« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

PARKTOOL チェーンクリーナーのパーツ交換

P4290281.JPG

今売っている自転車用チェーンクリーナーではベストのPARKTOOLのクリーナー。
でもさすがにヘタって来たのか洗浄がイマイチになってきたので交換パーツ取り寄せ。

P4290283.JPG P4290285.JPGP4290286.JPG

全部左側が旧品。 見比べるまでもなくボロボロ。

P4290287.JPG

オイルを切らしていないけど大分ドロドロになってるのをガラガラと洗浄

P4290288.JPG

九割綺麗になったけど残りはオイルでなく、錆なのでどうしようもない。
簡易チェーンチェッカーではまだ伸び率は0.75%まで行っていないので使えるけど
そろそろ一年だから交換時期なのかなぁと。

P4290289.JPG

一緒に駆動系一通り掃除してきれいさっぱり。
さすがに二年コンポーネント使ってるから結構傷だらけになってきた感じが。

でも、一番気になるのは、一年前に交換したBB30のアダプタのベアリングが
かなりゴリゴリいってるところ。
KCNCのBBは耐久性が無いとか言ってたので一年で寿命かなぁ。
ベアリングは交換できるらしいけどそれだとBB30と何ら変わらなんのよねぇ…。

アクションカメラ HX-A100 自転車ヘッドマウントで山登って下る。

ハンドルマウントだとヒルクライムの勾配とかよくわからないので
今度はヘッドマウントで録画してみた。
場所は北摂の天狗岩TT、この辺りだとかなり辛いヒルクライム。

今回、GPSのデータ表示にDashwareを使ってみた。
昔は有料だったけどフリーになった模様で。
これだとGarmin Egdeの中に記録されている拡張子fiの生データを
直接読み取れるのでかなり楽。



Gradeの%が勾配の値だけど、ちょっとぶれてる。
予想はしていたけど、やはり首が振れるので画面が激しく左右に振れる。
カメラの視線が時間と共にどんどん下に行くのは頭がどんどん下がって行ってるので…。
ハンドルマウントよりは勾配は分かりやすいはず…。



高山公民館から、箕面駅手前の交差点までのダウンヒル。
ダウンヒルはそんなに首が回らないので見やすいなー。
首がガクンと下がってるのは会釈、日曜だとこのルートかなりロード海苔多いっす。

ヘッドマウント動画も意外と行けるな、ただ本体を腕につけると
追加バッテリーが使えないので長時間使えないのがちょっと面倒かなぁと。


2015年4月26日 (日)

今年もサイクルジャージ レーシングミク2015 EDGE Ver.

サイクルジャージ レーシングミク2015 EDGE Ver. 裏
サイクルジャージ レーシングミク2015 EDGE Ver. 表

2014 EDGE3も数回しか着てませんが、2015年バージョン届いた。
2012,2013,2014 Edge,2014Edge3と五着目ですよ、これ。

着いた日に再販が掛かるのもいつも通り。

でも、2014 Edge3 バージョンは一回のみで再販掛かってないな、版権の問題??
白い襟と黄色い袖、前面にもミクさんプリントで今までので一番目立つのに・・・。

あと同じLサイズなのに去年のよりちょっと大きい気がする。
元々ギリギリだったのでちょうどいいけど。


20150425_203903.jpg

今年は、ビブタイツも買いました。
このデザインなら他のレーシングミクジャージでも合いそうだからという簡単な理由。
ちなみにビブタイツは写真の様にぶら下げて保管はNGです。

P4260278.JPG

レーパンのパッドは薄め、つーかだいぶ薄い。
ロングライドはシャモアクリームないと辛いかも。

Lサイズでややキッツキツだけど、ぶかぶかだと自転車乗るとケツパッドがずれるので
これはこれでいいのかな。

2015年からレーシングミク関連のグッズはコードがついてるらしく
グッズさえ買って登録すればスポンサーカードとカードホルダーくるらしい。
このジャージとパンツにも対象でシリアルコードついてた。
なんとなく姑息な手で個人スポンサー数増やして気がしないでもないけど
すでに個人スポンサー登録ずみなので、ランクを上げる為にコード追加
で、ランクグリーンからゴールドになるにはどんだけ貢がないとだめなの???


