« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月28日 (日)

2016 SuperGT 鈴鹿 1000km に E-M1で挑む

新デジカメでどれだけ撮れるか

20160828_050039

久々に乗ったよ、朝5:07の電車。

P8280013

難波の近鉄特急の6:00始発のっていざ鈴鹿へー。

大阪は晴れていたけど、関西と中部の境目青山トンネル超えると一転、空はまっ黒。
今年は白子駅から鈴鹿サーキットへの臨時シャトルバスが朝の7:00から
運転してるらしいので使ってみたけど・・・
P8280017

7:40に白子駅着いてすぐにバスが乗れるのはいいんだけど、目的地が渋滞の中心なので
なかなかつかない。
でゲート前の停留所に8:20に着いたけど、このゲートは遊園地側のゲートなので
サーキットのゲートまで500m歩く羽目になる。

結局8:30過ぎにサーキット到着。
結局、津から伊勢鉄道のって歩くのと、さほど変わらなかった・・・。
今日は雨降っていたから濡れないという点でいいんだけどね。
で、サーキット着いたら待っていたのは雨雨雨。

そんな中FIA-F4の決勝戦やってる
開始が8:15からだから電車だと絶対間に合わないけど・・・。

P8280029

スタンド横のA席からだいぶ適当に撮ったけど結構撮れるなぁ。

今回ネット予約開幕ダッシュでピットウォークチケット買ったため、
B/Qエリア券買うのをすっかり忘れてた。
現地でBQエリア券買うと1600円するのでできるだけ前売りで買うべしと後悔。
ちなみBは第一コーナー、Qはシケインでここだけ大型モニター付いてます。

P8280074

シケインでポルシェのレース観戦。
見たまんまで土砂降りの雨。 SCで始まりSCで終わるレースだった。

カメラもレインカバーつけてだいぶ適当に撮ってるけど、意外とフォーカスが合ってる。

で、次はGTの練習走行かなとおもったけど、ピットウォークじゃんと気が付いたのは結構後。

ピットウォークの雨降ってるので去年よりは人は少なめ。
ただしホームストレート側のレースクイーンの方は全然変わらない。
いつものGSR祭壇もさすがになかった。

で、なんでピットウォークの写真がないのかというと、超望遠レンスつけっぱだったから。
P8280098

こんな写真しか取れませんでした。 雨降ってるからレンズ変える余裕がなかった。
ちなみにピットウォークは傘厳禁です。差してるバカは日本語聞こえていないアジア人たったかと。

P8280150

気を取り直して、BエリアでGT練習走行を撮ってみた。
くまさん BMW M6は結局決勝戦はピット入ったままだったので見れたのはこの時だけ。

結構マシンと距離離れてて450mmぐらいだけど、暗いのにボケないのはE-m1のおかげかと。
そりゃ時速300km近いマシンを撮るので100%ボケないということはなく
E-PM2と比べるとちゃんと取れている数倍ぐらい違う感じ。
それだけ補正が掛かってるなーという印象。

P8280247

パレードラン直前のパトカー集団。
600mmのデジタルテレコンで1200mm相当。観客席がつぶれていないし
E-M1のデジタルテレコンの補正はかなりすごいと思う。

P8281151

特にフルスピードから減速するスプーンカーブの手前で取るとE-PM2との差は顕著。
しっかりフォーカスしてくれてる。

E-M1の追尾AFはちゃんとフォーカスロックして撮ると、結構いい感じでボケないんだけど
いかんせんロックが外れるとシャッターが切れない仕様。
C-AFもロックはするけど、ブレに関しては追尾AFに比べるとちょっと信頼性に欠けるけど
確実にシャッター押せる。
一長一短、適材適所かと。

P8281434

18:00過ぎでだいぶ日が沈んで、マシンがライト点灯し始めても意外と撮れるはさすがです。

でも、やたらと書き込み不良が出ててフリーズすることが多々あった。
バッテリー抜かないと治らないのはちょっといただけないかなぁ。

今回FMラジオは持って行かなかったのでレースの状況は全然わかんなかった。
特に西コースいてると全然わからない。
何故ラジオを持って行かなかったというと、ミニFMなので電波の届きが
スピーカーが聞こえる範囲ぐらいしかないので結局スピーカーが聞こえないところは
ラジオも聞こえないという、あまり意味ないじゃんだったので・・・。
東コースはまだスピーカー聞こえるんだけどねぇ。

