新型につかってみた。

Img_1347

Img_1346

真ん中がへこんでる仕様なので左右に三つずつ設置。

で実際静かになるかというと、DVDドライブがフル回転する場合は、ドライブの回転音が
ラックに伝わって来ているのでいわゆるビビリ音が無くなって軽くなるぐらい。
ブォーーーがブーーーぐらい、分かりづらい。

後は下が浮くので熱処理が良くなるかな?そこはメタルラックだからあまり変わらない気もする。
HDDにインストールしてしまえば、本体ファンは非常にに静かなのであまり変わらないんだけどね。
旧型は本体ファンだけで本体からビビリ音するのでそれが減少してかなり効果はあるんだけど、
新型だとインシュレーターはそんな効果は無いかと。
ただ気温が高くなって本体ファンがフル回転すると新型とはいえ結構煩くなるので
その際には効果が出てくればいいなーと。


Img_1349

本来のインシュレーターの使い方。
ウーハーは低音で非常に響くのでインシュレーター使ったほうが地面が響かないので
かなり有効です。

HDRECS に64bitドライバーが登場

http://pro.grassvalley.jp/catalog/hdrecs/hdrecs_index.php

四年前に10万掛けて購入したHDRECS。
発売当時から32bitドライバーのみ且つ差すだけでメインメモリが800MBほど持っていかれて
4GBメモリ積んでいるのに認識は2.5GBという状態になり64bitOSなら解消と待ち望んでて
諦めていたところで64bitドライバー登場。

これでやっとメインPCを64bitにできる。
でも64bitOSを買いなおすかと言うと、これ出た当時はPT1/2やFriioもなかったので
地デジチューナーからHDMIでデジタルキャプしてたわけだけど、
現状は変わっていてワザワザ買いなおすのもねぇ、と思ってたりもする。(笑)

MicroSDHC 32GB

Img_1343

GalaxyTabに自炊した本入れてると容量が足りなくなってきたので32GB。

一応クラス4なので書き込み速度は4MB/sは出るはずなのでDISKMARKでベンチしてみた

Sequential Read :    27.439 MB/s
Sequential Write :     4.514 MB/s
Random Read 512KB :    26.977 MB/s
Random Write 512KB :     1.155 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :     4.512 MB/s
Random Write 4KB (QD=1) :     1.001 MB/s

ランダムライトが異常に低いけど、シーケンシャルは4.5MB/sなので規格値は出ている模様。
でもReadはそこそこ速いので使用には問題なさげ。

今まで使っていた16GB Class6のやつのベンチ
Sequential Read :    27.869 MB/s
Sequential Write :     8.506 MB/s
Random Read 512KB :    27.603 MB/s
Random Write 512KB :     6.981 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :     7.888 MB/s
Random Write 4KB (QD=1) :     2.645 MB/s

Class6だけど8.5MB/s近くでてるしランダムも速い、あたりだったのか・・・。

ほんとSDカードは当たり外れが多いのが難点だ。
調べるのはランダムアクセスベンチしないと出てこないし・・・。

これを保証で交換は難しいか。

2011年4月24日 (日)

2TB増量

Img_1335

録画PCの容量が心配になってきたのでHDD追加。
梅田の祖父地図で6480円、安いなぁほんとに。

Img_1341

これから熱くなる季節、熱はちょっと心配。

03

1.5TB+2TBで3.5TB。システムで100GBなので3.4TBの録画領域。
これで春の新作ラッシュにも勝つる。

問題はやっぱり見る時間が無いということだけ!!

2011年4月22日 (金)

ガリバー旅行記

Photo_2

 

ガリバーが小人の国に迷い込んでしまう古典、ガリバー旅行記を現代版にアレンジした今作。
バミューダ海域の記事を書く為に船で乗り込んだところ海流に飲まれて目が覚めたら
小人の国についてしまった。
最初はビースト扱いだけど火事で王様を助けたところ英雄扱いにかわり
いままで人から尊敬されたことがないガリバーは上機嫌になり自分の国でも英雄だと
嘘をつきまくる。
が敵国の秘密兵器が出てきて生活が一転してしまう。

