« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

Windows Phone7用のSkypeキター

IMG_0212_1.JPG

Skypeを買収したMSのスマホにようやくベータ版がリリース。
WindowMobile版はありましたけどね・・。

機能はコンタクトリストの発着信、050電番の発着信と大体の機能は使える。
SMSや、ファイルの転送はできない。



しかし最大の欠点は、ベータなのかWindowPhone7の仕様か、常駐しない・・・。

タスクを切り替えるとと受信や050の電番の待ちうけができない。

PeopleハブにリンクしないのでPeopleの電話帳からもSkypeで掛けれない。

ベータとみて諦めるか、ゴールド版に期待するかちょっと微妙なところ。

WindowsPhone8ではOSにSkypeが組み込まれているのでそんな心配はなそさうだけど。

追記
IMの日本語が全部中国語に変換されとる。
相手側には日本語で飛んでるけど、こっちには日本語が表示されません。
漢字で中国語にあるのは中国語で変換、それ以外は表示しないよ。

2012年2月26日 (日)

1/24 初音ミク グットスマイル BMW Z4 GT3 セパン戦仕様

Wp_000039

去年のGT300、初優勝した時の初音ミク グッドスマイル BMW Z4を1/24 キット化。
いまGT300ってエヴァとかイカ娘とか走ってるわけですよ、一番参入しやすいのかなぁ。
ラリーやってるところもあるけどさ。

田宮と長谷川のキットは、どっち組みやかったけどFUJIMIのキットってどーかなとおもったけど

Wp_000042

このパーツ数の少なさ、元々2ドアだから小さいけど、見えるところだけで
見えないサスペンションとかはかなり簡略化されてる。
問題はパーツの合い、仮組みしないと分かんないか。

肝心のシャーシ本体は普通という感じ、痛車なのでデカール地獄が待ってるわけだけど

Wp_000041

このキットの値段が5000円する最大の理由であるデカール。
解像度が低い気もするけど、ちゃんと貼り付くのが心配。
カルトグラフデカールみたいのを期待してないけどさ。

Wp_000034

肝心のデカールは非売品なので失敗したら終了です。

久々にプラモ組むか。

と途中のキットをみてみると、屍がちらほらとでてくる

Wp_000040

完成してるとおもうけど、ここからの磨き上げと内部の製作で心が折れた。

内部が簡略してるから作るはかなり楽かな、だといいなぁ。
昔作って完成した痛車は、1/35だし中身無かった
けど、完成はしたので
これも気長にやりますか。



1/43の完成品。

2012年2月24日 (金)

ドラゴン・タトゥーの女

Photo

スウェーデンでは大人気の推理小説 ミレニアムシリーズの第一弾。
2010年にもミレニアム ドラゴン・タトゥーの女としてスウェーデンで映画化したらしいけど
こっちはUSA版。
規制はR15+指定。(15歳以下鑑賞禁止)

大物実業家ハンス=エリック・ヴェンネルストレムの不正を暴きながらも名誉毀損で有罪判決
となり、雑誌社ミレニアムを去ることになった、主人公ミカエル・ブルムクヴィスト。
スウェーデンの一大グループ、ヴァンゲルグループの前会長のヘンリックから
40年前に行方不明となったひ孫のハリエットの調査をしてほしいとの依頼があり
報酬として裁判中の相手の不正を証明させる書類と交換にヴァンゲルグループの親族を
調査することになった。

一方ドラゴンのタトゥーを持つ天才ハッカーであり調査員であるリスベット・サランデルは
精神病棟にいったことがある要観察者で23歳でも後見人に管理される生活をしている。

そんなミカエルとリスベットの二人が手を組みハリエット失踪事件を解明していく。

やたらと女性への暴力が目立つ内容で、変死体の写真や、レイプシーンも普通に出てきます。
ベットシーンもモザイクありでR18指定じゃないの言いたいところ。

それをめをつぶれば、上映時間158分の長丁場を感じさせないテンポのいい展開。
主人公二人の話がバラバラに展開していき合流、謎を解きハリエット事件の解決と
ヴェンネルストレム裁判の結末の両方しっかりと終わらせている。

