« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月26日 (日)

マルチペアリングキーボードTK-FBP014 からマルチペアリングキーボードのTK-FBP044BKに買い替え

IMG_1029.JPG

TK-FBP014を使っていたけど、キーの反応が悪くなってきたので別のキーボード物色。
つーてもBTマルチペアリングできるフルサイズのキーボードは
このシリーズしかないので・・・。

IMG_1030.JPG

サイズもレイアウトともにTK-FBP014と変わんない。
このシリーズ、テンキーがないモデルあるんだけど、
テンキーが無いだけじゃなくてキーピッチも小さくなっていて
デスクトップではちょっと使いづらいサイズになってる。

で、新モデルになって最大の変更点

IMG_1032.JPG

液晶パネルがついた。
これでようやくNumLock、CapsLockとScrool Lockの状態と
今どの機器につながっているがわかりバッテリー残量もわかる。
当然機器の選択番号とリンク状態もわかります。


IMG_1036.JPG

ちなみに前の。 ぜんぜんわかりません。


IMG_1034.JPG
USBポート追加
ハブじゃなく、BluetoothキーボードからUSBキーボードに変更ができる。
これでBTキーボードの欠点だったOS起動前のBIOS画面も操作ができるようになった。


IMG_1033.JPG

あと、iPhone用にメディアボタン機能も追加。
Windowsでもある程度使えます。

IMG_1035.JPG

ペアリングボタンが普通に押せるようになった。細かい変更点だけどこりはうれしい。

肝心のキーボードタッチは前回のと変わらず、エレコムの普通のキーボード。
気持ちストロークが深くなってるかなーと。

前のキーボードでよくあった、Functionキーを押すとリンクが途切れる謎現象は出てない。

で感想。
前モデルのキーボードの不満点をほとんど吸収しているいいキーボード。
ただ前のモデルが半額で買える状態なので、我慢してつかうなら半額でもいいよーな。
iPhoneとWinとMACを家でひとつのキーボードで使いたいのならベストチョイスです。

ま、強いて言うなら
このシステムでメカニカル高級キーボードをキボンヌ。
1万円ぐらいまでならだします。

PhenomII x6のAM3から FX-8150のAM3+へ

まーAMD FXシリーズは新アーキテクチャでかなり偏ったパフォーマンス
(というかサーバー向け)なCPUというのは散々聞いているので対して期待はしていないわけで。

・アイドル電力が下がる
・一応8コアなのでエンコード速度が上がる
・AM3+マザーでSATA6Gに変わったのでSSDが速くなる

はずだったんだけど意外な落とし穴ががが。

 

なのでPhenomII x6 1090T で比較用にエンコードのベンチマーク

avitulでフィルター掛けで実用性のx264でエンコード
アニメのOP 90秒。

01

サンプルでこれのOP 90秒

PhenomII @3600
エンコード:5.45min
瞬間最大電力280w
Cinebench:6.11

PhenomII @3200
エンコード:6.25min
瞬間最大電力240w
Cinebench:5.47

アイドル電力(800Mhz):135w

決して遅くはないはず・・・。

んでFX-8150、x264はFXの新命令対応版なのでちょっとよくなるはず。

01_2

CPU使用率ちゃんと8個ででるー。

クロック結構あげれるので3800Mhzに上げ。
FX-8150 @3800
エンコード:6.03min
瞬間最大電力290w
Cinebench:6.18
アイドル電力(1400Mhz):108w

           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/
    |        \
    |        |

悪くなっとる・・・。

クロックあげるだけ上げると4300Mhzまであげれるのでそれで確認
FX-8150 @4300
エンコード:7.34min
瞬間最大電力:375w ww
Cinebench:6.33

Cinebenchは上がったけど、エンコードがさらに酷いことに。
電力はまーまー。4GHZ超えると電力が激増するらしいので・・・。

どーもクロックをモニタしてると、一定周期でクロックが最低クロックの1400Mhzまで落ちてる。
クロックは固定にしているし、電源のプロセッサの管理も変動させてない。
CPUクーラーはかなり冷たい、というかぜんぜん温度が上がらない。
CPUは60℃いくかいかない程度でクロックが落ちてる。

