« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月26日 (火)

ようやく出そろった2013年末の8インチwin8.1タブレット

ようやく一通り日本向けに発表されたのでまとめる。
全部USB充電でMicoSDスロットは付いてる。

Miix 2 8 Venue 8 Pro dynabook Tab VT484 Iconia W4-820
CPU Atom Z3740 Atom Z3740D Atom Z3740 Atom Z3740
クロック 1.33GHz 1.33GHz 1.33GHz 1.33GHz
Mem 2GB LPDDR3 2GB DDR3L-RS 2GB LPDDR3 DualCH
2GB LPDDR3
画面サイズ 8型IPSパネル 8型IPSパネル 8型IPSパネル 8型IPSパネル
解像度 1,280×800 1,280×800 1,280×800 1,280×800
無線LAN 802.11a/b/g/n  802.11a/b/g/n (MIMO) 802.11a/b/g/n  802.11a/b/g/n
WLAN 3Gオプション(予定) 3Gオプションあり なし なし
サイズ 215.6×131.6×8.35 216×130×8.9 213x 135.9x10.7 219×135×10.8
重さ 350g 395g 445g 430g
センサー 光センサー
加速度センサー
コンパス
ジャイロセンサー
GPS
ジャイロセンサーほか
GPSは無し
光センサー
GPSほか
ジャイロスコープ
照度/加速度センサー
電子コンパス
その他 顔認証 Miracast 対応
デジタイザ対応スタイラス
ステレオスピーカー
REGZA連携
MicroHDMI
ステレオスピーカー
MicroHDMI
バッテリー 10時間 4830mAh /10時間 11時間 4960 mAh /8時間
64GBの価格 47,800円

39980円(office無し)

6万円台

43,000円前後


いろんな点でVenue8 Proが一番いいんだろうけど、これだけAtom Z3740Dなんよね。
扱うメモリが違っててメモリ帯域幅が17.1GB/s(デュアルCHの場合)と10.5GB/sと結構違ってくる。
GDDR3とGDDR5みたいな数倍違うほどではないんだろうけど3D関係だと結構違ってくるかと、
まーどんぐりの背比べレベルだろうけどノートは換装ができないのでどれだけ差がでるのか気になる。
だれかゆめりあベンチ走らせてほしいところだけど。(一番差が出るから)
DQ10ベンチはCPUベンチ。

ちなみにAtom Z3740の性能はCore 2Duoと同クロックと同じぐらいらしい。
コア数違えど時代だなぁ


あとVenue8 ProのWinボタンが横側についてるのも気になる。

Miix2 8の3Gオプションが日本でも発売されればちょっと高いけどGPSもつくので
一番いいんだけどねー。

追記
Miix2 3GオプションはLTEが普及しているから日本では予定なし。128GBも予定なし。
どーせ技適とるのが面倒なんでしょうけどモバイル通信のことしらなざけだなぁLevonoの人は。

外で持ち出して使いたいからVenueかなぁこれは。

ちなみに発売日は
・発売中
Dynabook

・12/6
Miix2 8

・12/20
Iconia w4

・12/30(発送は年明け)
Venue 8 pro

2013年11月24日 (日)

今日のJAF GPは痛車祭りだった

Bzzfdawccae4pxajpg_largeレジェンドカップはレーシングミク 86が優勝し

06スーパーフォーミュラはINGING美羽マシンが優勝し

02GT300はマクラーレン エヴァ初号機が優勝して初音ミクBMW Z4が三位。

GT500はさすがに無理だったけどマジで痛車祭りだった、
朝からずーとみてたけど面白かった。 来年はサーキット行くぞ。

Radeon HD5850 → Radeon HD7870へ

RadeonがHDからRシリーズに切り替わり
買う気まんまんだったR9 270シリーズが前のRadeon HD7800シリーズのリネームだったので
R9 270のご祝儀で買うより在庫処分のHD7870買ったほうが安いので探して購入。

IMG_3410.JPG

したのがほぼひと月前でほぼ放置していたという・・・。

リプレイス対象がRadeon HD5850で6ピン×2で同じで消費電力が151W→171wと
あまり電力が上がらないので交換にはちょうどいいかなぁと。

IMG_3781.JPG

5850と比べてちと長い7870。

IMG_3780.JPGIMG_3779.JPG

重さも100g重い。

IMG_3784.JPG

DEFINE R4には余裕で収まります。


でベンチマークして比較しようと思ったら
Windows8.1だと3DMARKシリーズがすべて動かない。

どーも、IE11の所為で動かないらしい。
仕方ないのでほかのベンチで比較
CPUはAMD FX8150 3.8GHz

5850 5850 7870 7870
数値 電力 数値 電力
電源OFF - 1.9 - 1.3
電源ON時 - 255 - 211
Winアイドル - 110 - 94
FF 11HIGH 7483 179 7311 170
ロスプラ2 DX9  2560×1600 53.4 311 79.9 332

