« Xbox One使って二週間とちょっと、360からの変更点あれこれ。 | メイン | 北摂 朝練ヒルクライムフルコース »

2014年9月21日 (日)

Xbox Oneの ステレオ ヘッドセット

Xbox ONEはAVアンプにつないでいるので迫力の重低音でサウンドが効けるのは良いけど
夜中だとの重低音が近所迷惑にもなるので、ヘッドホンが必須。

サウンドだけだとAVアンプのヘッドホン端子差せばいいけど
ボイスチャットを使うとなるとマイクも要るのでどうしてもマイク付いている
ステレオヘッドセットがほしくなる。

P9210558.JPG

本体で標準で付いてくるヘッドセット。 初期のXbox360のヘッドセットにている。
当然モノラルのヘッドセットでチャット音声しか入らない。

P9210557.JPG

Xbox Oneのコントローラ端子はHDMIみたいな端子になってる。
360のは2.5mmの丸端子で接触不良に泣いたからねぇ・・・。

P9230561.JPG

当然キネクトにはマイクとカメラ付いてるのでこれでチャットは可能なわけだけど
以外と音を拾ってくれない、というかまわりにあるPCのファンが煩いので余計な音を拾う。

XboxOneには純正アクセサリーでステレオヘッドセットというアイテムがあるけど
やや高いのが難点なのと、ヘッドセットアダプタという純正アイテムがあり
サードパーティーのヘッドセットが使えるらしい。

安くできるならということでヘッドセットアダプタとサードパーティーのステレオヘッドセットを
チョイスするけど、問題は互換性。

ヘッドセットアダプタには3.5mmのヘッドホン端子が付いてて、
360用のヘッドセット変換用に2.5mmの変換ケーブルが付いてる。

いまさら360用のは使わないので変換ケーブルはどうでもいいけど
3.5mmのヘッドホン端子のヘッドセットはCTIAとOMTPという規格があるらしい
で、Xbox OneのヘッドセットアダプタはCTIAに対応してる。

いまどきのヘッドセットはCTIAなのでそんなに選択肢が少なくないけど
PC用のヘッドセットは、マイクと音声で二又ケーブルが多く変換ケーブルが必要

でたどり着いたのがTRITTON Kunai Stereo HeadsetのWii U用
TRITTON Kunai Stereo Headsetは他機種も使えるユニバーサルモデルもあり
何が違うかというと各機種をつなぐアダプタが付いてる。
Wii uの端子はCTIAの3.5mmプラグでTRITTON Kunaiそのものは
CTIAの3.5mmプラグなので変換アダプタが無い分安い。

TRITTON Kunai Stereo HeadsetはXBOX ONE用のモデルもあるんだけど
Xbox Oneのヘッドセットアダプタを付けただけのモデルで
ヘッドセットアダプタとヘッドセットを別々に買った方が安いという
状態になってる。

Xbox ONE用ステレオヘッドセット買うよりWii U用とアダプタ買った方がなぜか安い #XBOXONE

でAmazonでポチッと。
ヘッドセットが2980円、アダプタが2200円。約5200円
ちなみXboxOne専用のTRITTON Kunaiは8600円で色が黒のみ、
なんだろこの差は・・・。 Wii uでチャットするユーザーが少ないからか。

P9210559.JPG

アダプタとヘッドセットに直結、分岐アダプタとか要りません。
これでゲームの音声とチャット音声がヘッドホンから流れてきます。

P9210560.JPG

アダプタ側に、マイクミュート、ボリュームアップダウンと
ゲームとチャット音声別々に音量バランス調整がある。
ゲームとチャットそれぞれミュートにもできる。

当然Skypeでも使えます。

Xbox360の時は、ステレオヘッドセットを使おうとすると本体側からゲーム音声を
引っ張ってきてミックスする必要があってケーブルだらけになったけど
XboxOneはケーブル一本で出来るように
なったのは非常に楽だわ。

肝心のTRITTON Kunai Stereo Headsetの音に関しては
ヘッドホン自体はオンイヤー型で耳を完全に覆うタイプではないので
締め付けがきついけどやや低音重視の価格相応の音かと。
マイクもさすがにノイズキャンセルは無いけと、指向性はそこそこで
結構音声拾ってくれます。
2980円にしてはかなり優秀です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/32816909

Xbox Oneの ステレオ ヘッドセット を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