とりあえす明日はこれで朝練と。

2015年4月25日 (土)

映画 ニンジャアベンジャーズ 観てきた (アクションだけなら75点)

アメリカ人で格闘家のケイシーは、甲賀道場の跡取り娘・波子と結婚したが、
何者かの襲撃により波子が惨殺されてしまう。
その後タイで道場を開いている兄弟子・中原に誘われ、バンコクへ渡っ たケイシーは、
そこで師匠と因縁のある男ゴローが波子の殺害に使われた鎖分銅の使い手だと知り、
ひとりビルマに潜入、旧陸軍の特殊ニンジャ部隊の武器を使い復讐をしようとする


ニンジャアベンジャーズ(忍者復讐軍団)・・・ズじゃないよな、一人だし。
どうみても、日本でロケしてないだろといいたい勘違い日本はお約束。
宝石店で嫁の為に一番安い三万の宝石を1000円札買うところとか
日本のコンビニが西成にも無いようなボロイ コンビニとか
70年前のニンジャの武器よりも途中で兵士から拾ったグレネードの方が有益とか
ラスボスの伏線があまりも分かりづらいとか
ツッコミどころ満載でアクション以外はさすがB級映画。

でもアクションだけは、キレキレのA級
スコット・アドキンスの空中三段蹴りもかっこいい、
40才超えたSENPAI(英語に先輩という意味の単語無いらしい)ケインコスギも負けてないし、
60歳の仮面ライダーZXじゃない菅田俊もキレキレ。
CGとか無いので目新しいアクションは無いけど人間の限界に挑むアクションは
いつでもカッコイイと思う。

願わくば、アクションとストーリーも両方A級な映画がほしいところですが・・・


映画 翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 後編 観て来た 60点


ガルガンティアは沈没船を引き揚げ、結果豊富な資材を手に入れる。その中には旧文明の記録媒体もあり、マシンキャリバーの祖となる戦闘機械に関するデータ が記されていた。一方、改修を繰り返すガルガンティアは物資不足が問題視され、人々は疲弊し、慰労のために海上貿易拠点“竜宮城”に寄港することに。そん な状況で、リーマが本当の目的を明らかにし、謎のロボット・マズルもその全貌が公になる。そしてレドは、思いも寄らない真実にたどり着き……。

面倒なので転載。

後半の不満点は、チェインバーが全く出てこないこと、他には
陸地国家という、あの映画「2012」の様に陸地あるんかいなと突っ込みいれたくなる
世界観の広げ方とか、りーマのその後とか、どう見ても次に続けようとする展開だし

TV版の一話から比べると恐ろしく地味なドンパチとか、
1,2話は劇場で先行で見たのであれはほんとにTVアニメかと思ったけど、
戦艦のドンパチも悪くはないんだけど、ガルガンティアにそれを求めてない。

やはり一番痛いのは
TV二期がポシャたことですかね。

外伝と思えば見れるけど、、この劇場版で次につないごうとする意味がない・・・。
そーいや劇場版が次へのつなぎだったストライクウィッチーズもどーなんだろ・・・。

これで終わりとは、もったいないなー、この世界観。
一区切りの話もつけたしてほしかったところ。

映画 バードマン 観てきた 75点

かつてヒーロー映画「バードマン」で一世を風靡したが、いまは落ちぶれ、妻とは別れ
マネージャをしているが薬物依存している娘がいる役者のリーガン・トムソン。
脚本監督主演をする舞台「愛について語るときに我々の語ること」にすべてをかけているが
プレビュー前に資金面も難航しており、怪我をした俳優の代役としてきた名優が
トラブルメーカーで他メンバー共ますます捗らず、リーガンも過去のしがらみの妄想に苦しみ始める。
雑誌の評価も批評だらけな状態で何とかプレビュー公開までするが・・・。

