« 復活の上津屋橋(流れ橋)観てきた | メイン | プレスフィットBBの異音対策 »

2016年4月23日 (土)

ERGON TP1でらくらくクリート調整(?)

P4160229.JPG

そろそろクリートの交換時期、SPD-SLのクリートは意外と取り付けと位置合わせが面倒。
前から冶具があればらくなんじゃないかと思ってたけど市販されてたみたいなので買ってみた。

ERGON TP1
当然だけどクリートごとにモデルがあるのでSPD-SL用。
マニュアルに日本語取説が無いのでノリで理解。

P4160233.JPG

ぼろんぼろんのクリート。
一般的にはシマノのクリートは黄→青→赤の順に固定がシビアになるけど
個人的な感想で、黄→青→赤の順で耐久性がある気がする・・・。
黄色はすぐにすり減った印象があるので。

P4160236.JPG

クリートを嵌めた状態で冶具に取り付け。

P4160230.JPG

付属のシールで位置決めつけ。
一点目は、上下の縦向きの位置合わせ。目盛りの上下で位置が合わせれる。

P4160232.JPG

二点目はかかとの位置合わせ
交換前に中心線に合わせてシューズにシールを貼れば交換後も中心線にシールを
合わせれば元に位置になる。


まではいいんだけど。

P4160231.JPG

左右の水平位置合わせのシールが頂けない
そもそも目盛りが役に立ってない。

シールだと垂直が出ないのでちゃんとした位置が合わせられないので

P4230249.JPG

こうやって定規で垂直出さないと、目盛りの意味ないんだよね。

で、クリートを交換した同じ位置に合わせて締め付ければ同じ位置で使える
ちなみにクリートの締め付けトルクは5Nで結構高め。

でも、定規使って測るのを気づいたのは、
交換したからであって結局二点だけじゃずれるわけで・・・。
GPSだって三点交差法で位置合わせするんだし・・・。

冶具の作り方が大ざっはすぎるわ。
冶具なのに大雑把だと使ってる意味が無い気がしてきた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/33805605

ERGON TP1でらくらくクリート調整(?)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