« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

ハブのメンテ

IMG_2203.JPG
そーいやWH6700買ってハブバラしてないなと思い、ロングライドに向けてメンテ。
フロントは17mm、リアは14mmと15mmのハブスパナが要るので準備してバラし。
グリス真黒だしかなり少ない。

IMG_2204.JPG
二年放置のツケ、玉押しがちょっと虫食い直前のスジ状態。
線だけなのでまだいいけど、放置してたらゴリゴリ行ってたはず。

IMG_2206.JPG

ぶち込めるだけグリスアップ。専用のセラミックグリス投入。
WH6700はベアリングカバーがあるのでメンテはかなりやりやすい、気がする。

ハブのメンテで一番面倒なのは最後の玉押しの調整。
ゆるすぎるとベアリングと玉押しの隙間があってゴリゴリ、締めすぎるとベアリングと玉押しの
隙間なくて動かない。
微妙な調整がいるので要鍛錬かと。


2013年4月28日 (日)

HK 変態仮面 観てきた

HK PG12だけどHENTAIで面白かった。



"それは私のおいなりさんだ"で有名な20年前のジャンプ掲載の漫画の映画化。

いつもは弱いけど使用済みのパンティをかぶると超強い正義の変態仮面に変身するという
かなりあほな設定。

こんなあほな設定を実写化するので、どこぞのヤマトやキャシャーンみたいな変なアレンジしてブーイングされるか
原作を丁寧にオマージュして絶賛されるかの二択なわけだけど、この映画は後者。

徹底的なバカな変態仮面を大真面目に演技してる。
主役の鈴木亮平もこの映画の変態役の為にマッチョ改造した徹底ぶり。
変態仮面以外のライバルも徹底的にバカしてるし、ニセ変態も本物を上回る変態。

どう見てもスパイダーマンなOPとか、Evaのパクリとかパロディも織り交ぜていて
今年一のお笑い映画は間違いなしかと。

あの見た目が許せるなら断然おすすめな映画です。

鑑賞マナーもこれだったわ。

2013年4月21日 (日)

AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜 観てきた

Aura


パッと見て、魔法物かとおもえばただの中二病コスプレという。
今の流行りだけど五年前小説の映画化。
パンフはいままで一番高価の1500円。

元中二病の主人公が高校デビューを果たして普通の学生生活をしていて忘れ物を取りに
夜の学校にいったところ、魔法使いのかっこうをしたクラスメイトの女の子に出会い
担任の先生にその女の子の面倒を見るようにいわれて振り回される話。

中二病でも恋がしたい! とか 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるとか
主人公が元邪気眼系の中二病で高校で卒業という時点では大体おんなじだけど
これは学校のイジメ問題という一番現実的でまともな話な気がする。
現実的な分展開が地味なんだけどね。

実際原作はこれが一番最初なんだけど上の二つのアニメが始まる一年前に
上映していたらもうちょっと感想が変わってたかも。

2013年4月17日 (水)

Slingbox350買ってきたのでVulkanoと比較してみる

IMG_2170.JPG
めでたくボーナスがでたので、なにか買おうとした矢先Slingboxが小さくなって
安くなったのが出たということで衝動買いしてみた。
といっても前モデルのSlingbox HDも一万円さがってるけど…。
Vulkanoも小さいモデルが出てるけどどーせならSlingboxで。

海外版のVULKANO PLATINUMから変えてみた比較レビュー
Vulkano flowもモバイルプレイヤーが有料なだけで基本的には同じのはず。
VulkanoもっててSlingboxどーかなと思ってるなら参照に。

IMG_2171.JPG
横の電池は単三電池。
小さくなった分、SlingBoxHDは2入力対応だったけど、1入力になった。
350でもコンポーネントとコンポジットという2つの切り替えは可能だけと
音声入力はひとつのみ。HDMIは無し。
D端子⇔コンポーネント変換ケーブルはパッケージに付属しています。

