« Dell Venue 11 Pro 7140 のケースとフィルム選び | メイン | 穴あきサドルを試してみた。 »

2015年12月19日 (土)

Dell Venue 11 Pro 7140 LTEモデム ANT30MO へ交換で楽々800MHz捕捉

PC160452.JPG

標準のDw5810eはほんとに不安定なので、新しいモデム追加。
ANT30MO、今はなき、アクセスネットワークテクノロジ製
技適マークもついてるし、ちゃんと申請情報もある。

取り付けのためにVenue 11 Proの裏蓋開ける。

PC160453.JPG

Venue 11 Pro 7140の裏蓋開けるにはmicroSDスロットの横のねじを外さないとダメ
外した後にここから蓋をマイナスドライバーでこじ開けていくと楽に外せるはず・・・。

PC160454.JPG

PC-Expressスロット鎮座しているDW5810e。
溝が薄い幅広なプラスねじで止まっているので取り外し。

PC160456.JPG

あとはカード外して、交換。
アンテナケーブルは付けづらいのでカード実装する前にケーブルにつけたほうがよろしかと。
ケーブルのMAINとAUXの配置が逆なので逆につないでもいいけどケーブルが届くので
合わせて接続。

GNSSのポートは所謂GPSアンテナなんだけど・・・。

PC170457.JPG

GPSアンテナケーブル繋いで30分ほど外で放置して試してみたけど、どうもGPSは補足していない。
元々ANT30MOの64bitドライバーは提供しておらず(会社潰れたし)、
モデム側はWin10の標準のドライバーで動ているけど、
GPSセンサーはドライバー動いてない感じがする。

25
実際、GPSの項目はあるけど、オンにしたらオフ戻って有効にできない。

まー、Dw5810eでもGPS補足すんげー遅いし、GPS使うアプリってかなり少ないし
google MapはスマホのGPS連携できるのでそこまでデメリットはない気がする。
どうしてもGPS使いたいならau MVNOで。

20151216_203337.jpg

DMM mobileのMVNO simも調達。
料金プランは細かく変更できるのと、意外とでかい初期投資のSIM代がamazonで買うと
非常に安いので。
でもSIM新調するなら、UQ MOBILEのau MVNOのSIMならモデム変える必要ないじゃん
という突っ込みはナシで。
大分広くなってきたけど、エリアの広さはauのLTEのみエリア<docmoの3G+LTEエリア
だと思うので。
最初にDMMのサイトで申請、すぐは有効にならないみたいなので30分ほどしたらあっさり接続。
確かに接続が異様に速いし安定してる気がする・・・。

でも、やっぱり800MHzちゃんと補足できるか試してたいので

20
800MHzしかないエリア勝尾寺まで行って接続。 タブレット重いっす。

余裕でHSDPAで接続、LTEじゃないけどぜんぜんつながる。
wifiのアクセスポイントがあるので、マップ上に大雑把な位置はでてる。
GPS補足すると位置マーカのグレーサークルがなくなるんだけど、やっぱりGPS補足はしてなかった。

20151219_110420.jpg

気温6℃、くそ寒いです。
その右側にdocmoの基地局あるけど、ここでLTEは補足しませんでした。

結論
docomoのSIMを使うならANT30MOへ変更は必須かと。
FOMAプラスエリアに行かない場合でも電波の待ち受けの問題で安定度が違います。


追記
ファームウェアアップデートで安定しました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/33686721

Dell Venue 11 Pro 7140 LTEモデム ANT30MO へ交換で楽々800MHz捕捉を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