« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

DIGNO DUAL WX04K

http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2012/05/29/index_02.html

噂のウィルコムスマホがようやく発表。


でもねぇ

・いままでのウィルコムで使っていたpdx.ne.jpやwillcom.comのドメインが使えない
・ライトメールが使えない
・PHSでのデータ通信が使えない

・3Gデータ通信は5460円/月 固定
・3G通話はホワイトプラン適応外
・端末も最新ではなく型落ち。
・プラチナバントは使えません
・三年縛り

・「だれとでも定額」が0円で使える(ただし期間限定)

ぶっちゃけいままでユーザーが機種変してまで買いたいと思わない
SBのスマホにPHSの通話アプリ付けだけのドン引き端末になってた。

せめてPHSデータ通信使えて料金プランが3G通信基本タダの
新ウィルコム定額プランGSじゃないとだれが買うといいたい。
こんな端末に、何もしなくても基本料金980+315+5460=6755円払えるかと。

ウィルコムは通話だけに絞りなさいという親会社魂胆が見え見え。

せめてSIMロックフリーなら多少は楽しめる端末だろうけど
まずないな。

WX04Kを使うべきユーザーは
スマホ一台もちでなおかつ通話をよく使うユーザー。
になるわけだけどスマホならLINEなりSKYPEなりVOIP使えるわけなので
ますますメリットなんなのってなるな・・・。

2012年5月27日 (日)

テルマエロマエ

Photo

このマンガがすごい!にも選ばれた漫画の実写映画化。

古代ローマの大衆浴場テルマエの設計士ルシウス。
ひょんなことから現代の銭湯にタイムスリップし、日本人である平たい顔族の銭湯をみて
そのアイデアをローマのテルマエに生かして斬新なテルマエをつくり、一躍有名になる。
ローマ皇帝に声が届き、自分のテルマエを作って欲しいと依頼を受けるまでになる。
が、自分のアイデアは平たい顔族の銭湯を真似ているだけである為に
ルシウスは苦悩してしまう。

主人公がアベカンだから見に行ったようなもので
前半舞台説明的なところは面白いんだけど、後半の変に感動と恋愛要素を追加させようと
するところはよくある邦画のよろしくないパターン。
起承転結でいうと転結あたりからなーんかいまいち。
原作が完結していないから仕方ないんだろうけど中途半端な感じだった。

ウメダレトルトカレーコレクション

Wp_000159

期間限定でオープンしている阪急梅田駅構内にあるレトルトカレー専門店
ウメダカレーコレクション。

Wp_000190

全国のレトルトカレーを集めただけあっていろんなカレーがある。
店舗奥にはレトルトカレーを食べれるスペースがあってその場でも食べれる。

で、てきとうにコレはヤバイと思ったのを買ったみた。

Img_0663

一発目メロンカレー

Img_0664

みたまんまでメロンです。
メロンの果汁はあまり感じないけどそんなきつくなく、
見た目的な問題だけ。

Img_0668

つぎ、味噌カレー。

Img_0669

具は普通、カレーの香辛料のほうが味噌のにおいを上回っているので
味噌臭さはなく悪くないけど、後味のまったりさは味噌そのもの。

Img_0670

かきカレー。柿じゃなくて牡蠣の方。

Img_0671

牡蠣そのものが入ってます。
牡蠣は食べれるんだけど、牡蠣エキスが香辛料を上回っていて
香辛料と牡蠣汁のすばらしい不協和音。
かきが苦手ならやめたほうが・・・。

Img_0696

水戸の納豆カレー。どじっこカレーらしい。

Img_0697

レトルトを空けた瞬間からにおう納豆臭。くさいっす。
カレーそのものは納豆臭はあまりしない。
合う合わないはともかく納豆がOKなら食べれる。

Img_0705

ブルーベリーカレー。

Img_0706

ブルーベリー入っているけど、意外といける。
カレーはフルーツ系の甘みは合うみたいで。

Img_0708

真夜中のカレー うなぎの肝はいってるそうで。

Img_0709

見た目普通っぽいけどうなぎの肝はしっかり入ってます。
最初は普通のカレーだけど肝食べ始めると肝の味しかしなくなってくる・・・。
二段階で味が変わる。
最後はかなり苦くなるので肝が苦手ならスルーで。

店舗は期間限定らしいので阪急梅田駅使う人なら一度は行くことをオススメします。


2012年5月25日 (金)

MIB3 メンインブラック3

Mib3

10年ぶりのMIBの新作。
エージェントKが40年前に逮捕した宇宙人が月の収容所から脱出し
タイムマシンで40年前に戻ってエージェントKを殺害してしまい歴史が変わってしまった。
エージェントJはKの殺害の阻止の為宇宙人がタイムスリップする一日前にタイムスリップして
殺害を阻止しようとする。
さすがに10年ぶりだけあって65歳のトミーリージョンズはアクションさせるのがつらいと感じたのか、
過去にいって若いKでアクション。

MIBも3作目なので奇妙な武器や宇宙人での目新しいさは無いけど、
JとオールドKの凸凹コンビ相変わらずだし、ヤングKとJのコンビはノリは変わらず。
このコンビはウィルスミスのエージェントJのバカッぷりで出来てるからね。

出てくるキャラクターはかなり少ないけど、その分キャラ掘り下げもできていたかなと。

話はずーとKの話だけど、最後の最後にJの話がきてそれにポロッときてしまった。
なるほどその伏線でそーきたかと。

MIB1並の新鮮さはなく、宇宙規模の話じゃなくて、地球規模の話でちと地味なところは
あるけど、95分と短めの尺でテンポよいストーリー展開とコンビのノリは健在で面白かった。

さすがに次回作するならジョーンズだすのはつらいので新展開キボウ。

2012年5月21日 (月)

