« NASのケースをSST-SG11Bに変更 | メイン | スタンプ押しに表六甲経由で谷上駅まで »

2016年6月26日 (日)

映画 10 クローバーフィールド・レーン 観てきた 60点

ミシェルは車で深夜走行中突然追突されて車が横転。
目を覚ますとシェルターで監禁状態になっていた。
事故から助けたというハワードは世界は空気感染で滅亡してこのシェルターからは
出られないという。
同じようにシェルターにいるエメットと三人でのシェルター生活が始まるが・・・。

あの首なし自由の女神がなせそうなったとか、劇中カメラ視点とかいろいろなところで
話題になったクローバーフィールドの続編ではないらしいが血のつながった映画らしい。

ただ予告もそうだけどポスターも全部オチが出ているわけでオチがバレバレ。
劇中のほとんどがシェルターの中というどうみても金がかかっていないのが丸わかりだし
低予算らしい閉鎖空間内での人間不信を誘って物事が進む展開だけど
それもちょっとイマイチな展開。
クローバーフィールド的な話だと、NY以外にも宇宙人侵略があったという程度の関連性。
クローバーフィールドを期待してみると大分残念な感じがする映画でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/33867077

映画 10 クローバーフィールド・レーン 観てきた 60点を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