« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

GENTOS スーパーファイアXキューブ SF-152X3

たまにはライトの交換

Img_2006

150メールンを誇るLEDライトらしい。とにかく明るいのが売り。
単三電池二本で稼動、同シリーズ単四電池三本で短いやつもあるけど
エネループとかの二次電池使うときは奇数だと充電が不便なので
単三2本で。

実際付けてみれば違いがよく判る。

Img_2014

これがCateye HL-EL135、150カンデラらしい。単位が違うので比較できないところ。
シーベルトとベクレルみたいなもんか。
街中で表示灯レベルで使うぐらいなら何とか使える。
周りが真っ暗だとかなり心配レベル。

Img_2013

こっちがSF-152X3、同じF値、シャッタースピートで撮影。
周りの見え方が全然違う。
点滅モードや、光を絞ったり(写真は一番絞ってます)
出力を10%まで下げるモードもあったりする。
フル出力ライトを覗き込んだらかなり目が痛いぐらいなので見るのはやめよう。

当然こんだけ明るいだけあっで電池の持ちは10時間。
Cateye HL-EL135が点灯で80時間で全然持ちが違う。

Img_2015_2

自転車のマウントには別売でホルダーが必要です。
これは、定番のホルダー。ライト、ハンドルどっちもベルクロで固定するので
どっちのサイズの余裕があります

Img_2016

 

専用のマウントじゃないので取り付けが、CATEYEのライトみたいにワンタッチで取り付け
という訳じゃないので面倒だけど、取り付けブラケットそのものがシリコンゴムなので
ある程度締めれば滑らない。でもライトが重たいのできつめにじゃないとズルズルと
落ちますが・・・。

まー通勤で使うなら出力を絞ってもオーバースペック気味なライト。
夜間で街中以外でチャリ乗るならかなり有効なライトかと。
安いし。

2011年7月29日 (金)

映画『トワノクオン』第一章の本編が8月6日(土)にTOKYO MX、MBS(毎日放送)にて放送決定!

http://www.saiani.net/article/217190876.html

ますますブレイクブレイドになってるな、
でもせめてソフト発売してから放送しません?

2011年7月24日 (日)

トワノクオン 第二章 混沌の蘭舞

2


毎月上映の第二章。

連続殺人事件が発生して、その周辺には花の絵が描かれていて
その花の謎を、クオンとサイボーグのイプシロンが双方の視点から犯人を捜そうとする。
怪事件の二方向からの謎解きがメインなのでアクションシーンは少なめ。
いつも能力者を助けれるわけではないということを今回は言いたかったのかと、
なので話は暗かった。

伏線的に、オールドーのボスとか、クオンが不死身なところとかちょっとだけ出てくる。
次の話的には、仲間の過去の話とかになるのかなぁ。

例によって冒頭8分はウェブで鑑賞可能です

梅田に長時間駐輪するとき

Img_2004

三重ロック。これぐらいしてもやっぱり心配。

2011年7月23日 (土)

マイティーソー

Photo

マーヴルのアメコミ映画。
地球とは別の世界で神が住む世界アスガルト。
その世界の王オーディンの息子で無敵のハンマー、ムジョルニアを持つソー、弟で魔術な長けたロキ。
オーディンはソーを王位を継がせる宣言をしようとしたときに
別世界の氷の巨人が突然襲い掛かってきた。
邪魔をされたソーは巨人の世界ヨトゥンヘイムに向かい巨人の王の話を聞こうとしたが
ふとしたきっかけでソーは怒り狂い巨人との戦闘状態になってしまった。
辛くもオーディンに戻ってきたソーは、軽率な行動に落胆したオーディンによって力を取り上げて地球へ追放されてしまう。

ハンマーも一緒に追放されるが、ふさわしい物しか使えないように封印がされており
ソーが持ってもまったく動かず、力も普通の人間程度しか使えず、いままで傍若無人にしていたソーが
はじめて挫折を味わう。
その頃、オーディンが力を使いすぎで眠りについておりその隙にロキが王位を奪おうと
氷の巨人と取引をしていた。

まーよくある王様がバカ息子を追放して、改心して帰ってくる話のアメコミ版。
でも金がないのかしらないけどちょいと地味。この間のX-MENと同じぐらい地味。
続編だすのはわかっているので出し惜しみしている感じもする。

アイアンマン2の映画を最後まで見た人はわかるけど世界観はアイアンマンと同じで
アンアンマンにも出てきたSHIELDのコールソン捜査官もでてくる。
なぜ共通かというとアイアンマンとこのマイティソーと秋に上映予定のキャプテンアメリカで
アベンジャーズの主要三人が揃うわけで、アベンジャーズの為の映画とおもえばいいのかなぁ。