役者もリスベット役のルーニー・マーラがソーシャルネットワークで出てきた
ザッカーバーグの恋人役だなんてぜーんぜん気が付かないぐらい役作ってるし、
ダニエルクレイヴはいつもどおりだけどシブい。

いろんな意味で中身が濃い映画でした。 
軽い映画じゃなくR15指定(R18だと思うけど)を理解しているのならオススメです。
BD買っちゃうよ(モザイクが外れることを期待して)。

TIME / タイム

Time

遺伝子改良により人間が25歳以上年をとらなくなった未来の話。
25歳をこえると余命が一年のカウントダウンが始まり、延命の為に時間=通貨として
仕事をして稼く必要がある。
腕に表示される余命時間が0になると時間切れとなり死亡してしまう。
当然階級で余命がちがい富裕層の寿命はほぼ無限、スラム層の寿命は一日。

スラム層の主人公は常に余命一日分程度のギリギリの生活をしている。
スラム層の酒場に100年以上の余命がある人物が現れ、トラブルに巻き込まれたところを
助け出すが、すでに100年以上生きて死なないことに精神を病んでおり
主人公に余命すべてを託して、時間切れで死亡してしまう。
その時間で見た目は25歳だけど50歳の母親と富裕層ゾーンへ行こうとしたが
突然の物価の値上がりにより、母親が目の前で時間切れとなる。
こんなシステムを壊そうと、富裕層ゾーンへ行くが・・・。

まー、あからさまにお金が掛かっていないSF。
サロゲートとかミッション8ミニッツとかアイデアで勝負の映画。
25歳でとまるシステムを破壊するとか、大きな話にはならず引っかきまわすだけで終わってるのが
ちょっとざんねんかなぁと。
そのあとに起きる市場崩壊とかないし。

設定のアイデアはよかったけど脚本が消化不足という感じ。

2012年2月22日 (水)

今日はXbox 10周年。

ちょうど10年前、土日の休みなしで夜勤やっててへろへろのなか
ヨドバシから配送されてきた初代Xboxのクリアグラックの限定版。

あれから10年か、長いようで短いなーと。

本家も10周年記念とかやってるみたいなので、アクティブユーザーは
アクセスすべし。

2012年2月18日 (土)

Nokia Lumia 800 簡単レビュー

Img_0182

一週間使ったレビュー。

動画のレビューは結構あるのでそっち検索で

サクサクがウリのWindowsPhone 7シリーズの一応現行での最速CPU搭載。
んで何故か日本語インターフェイスが普通に入ってる。
当然日本にはauのIS12Tがあるけど、cdma2000だし一括はまだ高いし、
契約通信費用がいろいろかさむので、40000円を切ったEXPANSYSから
Lumia800注文。 身分写真要求されたけど、金曜朝一注文して月曜の夕方には届いた。
どこぞのプレアジの様にさくらんぼの詩はこなかったよ。

サイトから取ってきたLumia800のスペック

CPU: Qualcomm MSM8255 1.4GHz
システムメモリ: 512  MB
ストレージメモリ:16 GB
外部ストレージスロットなし
★サイズ(高さ×幅×厚さ)
 116.5×61.2×12.1mm
★重さ
 142  g
バッテリー:3.7V 1450mAh
3G通話時間:9.5  h
3G待機時間:335  h
音楽使用時間:55  h
動画使用時間:6.5  h
画面サイズ:3.7インチ
解像度:800×480ドット(5:3)
★液晶技術
 ゴリラガラス
 カーブグラス
 AMOLED
 クリアブラック液晶
★カメラ
 画素数: 800万画素
  F値:2.2
 デジタルズーム:3倍
 最大接写距離:10cm
 画角:28mm
★カメラ静止画
 3264×2448