P8280502

GSRも一時期1,2位争いしてるところまで行ってたけど悪いタイミングでSC入って完走五位。
まぁポイント着いて良しとするのがいいのかなぁと。

帰りは、いつも通りに2km歩いて稲生駅から伊勢鉄道経由で津へ

20160828_190625

鈴鹿サーキット稲生駅に快速がSUPERGT用に臨時停車するみたいだけど、
20時台の快速は普通がないし、表彰式見てると19:29に間に合わない可能性があるので
ちょうどいいけど、18:44発は大体18:00過ぎに終わるレースがよほど早くレースが終わるか
2Km走らないと着かない時間だわ。

19時台に駅を通過した快速に客いなかったぞ。
19:29普通に乗って、津発20:20の近鉄特急のって帰阪。

P8281505

サーキット場で買ったグッズ。ものの見事にTeamUKYOグッズばっか。
個人的には今年のレーシングミクはあほっぽいところを狙っているらしいけど
カッコよくないのでいまいちという感じが・・・。
TeamUkyoの方がデザインがいいし、スポンサー少ないのでグッズが安いのもポイントか。
サイクルジャージもあったけどグラフィグTシャツの三倍するのでTシャツで。
帽子はGSR帽子ってグリーンで意外と普通の服に合わないので黒はちょうどいいなと。
ツバの裏側にワンポイントでレーミクが印刷されてます。


前日に自転車で妙見山のヒルクライムしても筋肉痛一つも無かったけど
鈴鹿サーキット一周しながら写真撮りまくりで次の日は全身筋肉痛。
疲れたわー。

2016 SUPERGT 鈴鹿

写真はFlickrにまとめて全部上げています。

そこそこ取れてた枚数780枚/撮った総数1300枚。 まぁまぁの比率かなぁと。
次はスーパーフォーミュラいってみたいなぁ。

2016年8月27日 (土)

映画 「君の名は。」 観てきた(75点)



1200年ぶりに彗星接近が近づく中、ど田舎に住む高校生の宮水三葉は、
来世は東京のイケメンになりたいという願いを叶えるように、目覚めると東京に住む立花瀧
と体が入れ替わっていた。
週に二三回程度の入れ替わる状況になり、スマホやノートにお互いの状況をメモをして
コミュニケーションをとるようになり引き合うようになるが、
ある日突然入れ替わりがなくなってしまった。
電話もメールも届かない状況で、立花瀧は入れ変わった時の景色の記憶を頼りに飛騨の奥地へ
三葉に会いに行こうとするが予想外の展開が待っていた。


高校生男女が入れ替わるといえば真っ先に映画 転校生を思い出すけど
途中から時をかける少女に変わるという展開。

いつもの新海誠作品のボーイミーツガール作品なんだけど、今作は体は入れ替って
顔も分かってるし、文字コミュニケーションはしてるけど一切ミーツしていないという
なかなか特殊なケース。
そのミーツする過程でこの不思議な状況のネタバレしていって、
ようやく刹那のミーツという展開。

美術は田舎、街、彗星や空の描写は何時もの新海作品らしい無駄にこだわっているレベル。
家や電車の扉をしめる描写を無駄に細かく横から見せるのもこの監督らしい。

エンターテイメント向けになってるけど
星を追う子どもみたいに監督の持ち味が飛んでるほどでもないけど
やっぱり個人的には言の葉の庭ぐらいの短編の方がいいなぁと・・・。

あと、学校で国語教師は言の葉の庭のヒロイン 雪野百香里なので見逃さない様に。

2016年8月21日 (日)

台風直前、伊丹空港 逆ラン (ワンフォー) 伊丹カーブ撮りに行った

日本南部に3つ台風が来て風があれている日曜日。
風があれると家の近くの伊丹空港は発着陸は逆向きになる。
通常は32R/32L運用なんだけど、逆なので14R/14L運用。
所謂ワンフォー運用。
風が荒れる=天候悪くなるんだけど、異常に天気がいい。
ワンフォー運用で晴天は一年でそう何回もない珍しいこと。

来週は鈴鹿のSuperGTなのでE-M1+300mの試し撮りにはちょうどいいなぁということで
空港近くのスカイパークへ。

20160821_120010

E-M1も300mサイズにレンズつけるとかっこよくなるな、それでもAPS-Cより一回り小さいけど。

スカイパークは空港トンネル越えてすぐ、自転車で10分掛からずに到着。
昔と違って伊丹空港発着陸が多いのでバンバン発着陸してる。
しかもスカイパークは非常に撮影しやい、といっても伊丹空港は東西南北どこにも
撮影スポットがあるけどね。

