« 病後のリハビリ | メイン | 久々の妙見山 »

2014年3月24日 (月)

1/24 GSR 初音ミク BMW Z4 2013 その8 ボディ ウレタンクリアコート

放置してたのは理由はタダひとつ

P3240100.JPG

塗装ブースの掃除が終わらなかったから。

自作塗装ブースがボロボロなのでMr.スーパーブース GT03に変えたいところを
あまりに埃だらけでなかなか進まなかった。
寒の戻り、花粉、インフルエンザとなかなかできなかったのもある。

P3240103.JPG

で今回使うのウレタンは、ロックペイント マルチトップクリヤーQR。
ぶっちゃけ実車用です。

主剤10:硬化剤1:溶剤10~20%で混ぜて使うといいらしい。
溶剤と硬化剤のみだと吹き付けできるライフタイムは20℃で5.5分。60分で完全硬化。
さすがに短すぎるので溶剤を混ぜて硬化時間を延ばす、液体の粘度も合わせて調整。
最初、10cc+1cc+1ccと勘違いして吹いてエアブラシのノズルにウレタンのかすがどんどん
たまってちょっと焦った。 10cc+1cc+1.1~2.2ccが適正なのでちょっと少な目だった模様。

防毒マスクつけてブーブーと。 ウレタンクリア吹くときは防毒マスクは必須。
有機溶剤塗料とくらべてかなり有毒なので肺に残るよ。

ラッカークリアと違ってどんだけ厚くしてもデカールが溶けないのがいいところだけど
デカールの貼り付けが中途半端だとデカールの下にウレタン流れ込んで
白く見えるシルバリングは起こるのでそれだけは要注意。

一通り吹いて、食器換装器入れて乾燥、ベタベタなエアブラシ掃除が終わるころには
もう硬化してる。

P3240101.JPG

吹きまくりでボッタリしてるけどツヤツヤで乾燥してる。

P3240102.JPG

ツヤツヤをカメラにとるの意外と難しい、ライティングの勉強しないとねー。

ここから地味ーな、研ぎ出し作業が始まるわけで。
ぶっちゃけ実車もステッカー貼り付けだからステッカーの段差はあるわけでとかいって
そのまま次の工程行くのも手だろうけど、どうしても厚ぼったくなるし
あまり綺麗にツヤツヤに吹けていないしけっこう埃ついたのでので結局研ぎ出しする方向

乾燥機に二時間入れてれば完全硬化しているので、すぐに研ぎ出しが可能なのもウリタンクリアの利点。
ラッカークリアだと完全乾燥一か月とかだし。

P3240105.JPG

かるく1000番のペーパー磨いたけどこのマルチトップクリヤーQRのウレタン結構簡単に削れる。
研ぎ出しにいいかもね。 中にはものすごい固いウレタンクリアとかもあるからね。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/32165367

1/24 GSR 初音ミク BMW Z4 2013 その8 ボディ ウレタンクリアコートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