« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月21日 (日)

映画 ガールズ&パンツァー 劇場版 4DX版 観てきた 85点

普通の劇場版を見て、CGを活かした戦車の一人称視点が多かったので4DX向けだよね
とおもっていたらガルパン 4DX版が上映開始。

最寄りは、109シネマズ大阪エキスポシティだけどシートが50席とかなり少ない。
109シネマズは2日前のAM0:00から座席券発売開始なのでAM0:00丁度にアクセス
その時点で30人待ちとか。
なんとかチケットをゲットしたけど、AM0:05には当日すべて売り切れ。
おそるべしガルパン人気。

4DXなポイントは・・・
戦車移動は、ほぼ揺れてる。良く紅茶飲めるなー。
着弾したらスゲー揺れる。
機銃掃射や砲弾カスリは頭のエアがプスプス。
風呂場シーンは謎のシャボン玉、謎の香りが・・・。
草原には風がヒューヒュー。
ボコがボコボコで背中からボコボコ
カール砲の着弾に煙がモクモク。
降雨であたまからパラパラと水の嵐。
レールの火花で稲妻効果が。
戦車着水で前面から水の顔射。
勝利で謎のにおいが・・・。

4dxのエフェクトの
モーション、エアー、ミスト、香り、バブル、ケムリ、風、雨、フラッシュ、嵐
多分雪以外は全部あったはず。

予想通りに戦車一人称視点の揺れのシンクロ感はハンパなかった。
通常版見た人も4dx版はアトラクションとしてもオススメで。

月並みで
ガルパンはいいぞ

2016年2月13日 (土)

ヘキサンでバリバリ本の解体

本のスキャンして電子書籍化、所謂自炊には一番のアナログ行程の本をスキャンさせるために
本の解体が必要。

いつもは断裁機でバッサリと切ってたけど、ぶった切るので端っこが見切れてしまう。
といってぎりぎり断裁すると糊が残ってしまう。

化学薬品つかって解体するとキレイとれるらしく
薬品もそんな高くなくイニシャルコストは安いので試してみた。
P2110084.JPG

ベンジン、ヘキサン60%配合らしい・・・。

P2100078.JPG

筆でぺたぺた塗って剥がす。 簡単作業。
インクは解けず滲みもないので絵にかかっても問題なし。
ただ、溶剤が超速乾性ですぐ乾くし、ページに二、三枚程度しか剥がれないので
結構面倒

P2130086.JPG

あと、剥がした跡は当然すっきりはしない

P2100080.JPG

しばらくやってるとカバーも剥がれて糊がむき出しになる。

P2100082.JPG

あとページを剥がしていくと、糊が残っている部分がどんどん大きくなっていくので
これも定期的にはがさないと、ページ側に糊が残るようになる。

P2100081.JPG

本によってはページがくっ付ているのもあるのでこれも剥がさないとダメ。

P2100083.JPG

剥がした後はこんなのになるのでADF機能のドキュメントスキャナでやると
結構ごみや糊のカスがついたりとスキャンが不安定になる。

P2130085.JPG

断裁に比べるのメリットは見開きページの真ん中が見切れないという点一点に限るかと。

メリット
・断裁と比べて、端が見切れない
・断裁機と比べてイニシャルコストが安い(500mlで300円ぐらい)

デメリット
・有害なので換気が必要
・ランニングコストは意外と高い(一冊で2,30mlぐらい使うので)
・断裁と比べて圧倒的に解体に時間かかる。(断裁解体30秒、化学解体20分)

 フラッドヘッドスキャナで一枚一枚スキャンするこだわり派にはいいんだろうけど
ドキュメントスキャナで速度優先ならあまりお勧めしない。

あとは熱で糊を溶かして解体する方法なんだけど
あれも結構面倒なきがする・・・

2016年2月11日 (木)