P8210235.JPG

B滑走路のボーイング777、75mmではみ出ます。
4発ジェット機が禁止されている伊丹空港にくる飛行機ではこいつが最大のはず

P8210237.JPG

駐機中の767、300mmでも天気がいいのでぶれないけど、暑いから歪んで見える。

P8210256.JPG

離陸直前の767。
時速200km/hぐらい出してるけどいかんせんサイズが多すぎるのでスピート感でません。

P8210259.JPG

流し撮りしてもそんなにかっこよく見えん・・・。

離陸はともかく今日は、着陸だよ。

P8210247.JPG

一瞬どこにいるかわからない。
向こうに見えるのは長尾連山、雲雀ケ丘あたりかなぁ。

通常の着陸だと、梅田あたりから10kmぐらいまっすぐ来て着陸するんだけど
逆ランの場合は後ろに長尾連山、六甲山、五月山があるのでアプローチがぐるっと回って
着陸する、所謂伊丹カーブで降りてくるんだけど距離が全然ないので
カーブしながら減速、フラフラとしながら風の揚力で着陸する

787の巨体を細かい調整して着陸してます。

B滑走路側の着陸、小型機なのでフラフラ感がものすごい。


しかし、E-M1の動画、綺麗だし手ぶれ補正もよく効いてる。
60p撮影がないのが非常にに残念。E-M5 mk2にしとけはよかったかなぁ・・・。

でも、子供のころに比べて旅客ジェット機は静かになったなぁ、
国際空港として機能していた頃のボーイング707の離陸時の超爆音が懐かしい。
たしかインド航空だったかな。

望遠でも結構手ぶれ補正が効くのが良くわかったので来週の鈴鹿楽しみだ。
でも雨だけは勘弁な。

2016年8月18日 (木)

105 ST-5600 ネームプレート交換

このあいだひっくり返った時にネームプレートが割れたらしい。
2009年にパクられた代車として使い始めて約七年、フレームは変えたけどパーツは現役。

このパーツはどんどん傷が入るパーツなので簡単に交換できる。
製造して七年、モデルとしては現行の二つ前のモデルなのにネットを探すとあっさりり見つかり
注文できた。

P8130229.JPG

交換は非常に簡単、プレートのねじ回して外すだけ。

P8130230.JPG

STIレバーはブラックモデルなのでブラック注文したけど、そういえばここだけシルバーだわ。
と気が付いたのは交換し終わった後。
どうもこのプレート、レバーがシルバーモデルは黒で、ブラックモデルはシルバーらしい。

プレートだけ交換してもレバーは剥げてボロボロだけど全然つぶれる気がしない
パーツごと交換する場合はTiagra 10速のグレードのパーツに交換できるので
末永く使える、シマノパーツ恐るべし。
でも、ジテツー用にクロスバイクがほしいなぁ・・・。

2016年8月17日 (水)

大阪最北部 天王峠旧道(すねこすり峠)のダウンヒル

盆休みにどっかロングライドしようと思ったけど、来月100歳になるはずだった祖母が他界、
その祖母を看護していた叔母も他界してて来週四十九日直前でドッタンバッタン。
と予定が全部とんだので最終日に近場でそーいや行ってないなーという天王峠の旧道へ。

天王峠近くのはらがたわ峠の旧道はこの間通っていてそこそこ使えるルートだったけど
天王峠の旧道はどーかなと思ってたけど・・・。

場所はR173まっすぐ行って大阪府の最北部の天王トンネルの手前から

路面苔、朽ち木、路肩崩落、倒木とまあこれは酷い酷い。
ちょっとこれは普通に走るのもかなりつらい。

試しに走ったけどはここは二度と走らないな、つーかそもそも天王峠そのもの通るなら
R477の大槌峠通るよねぇ・・・。

ルート上無理だったけど、もう一つ行きたかった"くろまんぷ"は週末行こう。

2016年8月12日 (金)

山の日なので、大阪渡船巡りと天保山登山。

八月の祝日という社会人には、日にち少ない盆休みを増やす祝日。
せっかくの山の日なのでお手軽登山、というかと渡船めぐりがメインだけど。
20160811_162637

E-M1無理やり自転車搭載。肩ひもでもいいんだけどね。

P8110116

渡船巡りのスタートは西九条から。
なぜかというと、周回コースにしたいのと、一番長い天保山を最後にしたいのと・・・

続きを読む »