★カメラ動画
 1280×720 30fps
 MPEG-4フォーマット
★音楽再生フォーマット
 MPEG-4 AAC , eAAC, eAAC+
 MPEG-1 audio Layer2 (MP2)
 MPEG-1 audio Layer3 (MP3)
 WMA 9, WMA Voice 9, WMA Lossless 9
 WMA Professional 9 and 10
 DRM保護対応
★動画再生フォーマット
 WMV 9
 H.264/AVC
 MPEG-4
 3GPP(H.263)
 AVI
 VC-1
 ASF

★通話方式
GSM 850,900,1800,1900MHz

  • WCDMA 900,1900,2100MHz
  • シングルコアCPU、外部スロットなしで解像度も800×480でスペック的に平凡つーか
    見劣りするところもあるけど、WindowsPhone7の仕様(シングルコア、800×480固定)なので
    仕方ないところ、ハードを縛っている分Androidである互換性問題はあまりないらしい。
    WindowsPhone8ではさらに緩和されるとか。

    外観はサイズ的にiPhone4S(115.2×58.6×9.3mm 重量:140g)とほとんど変わらない
    丸みがある分先が薄く感じる、MacbookAirとか同じ感じ。
    片手で操作するのにジャストサイズ。
    4インチとかだと片手(少なくとも日本人の手)だと辛い。

    液晶は非常に綺麗で微妙にカーブしてる。

    Img_0184

    写真で撮っても分かりづらいけど微妙曲がってます。
    ゴリラガラスでAMOLEDでクリアブラック液晶で硬く綺麗ではっきりとした画面。

    Img_0183_2

    ソフトケースが元々付いてきます。知らずに別に買った俺涙目。

    Img_0186

    純正品だけにソフトケースつけても違和感なし。

    Img_0181

    カメラはカールツァイスのレンズで携帯にしてはかなりスペックいいかと。
    iPhone4sのF2.4よりも1段明るい。
    出っ張ってるのでケースつけないとこのようにキズが付くのでケースはすぐつけよう。
    LEDライトは二つ付いているのは伊達じゃなくかなり明るい
    眼つぶしできるぐらい。
    IMG_0204.JPGIMG_0205.JPG
    あまり参考にならないかもしれないけど、LEDのOff/Onの明るさ。
    本当に明るい、被写体はまーテキトーで。

    カメラそのものはカメラボタン長押しでニ、三秒で起動して動作はかなり高速。
    日本向けじゃないのでシャッター音はボリュームの連動して消せます。

    サンプルで撮影。ホワイトバランス悪いけどまーまー。

    LUMIA800 TEST SHOT
    夜景も撮ったけどブレた。 リトライする。


    別の日に取り直し。Filckrなのでクリックでフルサイズみれます。

    Img_0151

    SIMはMicroSIM、最初戸惑うけど簡単にアクセスできます。スライドして外れます。
    このためにb-mobileのSIMを買ったわけで。

    Lumia800でデータ専用SIM使う場合はこっちの記事参照

    Img_0150

    この間買ったSIMカッターで切ったSIMもちゃんと入る。
    右側の端子きりすぎてかなりびびったけどちゃんと認識してます。

    Img_0149

    ちゃんとNTT DOCOMOで認識して通話も可能。
    800MHzは使えないのでFOMAプラスエリアは使えない。
    将来900MHzを使うキャリアなら900MHzで捕捉するはず。
    Softbankがつかうとなると2100,900で両方捕捉するようになるかと。(通信品質は置いといて)
    当然Simフリーです。

    Img_0169

    外部端子は、MicroSim、3.5mm4芯コネクタとMicroUSB Bコネクタのみ。
    超シンプル。

    充電も当然MicroUSBから。
    Img_0170

    デバックモードで見ると分かるけど、普通にUSBケーブル繋いでも
    ChargingではなくDischargingのままで充電されない。
    充電開始の音はなるんだけどね。

