« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月28日 (木)

劇場版 響け!ユーフォニアム 観てきた 75点

一年前に放映したTVアニメの総集編。
変わったところといえば
・ライディーンがフルコーラス
・二期への新キャラもぽろっと登場。
・アフレコすべて撮り直し。
・演奏も新規
・でも久美子と麗奈の絡みはほとんど減ってない

といろいろやっているので久美子の家族がででこないとか
部長やめますとか、やる気ねー部員とかの前半のクラブのダークサイドとか
学園生活(緑輝とか)とかすぱっと抜けている分、
久美子と麗奈中心のすっきり綺麗なユーフォニアム(百合分多め)になってる。

個人的にはTV版では大吉山での特別になる愛の告白と、宇治橋でのうまくなりたいが
印象に残ってるエピソードなので、総集編のエピソードの飛ばしのやり方としては
これでいいんじゃないかと。

2016年4月26日 (火)

片Π取付記念 勝尾寺ヒルクライム

去年より確実に軽くなっているのに、タイムが確実に遅いのは
体重がそれ以上に増えたせいか・・・、ほんと先々週の体調ひどかった。
しかしヒルクライム動画はハンドルマウントで撮影すると坂の勾配が実感しないなぁ・・・。

パワーバランスは左右のパワーメータがあって意味があるので
左に振り切っているのは左しかない所為。
スピード、ケイデンス、ハートレート、パワートルクとセンサーだらけになりました。

片π パワーメータ SGY-PM910HL 購入

この期に及んで年度末賞与が出たので、ハイエンドのマイクロフォーサーズ機かパワーメータを
買おうかと思ってた、カメラはアップデートだけどパワーメータは新規なので
新しいもの欲しさにパワーメータ選択。
パワーメータといえば10万円オーバーが定番だったけどこのところ低価格にパワーメータが出てきてる。
クランクにつける国産のパイオニアのパワーメータが左右別々に購入できて
片方だけなら8万程度になるし、通信がANT+規格なので手持ちのEgde 800で扱えるので
パイオニアのパワーメータ購入を決意。いわゆる片π。
SGY-PM910HL をチョイス。
ただしパイオニアのパワーメータ、
つかえるクランクがシマノのFC-9000(Dura Ace)/6800(Ultrgra)のみという制限がある。
といっても、日本人なら大抵シマノパーツだろうしパワーメータつけるユーザーなら
アルテグラグレードマシン乗っているのでそこまでハードルは高くないかと。

20160417_122616

それとメーカー送付しての取り付けが必要なので、ショップにクランクを持ち込む必要あり。
これが面倒なので右ではなく左側にしたわけで。 右にはチェーンホイール付いてるからねぇ・・・。

クランク持って行ってショップに行って注文。
いつもいってるウエパー梅田店で注文、
ちなみにあのウエパーでも定価販売です。

P4240262.JPG

注文時に、使うサイコンや、マシンフレーム、クランクの長さ、ギアの端数記入して注文。
戻ってくるのに1,2週間掛かるとのことだったけど、日曜昼注文してつぎの土曜昼には届いてた。

P4240251.JPG

段ボールにクランクと箱、無駄に大きい。 箱には取説とマグネットが入ってる。

20160423_153259

クランクの内側にパワーメータ。 樹脂系の接着剤でくっ付いてそう外れないし
外すと正常に測定ができなくなる。 取り付けと校正が必要なので
メーカーで取り付けの必要があるわけで。

取り付けは簡単。
クランクは普通にとりつけ。

P4240256.JPG

左クランクのパワーメータの場合フレームとの干渉する可能性があるので
事前に確認しておいた方がいい。幅が10mmぐらい入るなら大丈夫のはず。

P4240260.JPG

ケイデンスセンサー用のマグネット取り付け。
で、ボタン電池の抜き差しをして五分以内にクランクをくるくると回して認識させる。

ちなみに、クランクに付いているのでペダルのケイデンスは測れるけど
ホイールのマグネットはさすがに認識できないので結局Edge800のケイデンスセンサーと併用。
ケイデンスセンサーが2つもあるのは微妙なところ。多分Egde用のクランク用のマグネットは
付けなくてもケイデンスは出そうだけど・・・。
P4240259.JPG

左クランクはLEDは内側なので見づらいけどクランクを回してマグネットを認識するたびに
LEDが点灯していればok。

あとはサイコンに認識させればあっさり動く。
ANT+のサイコンだと、パワーと左右のパワーバランスのみ測定ができるそうだけど
メーターは片方しかないので実質パワーのみ。

ちなみに
パイオニアの純正のサイコンだとペダルの回転の30度ごとにパワー測定が出来て
ペダリング効率かわかるらしい。
といっても片方だけのペダリング効率分かってもしたかないので両足のペダリング効率を
調べるには左右センサー+サイコンが必要であっという間に16万円コース。