ロスプラ2 DX11 2560×1600

25.4 294 46.4 298
FF14 1920×1200 4908 270 7054 313
ゆめりあ 1024×768 90011 255 102603 250
ゆめりあ 2048×1536 49299 280 73223 292

このデータで見えることは
・アイドルは20wぐらい下がっている
・フルロード時はスペック通り20~30w高くなる。
・DirectX8.0ぐらい古いのは変わらない
・高解像度と最新ベンチほど差が出る(最大で180%ぐらい)
・いつみてもゆめりあベンチの値は正確だ。

ほぼデータ通りで肩すかしな感じ。

あとHD7000シリーズからあるVideo Codec Engine(VCE)試してみたいところ。

2013年11月23日 (土)

六甲山へヒルクライムしてきた

IMG_3747.JPG

今日はあの先の山登るんよ。
気温は寒いけどいい天気。
 
六甲山は昭和時代に一度いってリタイアしたことがあるので
こどものころのリベンジ。

IMG_3748.JPG

176号線バイパスの渋滞かき分けていざ宝塚逆瀬川へ。

IMG_3750.JPG

阪急逆瀬川駅からヒルクライム開始。

IMG_3751.JPG

逆瀬川左側をボチボチと。斜度5%程度なので全然楽。

IMG_3752.JPG

ほどなくゴルフ場の端っこを登る登る。このあたりも斜度5-7%ぐらい、
ちょっとずつ斜度が上がってる感じ。


IMG_3753.JPG

ほどなく走行距離が2000km達成。 盆ぐらいからだから三か月ぐらいで2000Kmか。
なかなかハイペースだ。
とゴルフ場の合間を抜けていく。この道で一番長い平地区間を抜けると

IMG_3754.JPG

甲寿橋交差点。
登りの場合は直線すると一方通行道路に。下ってくる場合は右側からくるので左折。

しばらくするとこの上の高架の県道が合流するところで歩行者自転車専用道路と分岐する。
車道もここはまだ車専用ではないのでそのままいっても問題ないけどしんどいなら歩道おすすめ。

IMG_3755.JPG
歩道はこんな感じ。 紅葉が綺麗でした。
斜度は7%ぐらい、まだ余裕。

IMG_3756.JPG

歩道はここに出てくる。 西宮北有料道路の分岐点盤滝トンネルの交差点ここを左で。

ここから斜度10%オーバーで休みなく延々と坂が続く・・・。15%とかもあるし。
余裕がないので写真も撮れねー。
途中で単騎のオネーサンローディのちぎられるし、ここが六甲一番の難所かと。

IMG_3757.JPG
地獄の2.5Kmを超えると芦有ドライブウェイの料金所。
ここを超えると、道の斜度はかなりましになる。斜度5%切りませんが。

高度700m超えて道もひらけて下界も見えて山っぽい感じに、ハイカーも異様に増えてきた。

IMG_3758.JPG

そろそろ山頂へのもう一波くるかとおもった山頂だった・・・。
やはり芦有道路の料金所までがビッグウェーブだった模様。ちと肩すかしくらった感じ。
右側の山頂への道をチャリを押して登る。自走は無理。
このみちハイカーだらけ。

IMG_3765.JPG

300mの道を登って到着。六甲山山頂。標高931m
自走したのは標高880mぐらいだけど。

IMG_3761.JPG

ぽつんとある、六甲山の一級三角点。 知っていないと、まず気が付かない。

IMG_3766.JPG

六甲アイランドが一望できます。

IMG_3767.JPG

ハイカーが多い理由はこれの模様。
六甲全山縦走大会やってたらしい。

先々でハイカーから、"どこから登ってきたの、宝塚? すごい脚力やね"と言われたが。
須磨浦公園→宝塚を徒歩でいくオジサンオバサンの方がすごいと思うぞ。
でも、AM11:40ぐらいだからまだ大会の参加人は着てないか。