ひさびさ六甲ヒルクライム

20160211_094655.jpg

週末は雨らしく今日はかなり暖かいらしいので久々に六甲ヒルクライム。
四月の伊吹山ヒルクライム大会にでるから練習ともいう。

大体気温は7℃ぐらい、標高900mぐらいまでのぼるので、100m -0.6℃の法則でいくと
5.4℃下がるので氷点下にはならず路面が凍結は大丈夫そう。でも心配なのは積雪。
下から見る限りはつもってなさげだけど・・・。

いつもの逆瀬川からヘコヘコとヒルクライム。
コースプロファイルはもうほとんど覚えているのですいすい登れると思うところだけど
足付かない止まらない程度でのんびりヒルクライム。

20160211_120051.jpg

標高700m超えたぐらいから道端に積雪が残ってくるように。

20160211_114740.jpg

山頂到着、タイムは1:13、ほんと来るたびにタイムが遅れてるような気が・・・。
大会までには一時間は切りたいんだけどね…。
心配してた積雪は道には積もっていないので問題なしだった。
ここで気温が10℃、下りもウインドブレーカーなしでも降りれたし。
ほんとに天気いいし暖かいヒルクライムだった。

2016年2月 8日 (月)

仮面ライダークウガBlu-ray BOX発売記念イベント『対談』 いってきた

20160207_164414.jpg

スペースダンディのトークライブから二週間、またロフトプラスウエストへ。
来月も蒼き鋼のアルペジオのトークライブがあるそうなので来月もくることは確定してたり。

20160207_175711.jpg

仮面ライダークウガは2001年の放送終了から15年たってるわけだけど会場は満席。

会場は、録画録音NG、撮影OKで開始。

20160207_180055.jpg

脚本家の荒川さんとプロデューサの高寺さんが、会場に配ったアンケートを元に
質問を解答していく方式で進行。

主に一昨年出たクウガ小説に関することが多くあったけど、
最終話のキューバロケは直前まで秘密だった(ばれると行けなくなるから)とか
名前は古代の戦士なので、五代、数字がついてるから相方は一条とか
グロンギ語の発音はふつうにはほとんどわからないけど妥協せずに修正したとか
準備時間が掛かり過ぎたので無理になったけど、劇場版はまだあきらめてない、とか
いろいろな話がでてきたニ時間。 新幹線の終電の都合で二時間で終わったけど
今度やるときは泊りありでもっとやってほしいところ。
 
ちなみに今連載してるコミック版のクウガは読んでないそうで・・・。
個人的には悪くないんだけど、むむむ。

劇場版は今流行りのクラウトファンドで資金調達すればいけそうな気がする
待ち望んでるファンは多いはず。

2016年2月 7日 (日)

余りものPCパーツでNAS構築 その3 ACアダプタ化で簡単静音・・・・とはいかなかった

完成したけど、とにかくうるさいNAS-PC

P2060060.JPG

ファン全部フル回転時はのノイズは52db。大体普通の会話レベルの音。
そんなに高くないとおもうけど、NASである以上常時電源ONなので
となりずーと会話しているようなもんだから、このレベルはかなり気になる。

P2060061.JPG

ケース内のファンを止めて電源ファンだけにしても47dBまだ結構気になるレベル。
でも、これだと夏を乗り越えられない。

元々このマザーボードで録画PCとして使ってた時はACアダプタ稼働させていたので
(途中で12Vがヘタったので交換した)
電源をファンレス化という意味でACアダプタに入れ替え。
ほかのSFX電源でもいいんだけど高いんだよね、SFX電源。

P2060062.JPG

SFX電源ブラケットもついてて安心取り付け、と思っていた時期が僕にもありました。

くっつけるとダメなところがいろいろと・・・。

だめなところ、その一

P2060064.JPG

SFX電源がケースの前の方に付いてケースの後ろ側に延長ケーブルで伸ばしている。

P2060065.JPG

なのでACアダプタ電源のSFXブラケットつけるとここから外にACアダプタのケーブルを
繋ぐ必要がでてくる。

P2060066.JPG

さすがにかっこ悪いので、電源コネクタSFXブラケットにつけずに裏から後ろ側に・・・。

P2060067.JPG

元々電源ケーブルの部分からACアダプタケーブルを通してなんとかクリア。
かっこ悪いけど・・・。

だめなところ、その2

写真撮り忘れたけど、SFX電源ブラケット付けてケースにつけると電源基盤が長すぎて
マザーボードに付ける電源ケーブルが5インチベイに干渉して嵌らないという・・・。

なので・・・

P2060068.JPG

ブラケット外して、無理やり固定・・・。片方はワイヤー、結束バンドでも良かったけど。
斜めになってるけど当たらなければどうということはないって偉い人いってたので大丈夫。