パイオニアのサイコン、トレーニングには最適なんだけどGPSが付いてないのが
痛すぎる・・・。付いてたらEgdeから買い替えるんだけどねぇ・・・。

とはいえ、パワーがでるだけでもこれぐらいペダル踏み込みで何wでてるのかと
わかるのは風の影響とかで心拍とケイデンスだけでは分かりづらい自分は出力が
判断できるのはいいものです。

P4240261.JPG

GPS付きサイコン、フルカーボンフレーム、DuraACEホイールに、パワーメータ。
別々に買っているからあまり気が付かないけど、
定価だとそろそろバイク単価が片手十万円では効かなくなってきた気がする・・・。
街中では止めなくないなぁ、これは。

2016年4月24日 (日)

プレスフィットBBの異音対策

プレスフィットBB使って10か月程度。 すでにBB一回交換してるけど
また異音がし始めた。坂でペダルを踏み込むとなり始めてきて
いまは平地でもふつうにカチンカチンとなってる。
シマノ製だから大丈夫と思ってたけど、構造上どうしようもないのかと。

ちなみにプレスフィットBBの取り外し、取り付けはこっちで。

P4230242.JPG

プレスフィットBBの異音の原因は、BBとフレームのシェルとの隙間が出てきて
それでペダル踏み込みすることによりカチカチと異音がするそうで。
シマノは樹脂製のBBにすることで圧入のしやすさと隙間と異音を減らしてるらしい。
けど樹脂なので経年劣化で隙間は出やすい感じがする。

なのでシェルとBBの隙間を埋めると異音がなくなるという原理で
粘度の高いグリスで埋めるものがある。

P4230244.JPG

ワコーズ ブレーキプロテクターが定番なんだけど、量が多くて高いので
安めの30gのブレーキシムグリース。

P4230245.JPG
BBの外周りにヌリヌリ。
田宮パテ並みにかなりのベタベタ粘度。
これぐらいのベタベタなら隙間はぴっちり埋まるはず。

P4230247.JPG

フレームのシェル側もヌリヌリ。
P4230248.JPG

あとは普通に圧入してはみ出たシムグリースをフキフキ。
間違ってもBBの中までシムグリース塗らないように・・・。

シムグリース塗った後に、勾配15%程度のヒルクライムしたけどまったくカチカチ音なし。
前はこのぐらいきつい勾配だと最初からカチカチいってたけど全く音なし。
なかなかいい感じ、プレスフィットBBつけるなら必須かと。

2016年4月23日 (土)

ERGON TP1でらくらくクリート調整(?)

P4160229.JPG

そろそろクリートの交換時期、SPD-SLのクリートは意外と取り付けと位置合わせが面倒。
前から冶具があればらくなんじゃないかと思ってたけど市販されてたみたいなので買ってみた。

ERGON TP1
当然だけどクリートごとにモデルがあるのでSPD-SL用。
マニュアルに日本語取説が無いのでノリで理解。

P4160233.JPG

ぼろんぼろんのクリート。
一般的にはシマノのクリートは黄→青→赤の順に固定がシビアになるけど
個人的な感想で、黄→青→赤の順で耐久性がある気がする・・・。
黄色はすぐにすり減った印象があるので。

P4160236.JPG

クリートを嵌めた状態で冶具に取り付け。

P4160230.JPG

付属のシールで位置決めつけ。
一点目は、上下の縦向きの位置合わせ。目盛りの上下で位置が合わせれる。

P4160232.JPG

二点目はかかとの位置合わせ
交換前に中心線に合わせてシューズにシールを貼れば交換後も中心線にシールを
合わせれば元に位置になる。


まではいいんだけど。

P4160231.JPG

左右の水平位置合わせのシールが頂けない
そもそも目盛りが役に立ってない。

シールだと垂直が出ないのでちゃんとした位置が合わせられないので

P4230249.JPG

こうやって定規で垂直出さないと、目盛りの意味ないんだよね。

で、クリートを交換した同じ位置に合わせて締め付ければ同じ位置で使える
ちなみにクリートの締め付けトルクは5Nで結構高め。

でも、定規使って測るのを気づいたのは、
交換したからであって結局二点だけじゃずれるわけで・・・。
GPSだって三点交差法で位置合わせするんだし・・・。

冶具の作り方が大ざっはすぎるわ。
冶具なのに大雑把だと使ってる意味が無い気がしてきた。

2016年4月17日 (日)

復活の上津屋橋(流れ橋)観てきた

先々週から風邪の所為で、伊吹山ヒルクライムはDNSという最悪の結果となってしまったけけど
ようやく体調も復旧。
3/27に上津屋橋が復旧したらしいので、久々淀川河川敷へ。