IMG_3769.JPG

ちょうど昼なので、六甲山頂 一軒茶屋で昼飯。
休憩所じゃないのでちゃんと注文しないと休めません。

IMG_3770.JPG

メニューはシンプル。 この店構えで味を期待するのは間違い。
定休日に天気が悪い日って書いてるのが山頂らしい。

IMG_3771.JPG

意味もなくかつ丼。 800円
もっと大きいのくるかと思ったけどご飯半合ぐらいシンプルなのがキタ。
きっとハイカーが食べ過ぎないように量を減らしてるんだねと期待したところだけど
実際は人件費と材料の運搬費が高い所為かと。

このジャージとも今年は着納めかなぁ、寒いわ。

外の石碑でハイカーに撮ってもらう。
わざわざ背中を撮る変態と思われたに違いない。

今日は天気だからよかったけど、さすがに冬インナー着てても半袖ジャージは寒いわ。
今日が着納めかなぁレーシングミクジャージ。

ちょっと雲が多くなってきたので寒くなりそうなのでここからダウンヒルで帰宅。
きた道をまっすぐ進むと摩耶山まで行くってしまうので来た道を戻る。
インナーはヒートテックセンサーなのでかいた汗は乾いてるけど風が冷たく
そのまんまだと寒いのでレインジャケット追加装備。

でダウンヒル。
車がやたらと走るので路面は悪くないんだけど

IMG_3775.JPG

いたるところにある減速帯がかなりヤバイ。
ハンドル持ってかれる。まー持っていかれるスピードでダウンヒルするなと。
直線結構あるので久々に60km/h出た。
アルミフレームと違ってクロモリはあまりガタガタいわないので多少楽。
登りは1時間09分掛かったけど、下りは20分で到着。

IMG_3777.JPG

で帰ってきたらねんどろいどレーシングミクが届いてると思ったら

01

初音ミクBMW Z4がリタイアしてたという。

結論
六甲山ヒルクライムは中級向けと言われるだけあって斜度10%以上の道が
3km近く休みなくあるので休憩なしでいくのは結構つらい。
残りの8Kmぐらいも下りはほぼないし(データみたら8mぐらいしか下がってない)
あと道中休憩ポイントもないので事前に補給食もあった方がいい。(夏は特に)
盤滝トンネルの交差点の時点で辛いと思ったら引き返すのもまた勇気。
コースレイアウトが大体わかったのでヒルクライム1時間切の為にまた行きたいところで。
まず逆瀬川駅までルート覚えないと、Garminのナビで行ったのでどこここ?で着いたので・・・。

今回のGarminのデータ

2013年11月18日 (月)

コミコミおわって勝尾寺→五月山 夕練

本当は、朝一いってそのままコミコミ、あわよくば自走で京都なんてもの考えてたけど
寝坊してすべてがおじゃんなので、京都から帰ってきて15:00から勝尾寺へ。
さすが日曜、夕方、紅葉時期。車が結構渋滞している。
ただ時間帯がかえりで下りが混んでいるので行きのすいすいとすすんでいく。


Wp_20131117_010
二週ぶりの勝尾寺。
TTタイムは17:46。ちょっと遅くなった。ちょっとでもサボるとこれですよ。
紅葉は京都とおなじく、まだまだこれからなところ。

で、そのまま帰ろうかと滝側いったら高山との分岐から一方通行だったの忘れてた。
自転車もNGなので、そのまま箕面ダム方向へいって五月山から帰ろうかと。

Wp_20131117_011ここ左ね。
その先池田側から登った時はすごいスピードで下ったけど逆になるすごい急坂なわけで・・・。
斜度15%ぐらいまで跳ね上がる。漕いでも先進まんし、漕がないとすぐととまるんですよ。
スキーのゲレンデだよこの角度。

Wp_20131117_012みのおの記念の森まで来るとひと段落。
ここからは悪路ダウンヒルの戦いが始まる。ウインドブレーカー着てとぼとぼと下りへ。
がたがたすぎてハンドルしっかり持たないと飛んじゃうよ。

Wp_20131117_013秀望台再び。
逆からくるとほんと低い位置だとおもうけど、見晴しは最高です。

Wp_20131117_018池田のハローワーク。
10年前はお世話になったけどあまりお世話になりたくないところ。

であとは猪名川河川敷走って帰るわけだけど、

Wp_20131117_019箕面川の合流で工事しててふつうに渡れる。
つーか今日は箕面川水流れてなかったけどねー。

Wp_20131026_008

一か月前の台風後の時はこんなんだった。
これでさらに河川敷が走りやすくなった、あとはもうちょっと長ければね。

さて来週は六甲山いきますかね。

2013年11月17日 (日)