2016年8月 7日 (日)

105 5800コンポセットでフロント34T リア32T 貧脚バイク一台組立

美山ロードレースの時に親父連れて行ったところロードバイク乗りたいといい始めてた来た。

パーツで一番高いフレームとホイールが余っているので一台組もうかと
年だし、親孝行ももう何回もできるわけじゃないからねぇ。

肝心のコンポが無いので、中古を買うか新品を買うか悩んだけど
中古でもフルセットが少ないし結局追加かかるのでいろいろ調べると
海外のMerlin Cyclesで、105 5800の8点セットがえらい安い。
ちょうど円高気味だったので三万円台とかとびぬけて安いので思わずポチっと。

注文から五日でイギリスから到着、送料無料なのに早い早い。

P7300009.JPG

ただ来たのが所謂バルク品の茶箱。FDとBBとチェーンはクランク箱に入ってる。
見た目あれだけどちゃんと新品。 昔のPC自作思い出すなぁ・・・。
いまじゃ自作PCで茶箱なんて全然ないし。
安いのは訳があると、付属品が無いので組み立て時にいろいろ困る羽目に・・・。

P7300002.JPG

放置してるGARNEAUの2012 LGS RSE-W。 BB30は改造してJIS BBに変わってます。

P7300014.JPG

放置のWH-6800。 買った当時は三万切ってたけど度重なる値上げで
四万来るぐらいまで上がってあまりコストパフォーマンスが良くなくなったらしい。

P7300003.JPG

シートとシートポストも余りもので、色合わないけど気にしない。

で、パーツ取り付けていくわけで。

P7230494.JPG

BR-5800。
フロントフォークが分厚いので、取り付けナットが届かない。
普通のパッケージだと、2,3種類の取り付けナットが付いてるけど
この茶箱一つしかないので、昔パッケージ買った時に付いてた
ブレーキパーツからナット付け替え。

P7300010.JPG

FD-5800
スキッドプレートついてるし見た目もFD-6800そっくり。

P7300011.JPG

サドルの高さは、事前に親父の股の長さ測っているので高さ合わせ
股の高さ×0.88=BBの中心軸~サドル高で、自分よりちょっと小さいぐらい。

P7300012.JPG

タイヤはGRAND PRIX。4000Sではなくドノーマル。
安いけど頑丈。 これも海外から注文。

P7300013.JPG

チューブはパンク対策で置いていたPanaracer R'AIR。
ヨドバシで買うのがポイントついて安くておすすめ。

P7300019.JPG

RD-5800 GS-L

GS-Sではなく、ロングゲージのGS-L、理由は当然・・・。

P7300017.JPG

CS-5800 11-32T
これだけ別途注文。

リアの32T使うには、RD-5800 GS-Sではキャパ不足なのでGS-L。
しかしデカイ、MTBみたいなギア。

P7300023.JPG

FC-5800 50-34
フロント34 リア32の超貧脚仕様。
剛脚を求めていないのでこれで充分。

4アームでFC-6800と似てるけど裏は結構違ってたりする・・・。

P7300024.JPG

ここまでつけるとそれらしく見えてくる。でもまだまだ。

P7300037.JPG

ハンドル、安いので充分。 幅は40cm コンパクトクランク。

P7300038.JPG

ST-5800
なぜかシフトワイヤーつけっぱなしで梱包されてた。
シフトワイヤーはコーティング処理されて、OPTISLICKケーブルらしく
6800シリーズのポリマーコートティングケーブルとはまた違うらしい。
ちなみにブレーキワイヤーは6800と違ってコーティングされていない。
ついでに言うとOPTISLICKケーブル出た所為で、
6800シリーズのポリマーコートティングケーブルは廃盤らしい。
買占め行っとくか。

P7300039.JPG

ハンドルにSTIレバー付けて、四点支持になるように水平合わせしてから固定。

P7300040.JPG

ステムは転がっていた8cmステム。 短めで。

P7300041.JPG

パーツ一通りつけて自転車らしくなる。

P7300042.JPG

Amazonでエクステンションレバー買ったけどなんと一本しか入ってない・・・。
なので即返品処理して追加注文。

P8060104.JPG

レバー取り付けてからワイヤー通し。
エクステンションレバー付けるとアウターワイヤーの通りが難しくなるけどがんばって取り付け。
ワイヤー本付け前にエクステンションレバー握るとワイヤー伸びが戻らなくなるけど
実際レバーのストロークってものすごい少ないのであまり気にせずに取り付け。