P2080073.JPG

横から見るとこうなる。 大丈夫、当たってません。

P2060070.JPG

あと、HDDクーラーの取り付け方を変更
ミリねじとナットで、HDDクーラーを5インチベイの下側に取り付け。

P2060071.JPG

HDDは5インチベイの反対側逆さまに固定。 吸い上げで冷却できればいいなぁと。
ケースにとりけるとHDDクーラーの真下にHDDが付くので

P2080072.JPG

下のHDDは吸い込んだ風で冷却・・・・、できればいいなぁ・・・・。

あとは別途ファンコンなんて取り付けるスペースがないので
マザーボードのケースファンのピンにケースのファンの3ピン側をつけて
あまったペリフェラルの4ピンにHDDクーラーの電源つけて一緒に回して
無理矢理ファン回転制御。

P2080077.JPG

あとはBIOSでケースファンの設定を最低回転数(60%)に設定、
40℃超えたらフル回転設定に。

P2080075.JPG

ファン回転数60%で44dB、もうちょっと下げたかったけどまぁこれぐらいなら。
12cmファンを低速回転で冷却する録画PCの動作音も同じぐらいなので。

P2080076.JPG

ファンフル回転だど、電源変える前と全然変わりません・・・。
夏はこれぐらいじゃないとHDD飛ぶから仕方なし。

これで一応完成だけど、あとは夏を乗れ切れるかどうかやねぇ。


2016年2月 6日 (土)

余りものPCパーツでNAS構築 その2 FreeNAS 9.3 インストール

NAS用のPC組んだら、OSインストール。
Windows7アカ余っているのでWin7いれてWin10にしてもいいんだけど

NASに求めるものは
・SAMBAでファイル共有
・DLNAサーバーでテレビで動画再生
・FTPサーバーで外部アクセス

できればいいのもの
・DDNSクライアント
・VPNサーバ

ぐらいなので、FreeBSDをNAS専用にしたFreeNAS入れてみようと。

FreeNASインストールはそこまで難しくもなく
・Free NASのISOダウンロード
・Win32 Disk ImagerでUSBメモリにISOを書き込む
・NAS本体をUSBブートしてSSDにFreeNASをインストール

まっさらなwindowsをインストールしたことあるならそんなに難しくない
ただ全部英語だけど。
ここでを気を付けるのは、インストールに使ったUSBメモリ。
Windowsの仕様でUSBのメモリのパーティションが弄れないので
後で使う場合はlexar_usb_formatでフォーマットしないと
370MBのUSBメモリになるので注意。

P2030056.JPG

インストールして再起動、五分程度でここまで立ち上がったらあとは他のPCから
IPアドレス打ち込んでアクセス

あとほとんど外からできるので、NAS-PCは電源ケーブルとLANだけ繋いで放置でOK。

01
あとはよくあるNASと同じ・・・、とはいかずいろいろ面倒。
Wizard使えばある程度自動でできるけど。

・SYSTEM、General、Language、JapaneseでGUIの日本語化
・アカウントの追加設定(FTPアクセスしたいアカウントは、補助グループにftp追加)
・NICの設定(mtu設定変えたい場合は、オプションにmtu 数値を 追加)
・ストレージのボリュームの作成
・ボリュームの中でDatesetを作成
・作成したDataSetのパーミッションの設定
・共有のCIFSの追加で、DataSetを指定して共有
・サービスでCIFSをon
→これでようやく、Windowsのネットワーク上のコンピュータに出てきてアクセス可能
 (フォルダ名はDatasetの名前になる)