ロック好きのガリバーが小人たちにロックを教えたり、中世の街中をNYのようなネオン街に
変えたりとやりたい放題なところが現代版っぽい。

特に後半の展開は、原作から離れた展開になっていって
ラストのエドウィン・スターの黒い戦争の曲に合わせた300人+巨人のダンスは圧巻です。


ナイトミュージアムのスタッフで、クセがないので老若男女見に行っても
問題なさげです。

エンジェルウォーズ

Photo

原題はSUCKER PUNCH、訳すると予想外の殴打でなぜか邦題はエンジェルウォーズ。
でもまー合ってるかな。
ムキムキマッチョ祭りだった「300」の監督作品で300は男なので今作は女ばかりになったそーな。

母親が死去して遺言書が娘二人分けることにぶちきれた継父が娘を殺そうしてきて何とか
対抗するが妹がころされ、姉は継父が妹殺しとして精神病院にぶち込まれて
五日後にロボトミー手術をして記憶を消してしまうとするので逃げ出そうとするのがあらすじ。

で、なんであんな武器を持ったオネーチャンばかりかというと妄想内で戦っているという設定。
妄想内での出来事は一応逃亡計画とリンクされていて計画は進んでいく。

妄想内のアクションは、舞台がファンタジーやWW1やSFとかいろいろあり、
銃や剣もって飛んだり跳ねたり、ドンパチばっさりで
細身のオネーチャンのアクションで見栄えがイイ。300よりもキルビルみたいな感じ。

でラストは一気に現実に戻されるわけだけどあのオチどーかなと思うけど。
300のラストみたいなほうが良かったかなーと。
某Ir2な妄想ゲームの様に現実に影響するとかさ。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society 3D

タイトルなげー、2006年に作られた Solid State Societyを3Dにして劇場版て上映。

STAND ALONE COMPLEXなので人形遣いがでてこない話だけど
にたような傀儡廻が出てくるエピソード。
ネタバレもなにも四年前の話だけど、老人問題とか外国人労働者とかいまでもありえる話だわ。
放送時から二時間物のエピソードなので劇場版向きだったらしい。

3Dにしたところで、もともと3Dに合わせたパースでもないのが多いし
五年前なのでSDソースでちょっとボケてるのは残念なところだけど
攻殻機動隊を劇場の大スクリーンで観れるのはうれしい。
これが売れてSACの続編が決まれば尚うれしい。

上映前にやってた、映画とほぼスタッフのDOCOMOのタイアップCM短編映画。
未来になると携帯でこんなこと出来ます的なことが優先しすぎてるしえらい途中で
おわるのが残念、どーせなら100億円が入った携帯で云々と・・・。
続きはあるの?

しかしこれぐらいハードなTVアニメもへったなーと。

本日のご予定

Img_1332

夜勤暇でまどかマギカリアルタイムで最終回みて、これしかないわー
と思ってたり。

夜勤明けの映画三連発。しかし土曜日は出勤だったするが・・・。

2011年4月15日 (金)

イリュージョニスト

Photo

もともと"世界侵略:ロサンゼルス決戦"見に行くつもりが半年伸びてた・・・。
なのでイリュージョニストに変更。前売り券買って行ったが今日は15日で1000円の日で
300円損した。

1950年のフランスで初老の売れない手品師がどさ回りで電気がようやく開通した
スコットランドの離島の酒場で芸を披露、そこに住み込みしていた少女アリスはそれが
ほんとうの魔法と信じて、手品師に後を追いエジンバラに付いてきて
言葉の通じない二人の生活の話。

国も違うので言葉が通じないのはいいけど作品全体で台詞が全然無い。80分で100個もないかと。
といっても話が全然わからないこともなくちゃんとストーリーが判るのはなかなか旨い演出。

台詞がないので話は淡々と進んでいってロックンロールやTVが出てきて出番もへり仕事仲間が
どんどん引退いったり、それでもアリスの為にいろいろとお金を稼ごうとする健気なおじさん。
何でかなと思ってたけど生き別れの娘がいるせいとパンフみてはじめて知った。

説明まったくなく台詞もほとんど無いから察しろ的な仕様な映画なので
かなりクセがあります。
でも、映像も音楽も非常にいいので予告編で気になったのならオススメです。