Comic Communication 18 Final

18_2http://www.e-comicomi.com/

最後のコミコミ18へイッテキタ。

インテックスで辞めればよかったのに今回はみやこメッセで合同イベント。

IMG_3738.JPG

久々の平安神宮。紅葉はぼちぼちと始めたところでまだまだな感じ。

Wp_20131117_007_2みやこみっせでやると、もれなくイベントが浮いてます。
会場外の老人方の不思議そうな目が痛い。

2今回は8つイベントと同時開催。
会場のスペースの半分ぐらいはコミコミで、その残り分の半分が艦これで、その他で分割みたいな感じだった。
全部合わせて500サークル程度かな。
ぶっちゃけ艦これイベントのところが一番人が多い感じでこれがなければ閑古鳥泣いてたと思う。

あとコスプレも結構いた感じ、女装が多かったのは気のせいにしておこう。
こたつやらねんどろいやら、インスタントラーメン(しかもすべてキングサイズ)のイートスベースとか
若干変なものあった感じ。

思い起こせば関西に男性向けの大き目の同人イベントまったくなかった2000年の初夏。
出来立ての最悪の入場方法だったグランキューブで300サークルぐらいの開催から
インテックス大阪での年二回の開催、10周年をあたりコミックトレジャーと人気が反転し
サークルも減ってきて、最後は京都のみやこメッセで合同開催。
コミコミだけだと200サークルぐらいで一回目を下回ってる。
まさしく栄枯盛衰な感じなコミコミだったけど、オールジャンル関西男性向けイベントした
パイオニアとして記憶に残ればいいなぁ。
個人的には関西で10月ごろにオールジャンルのイベントがほしいところで。

例によって戦利品はリンクで。

つぎの同人イベントはとれじゃーかなぁ。

サカサマのパテマ見てきた 75点

Photo

イヴの時間の吉浦康裕の最新作。
昔。重力をエネルギーに変える実験を行い世界が重力が反対になりあらゆるものが
空に落ちていった世界。
わずかに残った国アイガは管理された世界で主人公のエイジは忌まわしいとされるアイガの空を眺めていた。
そんな中、立ち入り禁止の穴からサカサマにぶら下がって地底から落ちてきた少女パテマと出会う。
アイガ人と地底人で手を合わせてると相殺重力で何とかパテマをかくまうが、
治安警察に見つかりパテマがさらわれてしまう。

まー飛行石がヒロインそのものなラピュタ+ペイルコクーンみたいな設定だけど、
重力がさかさまになるわけないじゃんとか思っているとこのアニメは楽しめません。

出てくる人物も少な目で展開もテンポよく進んでいく、このあたりは吉浦監督の作品らしいところ。
"すごいやラピュタは本当にあったんだ"みたいな展開から最後のどんでん返しまで楽しめました。
アイガはせまい世界だけど、イヴの時間ほど世界は狭くなくテンプレート的なキャラクターなので
掘り下げがたりないのと、ただどっちがどっちの重力になっているのかわかりづらいところがあったけど、空に落ちるという表現は映画館の大スクリーンで見てほしいところで。

ちなみにパンフに世界のネタバレ書いてるので見終わってから見ませう。

2013年11月13日 (水)

風呂場に・・・

そろそろ寒いから、シャワーだけじゃなくて水貼りっぱなしの風呂の水抜いて
掃除するかと覗いたら。

Untitled

カニがいた・・・。

なんのことがよく分からないよ。

World of Tanks Xbox360 EDITION オープンベータやってみた

1_2先週から始まったオープンベータやってた。
"押す"が直訳っぽい。

F2P(Free-to-play)のゲームでPC版でもリリースされている。
それのXbox360版。


オープンベータなので、敵と味方の15対15のランダム戦のみ。
割り振りが戦車のグレードで割り振りが決まるので戦車の種類だけは片寄らない。

2ルールは単純。 敵15機を全滅させるか、敵陣地を占領するかの二択。
フルスピードでなら2,3分で敵陣地に行けるぐらいのまあまあな広さ。
1プレイ15分だけど大体10分で終わる。

