« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

こりずにサドル・・・

20151228_114530.jpg

こりずに穴あきサドル注文。
安いし、そこそこ軽いし、意外と柔らかいし


20151228_114826.jpg

薄いというのもあるし。

20151228_115223.jpg

色が、赤白黒とTCR Advanced SEに結構あってる。 バーテープはまぁねぇ・・・。

穴空いてるけど、あまり大きく開いていないので股間部の解放感少な目。

これで、くそ寒い中北摂100km近く走ってきたけど、硬くもなくまあまあ行けるかなぁと。
ぶっちゃけ。50km以内ならどのサドルでもかわんないけど
150kmアワイチでもすればまた変わるかな。

しかし、インナーグローブ付けても五度以下のダウンヒルだけど
ウィンドブレーク サーモグローブ寒いんですけどこのグローブは失敗だな。

2015年12月27日 (日)

プレスフィットBB 交換

夏ごろにフレーム買って、GXPのBBからシマノのBBに交換して半年ぐらい

走行距離で行くと2100kmぐらい。
ちょっと前から勾配10%超えたぐらいに踏み込むとカチカチいってたけど
勾配5%超えたぐらいでカチカチなり始めた。
圧入で入れる仕様上緩むのは仕方ないけど、ちょっと早くない??
シマノBBは樹脂製だからこんなもん???
多分圧入部分が緩んでるか、圧入時にグリスアップして入れてたからグリスが切れたか。

PC260014.JPG
とりあえず交換用のBB買ってくる。 ウエパー、DURA-ACEのしかないんでやんの・・・。

プレスフィットBB交換に必要なもの
・プレスフィットBB本体
・クランク外す5mmアーレンキー (できればトルク付き)
・クランク取り付け工具
・BB86対応のリムーバー
・ぶっ叩くハンマー(無反動ハンマー推奨)
・BB圧入工具

BBカップ取り外し工具は要らないけど、工具は多い。

クランク外すのそんなに難しくなく
・5mmのアーレンキーで左クランクのボルト緩めて 
・クランク取り付けボルト外して、脱落防止爪上げてから左クランク外す
・ハンマーで左側シャフト叩いて右側押し出す
シマノ製のクランクはハンマー無いとまず外せません。

PC260015.JPG

目視では異常は見慣れないなぁ・・・。



PC260016.JPG

PC260018.JPG

BBリムーバー使ってハンマーぶっ叩き。
圧入で入れている以上、スマートな外し方が無いんだよね。
でもBB本体は樹脂製なので意外とすんなり外せる。

右左どっちからでもいいけど右側外したら左側も同じようにして外す。

PC260020.JPG

盛大にブレてるけど、付けていたUltegraと付けるDURA-ACEのBB。
微妙に形違うけど、ベアリング回転の硬さはあんまり変わんない。

PC260021.JPG

BB圧入工具で圧入。 BB周辺はグリスアップしている。
ロックタイトの方が確実にくっ付いてペキペキ音減りそうだけど交換時に外すのが
面倒な気がするので・・・。
しかしこの圧入のトルク値を調べたんだけど全然見つからない。
まークランクがちゃん嵌ればいいんだけどね。
逆順でクランク取り付けて平地で一番重いギアで踏み込んでも一応カチカチと鳴ってない。
適当なトルクで締めたからカチカチ行ってる気もするけど、
今度鳴り始めたら再圧入でもしようかなぁ・・。

前もそうだったけど、BB入れた直後はカチカチいうんだよね。
しばらくしたら収まるけど。

追記
プレスフィットBBはブレーキシムグリース付けてから取り付けがおすすめ。
異音は全くなくなります。

2015年12月26日 (土)

車体もジャージも赤系なのでヘルメットも

ヘルメットだけ青白なので・・・。 まー三年ぐらい使ってるしそろそろ交換時期。

自転車ブームの所為か、ブランドにこだわらなければヘルメットもかなり安くなったなぁと。

20151225_194438.jpg

価格最優先で、次は色と軽さで、DABADAというメーカーヘルメット。マニュアルすら入っていない。
頭回り61cmとちょっと大きめの頭だけどM/Lサイズはぎりぎり入った。