20160416_104713

毛馬閘門。風も強くなく気温も20度ぐらいでちょうどいい自転車日和。
イケイケで17km先の枚方の関西医大前の休憩所まで

20160416_113425

休憩所もローディいっぱい。

20160416_125559

嵐山木津自転車道も天気いいし、自転車もいっぱい。

20160416_121725

御幸橋から五キロほどで上津屋橋到着。確かに直ってるけどちょっと変わってる。

20160416_122602

75cmほど盛り土して嵩上げしてる。

20160416_122234

橋脚が木製じゃなくなってる。
もともと反対側の橋脚の一部はコンクリ製だったけど全部変えた模様。
ここまでやっててもよく見ると橋桁を固定していないみたいなので流れるはず・・・。

20160416_122115

たしかに上だけみると木製橋っぽいけどね・・・。

橋桁高くした所為がちゃんとでるのか、流れると困るけど流れないとそれはそれで困る
こまったちゃんな橋だわ。

2016年4月 3日 (日)

ステムの交換

自転車のサイズで重要なシートポストの高さは、
股下×0.88≒シートの高さトップ~BB軸中心で決まるけど。
つぎに重要なハンドルの長さは人によってかなりマチマチ。
上半身の長さ、手の長さ、ハンドルの高さ、ハンドルの幅と長さを決める要素が
多いので大体でしか決めれないのは仕方ないところ。

大体完成車は10cmでハンドル幅40Cmとか多いけど
パーツ組んだ時には、一回りは小さい38cmのハンドルと9cmのステム使ってた。
ハンドル幅≒肩幅なので欧米人よりも小さい日本人的に幅は38cmベストだと思ってるけど
ステムは微妙に長い気がしてたのでちょっと短めにしてみようかと。

P4020221.JPG

ハンドル軸中心からフォーク軸中心の長さ、9cm。
8cmのステムに交換。
ステムによって4~6mmのボルトなので交換ちょっと面倒

P4020225.JPG

個人的に、自転車周りでステム回りのボルトが一番錆びやすい、気がする。
定期的に錆び取りしとかないと外れなくなる。

P4020226.JPG

8cmへ交換完了。ハンドルが短くなるのでワイヤー回りもちゃんと動くか確認。
伸ばすよりは不具合は出にくいはず。

ステムの太さにによってはフォークの長さが長くなるので、別途スペーサーがないと
フォークが固定できずガタガタすることがある。

元々のTCR AD SEのステムはかなり太いらしいので追加でスペーサー3mm×2枚足してる。
トルクはハンドル5Nm、フォーク7Nmとかなのでそこまできつく締め必要なし。



実際の乗ってみると前屈姿勢が少し緩くなるので気持ち楽になった感じ。
結局のところは、体感できるけど数値にはできないところ。

間違いなくロングライド向けのセッティングだけど自分向けにはこれでいいかなぁと。


2016年4月 2日 (土)

映画 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 IMAX2D版観てきた 80点

マン・オブ・スティール時のゾッド将軍との闘いの最中、バットマンであるブルースウェインは
自分の会社のビルが戦闘に巻き込まれて社員が被害にあいスーパーマンの超人的な
能力に憎しみを感じるようになった。
また一部の人にも強すぎる力にバッシングも出始めてきた。
その最中、世界中に散らばったクリプトン金属をレックスルーサーが集めようと画策していた。


ザックスナイダーの映画らしく、ウォッチマンみたいなくらーい背景。
マン・オブ・スティールの続編としてはいい感じだけど、クリストファー・ノーランのバットマンを
期待するとちょっとハズレな感じがする。
あと三人目のヒーロー(?)の扱いもちょっと少ない気が・・・。

日本でIMAXを2Dでやるのは、109シネマズ大阪エキスポシティだけで
この作品は一部IMAXフィルム撮影しているとのことなのでフルサイズでみるならここしか
見れない。
IMAXフィルムの部分は、
・OPの回想シーン
・ブルースウェインの空想の夢
・バットマン vs スーパーマン
・ラストバトル終了後の後日談
と、結構重要なところが18×26mの視界全体のスクリーンで見れる。
解像度も4Kなので、バットマンの足元の小石や畑の草木がはっきりと見える。
逆に他のフルHDのシーンがボケボケに感じるぐらい。

IMAX上映でIMAX撮影していないものもざらにあるけど、バットマン vs スーパーマンは
IMAX鑑賞はお勧めです。 4kの解像度は3Dより2Dの方がより冴えるのでエキスポシティで。

P4030228.JPG

IMAXシアター限定でポスター付いてきます。来週はスーパーマンだそうだ。