P8060098.JPG

フロントディレーラーのアダプタON/OFF判定ツールのTL-FD68も付いていないので
6800セットについてきたアダプタで確認。
まぁ使わなくても大体わかるんだけどね・・・。

ワイヤー付けるときに分かったけど、OPTISLICKケーブル結構コーティング剥がれづらい。
ポリマーコートはすぐに剥がれたんだけど頑丈になっている分ちょっと重いらしい
数グラムだけど。

P8060099.JPG

いつもは印刷するけど、今回はタブレットで電子書籍っぽく見ながらワイヤー調整。

P8060100.JPG

チェーンもバルク品なので・・・。

P8060102.JPG

コネクティングピンは付いてきません。
追加でコネクティングピンかミッシングリンク買いましょう。

P8060103.JPG

ペダルは転がっていたA530取り付けて自走できるまで完成。
昔6800つけたときはグレーだったけど5800はブラックなのでフレームとの違和感はないね。
シートはまぁ・・・。

P8060105.JPG

この状態で約8.5kg。 105完成車ならまぁまぁ。

P8060106.JPG

サイコンはVelo Wirelessのバックライト付き。
シマノホイールのスポークは形が変態でVeloの付属マグネットが付かないので

P8010059.JPG

WH-6700には付いてたけどWH-6800世代からオプション扱いになったマグネットセンサー
ただ、そのまんまつけてもほろっと取れるので
P8010060.JPG

ビニールテープをかますとスポークにしっかり嵌ります。

P8010061.JPG

さらに結束バンドで取れない様にすればなおよし。

P8070115.JPG

あといろいろ細かいもの取り付けて完成。

川西の実家に自走で持って行くついでに妙見山経由でシェイクダウン。

20160807_114637

実家に置いて帰りは電車帰り予定なので、Tシャツ短パンでヒルクライム。
ドバドバでる汗が全然乾かない、改めてサイクルジャージのすごさを実感する羽目に。

ヒルクライムでフロント34 リア32で登ったわけだけど
勾配10%程度でもペダルはクルクル回って全然足に負担が掛からない。
でも全然進まない。
スピードを求めずに登るにはぜんぜんいい感じかと思う。
初心者にはぜひリア32Tを薦めたいところだけど、リアディレーラ交換が要るので
簡単薦められないのが厳しいところ。最初からGS-Lディレーラーでリア28Tなら
すぐ交換できるんだけどねー。

自分用のTCR Advancedの6800のコンポと比べて5800のコンポの比較レビュー
・変速レバーは6800がカスカス、5800がカチカチ。
・変速速度はGS-Lの所為かレバーを戻すと同時に変わる感じ、6800のGS-Sは
 レバーを入れた瞬間に変わってる。
・フロントの変速レバーは6800譲りですんげー軽く変速する、6800よりは重いけど。
・ブレーキは6800ほどガツンと効かず5800はいままでの105同様にジワーっとくる感じで
 6800感覚でギリギリダウンヒルするとちとヤバイ。それでも5600のよりはよく効く。
・25cのタイヤつけたホイールは6800だと引っかかるけど5800は簡単脱着できる。

6800の性能の良さを実感する羽目になったけど、パーツセットで三万以上差があるので
それを考えれば105は優秀かと、同じ11速だからあとで6800に付け替えれるしね。

2016年8月 6日 (土)

せっかく保険かけてるので自転車パンクして自走不可なので自転車ロードサービス使ってみる。

四月からau損保の自転車向け保険 Bycleを契約中、これを最大のメリットは
自転車ロードサービスが年四回使えること。
アワイチで途中リタイアしても、ある程度はリカバリーできるわけで

でも、もったいないなぁと思ってあまり使う気が無かったわけだけど、
会社へのジテツーの行きでタイヤがパンク、とりあえず職場の阿波座には着いたけど
ジテツー用のチャリにはパンク修理セット入れていないので、帰りは自走できず
次の日に修理セット持ってきて治すという手があるけどまぁちょうと
自転車ロードサービス試すのもいいなぁということで依頼してみた。

自転車ロードサービスは
・自宅から1km以上離れている事
・運搬距離は50kmまで。
という条件があるけど、豊中~阿波座は13km離れてるので全然問題なし。

ロードサービス要請には一番簡単なのは、スマホアプリの自転車の日を使うのが
位置情報も送れるので手っ取り速い。
ガラケーでも窓口の0077-78-8365に掛ければ対応可能。