アカデミー作品賞をとったらしい低予算で凝った映画。
シーンカットが全くなくノーカット映画で途切れることが無いので120分とはいえ結構見るのが疲れる。

落ち目で舞台俳優に再起をかけようとしている主人公のリーガンがかなりの中二病で、
一人の時だけ、バードマン出てきたり、空飛んだり離れた物を壊したりする描写が
普通に入ってきたりしてほんとに能力者かと思わせるがやっぱりただの妄想というオチもあったりする、
劇中のBGMも彼の妄想らしい。 ところところでドラムセットが出てくるのも妄想かと。

ラストシーンもどうとでも見ようがあるけど、空を見上げた彼女が見たのは・・・天使ですかねぇ。
ヤク中?、遺伝で中二病?

題名のバードマンというところからアクション映画とかそういうのを期待すると大分痛い目見ます。
個人的には"その男ヴァンダム"みたいな映画だった。

映画 ジュピター 観てきた 65点


貧しく清掃員として働くジュピター。父親の形見だった天体望遠鏡ほしさに自分の卵子提供
するために産婦人科に行ったところ遺伝子情報をよみとられ、殺害されかける。
その時謎の戦士に助けられ、その戦士から宇宙を支配する一族から自分が狙われていることを知り
自分の遺伝子が宇宙を統一する女王の遺伝子であることを知る。


あのマトリックスを作ったウォシャウスキー姉弟(兄が知らぬ間に性転換)監督のSF映画。
設定とか、メカの美術とかはすごいんだけど詰め込み過ぎて一族同士の掛け合いも
あまりなくライドショーを観てるかのごとく話するする進んでいってハイ終了みたいな。
映像的にはふつーのSF映画で、これという押しが無い地味な映画でした。
期待値高くなければ見れると思う。



2015年4月24日 (金)

アクションカメラ HX-A100 夜間テスト



電燈が一つぐらいしかないところから、きらきらの商店街、国道と
そこそこなシチュエーションで撮れてると思う。
F値2.5なので明るいとまでは行かないので路地とかはつらいけど
国道沿い程度なら夜でも問題は無さげかと。

無灯火信号無視が多いのは大阪ですから・・・。

今回はちゃんとしたカメラマウンタ使ってるのでカタカタ音は無しです。
替わりに風切音が増えた感じが。

2015年4月19日 (日)

アクションカメラ HX-A100 買って 自転車車載

前からアクションカメラは欲しかったけど、安いのか高いのか二択しかなかったけど
パナソニックのカメラが4K対応品が発売と共にフルHD対応品が安くなってきたので
年度末賞与もでたのでIYH。

P4180268.JPG

このカメラの最大の特徴は写真のオネーサンのとおりのカメラと本体がセパレート構成。

P4180270.JPG

カメラ部分、セパレートにしてる分当然軽い。
上のボッチ部分が上で右側のみマイク穴あり、モノラルです。
画角が160度あるのでレンズが結構出っ張ってます。

傾き補正やブレ補正もあるけど、60p撮影時には機能しない模様。

本体とカメラのケーブルは70cmと微妙な長さ、ケーブルはかなり柔らい。

P4180271.JPG

思ったよりも大きい本体側
上から電源ボタン、録画ボタン、画像撮影ボタン、無線設定ボタン、ロックボタンとシンプル。
無線設定は、p2pでスマホ接続モード、ストリーミングモード、DLNA機器に接続する
アクセスポイントモードがある。

で、液晶モニタがなくどうやってモニタするかというと、スマホでWifi接続して設定。

P4180274.JPG

スマホにアプリをインストールして、wifi接続でリアルタイムでモニタする。
動画設定の変更や録画したファイルの再生確認とか時間設定が可能というか
スマホじゃないとこれらの設定が変更不可。

本体で出来るのは撮影と無線の設定変更だけ、と。
バッテリー残量は電源ON時のWifiのLEDで残量確認は可能。

P4180264.JPG
横にメディアスロットと充電用のMicroUSB端子。
防水ついてるので蓋がごつい。
microSDHCで32GBまで対応、バッテリーも持ちから見て16GBでも充分な感じ

