« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月28日 (金)

ナスカルブ使って、一か月で500km走ってみた。

P8230054.JPG

シマノ純正のPTFE LUBEは安くて、注油がしやすいけど、粘度が高めですぐにまっ黒になる。
その分チェーンは保護されてるのでチェーンのメンテをする回数がへるのでは楽だけど
あまりにも黒すぎるので別のオイルに替えてみようかと・・・。
と、いってもドライ系オイルは汚れないけど全然持たないので
しらべたところナスカルブがいいらしいので使って、ちょうど
ニューフレームに交換後から一か月500km走ったところ。

P8230053.JPG

まーたしかにシマノのオイルに比べれば黒くはないけど、ナスカルブも粘度は高いので
黒くはなるなぁ・・・。
ペダルの軽さ云々は数値で現せないけど、シマノのよりは気持ち軽い感じはする・・・。

2015年8月 8日 (土)

Windows10環境のキャプチャー用に Elgato Game Capture HD60 買ってきた

テスクトップPCを両方ともWindow10にしたのでWin7までしか使えなかった
HDRECSキャプチャーボードに変わるものが必要になった。

どーせなら1080p 60fpsのキャプチャーできるやつとなると高いのが多いし
ボードタイプだとパススルーできないし価格が高い、ハードエンコ付けるとさらい高い。
流行りのUSBキャプチャーユニットだとUSB3.0のキャプチャーユニットが多いけど、
USB3.0は結構互換性がアレでAMD環境だと保証していないのが多い。

で、見つけたのがUSB2.0で1080p 60fps HDMIキャプチャーができるらしい
Elgato Game Capture HD60

Amazonで二万円以下で買えるのでポチってみた

P8080049_1.JPG

届いたときに驚くのがサイズ、小さい。

P8080050_2.JPG

平均的なサイズ(?)のスマホより小さい。

P8080051.JPG

P8080052.JPG

HDMIの入出力とMINI-USBのPC接続兼電源とアナログ音声入力というシンプル。

サイトからドライバーとキャプチャーアプリをインストールしてつなぐと設定終了。
Windows10環境でも問題なくインストールできた。

いざXbox Oneつないでキャプチャーとおもったら

2
DolbyDigitalは不可らしい・・・、音声をステレオに変更するとあっさり映った。

3Xbox Oneと360とPS4はHDCP出してないのであっさり映る、PS3だけはHDCP出てるので
Gamewswith等がいる模様。

このプレビューだしているだけで、AMD FX-8150のCPUのリソースは17%程度上がってる
メモリも1.5GBぐらい使っているのでマシンパワーはそこそこいる模様。
ちなみに、このプレビュー画面かなり遅延してます。

インターフェイス見ればわかるけど別のオーディオ入力も受け付けるので
ゲーム解説音声も入れれます。

01

キャプチャーの設定は、結構細かくプロファイルで出力する解像度が変更出来て
モバイル(480×360)
標準(640×480)
HD720 (1280×720)
HD1080 (1920×1080)
の4つの解像度と60fpsか30fpsの設定と
画質も細かく設定ができる。
最大は1080p 60fpsで40Mbpsって表示されてるけど
実際にキャプって真空波動研で調べたのがこれ

1920x1080 8Bit AVC/H.264 High@4.2 1:1 Progressive 59.94fps 26385f 53945.92kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 216.00kb/s
[Extra][2]
Apple iTunes Video
MetaData
[MPEG4] 00:07:20.212 (440.212sec) / 2,981,495,764Bytes

真空波動研Lite 150418 / DLL 150418 Unicode

53Mbpsぐらいでてる。7:20で2.9GBはなかなかのサイズ。

Youtubeに挙げたけど画質はかなり下がるのでフレームレートが出てるのだけ
確認できればと。
ほぼドロップせずに1080p 60fps維持できてる(正確には59.94fpsだけど)

ちなみに最低のビットレートは1080p 60で14Mbps。地デジ画質ぐらい。

USBのキャプチャーユニットの動作の仕様かはしらないけどキャプチャーを止めてから
PC側に出力を始めるみたいで、全然ファイル見れないじゃんとおもってたら

4
処理中みたいで、編集タブの右下のプログレスバーが消えるまでファイルは見れない。
完了するまでCPUのリソースが50%近くまで上がるのでエンコードでもしてるのかなと。
でも50%でとまるところ、エンコードはコア数で決めているのかなぁ・・・。
Win10でもFX-8150はコア4になってるし(涙)
キャプチャーユニットのバッファがいっぱいになるまでファイルは書き出さない感じ。

キャプチャーに関しては、再生できるまでの時間がかかる以外はちゃんと
60fps出てて満足。

あとはパススルー機能だけど、なぜか最初はパススルー出力に繋いでも画像がでなかった。
キャプチャー対象の機器の電源入れて、PCのキャプソフトを立ち上げる前に
パススルーつなぐとパススルーの画像が出てそのあとキャプチャーソフト起動すると
問題なくなった。

遅延に関しては、写真とるとわかるので撮ってみた。

Untitled

PBPで比較、左がキャプチャーソフトの全画面表示。
右上がHD60のパススルー。 右下が、hd60手前でHDMIスプリッタでスプリットした画面。
パススルーとスプリッタの画面のフレームが1フレーム遅延してるけど、
何度か撮影すると同フレームもでるので実際は1フレーム以下。
でも、キャプチャーソフトの全画面が45フレームずれてる、さすがに0.75秒ずれると
はっきりとわかる。

HDMIのみだけど1080P 60FPSでキャプ出来てそこそこ安いのはなかなかいいんじゃないかと。


2015年8月 7日 (金)