ちなみに2011年以降のデジタルチューナーはD端子が無いので面倒かも。

このあたりはVulkanoと変わんない仕様。

チューナーとSlingboxとLanケーブル接続して、slingboxのサイトでユーザー登録して
プラグインをインストールすれば自動的にSlingboxを認識して再生が可能になる。
非常に簡単。

SlingboxHDまでは専用のアプリでも再生できたはずだけど
Slingbox 350はブラウザからのみ。
ただ、プラグインをインストールする必要があるので、出張先のホテルのPCで
TV見るとかはできないのでなんか微妙。
対応ブラウザはIE,Firefox、Chrome、Safariと大抵のに対応。

Slingbox1

ウリはフルHD対応というだけあって、PCでの再生時のビットレートは8Mbpsぐらいまで上がる。
デジタルチューナーから直接出力された画質に匹敵。
画質はHD、最高、高、標準と最低の4段階で選択可能。
HDだけ表記が変なのはSlingbox350で追加されたのかな。

VulkanoがSD画質でビットレートが2.5Mbpsどまりだったので
ビットレートが確保できれば、画質に関しては雲泥の差。

Slingbox3_2

ひだりがSlingbox350、右がVulkano

サムネイルだとわかりづらいけどこのサイズぐらいで差が出始める。
静止画ではわからないけど、Vulkanoはブロックノイズがのる。

30分のタイムシフトができるのはVulkanoと同じ

Slingbox2

リモコンに関しては、国産のリモコン対応数がかなりあるので大抵使えるはず。
リモコンのインターフェイスも実物に合わせているので使いやすい。
該当リモコンがない場合は以前は学習機能が使えたけど今は使用不能
似たようなリモコンを使うか、あきらめるか。

Vulkanoはリモコン学習機能がつかえるけど元々対応リモコンが少ないので
使わざるを得なく、インターフェイスもある程度のテンプレートの分しかないので
つかうのに慣れがいる。

IMG_2173.JPG

赤外線リモコンケーブルはSlingbox、Vulkano両方ともについてくる。
Slingbox350は本体前面にも赤外線出力が付いているのでケーブルなくても使えるけど
前面なのでチューナーとお見合い状態で設置する要るので、微妙な使い勝手。

追記
どうも左右にもセンサーついてる模様で。それでも微妙だけど。

で、実際にプレイヤーのリモコンの操作感覚というと、SlingboxもVulkanoも
どっちも再生される映像はエンコードとかで3秒程度ずれているので
実際のリモコンで操作すると三秒程度ずれて反映される。

ただプレイヤー側のリモコン操作をすると、Slingboxはすぐに同期を取って反映するのに対して
Vulkanoはすぐに同期をとらないので三秒程度ずれて反映される。

Slingboxの方が良さげに見えるけど、リモコン操作をすると同期を取る分映像が
止まって映像が途切れるので連続で操作するとカーソルがすっ飛んだり操作を見失うことが多い。
Vulkanoは同期を取らない分操作のレスポンスがかなり遅いけど映像は途切れない。
どっちもどっちな感じがする。
設定画面弄るならSlingboxだけど、再生中触るならVulkanoのほうがいい。

androidスマホ用のアプリはなぜか2つあり、for Phonefor Tabletがある。
IOS用でもiPhoneとiPad用でわかれているのでandroidもわけているのかと。
ちなみにWindowsPhone用もあります。

で中途半端サイズの7インチはどっちを買えばいいのかというとまた一長一短なわけで。

Screenshot_20130416194659

SlingPlayer for Phones
HQ画質とSQ画質が選択できるがHD画質が選択不可
最大ビットレートはHQで4Mbps、HQで1.5Mbpsぐらい。
200kbps程度のスループットあれば途切れずに再生は可能みたい。
なので3Gデータ通信にも安定すれば再生は可能。
ちなみにワンセグのビットレートが128kbpsなので似たような感じ。
フレームレートが違うのでワンセグよりはスムーズ。

リモコンがスクリーンショットのように小さい画面でも押しやすいレイアウトになってて項目ごとに分かれている。
Vulkanoのリモコンに近い。



Screenshot_20130416194447

SlingPlayer for Tablets
HD画質が選択可能
HD画質の最大ビットレートは5Mbpsぐらい。
7インチでHDとHQの画質を比較すると目視で認識できるぐらい差はある。
ばっと見てはそんなに変わらないけど10インチとかだと結構差が出る気がする。