P4180269.JPG

本体付属マウントは、パッケージのオネーサンがつけてるヘッドマウントと
腕に付けるリストカバーのみ。

P4180272.JPG

本体カメラを普通のカメラ三脚に取り付けるトライポットマウント。別売

P4180273.JPG

上のトライポットマウントをハンドルにマウントするカメラマウント当然別売


でもカメラのサイズを活かして

P4170263.JPG

自転車のライトホルダーを使ってカメラマウント。
本体はトップチューブバックにいれる。
カメラは本体が軽いのでパッ見た感じ、カメラはがっちりホールドされてる。

とりあえずこれで自転車車載して、いつもの朝練コースで録画してみる。

撮影モード一覧。 解像度、ビットレート、最大録画時間 実撮影時間
・1920×1080 60p 28Mbps 110min 55min
・1920×1080 30p 15Mbps 140min 70min
・1280×720 60p 15Mbps 125min 65min
・1280×720 30p 9Mbps 155min 80min
・848×480 30P 4.5Mbps 160min 80min

録画最大値と実測値の値がえらいかけ離れてるけど
とりあえずど真ん中の設定の1280×720 60p
画角は行きはワイド(160°)、帰りはスタンダード(104°)で録画

当然Garminのサイコンのデータも取っているのでそれに合わせて
VSD for GPS と TCX log Reader でAviutlで再エンコード。
ただ、いまのGarminのtcxのフォーマットだとうまく読めないので
StravaのデータからgpxをエクスポートするURLをexport_gpxからexport_tcxに
変更してダウンロードしたtcxファイルでうまく読み込めた。

でも個人的には、フリーになったdashwareの方がいいかと思う。

まず、高山公民館から金石橋までのダウンヒルをそのまんまアップロード。
1280×720 60fps動画、できれば60fpsで鑑賞推奨。
カタカタ音はライトホルダーの所為。
画角はワイド。 ワイドの方がゆがむけど、スピード感あるねぇ。
最初のサイレンは正午のサイレン。

ちなみにFirefoxブラウザでYoutube 60fps動画再生には一手間要ります。

tcxファイルと合わせて再エンコ動画、ヒルクライム動画なのでハアハアうるさいです。
画角はワイド。 トラックが多いなぁ
ハンドルにマウントすると坂の角度が分からないなぁ・・・。
bpmは心拍数、rpmはペダルケイデンス

妙見山頂から、金石橋まで画角は標準。
木々と悪路地でビットレートがたりずブロックノイズで出てる。
ビットレートがちょっと足りてない感じ。

西田橋⇔勝尾寺、高山⇔金石橋、金石橋⇔妙見山頂と録画してたけど
最後の勝尾寺の下る途中でバッテリー切れ。
大体一時間ちょっと、スペックの実撮影時間通り。
ちょっと短い気がする。

電源端子がMicroUSBなのでモバイルバッテリーで充電すればいいのではと思うけど

P4180266.JPG

たしかにモバイルバッテリーで動作はするけど、本体の電源をONにしていると
本体のバッテリーに充電されない仕様は注意。
あと端子の蓋を開けっ放しになるので防水にならないのも注意。

カメラの画質はいまどき380万画素とフルHDの画素には足りてるけど
ビットレートが足りていないのも合わせて画質が破たんするところも。

カメラ部分だけのA1Hも発売されたけど撮影時間は35分とさらに短いので
ウェアラブルとしてはいいけど自転車にマウントするにはちよっと辛い。

A1hが出たので、A100がカタログ落ちしてさらに価格が下がると思うので
価格がまだ下がるようならMade in Japanとはいわないけど
日本メーカーの安定して品質のカメラはいいんじゃないかと。

今度はモバイルバッテリーで、どこまで録画できるか淀川河川敷走りますか。

2015年4月14日 (火)

30インチ Dell 3008WFPから 40インチ 4K PHILIPS BDM4065UC/11へ

会社の景気次第で、でる春の賞与。
今の仕事は、春だけど氷河期で出るかどうか心配だったけど予想以上でたので
今使っているモニター、Dell 3008WFPも6年経っているので入れ替えを検討。