Windows10に替えまくる、補足。

前回の追記だけど、一つだけとうまくいっていなかったところがあった。

録画PCでEDCBで予約した番組でPT3はの録画は問題なく出来ていたけど、
PT2の録画したファイルはすべてサイズか0バイトになってた。
エラーは番組情報が取得できないと出ていて単独でEDCB起動させると番組情報がでない。

TVTESTでもPT3は問題なし、PT2は受信レベルは出てるけどビットレートは0Mbps。
Windows10の移行でPT2の問題等は検索しても出てこない。
今回はWindows7から10にアップグレードしたので、もしかしてWin7→8の時に出てたのかと
調べたら出てきたのが、AMD環境でよく出る"0Mbps病"。

初期のPT3でもあったけどファーム書き換えで改善されたんだけどまさかPT2で
Windows10にアップグレードで出るとは・・・。

対処方としては、メモリが4096MB以上で出るのでmsconfigでメモリを4095MB指定で
起動するだけ。
あっさり解決した。

これでアップグレード時の不具合はほぼ解消かな・・・。
PT2もそろそろPT3に替えてLowProケースにして録画PCを小さくしたいところ。

が、しかし一か月後に恐ろしい罠が待ち受けているのであった。

2015年8月 6日 (木)

Windows10に替えまくる。

めでたくリリースされたWindows10。
Windows7,8からなら、一年間は無料でアップグレードできるし
ハードウェア的に互換性はかなり高いらしいので、WIN8.1PROのデスクトップマシンと
WIN7PROの録画PCをアップグレードしてみた。

発売カウントダウンでも行こうと思ってたけど、無料アップグレードできるのと
販売体制がWin8以前のPCパーツのバンドル販売に戻ったので買う気がなくなった。
いまなら安くて単品で買えるWin8を買って無料でアップグレードすればいいんだから。


その前にバックアップするためにParagon Drive Backupでバックアップしようとすると
なぜか、
このコンピュータの制限により、処理は消されました。システム管理者に問い合わせてください。
とでで起動できない、ADMIN権限でやっても一緒。
レジストリがだいぶ壊れていた感じで、治すのも手間なのでちょうどいいからクリーンインストール。
がしかし、もともとデスクトップPCはWin7 HOMEからのアップグレードでWin8PROにしてて、
Win7 HOMEインストールでWin10にするとWin10 Homeになるので、
Win7HOME→WIN8PRO→WIN10PROという面倒なクリーンインストール

Win8リリース時にタダ配りしてたMediaCenterはWin10インストール時に削除されるけど
Win10インストール後別途DVDプレーヤーアプリが自動インストールされるみたいなので
入れておいて損はない。

いざインストールと、
タスクアイコンのWin10予約ボタンをポチっととしてもインストールが一向に始まらないので
インストールツールを直接ダウンロードしてインストール。

20150802_204031.jpg

今回のパーセンテージは全体的の進捗度なのでだいぶ当てになる

20150802_205845.jpg

30分ほどでインストール完了。
Win8では強制フルスクリーンだったアプリがウインドウ画面で表示されてる
(タブレット用にフルスクリーンにもできる)
もともとアプリは結構サクサク動いてたけどフルスクリーン動作のみが残念だったけど
Win10になってその制限がなくなってよくなった感じ。

スタートメニューもWin7の時と微妙に違ってるけどWin8よりはかなりマシな感じ。

01 Win10インストール後一か月以内なら前のOSに戻せるみたいで。

01_2 個人的には一番心配していた、A3ドキュメントスキャナfi-5530CがWindows10で動くか否か
だったけど、一応ちゃんと動いた。
Win8ですら未サポートなのに良く動くわ。

個人的には
Win8を使ってたならWin10にしない理由が無いぐらいよくなっている。
Win7からだとインターフェイスがだいぶ変わってるからちょっと微妙だけど。

家中のPCはWin10にしたけど、後はこいつが何時WP10になるのやらと・・・・。

あとは何時こいつがWindows Phone 10なるか・・・。

2015年8月 3日 (月)

山に登ってもくそ暑かった・・・

先週は、平地走って地獄だったので山登り朝練。

ついこの間、瑠璃渓当たりに仕事で行くことが有ってなかなかなヒルクライムコースだったので
自転車で来てみた。
いわゆる、るり渓ヒルクライムコース

20150801_102503.jpg

東から来た場合はR372の南八田交差点を左折してコースにはいる。

20150801_102902.jpg

派出所からスタート。
平均斜度5%程度なのでそこまでツラクはないはず。
途中までるり峡の川沿いを登るので見た目はいい感じ、ブユが怖いけど・・・。

20150801_110100.jpg

ほどなくゴール。

ここまで来たなら

20150801_113137.jpg

ついでに深山まで。
さすがに標高790mは暑さはあまりないけど人がだーれもいないし虫が飛びまくってるので
怖くなって即撤収。

Screenshot_2015-08-03-22-50-49

でも、深山宮のポータルは誰も取ってなかったのでハッキングだけして帰りました。
車とバイクでは入れないし、電波の受信が悪いのでそうそうは奪い返されないはず。
めざせブラックメダル。

そのまま妙見山まで行ったけど、妙見山ぐらいではかなり暑かった・・・。
で、走行距離100kmぐらいから出てくる太ももの付け根の痛み。
理由はシートの前後調整しておらず、かなり前向きにセットしてたから。
ポジションの悪さは50~100kmぐらい走らないと痛みがでないんよねぇ・・・。
熱で体力はボロボロで太ももボロボロで帰宅。
熱中症対策で3Lぐらい水分は取ったけどそれでもかなりつらかった。
もうちょっと休憩入れんとダメかなぁ。