秋のキャプテンアメリカはどーだろ、ちと心配

2011年7月22日 (金)

コクリコ坂から

Photo

悪名高き、宮崎息子吾朗監督第二弾。
原作は1980年ごろになかよしで連載された漫画らしい。
"耳をすませば"みたいなもので原作というか原案っぽい。

東京オリンピック間近の横浜、女性だけの下宿荘「コクリコ荘」。
そこのオーナーの孫でそこに住んでいる高校二年生の松崎 海。
妹の空と弟の陸がいて、父親は船乗りで朝鮮戦争時になくなっており、
母親は教授でアメリカ渡来している。
父親が船乗りだったので、海は毎朝コクリコ荘のポールからU旗とW旗の信号旗
(安全航行祈願の意味らしい)を揚げている。

という舞台設定があるわけだけど、朝起きて朝飯作って旗揚げるシーンはあっても
旗の意味の説明がない。
海のあだ名の「メル」に関してもフランス語の海から来ているとかの説明がなく
非常に不十分。一分あれば説明できるのにさー。

話は少女マンガ原作らしい高校生男女の恋愛話で、CMでネタバレしているので書くけど
父親が同じの兄妹ということがわかって揺れ動く話と、
時代をアレンジした60年代は安保闘争と学生運動が非常に盛んだった頃で、
高校文化部の老朽化した建物“カルチェラタン”の取り壊しを阻止する学園闘争の
二つの話がメインで進んでいく。

どっちの話もいちおうの決着があるので脚本はそこまで悪くないけど良くもない
予想できる展開で感情も揺れ動かず、後日談もなくすっぱり終わるし。

美術は流石のスタジオジブリ、文句つけようがない。

でも夏休みにやる以上小学生ぐらいまでは対象にしてほしいわけで
ちょうど前に座っていた小学生はよくわかんないって言ってたぞ。

子ども向けって点では去年のアリエッティの方が向いてるけど
コクリコ坂の方が説明不足はあるけどオッサン的には楽しめたかと。
といっても面白かったかといえば微妙でもあるところ。

パンフもインタビューしかなく人物説明すらないぐらい情報不足過ぎるぞ。

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

2

けいおん!!に肖ったのかは知らんが、
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの続編。
!(エクスクラメーションマーク)の数で判断。

前作のラスベガスが酔っ払ってベガスの売春婦が気に入って
それと結婚する話なのかなと思っていたらタイの別の人が相手で
バンコックまで結婚式に行く前に例によって独身パーティーを実施。
前回の原因だったドラッグが酒に入らないように未開封のビールで乾杯したんだけど
目が覚めたら知らないホテルで泊まっていた。
トラではなく猿がいて、頭が剃られて、タトゥーが彫られて、なぜか新婦の弟の指だけが残っていた。
そして全員昨夜の記憶がまったくない。

結婚式までに新婦の弟を探す旅にでるというほぼ前作をなぞった感じの話。
最後の展開までほほ同じなのでちょっと斬新さがなかったかなと。
バンコックらしい話の展開とかあるけど、バンコクよりもラスベガスもほうが
いろいろ遊べるというイメージがあるので物足りなさがあったかなぁと。


前作で充分かと。

自転車の一方通行導入へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110721-00000039-jij-soci

つーか、もともとの一方通行の標識って
車両である自転車も対象だったはず・・・。
(大抵の一方通行標識は補助標識で自転車を除くって書いてる)

標識有っても、軽車両と自転車進入禁止の標識(主に高架が多い)
を無視して走るバカローディとかもいるわけで。

標識すらない原則の車道右側通行すら守れていない状況だから
標識増えても歩行者の延長ですら考えていないわけだから
変わんないと思うわけで。

許可制でいいよほんと。

2011年7月21日 (木)

はじめてのデジサポ、が。

来週アナログが停波するので家の近くの人にアンテナ云々の相談された。
BSのアンテナ、スカパーE2とか。

がしかし、昔映らなかった共同アンテナが映るという相談された罠
Blogのログみると2006年の8月頃から共同アンテナつかってない

01

五年ぶりに繋いで見ると、確かに普通に映ってる。
家のアンテナだと受信レベルが低いテレビ大阪(元々出力レベルが低い)
とサンテレビ(アンテナがそっち方向に向いていない)ともに良好な値。
普通の録画機とちがって、TVROCK+TVTESETだと録画時のDropやErrorのログが
残るのである程度やってDropなかったらアンテナ外そうかな。

2011年7月18日 (月)

結局・・・

Mdm

この画面しか拝めませんでした・・・。orz

おーいお茶、30本ぐらい飲んだのに