« ふらっと南へ | メイン | Xbox360 2012秋のアップデート »

2012年11月 3日 (土)

Iconia Tab W500 をWindows8にアップグレード

IMG_1531.JPG

120GBのSSDに交換したのでそのままWindows8へアップグレード。
カウントダウンで買ったやつじゃなくて、前に買ったWindows7の優待1200円ので。
買ったのが64bitのHomeだけどW500の32bitのHomeでも問題なく適応できる模様。

ちなみに空き容量16GBを確保しないとダメなので標準の32GBSDDだと
ほとんどのアプリアンインストールしないとだめらしい。


Windows8の動かすためのシステム要件

プロセッサ: PAE、NX、SSE2 をサポートする 1 GHz 以上のプロセッサ (詳細)
RAM: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
ハード ディスクの空き領域: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)
グラフィック カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)

特定の機能を使用するための追加要件:
タッチを使う場合は、タブレット、またはマルチタッチに対応しているモニター (詳細)
Windows ストアにアクセスし、アプリをダウンロードして実行する場合は、インターネット接続と 1024 x 768 以上の画面解像度
アプリをスナップする場合は、1366 x 768 以上の画面解像度
インターネット アクセス (ISP 料金が発生する場合があります)
セキュア ブートには、UEFI v2.3.1 Errata B をサポートし、UEFI 署名データベースに Microsoft Windows 証明機関が含まれているファームウェアが必要です
ゲームやプログラムによっては、最適のパフォーマンスを得るために DirectX 10 以上に対応するグラフィックス カードが必要になるものがあります
Microsoft アカウント (一部の機能に必要)
別売りの DVD 再生ソフトウェア (DVD を視聴する場合) (詳細)
別売りの Windows Media Center のライセンス (詳細)
BitLocker To Go には、USB フラッシュ ドライブが必要です (Windows 8 Pro のみ)
BitLocker には、トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) 1.2 または USB フラッシュ ドライブが必要です (Windows 8 Pro のみ)
クライアント Hyper-V には、第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) 機能と追加の 2 GB の RAM を含む 64 ビット システムが必要です (Windows 8 Pro のみ)
Windows Media Center でテレビ放送を視聴したり録画したりするには、TV チューナーが必要です (Windows 8 Pro Pack と Windows 8 Media Center Pack のみ)
無料のインターネット テレビのコンテンツは地域によって異なり、一部のコンテンツには追加料金が必要な場合があります (Windows 8 Pro Pack と Windows 8 Media Center Pack のみ)


まーWin8アプリを使うには1024 x 768の解像度がいるし、
アプリをスナップする場合は、1366 x 768 以上の画面解像度がいるということ。

1366 x 768という解像度と16 GBの空き容量という点がW500の壁になるわけだけど
SSD120GBに交換しているので容量はパス。
解像度はどうしようもないのでスナップしなければいいだけなので。

アップグレードはそんなに難しくもなく終了。

ドライバーはAcerのサイトにおいてます。
G Sensorドライバーと Device Controlを入れないと画面のローテーションが使えません。
Device ControlはWin7を選択肢ないと出てこないです。

IMG_1541.JPG
W500にフツーにWindows8 Pro入りますた。

操作感覚はかなり軽い。
かつ、タブレット用にインターフェイスがあるので、マウスインターフェイスだった
Windows7に比べて操作も楽ちん。

IMG_1542.JPG
MSNのサイトもWindows8用のデザイン。
ちゃんとピンチズームもできて、ズームアニメーションもあり。

IMG_1543.JPG
キーボードもちゃんとタッチパネル向けのインターフェイスになってます。
androidのタブレット並みに打ちやすい。
前のは指で打つ仕様じゃなかったので、ほんとに打ちづらかった。

IMG_1552.JPG
G sensorドライバーとDEVICE CONTROLアプリを入れると画面ローテーションも問題なく
できます。
さすがに画面回転アニメーションはなかった。

Vistaから7は軽くなった印象があるけど8は更に軽くなってる。
Win8専用としてWindowsPhoneみたいにアプリという概念が追加されているので
専用アプリとかいっぱい出そうだ。



電源投入から適当に触って電源offまで五分。
すべてにおいてWindows7より速いです。

ホント出るのが一年早かったよ、IconiaTab W500。
あたらしいATOM ZのWIN8タブレットはどーなんだろ。

しかし、ここまで快適に動けば、WindowsRTの立場なくなるな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/30189131

Iconia Tab W500 をWindows8にアップグレードを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