いまどき4Kモニタと行きたいところだけど、安価な27インチだとドットピッチは
0.155mmとアラフォーの目にはつらいサイズ。 32インチの4kでも0.18mm
いまの3008WFPは0.25mmなので大分小さくなる。
つーところで冬に40インチ 4Kでしかも安いフィリップス BDM4065UC/11が発売。
ここまででかいと、ドットピッチも0.23mmといままでそんなに変わらない。
当時は品切れだけどいまは結構在庫があって注文の次の日に到着。

20150402_150322.jpg

デカい、けど意外と軽い。
事前確認でこいつのスタンドは完全固定で使いづらいというのはわかってたので
いままで使っているスタンド流用しようかと…。

P4070203.JPG

30インチパネルと40インチパネル。
696x482mmと904x589mmで横幅の割に縦幅の差が小さいのは
16:10と16:9の差のせい。BDM4065UC/11アスペクト比は20:11らしいけど。
ちなみに3008wfpの方が大分重いです。

P4070205.JPG

モニタ正面に左側に入力端子。
右から、音声出力、アナログ音声入力、アナログRGB、DISPLAYPORT、
miniDisplayPort、HDMI、MHL-HDMI、一番左の離れた端子はRS-232C入力。
付属シリアル変換コネクタで接続してシリアル接続でモニタを制御できるらしい。
マニュアルに制御方法書いててどう見ても業務用だろうけど
どーせならリモコン付けて欲しかったところ。
ちなみにスピーカーは内蔵でHDMIやDPの音声入力の出力も出来ます。

4kで60pで表示できるのはDisplayportの二つのみ。
でもモニタの初期設定でDP1.1の30P設定になっているので1.2へ変更が必要。

HDMIは30pまでなので注意。
HDMI2.0規格じゃないと4k 60pだせないけど
PCのビデオカードでHDMI2.0のカードよりもDP1.2対応のカードの方が間違いなく安い。

個人的にはDVI欲しかった・・・。
モニタ側にDP端子をほかの端子へ変換するケーブルってまったくないからねぇ。

付属ケーブルは、
・miniDisplayPort→Displayportケーブル
・HDMIケーブル
・RGBケーブル
・RS-232c変換ケーブル
・アナログ音声ケーブル
・USB3.0 TypeA→Bケーブル
と大体入ってる

P4070206.JPG

前面にボタンが無く、リモコンも無いのでどう操作するかというと、右背面に
操作ボタンというかスティックがついてる。
画面の裏側のボタンを手探りで触るのでスティックの方向でメニューを操作
するのはボタンだけよりはやりやすいけど、どーせならタッチパネルの方が…。
右側のスイッチは電源スイッチ

P4100224.JPG

実際操作はこうやる。

P4070204.JPG

電源コネクタ、一般的な電源コネクタはいいけど何故か本体に垂直に接続している

P4090213.JPG

左背面にはUSB3.0のハブ。
これも垂直配置でかなり使いづらいと予想される。
抜き差しを考えるなら横か上でしょ。

VESAマウント対応で、液晶アームも取り付けれるが
規格はVESA200×200。
いままで、モダンソリッドの水平多関節アーム使っててVESA100なので
VESA200のアダプタが必要。

P4070208.JPG

純正品が高いので一番安い変換パネル サンコ- VESA200変換プレート
買ってくるけどこれがビス穴が合わない

P4090212.JPG

仕方ないので、グラインダーで無理やり削って穴あわせ。
変換アダプタを何とか取り付けて、本体に合わせ・・・。

P4090211.JPG

今度は本体側の穴が合わない。
どーも間違ってVESA200×100のアダプタを買ってしまった模様。

P4090214.JPG

VESA200×200の変換アダプタを買い直して無事装着。

で、もう一つ水平多関節アーム用のポールも45cmから75cmのに買い替え。

P4090222.JPG

実際45cmのでもモニターはギリギリ取り付けは可能なんですけどね。

でようやく取り付け完了

P4070200.JPG

30インチでも結構大きかったけど

P4070210.JPG

40インチで横120cmの机がギリギリ。
3840×2160の超解像度。モニタ上の動画のサイズが1920×1080のフルHDサイズで四枚うつせる。
(PCスペックを無視すれば)
 

