« 105 5800コンポセットでフロント34T リア32T 貧脚バイク一台組立 | メイン | 大阪最北部 天王峠旧道(すねこすり峠)のダウンヒル »

2016年8月12日 (金)

山の日なので、大阪渡船巡りと天保山登山。

八月の祝日という社会人には、日にち少ない盆休みを増やす祝日。
せっかくの山の日なのでお手軽登山、というかと渡船めぐりがメインだけど。
20160811_162637

E-M1無理やり自転車搭載。肩ひもでもいいんだけどね。

P8110116

渡船巡りのスタートは西九条から。
なぜかというと、周回コースにしたいのと、一番長い天保山を最後にしたいのと・・・

P8110117.JPG

渡船じゃないけど、安治川トンネルを渡るから。

元々渡船だったところに、17mの河底に日本初の沈埋トンネル工法でできたそうで
戦中完成で70年以上経っている古いトンネル。

歩行者自転車用エレベータで地下へ。

P8110120.JPG

長さ80m。 真っすぐじゃないところが昔のトンネルっぽい。
若干気味悪いけど、警備員は巡回しているし、空調掛かっているのか涼しい。
街中にあるトンネルなので意外と人が多い。
P8110122.JPG

九条の反対側入り口。奥に見える塔屋が西九条側の入口。

P8110123.JPG

隣には車用のエレベータがあるけど廃止されて使えない。
車で行くなら普通国道43号線通るし利用価値が無い。
隣の鉄橋は阪神電車。

で、最初の渡船場までちと距離があるので電車沿いに南へ移動。

P8110128.JPG

南下して大正駅を通り大正区へ。ちなみに大正区の鉄道はこの大正駅しか無く、
渡船巡りする場合は大正区を一回りするので自転車が一番おすすめ。

大正通りをまっすぐ、国道43号線の高架を超えてしばらくするとP8110130.JPG

千鳥北交差点で渡船場の案内板が出てくるので左折。

P8110132.JPG

左手にショッピングモールが見えてモールが切れたあたりに左折の案内板。

P8110133.JPG

200mほど進んで右手に一つ目の落合上渡船場。
ただ道路上に案内標識がないので通り過ぎる可能性あり(実際通り過ぎた)

P8110134.JPG

向こう側まで大した距離はないので橋掛ければいいじゃんと思うけど
ここは運河で船が行き来するのでかけるとなると高い橋になるので設置場所が
確保できない。

P8110140.JPG

説明プレート。距離は100mらしい。

P8110136.JPG

時刻表、15分間隔で向こうに行って戻ってきてる。
地元のひとはわかっているので出航直前には五、六人が集まり出航。
川幅狭いので揺れもせず一分で向こう岸到着。

ちなみに大阪渡船はすべて市税で賄われているので無料です。

E-M1の動画、手ぶれ防止が効いてて全然ぶれないぞ。

P8110145.JPG

対岸の西成区側の落合上渡船場入口。交差点名の落合上ノ渡でしか分からない。
交差点を右折して南下。

P8110146.JPG

700mほど南下して、西成区側の落合下渡船場。近いです。

P8110150.JPG

ちょっと距離は長くなった。

P8110151.JPG

向こうに見える船が落合上渡船。
そんだけ距離が離れていないということ。

P8110147.JPG

落合下渡船の時刻表。
落合上渡船とほとんど変わりません。
なので15分で移動すれば無駄なく渡船巡りできます。

P8110153.JPG

案内プレート。 長さは138mらしい。

P8110154.JPG

渡りきったところで船が通っていった。
いまでも運河として機能しているので橋は架けられないと。

P8110155.JPG

大正区側の落合下渡船場
建物の隙間に入口があるので分かりづらい。
渡船場出て左へ1.2kmほど南下。

P8110156.JPG

めがね橋の愛称の千本松大橋。
ちなみにの橋は徒歩でも登れますが、ぐるぐる回る挙句に高さ36mあるのでかなり疲れます。

P8110157.JPG

橋の麓に千本松渡船場。

P8110159.JPG

距離はさらに遠くなってきた。 護岸工事中で桟橋が移動しているらしい。

P8110158.JPG

案内プレート。 距離は230mだそうで。
ここは両対岸に住宅地も多いので乗船客は結構多い。

P8110161.JPG

満潮時桁下33mの表記が橋の高さを物語ってます。 車で走っても結構面倒時間かかる。
でも西成と大正の間って四カ所しか通れる場所がない。

P8110162.JPG

ここも15分単位。

P8110165.JPG

西成側もぽつんと看板あるけど、橋の下なのでまだ分かりやすい。

ここから次の木津川渡船場まで4kmとちょっと距離がある。
分かりやすいのはまっすぐ行って、新なにわ筋を右折、北加賀屋を右折して
南港通りを進むルート。

P8110168.JPG

敷津運河には渡船はないのでおとなしく橋を渡る。
この橋を渡ってすぐに右折

P8110169.JPG

まっすぐいった行き止まりにある最南端の木津川渡船場。
奥に見える橋は新木津川大橋。
ちなみにここだけ大阪港湾局管理らしい。住之江区だから?