20151225_194609.jpg

211g。メーカーが謳っている218gとほぼ同じ。

20151225_194637.jpg

いままで使ってたBell Volt。 355g。ドッシリしてるヘルメットなのでその差歴然。

20151225_194716.jpg

つるつるのつやあり。 個人的にあまりつやありは好きじゃないので・・・

20151226_083315.jpg

20151226_083105.jpg

トップコートで艶消し。 クリア塗料は多少ムラがあっても目立たないのでブーブーと。
スミ入れでもしときゃよかったかな

2015年12月25日 (金)

Dell Venue 11 Pro 7140 用に Mobile Power その後

モバイルバッテリー買ったけど、ピッタリのケーブルが無いので・・・

PC210005.JPG

充電専用のMicroUSBケーブルちょんぎって。

PC210008.JPG

共立で買ってきた、外径5.5m、内径2.5mmのDCコネクタにはんだ付け。

PC210007.JPG

これでバッテリーと一本で接続できた。
ケーブルが短い+充電専用の太いケーブルなので充電が速い。

でもわざわざはんだこてしなくても

PC220009.JPG

MicoUSB⇔DC 内径2.1ケーブルというニッチケーブルが共立に売ってた。

PC220012.JPG

バッテリー付属のケーブルと繋げれば結構短く接続できたりする。

2015年12月24日 (木)

さらば、M-NV1BRBK。

PC210002_1.JPG

9台同時にマルチペアリングできるマウス、M-NV1BRBK。

マルチペアリングできるマウスはいろいろあるけど、切り替えボタンが裏にあって切り替え面倒
なのが多い。素早く複数の切り替えができるマウスがこれ以外にないというオンリーだったけど
とうとうホイールが死亡して使えなくなった。
同じマウスを買おうとすると生産中止でプレミア価格。

PC210001.JPG

結局、おなじエレコム製の新型EX-Gのマウス。
新製品なのに半額近く割引されている、エレコム製品の宿命。
Lサイズの方が安いけどちょっと大きすぎるのでMサイズ。

PC210004.JPG

Ex-Gの新型はスライドスイッチでマルチペアリングできる、でも二台だけ・・・。
前のモデルにあったカウント数切り替えもなし。
でもマウスを持ち上げずに切り替えできる。
まぁメインPCと録画PCが切り替えできればいいので良し。
時々タブレットつなぐときは、まぁ再ペアリングで。

PC210003.JPG

M-NV1BRBKとサイズは変わらないけど今どきな親指あたりがえぐれてる。

操作感覚はM-NV1BRBKより良いけど、やはり四台位ペアリングしたいなぁ・・・。

2015年12月21日 (月)

寒くなってきたので、ウインドブレークビブタイツと新(痛)ウインタージャージ

冬用として、ウインドブレークビブタイツ買ったんだけど10度以上で暑すぎでイマイチだったけど 突然寒くなってきたのでようやく活躍できるようになってきた。

PC200468.JPG

パールイズミのトップグレードのプレミアム ウィンドブレーク クイック ビブ タイツ。
ただし去年のだけど・・・。 ウエパーで40%オフでさらにポイント使って3000円引きで購入。

ちなみにビブ タイツはこの写真のように保管すると、肩部分が伸びるの逆さまで干すのが
いいらしい。

PC200470.JPG

0度向けには薄すぎる気がする、ウインドブレークチタニウム
遠赤外線効果であったかいらしいけど、実際履くと網目が広がるので網タイツ状態に・・・。

PC200471.JPG

足首もカバーできる足掛け仕様で足から風入ってこないのは地味なポイント高し。

PC200472.JPG

裏地は当然起毛処理。チタンフィルムの所為で他のウインドブレークなジャージと比べて薄い。


あと

PC200473.JPG

PC200474.JPG

冬用に、去年に続いてオーメストグランデ2046年冬モデル。
去年の超ブカブカと違って普通にサイクルジャージのピチピチサイズに変わった。
サイズは変わらないけど、素材が伸びないという感じなので夏のジャージよりピチピチ。
でも、手と胴の長さは明らかに短くなってちょうどLサイズなサイズになった。
インナー二枚重ね着とかちょっとつらいかも。