自転車の日アプリで、位置情報や自転車のタイプや色とか症状、契約情報を送信して
要請。
ただこのアプリ腐ってて、申請後再度申請ボタンを押すと状況確認ができなくなるという
デバッグしてないだろというバグがあったりする。

10分ほどで契約会社から電話が来て、登録された状態を確認。
最寄りの契約ロードサービス会社に依頼のため、また10分ほど待ち。

ロードサービスに依頼完了と40分後の到着予定時間の電話が来て
約30分ほど待っていると普通の自動車用のロードサービストラックが到着。

自動車用のロードサービストラックに自転車一台載せるというなかなか見れない光景。
固定に10分ほどかかりいざ出発。

高速使ってあっという間に家の近くまで。
扇町から出動したロードサービスのオッサンに聞いたところ自転車の依頼は月に一回程度
あるらしい。
そりゃ自転車専用はまだ会社成り立たんわ。

近場でも申請到着まで一時間ほど掛かるので急ぐ場合はあまり向かないけど
なかなかいいんじゃないかと。
ビワイチとかで最寄りの駅までとかなら全然対応できるしアワイチでも
市街地の自転車屋までなら対応できるし。

2016年8月 4日 (木)

ハブライトホルダー

2016-08-03_11-44-50

VOLT400が微妙に大きいので、付けてるサイコンEdge800がかなり邪魔。

P8020067.JPG

なのでライトをつける位置を変えようかと思って調べてるとクイックリリースにつけれるホルダがあるので買ってみた。
下のあるほうが路面を良く照らせるはずなので。

P8020064.JPG

取り付け方法はクイックリリースのレバーじゃない方と取り換え

P8020066.JPG

意外とはみ出てるけど、実際はハンドルの方が幅が広いのでそんなに走行に邪魔にはならない。

P8040096.JPG

で、実際付けてみると

P8020089.JPG

比較写真は一つ前の記事参照で。
路面の凹凸がはっきり見えるようになった。
ただ左側にホイールの影がくっきり見えるのは設置場所上、どうしようもない。

P8020090.JPG

 SG-355Bでも幅は狭いけど、路面ははっきり見える。

路面が見えるメリット以上にハンドル周りがすっきりする方がよりメリットかと思うけど
最大のデメリットは見える位置にライトがないので外し忘れることかと。

あとアクションカメラも付けれるのでより臨場感ある動画も撮れる、はず・・・。

2016年8月 2日 (火)

サイクルライトをSG-355BからVOLT400へ。

ジテツー用にライトはジェントス SG-355B使っていたけど、街中では充分だけど
夜の山の中とか明りの少ない自転車道で走るにはちょっと力不足なので

P8020094.JPG

VOLT400買ってみた。

USB充電ができるリチウム電池のライトなので乾電池とくらべて電圧が違うので
当然ライトのパワーも全然変わる。

P8020093.JPG

USB充電なのでモバイバッテリーで充電はできる
けど、充電しながらライトは点灯しないのはちょっと残念。
これができると夜通しライト付けて走るとかできるのに

ただVOLT400はバッテリー交換可能で予備バッテリーも買えるので
初めから充電セットを買った方がよろしかと。

で、実際どれだけ違うのか近くの公園で試してみた

P8020081.JPG

E-M1のマニュアル撮影でなにもつけていない状態。

P8020083.JPG

 SG-355Bで一番搾った状態、収束された分真ん中は明るい。


P8020082.JPG

 SG-355Bで一番広げた状態、そこそこ見える。
ちなみに明るさは最大100ルーメンらしい。

で、Volt400
ライトモードはロー、ミドル、ハイ、ライトの明るさがいろいろ変わるハイパーコンスタント
、点滅とある。

P8020084.JPG

これでロー使用時間は18時間、50ルーメン。 SG-355Bより暗いけど光の幅は広い。

P8020086.JPG

ミドル使用時間は8時間、100ルーメン。
ローと幅は変わらないけどちょっと地面が白くなってる。
ルーメンはSG-355Bと同じだけど幅が広い所為か暗い、でも街中だと充分。


P8020085.JPG

ハイ、使用時間は三時間、400ルーメン。
SG-355Bより明るくて広い。
夜の自転車道もこれなら安心。

当然常時ハイがいいんだけど、あまりにもまぶしいので対向車には優しくない。
街中はローでも充分、ちょっと暗いところではハイで明々とはしるのがよろしいかと。
車のハイビームとか同じやね。