    Img_0171

    いつものように電源側の2,3ピンショートさせてLumia側はカットするコネクトつくれば
    充電できる。作るのは簡単

    Img_0168

    Expansysで買うと付いてくるACアダプタは内部でショートしているので
    普通のUSBケーブル繋いで充電できる。

     

     

    ソフトウェアに関しては、他の人のレビューがいろいろあるので掻い摘んで。

    ブラウズ表示、灰鰤とIS02とLumia800のWMとWPのIEの比較

    Img_0174

    三機種とも解像度はそんなに変わらないので見た目はそれなりに見えるけど、
    Lumiaのレスポンス桁違い。WMとは別次元。
    ちなみにIS02のブラウザでYOUTUBの再生ボタンおすとメモリエラーで
    再生できません。
    灰鰤は画面すら出てません。

    Img_0153

    動画再生はMpeg4 avc High profile 3.1(1280×720 30fps)までならそのまま再生可能。
    動画再生はスムーズ。
    MSのハードなのでWMA、WMV9,WMV9AP(VC-1)が再生できるのは
    他のスマホにはないメリット。保護されているファイルも再生できるはず。

    DivXとかMpeg2は転送ソフトのZuneが受け付けない。
    AAC5.1chのソースもだめでした。
    ちなみにHigh Profile4(1440×1080とかも)は転送時にトランスコードされるので
    転送が結構かかります。

    Img_0152

    Bluetoothは対応プロファイルが非常に少ない。
    HFP,HSP,A2DP,AVRCPぐらいしか無いっぽい。
    せめてHIDでキーボード繋ぐぐらいは。
    ちなみに、AVRCPは1.3なので対応機器で曲名はでます。

    Img_0187

    日本語文字入力もデフォルトで普通にできる。
    WP7だけとしてカーブフリック入力ができる。
    濁音半濁音とか斜めにフリックすることで入力可能でかなり速く文字入力ができる。
    フリック入力あまりしなかったけどコレは便利。

    あと特徴的なのはWP独自のハブ思想。
    Peopleハブ
    電話帳とSNSを統合した統合ハブ。
    facebook、twitter、WindowsLiveとかフレンドリストを纏めたり、
    すべてサービスを一つのアプリで履歴を確認できる。

    Img_0191

    Pictureハブ
    自分で撮った画像やPeopleハブで他のユーザーが上げた画像の一覧も出てくる。
    Flickerとかの画像共有アプリへランチできる。

    Img_0188

    Gameハブ
    XboxLiveのアカウントを使用できる、Liveのフレンドリスト参照やメッセージを送れる。
    WPのマーケットトのゲームで実績解除もできる。

    Img_0189

    Officeハブ
    PCで作った、Work,Excel,PowerPointが表示編集ができる。
    ただ外部メディアが使えないし、BTのファイル転送プロファイルもないので転送が面倒。
    メール転送、クラウド経由でファイルを使う。

    なかなか面白いけど、ちょっと慣れがいるな。

    このあたりファイルを外部メディアなしでどう扱うかというと、WMのActiveSyncではなく
    あたらしいZuneを使う。

    音楽、動画、画像はZuneで同期、転送できる。
    携帯のファームアップデートもZune。

    Zune

    日本は音楽のマーケットプレイスがないけど映画のマーケットプレイスはある。
    XboxのZuneと同じ。
    WP7のアプリのマーケットプレイスもある。

    Img_0190

    購入した画像や動画はMusic+Videoで再生可。
    ラジオは動くけど、Lumiaは日本設定にしても87.5MHz以下に設定が出来ない。
    なのでほとんどのラジオが聞けません。

    音楽、動画以外はのファイルはWP7では標準でSkydriveのクラウドサービスが使えるので
    ネット経由で転送する。
    無料で25GBまで使える


    とにかくWindowsPhone7.5のOSそのものの動作が非常にかるい。
    ハード構成を絞っているので、グラフィックアクセラレータも
    有効に使えてるし、タスクスケジュールをかなり細かくやってるから軽いし、バッテリーの持ちもいい。