インナーは去年のGORE BASE LAYER WS Thermo Shirt long
グローブはパールイズミ ウィンドブレーク サーモ グローブ

家出て大体気温が10度だけど、風が強いし曇ってる。
でも、ウインドブレークと名が付いてるだけあって足はこの薄さでと思うぐらい寒くない。
足首がカバーされてるのも地味いい感じ。

オーメストグランデのウインタージャージも生地が伸びない分風通しも悪くなり
意外と行けてる。
ただ、周りの視線が冷たいのは季節を問わない仕様です。

この前に15℃まで上がった日にこのビブタイツ履いて何もしなくても大汗かいたので
レンジ幅は一桁温度ぐらい。

20151219_110420.jpg

勝尾寺まで行って約6℃。 日陰で風強いという最悪の環境。
登りは全然大丈夫だけど下りは温度で3℃ぐらいまで下がり上のジャージが辛くなる。
でも一番厳しいのはウィンドブレーク サーモ グローブ、通気性あり過ぎで超冷たい。
これ絶対ゼロ度無理だよ、インナーグローブいるな。

いつものように、妙見山まで行くと気温は1℃近くまで下がる。
ダウンヒルはさすがにウインドブレーカーいるぐらい冷たいけど
足の方は意外と行ける、さすがプレミアムグレード。
生地が薄いので、防寒で分厚い生地にありがちな蒸れて汗で中が
べたべたで寒くなるということは無いんだけど、正面以外特に後ろからの風向きが結構寒い。
チタンフィルムが正面内股向きにある所為だけど、それは仕方ないところ。
走ってれば風は前の方から来るし。

でもパンツと違ってビブタイツは腰に生地の切れ目が無いので腰回りが寒くないのはいい感じ。
夏以上に冬はビブタイツを薦めます、高いけど・・・。


Dell Venue 11 Pro 7140 充電用に Mobile Power 買ってきた

PC120425.JPG

Venue 11 Proの電源端子は MicroUSB端子。

PC200467.JPG

なので、一応USBタイプのモバイルバッテリーは繋がるし、充電マークは付くんだけど・・・。
一時間PCをスリープにして充電させたところ、17%→ 23%しか上がってない。
テスター付けたら、5V 0.5A程度の最低電力の2.5Wしか流れてない。
スリープでこれだからバッテリー増えるけど立ち上げてたら間違いなく充電しながらバッテリーが減っていくはず。

PC180465.JPG

純正品のACアダプタのDC出力は19.5v 1.2A or 5v 2A。
ちなみにこれにUSBテスターつなぐと19.5vで流れるので焼けます、焼けました。
気を付けましょう。

MicroUSB端子だけど実際は、19.5vと普通のノートPCと同じ電圧で充電している模様

PC170459.JPG

なので充電もノートPC用のモバイルバッテリーが必要なので・・・。
Mobile Powerバッテリー12000mAh。USB端子とDC端子で19v 2.5A出力が可能なバッテリー。
3.7v 12000mAhで、70~80%の変換率で考えるとVenue 11 Proのバッテリー 7.4v 5050mAhの容量を
9割近く充電できるはず。
重さは380g、本体の半分ぐらい。

ただ、DC端子からMicroUSB端子へ充電できるケーブルが無いんだよね・・・

PC200478.JPG
変換コネクタは、いろいろあるんですけどね・・・。
叩き売りされてるNECのVersa Pro VS(というかThinkpad Helix)も電源端子もある

PC200475.JPG

PC170461.JPG

変換ジョイントでぎりぎり入るジョイントにアルミ箔で無理やり・・・。
あとはOTGケーブルでつないで

PC200476.JPG

充電開始。 12v,16v,19vどれでも充電できる模様。
バッテリーフル充電、Venue 11 Proのバッテリーすっからかんで
二時間で90%まで充電可能。 16000mAhのモデルだとフル充電も行けそう。

