« 105 ST-5600 ネームプレート交換 | メイン | 映画 「君の名は。」 観てきた(75点) »

2016年8月21日 (日)

台風直前、伊丹空港 逆ラン (ワンフォー) 伊丹カーブ撮りに行った

日本南部に3つ台風が来て風があれている日曜日。
風があれると家の近くの伊丹空港は発着陸は逆向きになる。
通常は32R/32L運用なんだけど、逆なので14R/14L運用。
所謂ワンフォー運用。
風が荒れる=天候悪くなるんだけど、異常に天気がいい。
ワンフォー運用で晴天は一年でそう何回もない珍しいこと。

来週は鈴鹿のSuperGTなのでE-M1+300mの試し撮りにはちょうどいいなぁということで
空港近くのスカイパークへ。

20160821_120010

E-M1も300mサイズにレンズつけるとかっこよくなるな、それでもAPS-Cより一回り小さいけど。

スカイパークは空港トンネル越えてすぐ、自転車で10分掛からずに到着。
昔と違って伊丹空港発着陸が多いのでバンバン発着陸してる。
しかもスカイパークは非常に撮影しやい、といっても伊丹空港は東西南北どこにも
撮影スポットがあるけどね。

P8210235.JPG

B滑走路のボーイング777、75mmではみ出ます。
4発ジェット機が禁止されている伊丹空港にくる飛行機ではこいつが最大のはず

P8210237.JPG

駐機中の767、300mmでも天気がいいのでぶれないけど、暑いから歪んで見える。

P8210256.JPG

離陸直前の767。
時速200km/hぐらい出してるけどいかんせんサイズが多すぎるのでスピート感でません。

P8210259.JPG

流し撮りしてもそんなにかっこよく見えん・・・。

離陸はともかく今日は、着陸だよ。

P8210247.JPG

一瞬どこにいるかわからない。
向こうに見えるのは長尾連山、雲雀ケ丘あたりかなぁ。

通常の着陸だと、梅田あたりから10kmぐらいまっすぐ来て着陸するんだけど
逆ランの場合は後ろに長尾連山、六甲山、五月山があるのでアプローチがぐるっと回って
着陸する、所謂伊丹カーブで降りてくるんだけど距離が全然ないので
カーブしながら減速、フラフラとしながら風の揚力で着陸する

787の巨体を細かい調整して着陸してます。

B滑走路側の着陸、小型機なのでフラフラ感がものすごい。


しかし、E-M1の動画、綺麗だし手ぶれ補正もよく効いてる。
60p撮影がないのが非常にに残念。E-M5 mk2にしとけはよかったかなぁ・・・。

でも、子供のころに比べて旅客ジェット機は静かになったなぁ、
国際空港として機能していた頃のボーイング707の離陸時の超爆音が懐かしい。
たしかインド航空だったかな。

望遠でも結構手ぶれ補正が効くのが良くわかったので来週の鈴鹿楽しみだ。
でも雨だけは勘弁な。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/33914807

台風直前、伊丹空港 逆ラン (ワンフォー) 伊丹カーブ撮りに行ったを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