・サービス→FTP、FTPとして使用したいパスを指定、
・高度な設定のパッシブモードのポートの最小と最大設定(間は1024以上推奨らしい)
・ルーターでFTPのポートとパッシブ用のポートを開放
→これでFTPのパッシブモードで外部アクセス可能になる 
   ただ、ieのFTPクライアントはどーやっても文字化けする。
   FirefoxとかChromeは問題なし。

・プラグインから、PlexMediaServerをインストール。(結構時間が掛かる)
・Jails→plexmediaserver_1→ストレージ→add Storage
 Sourceは公開したいディレクトリ、DestinationはMediaServer側に表示する
  ディレクトリ(Sourceのファイルが表示される)
・プラグイン→Plexmediaserver
 "Click here to access your Plex Media Server"の
 here部分をクリックしてメディアサーバーWebを開く
・左上のPLEXMEDIASE...のとなりの"+"をクリックしてライブラリの種類選択
 " フォルダを追加"で上のadd Storageで追加したフォルダーを選択して保存を選択
  自動でフォルダ内更新してライブラリに追加される。
→これでDLNAサーバーが機能して使える。

他にいろいろ細かい設定もあるんだけど、最低限これで目的のNASの動作はしている。

あとは元のNASからファイルをftpでもいいんだけどフォルダとかが面倒なので
別のPCからsamba経由でフォルダごと転送。
ただ、これをやるとフォルダとファイルの更新日時がすべて転送した時間になるので
フォルダタイムスタンプ更新ツールで更新日時を作成日時に戻す。
Dtimeでやるとまとめて更新できるので時間はかかるけど簡単に戻った



いままでのNASと簡単比較

Qnap
QNAPのTS-110

FreenasFreeNAS
HDDが違うので正確じゃないけど
二倍近いスピードがでてる、体感できるぐらいの速度差。

FTPも外からWiMAX2+のフルスピード(20Mbpsぐらい)で1GBぐらいの動画ダウンロードしても
途中ダウンロードが止まることなく安定して出来ている。

五日程放置してるけど安定動作中。
設定は面倒だけとしてしまえば放置でいいのでこれで運用。

最大の問題はソフト的な問題ではなく、ケースがうるさいのでそっちをどうにかしようかと。

2016年2月 5日 (金)

余りものPCパーツでNAS構築 その1 組み込み

今使ってるNASのQnapのTS-110、4TB HDD突っ込んでるけど容量もそろそろやばくなり
、1ベイだし、5,6TBHDDってまだ結構高いし、それ買ってもまた同じ容量が問題がでてくるし、
FTPサーバーが腐ってて、外から負荷かけるとリスタートしてPassiveモードがローカルIP吐き出して
そとからアクセスできなくなってるデータ転送が止まったりとバグがいまだに直らない。

そろそろ七年経つので、スペック的にも新しいものがいいなぁ、でも2ベイのNASたっけーな。

そういや、
年末実家のPCをA8-7600セットへリプレイス、
そのあまりのAthlon X2 235eセットを録画PCへリプレイス、
そのあまりで出たE-350マザーが宙ぶらりんで余っているので
それでPCをNAS化にしようかと。省電力CPUファンレスだしNASにはちょうどいいし。

と、いうわけでPC組んでNASにする計画発動。

PCをNASにするメリット
・PCならSATAのポート分だけHDD増設できる(スペースはケース次第)
・NASよりスペックが無駄に高いのでスループット等のレスポンスがいい
・個人向けNASだと窒息ケースが多く、エアフロー確保してHDDの高寿命期待できる(ケース次第)
・余ってるPCパーツで組めば安くつく
などなど。

まずは入れるケース。
Mini-itxマザーがあれば小さいキューブケースがいいんだけど
余っているのはMicroATXのマザー、拡張ボードなんて差す気ゼロなので
MicroATXで特大サイズのDragonSlayerが家に転がってるけど
もうちょっと小さいのがほしいので、LowProfileケース物色。
とりあえず、3.5HDD二台入ればいいなぁということで
Aero Cool Cs-101 Black チョイス。