アンペア数が純正ACアダプタより多いので充電がちょっと早い気がする。

PC170458.JPG

変換ケーブルがジョイントだらけだったので、スマート接続するために
DCケーブル→USBケーブル買ってきた。
取説には外径5.5mm 内径2.1mmって書いてたのでその通り買ってきたわけだけど
バッテリーに接続するDCケーブルの外の端子が5.5mm 内径2.1mmであって
バッテリーそのものDC出力端子は5.5mm 内径2.5mmという・・・。

PC200477.JPG

一応内径2.1mm→2.5mm変換コネクタはあるので、変換コネクタとOTGケーブルで充電できる。
でももうちょっとスマートしたいところ。
MicroUSB~DCコネクタ(外径 5.5mm 内径2.5mm)があれば一番だけど
まず売ってないな・・・、作るか。

作りました。

ちなみバッテリーは専用のACアダプタ(20v 2A)で充電、USB経由では無理っぽい。
DC出力のモバイルバッテリーってほとんどUSB充電できないのがちょっと辛いところ。
それでもDC出力のモバイルバッテリーは以前はもっと高かったけどだいぶ安くなったので
買いやすくなったのはいいところ。

でも、Venue 11 Pro、USBの充電端子、USB Type-Cにすれば20v 5Aで充電できるので
7140のモデルチェンジ時に替えてほしかったなぁと、でも次のモデルはUSB Type-Cになるらしい・・・。

2015年12月20日 (日)

Dell Venue 11 Pro 7140 LTEモデム DW5810E ファームアップ

前回モデム変えたの記事書いてDellのサイト見たら、Dell Wireless 5810eのファーム上がってるし

追記内容が

Enhancement:
- Included a new firmware to support Japan carriers

日本キャリア対応って、いままで対応してないんかい!!って突っ込み入れたい。

win8.1用だけど、Win10でも問題なくインストール、ファームアップ完了。

懲りずに勝尾寺へ

26
今日はあっさりとLTE掴んでる。 この間は3Gしか掴まなかったのに、時間帯かなぁ。

27
勝尾寺からちょっと離れたところ。 GPS補足してくれてるけど携帯は圏外。

01
ちょうど隙間、3Gは掴むけどLTEは穴なところ。
DW5810EのDocomo Simで3G 800MHZは無理だけと800MHz LTEは
捕捉できるようになった感じ。

ここまで安定すると、DW5810Eでもいい感じかしてきた・・・。

せっかく買ったANT30MOどーするか・・・
タッチパネルわれっぱなしのVenue 8 Proの3Gモデルに突っ込んでみますかね

でも先にタッチパネル入手しないと。

2015年12月19日 (土)

穴あきサドルを試してみた。

ロードレーサーの偉い人曰く、尿道の圧迫はよくないらしい。

いまのサドルで四年ぐらい使ってるけど、そこまで圧迫される感じはないんだけど
基本ずーと座るので今後慢性的に圧迫して炎症とかは御免したいところなので
ためしに買ってみた。
といっても、本格的な物だと五桁円いくので安いので。
自転車ブームの所為でそこそこいいのがそこそこ安く買えるのはいいことですなー。

PC130433.JPG

Amazonのサイバーマンデーで安かったのも理由のうち。
コンフォート系のサドル。

PC130432.JPG

元々使ってたサドル。
こっちの方が大分軽いんですけどねー。持てば差がわかるぐらいちょっと違う。

PC130434.JPG

穴あきだとTCRのシートポストが取り付けやすいぞ。

で、実際に走ってみたけど、確かに股間のど真ん中に解放感あって股間の圧迫感が
少ない感じがする。
ちょっとお尻が滑りやすいのは新品だからかな。
わるくはないんだけど・・・