全部戦車で戦闘機は出てこないので上空を気にする必要はあまりない。
戦車も、
・固い弾も強いが遅く、見つかりやすい上に索敵が弱くし砲塔が遅い重戦車
・いろんな意味で中間の中戦車。
・スピード命、紙走行だけど索敵も広い軽戦車
・とにかくダメージ優先、軽車両に強い砲身つけたけど砲塔が回らない駆逐戦車
・装甲なし、移動遅いけど、超遠距離射撃ができる自走砲
といろいろタイプがあり、重戦車vs軽戦車でも立ち回りしだいでも軽戦車が勝てるバランス。

3自走砲の精密射撃。
600m以上離れた敵を狙撃できるけど、チームメイトが現場での索敵も必須だし
射撃やってる間は自分の周りが見えない。
FPSで言うとスナイパー。

見た目はバトルフィルード1943の戦車に似てるけどあれよりはもっとリアル。

とにかく索敵と立ち位置が重要で、ちょっとでも味方からはみでると敵から集中砲火される。
ただでさえ遅い戦車なので向きがわるいといくら装用が強くても即撃破される。

4立ち位置悪いと速攻で撃破されます。

5復活できないので、車庫に戻れる。
途中退場扱いではなく、ちゃんとチームが勝利するとボーナスもらえる。
抜けた戦場の勝敗が決まる前に、そのまま車庫にある別の戦車で
すぐに別の戦場で戦えるので待ち時間が非常に短い。
これはなかなかいい。

6戦車は開発で進化して新しい戦車が使える。開発には経験値が必要で
開発した戦車の購入にはシルバー硬貨が必要。

ある程度戦車を使わないと経験値が貯まらないので金あっても
次のグレードの戦車が使えない。

7
戦車も経験値で、アップグレードができるのでますます次の戦車が買えない。

8
課金要素のゴールド、ゴールドがあると
・経験値ブースト
・ゴールドをシルバーに換金
・ゴールドを経験値に変換・車庫の拡張
ができる。

時間をかけずに楽して戦車が買えるわけだけど、このゲームとにかく位置取りが重要なので
多少戦車が強くても勝てるわけじゃなく課金しないと全然だめなわけじゃない。

タダでもなかなか楽しいWOT、正式版始まってもしばらくやってそうだ。

2013年11月10日 (日)

サイクルモードインターナショナル2013 大阪イッテキタ

001
http://www.cyclemode.net/

日曜日雨降るみたいで自走していくなら土曜日しかないので土曜いってきた。
去年のATCと比べて、確かに広くはなってるんだけどさー。
中身があまりにも変わらないなーという印象。
物販メインにするわけでもなく、メーカーの新製品紹介メインにするわけでもなく、
試乗メインするわけでもなく。
やっぱり中途半端な印象。

インテックスで開催しても中身なかったら意味ないんじゃないのと言いたいわけで、
幕張の半分以下の出展数だし。

IMG_3729.JPG

今年の日本チャンプジャージ、新城幸也がツールで走ってたやつ。
確かにこれは目立つ。
本人は日曜日か。

IMG_3731.JPG

自転車マナーに関してのプレゼン、Jスポで自転車レース解説してるサッシャいた。

IMG_3734.JPG

チームスカイで、黄色のマシンといえばマイヨジョーヌのフルームのTTモデルか。
車と違って自転車はプロレース仕様のマシンでも車道を走れるので
この手のプロ選手のレプリカマシンは店で売ってる、お値段七桁行くけど・・・。

しかしハンドルとシートの段差スゲーな。

パワーメーターでペダルパワーの詳細が見れるブースがあったので漕いでみたけど
ペダルの回転はスムーズなんだけど引き足が全然使えてなかった。
確かにビンディングペダルは外れないシューズとしてしか回してなく、
普通のシューズと同じ回し方してるからなぁ。
引き足考えるか。

試乗に関しては人気メーカー(いわゆる高い)は軒並み30分以上待ち。
15:30ぐらいに入場したので回る余裕がなかった。

痛チャリは数台見かけたけど痛ジャージも数人程度いた
自分もその中の一人だったわけだけど、カバンで背中隠すのは何のために痛いの着てるかと。
幕張では痛ジャージメーカー出展してたけどインテックスはナシ。
蒼き鋼のアルペジオの伊401ジャージよさげだなぁ、この背中がキャラクターとしても。

IMG_3736.JPG

帰りは、弁天町よって博多っ娘で皿うどん。久々に食べたかったので・・・。
職場が弁天町から離れてそろそろ10年近くなるけど周りは全然変わってなかった。
古い住宅地だからそーなんだろね。