AMD FXからPhenomにもどしたけど同じ症状、マザーボード依存してる。

マザーボードの温度もぜんぜん上がってないのでなんでかなーとおもってたら調べてたら
どーもVRMが悪いらしい。

Wp_000487

CPUのとなりの四角のコンデンサの隣がVRM。
これはまえのマザーだけどレイアウトはおんなじでヒートシンクなしでむき出しも
おんなじ。

IMG_1028.JPG

VRMにヒートシンクつけて、4cmのクリップファン取り付けて冷却。

これでようやく、CPUクーラーがかなり熱いレベルまで放熱するようになった。

CPUクーラーがトップフローならまだエアフローがVRMに届くんだけど
サイドフローだしケースもサイドパネルに穴が無い窒息ケースなのでVRMに
まったくフローが通らない構成そのものが間違ってるきもする・・・。

でも3800MHzのフルロードが限界。4000MHzだとクロックダウン頻発する。
なのでこれでベンチマーク

FX-8150 @3800
エンコード:5.15min
瞬間最大電力290w
Cinebench:6.42
アイドル電力(1400Mhz):108w  

約30秒縮まった、たかが30秒されど30秒。
元が90秒動画のエンコードなのでこれが約25分だと16倍ぐらいかかるので
30*16で8分ぐらい速く終わる。2passだと倍の16分。

CPUを全部フルロードするようなことはエンコード以外ないので
4.3Ghzでも(電力さえ目をつぶれは)普通に動作するはず。

当初の目的である
エンコードが速くなってアイドル電力も下がったのでまー良しとしますか。

MATXマザーでVRMのヒートシンクついているのってぜんぜんないから
やっぱりオーバークロックするならATXマザーかなと。

オーバークロック向けモデルのM5A88-M EVOはどーなんだろ
あれもVRMのヒートシンクないんだけど・・・。

ついでにSATS6GのSSDのベンチマーク。
SATA3Gの限界の300MBを超えてるのはわかるけど体感するのは起動時だけな気がする。

ゲームのベンチはきっと凹むからやらない。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   432.046 MB/s
          Sequential Write :   325.695 MB/s
         Random Read 512KB :   240.691 MB/s
        Random Write 512KB :   323.149 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    19.662 MB/s [  4800.3 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    80.584 MB/s [ 19673.9 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :   211.005 MB/s [ 51514.9 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :   114.553 MB/s [ 27967.0 IOPS]

  Test : 1000 MB [C: 36.4% (43.4/119.2 GB)] (x5)
  Date : 2012/08/22 7:26:35
    OS : Windows 7 Home Premium Edition SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

2012年8月24日 (金)

帰ってきたPowerShotS100

Untitled

BBQの次の日だして一昨日届いてようやく今日手元に。
明日もBBQあるらしいが、土曜日出勤でイケず・・・。

いままでキャノンのデジカメで壊れた理由がレンズエラー以外無いけど。
またレンズエラーでたら無料でやってくれるのかな。対策済み?

2012年8月17日 (金)

コードギアス 亡国のアキト 第1章「翼竜は舞い降りた」

1


コードギアスの一期と二期との間の話で全然でなかったEUが舞台で全四章のうちの一章

ブリタニアに敵対するEU軍のイレブンだけで構成された特殊部隊wZERO
EUの人間を使いたくない為に使い捨て同然に使われているイレブン兵。

そのうち唯一生き残った日向 アキトとその指令レイラ・マルカルの話。

主人公のナイトメアフレーム、アレクサンダの四本足で疾走するインセクトモードがとにかくキモイ。
立つとそれなりにかっこいいんだけど出番がタイトルコールまで。
今回は隊員の顔みせ程度で話が大きく動くことは無く終わってる。