01 GoogleMap表示すると無駄に広い。
フルサイズ画像をダウンロード



3008WFPは無駄に発熱しまくってたけど BDM4065UC/11は全然発熱しない。

P4140261.JPG

800万画素相当なのでデジカメの写真はかなり綺麗に映る。
E-PM2は1600万画素なので半分ですが・・・。

Foraz5、初音ミク SLSもあった。 ウイングが残念だけど、ボンネットに風穴無いから実物より見やすいな。

4kだと30pのHDMIだけど、FullHDならちゃんと60pでます。
40インチはなかなかの迫力。

P4090216.JPG

40インチのピボット。確実に上下に視野が入りません。

P4140259.JPG

ピボットをする為だけに長いポールを買ったわけで・・・。
短いままだと、このデカさはピボットできまへん。

P4140258.JPG
40インチの16:9のパネルの高さと4:3の32インチの高さはほぼ同じなので
4:3換算でほぼ32インチ。
ゲーセンのブラウン管の筐体とほとんど同じサイズ。
久々に立ち上げた式神の城2はWin8.1でも動いた、互換性万歳。

P4070201.JPG

30インチの画面。

P4130252.JPG

40インチの画面。
両方とも同じ11ドットフォントなのでアイコンはドットピッチの8%程度小さい程度、
思った以上違和感は無し。27インチ4kだとこうはいかない。

応答速度は12ms→8msで気持ち応答が早いかなぁーという程度。
もともと応答速度目当てで買っていないし。
ゲームモードにすれば3.5msまで上げれるらしい。

コントラストはハーフグレアモニタなのでかなり黒がくっきり見える。
ただ、ハーフグレアなので映り込みが結構ある。


P4130250.JPG

ベゼルはかなり小さくで2,3cmぐらいしかない。
上に乗せたKinectが大分不安定・・・。

あとPIPもできる。
P4130248.JPG

ミニ画面は四隅に設置可能で、画面サイズは三段階だけどこれが一番小さく
もう少し小さくなってもいいんじゃないかと・・・。

P4140253.JPG
当然逆も可能。
これが一番大きいPIP画面。
メイン画面、PIP画面に制限はなくも、どの組み合わせも可能。
メインとPIP同じソースにもできるけどあまり意味ない。

当然だけどPIP画面の解像度はそのままなので4KでPIP画面にだすとまったく読めない。

あとPBP機能もある

P4130249.JPG

二画面PBP

P4130246.JPG

三画面PBP

P4130247.JPG

四画面、ソースが無いのでダブってる。さすがに四つもソースが無い。

どの分割でも1/4サイズ、当然実寸で20インチワイドサイズ。
ソースがフルHD解像度なら全然使える。フルHD四画面分の4Kだから当然だけど。

ただ、PIPもPBPも音声は一番目の画面のみしか音声は出ませんので注意。
ここは残念。

あとは有名なところで、
★ドットが1:1ではなく、1.02:1程度で横に2%長いらしい。
P4140260.JPG

googleで丸で画像検索してスマホで比較。
微妙に横に伸びてるのが分かる。
まー比較するばわかるけどそこまで気にしない程度。
CADとか正確な図面書くならまったくおすすめできないモニタですが。

IPSではなくVAパネル。
TNパネルほどひどくはないけど、視野角は176度。
多分小さいモニタなら気にならないだろうけど如何せん40インチ
自分の視点の高さをモニタの中心にすれば気にならないけど
これがずれると自分の視野からはみ出る位になり、上下の隅が白く見える。

アスペクト比固定でのズームが無い
Dot by Dotと4:3と16:9ズームしかない
といっても4:3か16:9があれで大抵のソースは問題ないはずだし
PCソースだとPC側で設定変更もできるし。


不満が全くない訳じゃないけど、40インチ4Kでしかも8万円台という
インチ比で考えると破格の価格のモニタ。

置き場所と4k表示環境さえ確保できるなら結構おすすめです。

PHILIPS BDM4065UC/11