で、金環日食

予報では天気は曇らしいのでテルテルボウズ作って待機。

四半世紀ぶりに作ったと思うテルテル坊主。 明日晴れて、お願い。

作り方わすれとったわ~。

で、当日
6:30頃から日食が始まるので空見ると案の定曇り・・・。

IMG_0047
午前7時前に雲が晴れてまとも撮れた、部分日食。
一応黒点も見えてました。

が、しかし金環日食に近づくほど増える雲。

Img_0056

金環日食真っ最中の中之島公園の空。くもじいめ・・・。

IMG_0067
その雲が薄くなった刹那に撮影。7:31頃。
ND8フィルター一枚で余裕でした…・
シャッタースピート上げ過ぎると映らなかったわ~。

IMG_0075
7:35頃にはもうリングは切れてた。

もうちょっと天気がよければ綺麗に撮れたんだけどねぇ…。
天気よければ携帯カメラだと撮れずにバカめーと優越感に浸れたのに(笑)

2012年5月20日 (日)

ロボット

Photo

あのムトゥ 踊るマハラジャのインド映画のスーパースター、ラジニカーントスーパースターの主演映画。

ロボット工学の博士が20年費やして作った自分そっくりのロボット。
がしかし、学会での認可を得る為には善悪の判断ができる感情が必要になる為
いろいろと試行錯誤の結果、感情を持ってしまうが同時に博士の恋人に恋してしまう。
博士の長年の夢だった軍事ロボットへの転用をしようとするが武器よりも愛を説き始めて
ブチギレした博士にロポットを処分してしまう。
処分されてロボットはライバルむき出しだった博士の師匠に回収されて
悪のロボットして復活してしまう。

ストーリーはありきたりだけど、インド映画はとにかくパワフル。
無理を通せば道理が引っ込むを地で行く映画。

博士とロボットは当然二役なわけだけど、このオッサン60歳とは思えん動きだ。
さすがスーパースターとしか言いようが無い。

で、肝心なところとしてオリジナルから40分ぐらいちょん切っているのが日本版
ということに注目。
前半のロボット製作中の無駄な暗転とか結構多いところがそれらしい。

マサラムービーとしえば感情が高まった時に無駄に大勢踊るシーンな訳だけど、
キスシーンからくるかなーとおもったら次のシーン、指輪交換してくるかーっとおもったら
次のシーンと、パンフにも載っているけどバッサリとカットされてる。

ラジニカントといえばダンスを期待しているとカットシーンしーんの多さにちょっと残念なところ。
無いわけじゃないけど。

後半のCGアクションシーンをメインにもって行きたかったと思うけど37億円費やしただけあってかなり派手。
とはいえ設定から無理があるので不自然なCGが目立つ、がそれがどうしたという勢い。

ダンスシーンが削られてたのは残念だけど、スーパースター健在でした。


DVD/BD発売の際には完全版発売希望で。

 

ムトウのこの勢いはすごかった。
ムトゥ撮影が1995年で、15年でここまで近代化仕立てるのかと思うと
インドすげーと思うわ。


ガンダムUC episode5 黒いユニコーン

Uc5


毎回恒例のソフトリリース前の上映、初めて行って見た、

原作どおりに黒いユニコーンが出てきて、ラーカイラムとガルタ、ガランシェールの大気圏脱出まで。
その後ちょっとしたところで終了。
前回で完全にすっ飛ばしたラプラスの箱の話が多め。
このあたりからサイコフィルードの不思議空間がやたらと出てくるので
あんまりすきじゃなかったり。
とはいえどっかの地上波でやってる良く似たタイトルのアニメに比べると月とすっぽんな
かっこいいMS戦は相変わらず。超高度戦闘は空気感あってすごい。
原作でも気に入ってたシーン、「受け取りなさい、バナージ」にはしびれた。

UCのいいところはちゃんと大人のオッサンが出てきてそれがカッコイイところかな、
それがないんよね今のTVのガンダムって。

とりあえず、劇場でみたら迫力全然違いますわ。

この一言ですな。

Img_0694

劇場限定のフィルム付きBDもゲット。
肝心のフィルムはガランシェール内のフィルム、カイとの密談のところかと。

次は2013Springと、またえらい先な上にEpsiode7まで出るみたい。
とりあえず次の見所は間違いなくフルアーマーユニコーンだろうから早く見たいぞ。

 

2012年5月19日 (土)

懲りずにND8一枚追加

Img_0688

ND8フィルター四枚で8×8×8×8で1/4096。
コレぐらいだと家の照明ではひかりが通らない

ND8×8×8×8で1/4096で昼間の太陽撮影。見えるのは黒点かゴミか・・・

F値最大で、シャッタースピード最短で撮影。
詳細データはfilcker参照、サムネイルで跳びます。

一応黒いものが見えるけど黒点かゴミか・・・。

Img_0032

シャッタースピード上げるとやっぱり隣に星見える。サイズからみて月か。
これが明後日の朝には重なるわけかな?


2012年5月18日 (金)

液晶モニタにウインドウォッシャー液

Img_0687

が、いいらしい。

コーナンだと1Lで168円で売ってるのを二倍に薄めて使うといいらしい。
確かにツルツルになった。

値段も安いので馬鹿にされたと思って一回やってみるとヨロし。

デスクファン YDS-J142 新調

Img_0686

数年前に800円ぐらいで買ったコーナンのデスクファンがあまりにもナニだったので
YAMAZENのデスクファンYDS-J142を新調。

左右から吸気して前に吐き出すACファン。
デスクファンってうるさいか、風が無いかのほぼ二択でどーかなと思ってたけど
静かで風量もかなりある。1M以上離れても風を感じれる。

首が回らない欠点もあるけど、これはかなりあたりかと。
オススメです。