アキトのギアスっぽい能力、ほんとにギアスを使ってる新キャラ。
二章の予告に出てくる、本編のキャラの枢木スザクとC.C.。

話が動く二章が楽しみだけど、上映は来年の春予定はちょっと長すぎるわ。

トータルリコール

Photo_2


トータルリコールといえば、1990年のアーノルド・シュワルツェネッガーで
火星の地表に出て目が出そうになったり、鼻から球だしたり、
おばちゃんからシュワちゃん出てきたりとCGがまったく使っていないにもかかわらず
SF表現が評判だった映画のリメイク。

話の大雑把なところおんなじだけど、舞台設定がえらい違う。
地球は細菌戦争でヨーロッパ(UFB)とオーストラリア周辺(コロニー)しか住めなくなってしまい、
その二つのエリアをフォールという地球の地核をぶち抜いて作った巨大トンネルで
行き来してUFBがコロニーを支配している世界設定。
でお互い敵対していてテロリストの主人公の記憶が上書きされていて記憶を取り戻しながら
戦うというところは大体おんなじ。

前作は火星が舞台で、ミュータントとか宇宙人関係の設定がなくなった分
プレードランナーのようなコロニーの背景とかそれの120度違うSF的なUFBの背景とか
かなりビジュアルで凝ってる。

前作で有名な入管審査での変装とかはひねりの効いたアレンジだし
ミュータントでないのにもかかわらず、三連オッパイはなぜか出てくる。
鼻から球抜きは、とる場所と取る物が変わってた。
馬鹿笑いするホログラフィーはなかったな、そーいや。
しつこく迫ってくる警部が仮嫁にかわっていたのはよかったな。

ただ舞台変えたせいで、前作であった火星で酸素を管理されていて強制労働されている感があったけど、
UFBとコロニーの間ではいまいちそれが伝わってこない。(エレベータで17分の距離だし・・・)

前作での火星の酸素を大量に発生させる氷山を蒸発させる装置みたいな
劣勢を一気に逆転するような要素もなく、出る杭は打たれる的な対処して終了みたいな
あれだとまた直してくるじゃんという根本的な解決じゃないエンドが消化不良だったなーと。

設定変更が悪いほうにいった感じのアレンジでした。

つーか前作BDでてないのか、20年以上まえだけど
脚本はこっちのほうが上です。

アベンジャーズ

Photo

ハルク、アイアンマン、マイティーソー、キャプテンアメリカと映画化するたびに
少しずつ伏線を張り続けていたアベンジャーズがようやく公開。

キャプテンアメリカと共に海から回収された四次元キューブをマイティーソーで追放された
ソーの兄弟のロキに奪われて、それを探索するためにハルクのバナー博士とアイアンマンの
トニースタークが探索するというのが話しのメイン。

それぞれのキャラクターはもともと主人公キャラなので説明なくいきなり出てくる。
キャプテンアメリカがWW2で活躍してたのに現代にいるとか、アイアンマンの胸の光とか
ハルクが超人化するとか、ロキが叛乱をしているのかとかは
一応説明っぽいのが数カットでてくるけど、基本は全部原作見てねという放置っぷり。

とはいえ、非常にお金の掛かったアメコミらしくドンパチいっぱい。
中途半端でちといまいちだったアメージングスパイダーマンとは違いド派手。

まーこんだけヒーローがいっぱいいるので相当ド派手にしないとそれぞれのキャラクターが
活躍できないというのが本音かと。

アメコミの王道=アメリカンアクション映画の王道のような映画。
ダークナイトライジングの変化球アメコミ映画もいいけどスカッとするなら
アベンジャーズはかなりいいかと。

アメコミ定番のスタッフクレジット後の伏線はいつもどおりだけど、
今作はアメリカと日本限定のオチがあるので見忘れずに。
全員笑って無いけど、一番笑えるシーンです。

話的にはアイアンマンは一番なんだけど、ソーとキャプテンアメリカが
アベンジャーズの直接の続編みたいな感じです。

ほんと

日本よ、これが映画だ。

といいたい、日本じゃ作れない映画です。

2012年8月14日 (火)