    デカイタイルのMETROインターフェイスはかなり見やすいし
    ガラケー並みにかなり分かりやすい。

    ハードそのものには欠点らしいところもないけど、
    リリースが遅すぎたのとWindowsMobileの完全切捨てで移行組がでなかったところが
    ユーザー数が増えてないところかと。

    いまのところの個人的な問題点
    ・タスクスケジュールしっかりしている分、
     タスク切り替えると動作が止まるのでアプリが使いづらい。
     GPSロガーとか特に、ログが止まったらロガーの意味が無し。
     せっかくGPSトラックはかなり速いのに。

    ・アプリが少ない。
     AndroidとIOS両方出ているアプリは欲しい。
     androidで使ってるeye-fiとか、vulkanoとか skypeとか。

    ・PCのZune経由だと、画像、音楽、動画しか転送できない。
     officeのファイルとかはクラウド経由じゃないと転送できない。

    ・課金が映画はゲイツポイント、他は現金で統合されてない。
     Xboxユーザーならゲイツポイントはもってるけどそれ以外の人が
     ゲイツポイント持ってるわけも無く・・・。

    全部ソフトウェアの問題なのでWindowsPhone8になれば解決する問題もあるので
    バージョンアップに期待したい。
    とりあえずSkypeはPeople統合が面倒だろうけどリリース早くして。

    2012年2月12日 (日)

    ベルセルク 黄金時代編1 覇王の卵

    1


    10年前に、若干改変されけどそこそこよかったTVアニメだけど
    また黄金時代編を三部にわけて上映。

    原作で言うと四巻から始まって、ゾッドとの対戦、六巻の真ん中のガッツが暗殺するところまで。
    90分なのでかなーり展開が速く、ガッツ、グリフィス、キャスカ以外の鷹の団メンバーは
    ぜんぜん活躍しない。
    尺の都合仕方ないし、必要なエピソードはちゃんと回収しているのでまあいいんだけど。

    気になるところは、CG。
    大人数の合戦シーンはほぼCGなわけだけど、攻城戦そのものはいいんだけど
    CGそのもののデキがちょっと・・・。
    モブキャラの顔が手抜きでほとんど同じだし、主役キャラも顔がちと違う。
    そもそもフレームレートがセルにあわせていないから
    いくらモーションキャプチャーで動きはリアルだけど動きがガクガクしてる。
    スチームボーイやいばらの王に動きがそっくりなのでここだけ同じ機材か外注に投げてると見た。