リモコンがPCのプレイヤーのように実際のリモコンデザインになっている。
ピンチズームでリモコンを大きくできるけどそれでも矢印ボタンの判定が米粒程度しかなく
非常に押しづらい。小指でもつらい。(このリモコンだけかもしれないけど・・・)

for PhonesでHD画質が選べるか、for Tabletsのリモコンの押し判定が治れば
どっちか一つに選べるんだけどね。
どちらもVulkanoのモバイルアプリみたいにコネクションロストは一度も発生しなかった。

ちなみに、タイムシフトはどちらにもついていない。Vulkanoにも無いけど。

で、まとめVulkanoとSlingboxの長所と短所
・Vulkano
長所
 ・安い
  ・無線LAN内臓
 ・同じWAN内なら、複数のプレイヤーで視聴可。(海外版だけかも)
 ・HDDやSDの記録メディアをつないでいるとVulkano本体で録画可能で
  再生もVulkano単体で可能(ただしSD画質)
 ・リモコン操作時に画面が止まらない
 ・100kbps程度の低スループットでもなんとか再生してくれる。
 
短所
  ・無意味に長くでかい。(国産の最新型は当てはまらない)
  ・SDの2.5Mbpsの画質(4インチクラスのスマホなら気にならないと思うけど)
 ・モバイルアプリはスループットの急激な変動があるとコネクションロストで途切れて不安定
 ・リモコンの設定が面倒だし、学習がかなりやりづらい。
 ・リモコン操作時に反応が遅いのでイライラする。
 ・セッティングにも使用するにも慣れがいる。
  ・消費電力 約8.5w

・Slingbox 350
長所
  小さい
 フルHD再生可能な高いビットレート。
 セッティングが簡単
 リモコンが対応しているものが多い
 リモコンの操作時の反応が速い
 モバイルアプリのコネクションが安定している

短所
 対応リモコンじゃないと学習機能がないのでほぼ使えない
 リモコン操作時に画面がとまりイライラする。
 PCではブラウザで見るのでブラウザが落ちると一緒に落ちる。
 低ビットレートだと、音声ぶつ切れで視聴が困難。
  ブラウザで見る以上PCのモニタ制御ができないのでいきなり画面がスリープに入ったりする
 消費電力 約4.5w

個人的には、家の中で有線や無線LANとかでみるとか、外でも8Mbps程度のスループットが安定してでる公衆無線LANとかがメインであれば、
Slingboxの方が高画質なのでいいかと。

出先でモバイル通信使って視聴メインなら、Slingboxの高画質のビットレートが確保しづらいし
映し出す画面サイズも4~5インチのスマホサイズであればVulkanoでもいいかなーと。
CATVやADSLだと上りのスループットは8Mbsでないし。

ただし、どっち使うにもかかわらず
Wimax以外の3.9Gのモバイル通信だと一ヶ月7GB、三日間で1GBという制限があるので
気がつけば制限食らってたというのはよくあること。
8Mbpsで17分見れば1GB超えるし、117分で7GB超えるからね。

Wimax環境がありSlingbox置いている回線がFTTHならSlingbox一択。
それ以外ならVulkanoでもいいかもしれない。

家はFTTHだし外ではwimaxで見るのでSlingbox350はかなり画質が上がったので
かなり満足でした。
bmobileで見る場合は異常な低スループットになるのでちょっとつらいけど。

2013年4月12日 (金)

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME

Photo_3

おととしの春アニメの劇場版。
上映17館中、7館が北陸でしかも一週間早く上映するほど北陸びいき。舞台が北陸だからだけど。

完全新作で、喜翆荘の昔の業務日誌を見つけたところから、そのころの緒花の母親の皐月がまだ高校生だったところの話と
今の喜翆荘の話が交互に展開される。
話はTVアニメと同じように青春全開で朝の連続ドラマ的の展開でいつも通りの花咲くいろは。