このクラスだとOSIRISとかKT-MB103もあるんだけど、どっちも実際見て
似たようなものだったしCS-101は触ったことないのでどーかなぁとおもったけど
USB3.0が二つ付いてるとか差異はあるけどやっぱりどれもそんなに変わらなかった。
見た目で選んでもいいかと。 どれにしても電源は煩いです。

P1280051.JPG

システムインストール用にSSD、Iconia Tab W500のぬけがらともいう・・。
SATA変換アダプタがビスで止まらないのでワイヤー固定。
SSDは振動に強いのでまぁいいかと・・・。

P2030054.JPG

組み込みはケースが膝の上におけるいいサイズなのでサクサク組める。

P2040057.JPG

本当は流用したいところだけど、今ついている4TBを移行するにはやっぱり
4TB HDDがいるのでHDD新調、これと元々の4TB HDDで8TB運用。
ミラーリングは考えてません。

P2030053.JPG

常時電源が入るNASのHDDは冷却最優先事項だけどこのサイズでエアエロー云々は
難しいので、直接HDDを冷やすクーラーで。
低速回転静動とかいってるけど、これ爆音です。

P2040058.JPG

HDDクーラー付けるとビスが合わなくなる罠発動。
幅は5インチベイピッタリなのでそのまま置いておくことに・・・。

P2030055.JPG

これで完成、電源いれるとファンが爆音で超煩い・・・。


2016年2月 3日 (水)

映画 ブリッジオブスパイ 観てきた 75点


WW2終戦直後のアメリカとソ連の冷戦の中、アメリカに潜伏しているソ連のスパイを逮捕、
保険関連の弁護士であるドノヴァンはそのスパイの弁護を引き受ける。
敵国のスパイ弁護にまわりのパッシングを受けながらも弁護し死刑を免れ懲役刑となった。

それと同時期、秘密裏に超高高度の偵察機をソ連上空に飛ばすが撃墜されたアメリカ空軍の
搭乗員がソ連に捕まる、一方ベルリンの壁ができる直前に東ドイツにはいり壁によって
出られなくなったアメリカの青年が東ドイツに拘束された。

アメリカより、ドノヴァンにこの二人とソ連のスパイの交換を一切の支援なしで秘密裏に
交渉をしてほしいとの依頼をうけ、単身で東ドイツへ入る・・・。


スピルバーグとトムハンクスでハズレなんてあるわけないじゃんというぐらい安定だけど
やはり面白い。
まったくスパイっぽくないソ連のスパイのおっさんの演技とか、
連合軍にボロボロにされて戦後も放置されたままのベルリンのジメジメした感じの背景とか
全体的にうまくまとまっている。
ラストのニュースで捕虜交換を報道で家族が初めて知り、本人は家で爆睡するあたりは
なんかグッときました。

似たような映画でアルゴもあるけど、あんなに派手さがないのはそのあたりが
物足りないかなぁという感じもするけどスパイ映画じゃないからね。

2016年2月 2日 (火)

映画 ガラスの花と壊す世界 観てきた 60点

地球の様々な時代の場所、人物ごとバックアップをしている知識の箱。
その世界を侵食するウィルスと日々闘っているアンチウィルスプログラムの
デュアルとドロシー。
ウィルスに襲われているリモという少女をたすけるが少女には記憶がなかった
記憶を蘇らせるために知恵の箱の中のさまざまな世界をめくるが・・・


アニメ化大賞受賞の原作をアニメにするぐらいの優秀なスタッフなんだろうけど
いかんせん尺が60分であまりにも説明不足。
ただでさえややこしい世界設定なのに、後半の説明不足のネタばらしオンパレードで
頭が追い付かない。
ラストもすっきりしないし、人類的にはまったく救えないよねぇこれ・・・。
いろいろ素材は悪くないのに、ちょっと残念。