    CG以外は、首飛んだり、アンダーヘアーでたりとか表現もわるくないし
    声優もそんなに悪くは無かったなと。

    黄金時代篇II ドルドレイ攻略は六月上映予定。
    ガッツが鷹の団ぬけるところまでやるのかなと予想。

    つーかBDが五月って、早すぎるだろ。

    とりあえず、Lumia 800

    Img_0148

    やーと届いたLumia 800。

    WindowsPhone7.5はIOSでもAndroidでもないので
    使い勝手が分かりづらいぞー。

    レビューはこっちで

    まどかマギカ展 大阪

    Img_0081_1

    せっかく大阪でやるのでいってみた。
    そこまで限定品とかにきょうみないので夕方15:30過ぎに入場。

    それでも狭いATCに人だかり、物販ブースに入るだけでも80分待ちとか。

    トークショーの入場くじは当然落選。

    展示ブースのほむほむの1/1人形の写真撮影が30分という異常な時間掛かった。
    残念!さやかちゃんでしたはスカスカだったのに・・・。

    撮影禁止エリアには、うめせんせー直筆のラフスケッチ、書き下ろしイラストや
    今まで出ているフィギュア一覧とか一番撮りたいのもがいっぱい。

    展示抜けたら物販が30分待ちになっていたので待って買い物して
    物販ブースに入ると同じぐらい時間掛かり何とか脱出。

    つーか高額品のグッズはほとんどが受注販売なので無理して早く行く理由もないのでは
    と思った、なんで午前中あんなに並んでいたんだろうかと。

    結局、何かしているよりは並んでいた時間の方が長かった気がする。

    しかし予想以上に女の人が多かった、もっと野郎ばかりかと思ったけど。
    ほむほむーと叫ぶおねーちゃんが印象的だった。


    買い物

    Img_0146

    実用性丸出し品ばかりなのは使う気満々だから

    買わなかったけどマスケット銃型のバームクーヘンが出したら売り切れを続けて
    飛ぶように売れてた。これがほんとに跳ぶように売れる状態か。

    そろそろ放送終了から一年ぐらいするころだけど改めて
    人気の高さを再確認しました、つーか再放送しようよ。

    現地の写真をflickrへアップしました。でも順番が逆だこれ。
    Powershot S100大活躍ですた。

    Created with Admarket's flickrSLiDR.

    2012年2月11日 (土)

    skypeで電話

    b-mobileがデータ専用SIMなので普通の通話できないので
    050電話の検討。

    skypeの料金プランは記載しているけどちとややこしい。

    単純にかけるだけの場合。
    ・プリペイドで1500円をskypeクレジットとしてチャージして電話をかける
     チャージの有効期間は半年。
     通話ごとに9.9円の接続料が掛かる

    日本の通話料金
     携帯電話:17.5円/分+9.9円
     SMS: 7.589円
     固定電話:3.22円/分+9.9円

    ・月額プランにはいる。
     60分、120分の固定金額で3ヶ月か12ヶ月単位で支払い
     (12ヶ月支払いにすると15%オフ)
     固定電話のみと携帯電話混みで料金プランが違う。
     固定電話は完全定額プランあり。(これだけ1ヶ月単位で支払い可能)
     国別のプランもあり、40カ国世界中どこでもプランもある。
     接続料金は掛からない(定額プラン対象のみ)
      上記でプリペイドでチャージしたskypeクレジットで支払い可能。

    固定電話のみ定額プラン
        60分   ¥130/月(2円17銭/分)
        120分  ¥235/月(1円96銭/分)
        400分  ¥500/月(1円25銭/分)
        実質無制限の通話分数    ¥690/月

    固定電話と携帯電話の定額プラン
        60分    ¥900/月(15円/分)
        120分    ¥1,600/月(13円33銭/分)

    ただこれだけだと向こうに電話番号が通知されない。非通知とか通知不能とか出る。
    なのでオンライン番号(所謂skypein)が必要になる、これがマタ別料金。

    日本だとFusion Communicationsからの050番号を付加。
    3ヶ月プランと12ヶ月プランの二つ。
    3ヶ月:2250円
    12ヶ月:7500円

    月額プランにいずれかに入ってると、3ヵ月が33%、12ヶ月が50%オフ。
    これもプリペイドでチャージしたskypeクレジットで支払い可能。

    でもこの通知番号、出る時と出ない時がある見るみたいで。
    通知番号も050-555-5555とかだと、81505555555と国番号が追加される
    当然このまま返信すると掛からない。
    ただ、SBの105SHだとちゃんと050-で表示されていたので端末次第。

    390円分固定月額プラン入って3500円でオンライン番号購入。
    skypeクレジットは1500円単位でしか買えないので4500円分買って
    のこりskypeクレジットの610円で運用が一番安い方法か。

    ただSkypeの支払いは世界通貨で支払いが可能。
    例にとって韓国ウォン (2012/2/11のレート 1ウォン=0.07円で換算)
    接続料金:
    119ウォン=8.21円
    固定電話:30ウォン = 2.07円
    携帯電話:179ウォン = 12.35円

    オンライン番号 12ヶ月 50%オフ後:40000ウォン = 2,760.85円

    と結構変わる。超円高の影響だと思う。
    日本円でプリペイドしてウォンで支払うとかなり安くなる。

    アカウントの支払いの通貨を変えるとその通貨で支払いできるけど
    変換手数料金額に比例しているので変更時は残高が少ない時にしましょう。

    ぶっちゃけ050plusの方が安いのは分かってるんだけどね。