20151213_121536.jpg

色がフレームに合っていない・・・。

まーコンフォート向けだから、ジテツー用のクロモリマシンにつけようかなぁと。

もうちょっといいのがないかなぁと尼みてると売り上げ一位のサドルが750円と異様に安い
赤は100円高いけど850円。


これはいいなと注文
PC170463.JPG

で来たのがこれ。穴空きまくってるよ。 TIOGAのSpiderのパクリで価格は1/10。
見た目通りで182gは軽い。 カーボンだったらもっと軽いけど

20151219_122007.jpg

サドル変えて朝練。 寒い・・・。
当然といえば当然なんだけど、硬い、50km超えたらレーパン履いててもケツが痛い。
タブレットをウエストバッグに突っ込んで持っていたので余計にケツに来た。
レースとかとにかく軽さを求めるならコストパフォーマンスはかなりいいかと。

Dell Venue 11 Pro 7140 LTEモデム ANT30MO へ交換で楽々800MHz捕捉

PC160452.JPG

標準のDw5810eはほんとに不安定なので、新しいモデム追加。
ANT30MO、今はなき、アクセスネットワークテクノロジ製
技適マークもついてるし、ちゃんと申請情報もある。

取り付けのためにVenue 11 Proの裏蓋開ける。

PC160453.JPG

Venue 11 Pro 7140の裏蓋開けるにはmicroSDスロットの横のねじを外さないとダメ
外した後にここから蓋をマイナスドライバーでこじ開けていくと楽に外せるはず・・・。

PC160454.JPG

PC-Expressスロット鎮座しているDW5810e。
溝が薄い幅広なプラスねじで止まっているので取り外し。

PC160456.JPG

あとはカード外して、交換。
アンテナケーブルは付けづらいのでカード実装する前にケーブルにつけたほうがよろしかと。
ケーブルのMAINとAUXの配置が逆なので逆につないでもいいけどケーブルが届くので
合わせて接続。

GNSSのポートは所謂GPSアンテナなんだけど・・・。

PC170457.JPG

GPSアンテナケーブル繋いで30分ほど外で放置して試してみたけど、どうもGPSは補足していない。
元々ANT30MOの64bitドライバーは提供しておらず(会社潰れたし)、
モデム側はWin10の標準のドライバーで動ているけど、
GPSセンサーはドライバー動いてない感じがする。

25
実際、GPSの項目はあるけど、オンにしたらオフ戻って有効にできない。

まー、Dw5810eでもGPS補足すんげー遅いし、GPS使うアプリってかなり少ないし
google MapはスマホのGPS連携できるのでそこまでデメリットはない気がする。
どうしてもGPS使いたいならau MVNOで。

20151216_203337.jpg

DMM mobileのMVNO simも調達。
料金プランは細かく変更できるのと、意外とでかい初期投資のSIM代がamazonで買うと
非常に安いので。
でもSIM新調するなら、UQ MOBILEのau MVNOのSIMならモデム変える必要ないじゃん
という突っ込みはナシで。
大分広くなってきたけど、エリアの広さはauのLTEのみエリア<docmoの3G+LTEエリア
だと思うので。
最初にDMMのサイトで申請、すぐは有効にならないみたいなので30分ほどしたらあっさり接続。
確かに接続が異様に速いし安定してる気がする・・・。

でも、やっぱり800MHzちゃんと補足できるか試してたいので

20
800MHzしかないエリア勝尾寺まで行って接続。 タブレット重いっす。

余裕でHSDPAで接続、LTEじゃないけどぜんぜんつながる。
wifiのアクセスポイントがあるので、マップ上に大雑把な位置はでてる。
GPS補足すると位置マーカのグレーサークルがなくなるんだけど、やっぱりGPS補足はしてなかった。

20151219_110420.jpg

気温6℃、くそ寒いです。
その右側にdocmoの基地局あるけど、ここでLTEは補足しませんでした。

結論
docomoのSIMを使うならANT30MOへ変更は必須かと。
FOMAプラスエリアに行かない場合でも電波の待ち受けの問題で安定度が違います。


追記
ファームウェアアップデートで安定しました。