細かいこと書いても仕方ないけど、
上映時間が一時間ちょっとで、ヒロイン三人プラス一人のエピソードなので
もうちょっと尺がほしい、つーか足りない感じ。

でもやっぱり追加エピソードではなくTV版のアフターがちょっとだけでもみたかったなー。

このアニメが由来であるぼんぼり祭り、今年も開催みたいで一度は行ってみたいところ。
北陸って微妙に遠いんよね。

シュガーラッシュ

Photo_2

フィックス イット フェリックスという30年前のゲーセンのゲームでの悪役のラルフ。
30年ずーと悪役を続けてまったく報われずヒーローになりたい思い、
シュガーラッシュというお菓子の国のレースゲームに入ったところ、
レーサーになりたいという仲間はずれになっている少女ヴァネロペと出会う。
同じ境遇の二人は意気投合しなんとかレースに出ようとするが。

ゲームセンターの中の世界が舞台で電源コンセントでゲームセントラルステーションを経由して
別々のゲームの世界に入ることができるというなかなか面白い設定の話で
スト2のリュウケンや、ソニックなどの実際のゲームキャラクターとかも出てくる。
コナミコマンドとかも出てくるし、ゲームセントラルステーションでいろいろなゲームの
キャラクターがカメコ出演しているのでどんだけ知ってるかでこの映画の面白さが
変わってくるのかと思う。

ゲームをしらなくてもそこはディズニー。 卒なく纏まっているので老若男女楽しめるかと



紙ひこうきという、アカデミー賞短編アニメーション部門受賞作品が同時上映される。
六分間で短いけどなかなかよくできている。youtubeで見れるので貼り付け。
消される前に。

パラノーマン

Photo

幽霊と会話できるため、家族を含めた周りから疎外されているゾンビ大好きのノーマン。
300年前に魔女狩りで魔女が処刑された町に住んでいて
今夜、魔女の魂がよみがえるという話を聞いてなんとか封印しようとするが
七人のゾンビが蘇ってしまう。

話はありきたりでぶっちゃけ実写でもできるB級な話で
CGアニメかよっておもったけど1コマずつ撮影するストップモーションアニメだった。
ほんと間違えるぐらいすごいクオリティ。

3Dプリンタで細かい表情を表現できるようになったらしいけど、24コマ/秒で1コマずつ撮影
するのはほんと気が遠くなる手間だと思う。

そういうところをわかっていながら見ればすごい映画と思うけど、撮影方法がわからないと
ただのB級ホラーアニメになってしまうところがちょっと残念かと。

2013年4月 4日 (木)

これで打ち止め??、Bluetoothコントローラ steelseries FREE

IMG_2152.JPG

前回のsmaconで終わると思ってたのに・・・。

前々から気になってはいたんだけど、日本では売ってないし、Amazon.comでも
最初はNotshipだったので買えなかったsteelseries FREE
JapanでもShipできるようになったので注文。
しかし、当初の価格の倍近い値段になってるんだけど・・・。円安でさらに高いし・・・。

IMG_2158.JPG
Nykoと同じで、なんでか日本語マニュアルついてる。
なくても何とかなるレベルだけど

IMG_2153.JPG
いままで買ったコントローラよりも一回り小さい。
けど質感は一番いい、オールつや消しのピーチスキンでチャチく見えない。

IMG_2156.JPG
バンパーはLRのデジタル二つのみ、かなり長いけど何処押してもちゃんと反応します。

IMG_2155.JPG
十字キー、位置といい固さといいいままで一番のベスト。 斜めも入れやすい。
文句言うならちょっと長いのでいわゆるヨガフレイムコマンドがつらい。
wiiコンの短い十字キーよりはいいけど。

IMG_2154.JPG
アナログスティック。
見たまんまですが家庭用ハードコントローラとほぼ同一の形。
ストロークが短いので細かいのはつらいけど、ほかのBTコントローラに比べれば
ぜんぜん楽。