AM3+とFx-8150 環境

いまさらだけどAM3+とブルユーザーになりました。

本当は、AM3+マザーだけ買ってZambeziはスルーして秋ごろリリースのVisheraまちという
手もあったわけだけど

・いまやってるCPU割引キャンペーンで3000円引きが今週中まで
・上のキャンペーン中でさらに1000円下がった
・今使っているPhenomIIx6 1090TがFX-8150の価格の2/3ぐらいの高めで売れる
・マザー同時購入だと割引キャンペーンしてる
・マザーの資金足しにする予定だったGalaxyTabが結構高値で売れた
・Visheraコアは出てもZambeziコアと同じ初期値25000円ぐらいになるかな。

という理由でCPUも追加購入。 当然ハイエンドの8coreのFX-8150で。
Opteron 3280という手もあったけど、価格高いしクロック低いし倍率固定なのでパス。
FX-8150をOpteron 3280と同じ設定にするとより低電力とかいう話もあるし・・・。

また一番時間が掛かっているエンコが速くなるのと、アイドル電力が低くなるなら
買い換える意味はあるので、それ以外は微妙らしいが・・・。

Untitled

Socket939の頃から見慣れた、変わらないヒートスプレッタつきCPU。
ちなみどっかのCPUと違って殻割りするとコアごと外れるとか・・・。

Untitled
CPUクーラーはPhenomIIx6から変わっていない模様。
一応TDPは変わらないからいいんだろうけど。
どっち道使わないけど。

Untitled

マザーはASUS M5A88-M、1世代古い880G+SB850チップセット。
チョイスした理由
・MicroATX
・メモリが4スロット
・PCI-E x1のスロットがx16の上にある(RadeonHD5850積むとその下は使えない)
・SB850でSATA6GとUSB3.0が使える

これを満たすマザーボートはこれしかないわけで・・・。
でもこれよくみたらeSATAないな・・・。

最新の980GのMicroATXが出ていないのでMicroATXは880Gしかない。
AMD9シリーズとAMD8シリーズの差はあまり無いのでどっちでも良いといえばいいんだけど。
SSDつんでるからSATA6Gのパフォーマンスは出てほしいところ。3Gでは頭打ちだったので。

さて、時間があけば組んでみますか。

2012年8月13日 (月)

ガリガリ君の消臭元

Wp_000459

甘い匂いが充満しすぎる。
絶対うれないだろ、これ。

2012年8月12日 (日)

一日前に届いてほしかった・・・

Wp_000454

Wp_000455

初音ミクグッスマレーシングのサイクルジャージ

昨日不在通知着てたけど、一昨日届いとけばBBQに着て行けたのに・・・。

実際着てみるとピッチリ。これ以上太るとミクが横に伸びていくといことか・・・。
腕まわりのゴムがちよっと狭いけどそのうちの伸びるかな。

最初から分かってたけど背中は良いけど、胸元がちょっと地味だ。
盆明けにこれ着てどっかいきますか。

たまには勝尾寺TTでも、せめて人間になりたい。

Powershot S100の故障原因はこれっぽい。

http://cweb.canon.jp/e-support/products/dcam/20120703pss100/lens.html

下記製造番号の一部製品において、とりわけ高温多湿環境の影響等によるストレスでレンズ内部の部品が断線し、レンズエラーとなる場合があります。

熱かったし、雨振りそうだから多湿ですわ。

対象製品

コンパクトデジタルカメラ 「PowerShot S100」
カメラ本体シリアル番号の左から1および2桁目の数字が “29” から“41”までの製品で発生する場合があります。

31だよ、うちの・・・。

Powershot S3もSX1もレンズエラーで修理送りしたことはあるけど
望遠モデルだからレンズ長いから仕方ないかなとおもってたし、前のIXY30でもレンズエラーは
なかったからね。
もともと故障要因持ってたわけだ。

でもBBQ当日に発病しなくてもいいんじゃないのと。

でもこの故障でよかった、メーカー側の不具合以外は盆休みで盆あけみたいなので・・・。