IMG_2157.JPG
ボタンもぎりぎりのレイアウト。
SMACONみたいにボタンのストロークねーよってことはなく、いままで一番深くて
ちょっと固い。

コントローラの感触としては小さいけどいままで一番いい。

コントローラのモードはHIDコントローラモードとiCadeモードの二つしかなく
ゲーム専用と割り切った設定。

IMG_2159.JPG

このコントローラ専用のアプリがあり動作チェックができるけど、
キーアサインの変更はできない。

Free

Windowsでもちゃんと使用できてこっちはかなり細かい設定ができる。
アナログスティックのあそびの設定までできたりする。
ちなみにWindows標準のBTマネージャー使わないとソフトがコントローラが認識できない模様。

Android側でキーアサイン設定ができないので結局対応ソフト次第
対応ソフトはかなりある模様

IMG_2160.JPG
GTA3は対応してるし、細かい動作もいらないのでかなーり快適。

で、肝心の操作感覚だけどかなりいい。
最初小さいから大丈夫かなと思ってたけど全然問題ない。
いままでコントローラは何だったんだといいたい、求めていた操作感覚。

ただね

このコントローラの問題じゃなくてGalaxyTab 7.7 Plus側に問題があるわけで・・・。

どーもBluetoothのデータが数秒途切るとボタン入力もとぎれて遅延がでてる。
なにも入力しない状態でボタンをおすと一秒ぐらい遅れてボタンが反応する。
連続してボタンを押すとちゃんと反応するけど最初だけが遅延している。
数秒でドーマントに入って休止してボタンを押すと再開するので遅延するような感じ。

この症状はWindowsやNexus7では出ていないのでSC-01Eの仕様かと。

まれにこの症状でないこともあるんだけど、確実に回避する方法は
ほかのBluetooth機器と一緒にペアリングしてドーマントに入らないようにすること。
手っ取り早いのはA2DPの機器でペアリングしてゲームのBGMをBluetooth機器で
鳴らせば、常にデータを送り続けるのでTab側のBTがスタンバイに入らず遅延が発生しない。
マウスとかだとマウスカーソル止まるとスタンバイに入るのでお勧めできない。

Galaxyシリーズなら同じ原因でコントローラの遅延が発生する気もするけど
手間を惜しんで使いたいほどこのコントローラはいいです。
つーかほかが悪すぎる。

欠点を言うなら、日本で買えないことと、本体が小さくボタンが少ないので
PSとかSS以降のエミュレーターとかには使いづらい。
専用のアプリがあるのにボタンアサインとかができないことぐらい。



でも一番いいのは・・・

IMG_2165.JPG
UBSサターンパットをOTGケーブルでつなげることだったり・・・。
GalaxyTabはUSB電力少ないのでXbox360のコントローラつかえないんよね・・・。
Nexus7はできるんだけど・・・。

そして懲りずにまた買っとるわけですわ。

2013年4月 3日 (水)

Galaxytab 7.7 plus (SC-01E)はapt-X対応か否か?

A2DPで音楽聞いているとどうしても音質も良くなく、
動画だと映像と同期がとれていない。
apt-xという新しい規格は、いわゆるいままでのSBCよりも
高音質で低遅延になっているらしい。

IMG_2162.JPG

で、
前のモデルのGalaxyTab 7.0 Plusはapt-Xに正式対応している。
でSC-01Eの海外モデルのGalaxy Tab 7.7 (Plusなし)はでもちゃんと
対応を明記している。

で肝心のGalaxyTab 7.7 Plusはどーかと、atp-X対応のBluetooth機器で
一番やっすいの
を買ってみて試したわけですが…。

SBCでつながっとります。

ちなみにGalaxytab7.0 Plusもってる人にペアリングさせたらちゃんとaptxで
接続してたので機器の故障では無し。

まーあれですな、ワンセグやNottvをワイヤレスで音声飛ばすには
SCMS-Tが要るので現状apt-xではSCMS-Tは使えないのでオミットしたと。
ならapt-xのOFF/ONつければいいんじゃないのと言いたいわけで。

結論
SC-01Eはapt-X非対応。

GalaxyTab7.7 Minusだよな、これ。