P8110171.JPG

元々は大型トラックも載せれる渡船場でこの無駄な道の広さはその理由かと。

P8110174.JPG

待合室も渡船というか普通のフェリーのそれっぽい感じ、でも・・・

P8110170.JPG

ここだけ45分間隔で運行なんよね。

P8110173.JPG

木津川の河口付近なのでかなり距離は長いです。

P8110175.JPG

向かい側の船町は島全体が工場。 コンビニすらないです。
目立つ煙突は火力発電所らしい、つーか大阪市内に火力発電所あったの
ついこの間まで知らなかったわ。

ようやく渡船がこっちに来て客は二人、こっちからの客は自分一人だけ・・・。
貯木場と工場の間なので客は少ないのは仕方なし。

ここまで河口だと波も結構あるので船はだいぶ揺れます。

P8110181.JPG

船町に案内プレート。238メートルらしい。

P8110182.JPG

渡船も色が違うし、風防ついてる。

P8110185.JPG

大正区側の木津川渡船場。
新木津川大橋の隣に入口があるので分かりやすい方。

船町は工場で祝日だから人が全然いない。
ここには昔木津川飛行場があったそうで。
無駄に一直線の長い道路が飛行場沿いの道路っぽい。
渡船場から左折して次の渡船場へ。1km程度

P8110186.JPG

西船町のバスを超えて、道の行き止まりに船町渡船場。

P8110187.JPG

うーん、短い。

P8110189.JPG

ここは20分間隔。
対岸の鶴町側はまだ住宅地なので、工場勤務向けにまだ機能するので木津川渡船より
多めなのかと。
でもほかに客いないけど・・・。

対岸からの客もゼロ、イコール客は一人だけというプライぺート渡船。

P8110191.JPG

そりゃ、900m東に高くもなく、普通に人が渡れる橋あるし。
そもそも祝日で工場動いていないんだから、住民はつかわんでしょ。

P8110192.JPG

案内プレート、75mは一番短い気がする。 ここは橋掛けてもいいんじゃないかと思うけど・・・。

P8110193.JPG

なぜか鶴町側の休憩所にメダカの水槽がある・・・、なんで??

P8110194.JPG

鶴町側の船町渡船場。

P8110195.JPG

大正通りに案内標識があるのでまだ分かりやすい。

大正通りを左折して次の渡船場へ。約二キロほど。

P8110196.JPG

鶴町南公園前を右折して北上。まっすぐ行くとイケアに行きますが目的はそっちじゃない。
道なりに進んで千歳橋沿いに進んでいくと

P8110198.JPG

千歳橋を登る歩道橋があるけど、その奥に・・・。
P8110197.JPG

千歳渡船場。

P8110199.JPG

向こうの対岸の北恩加島まで結構ある。

P8110200.JPG

ここも20分間隔。

鶴町と恩加島は普通に両方とも住宅地なので客けっこう多い。
陸ルートだとかなり遠回りだしね。
P8110202.JPG

案内プレート、距離は371m今まで最長。

距離があるイコール波が高いのでここの渡船はかなり揺れます。
渡船での撮影禁止って明記してれるのはここだけ、その分景色はいいんですけどね。

P8110203.JPG

北恩加島側の千歳渡船場。
他の渡船場は堤防を高架で越えるんだけど、ここだけ堤防ゲートがある。

次の渡船場へ約1.5km
道沿いにまっすぐ

P8110204.JPG

泉尾工業高校西交差点を左折。
渡船場の案内標識がなぜか反対側にしかないので見落とさない様に。

P8110205.JPG

まっすぐ行くと、甚兵衛渡船場。
住宅地にあるので、分かりやすい方。

P8110208.JPG

距離は、落合渡船と同じぐらいかな・・・

P8110207.JPG

時刻表、15分間隔。

P8110206.JPG

案内プレート、距離は94m。
すぐそばに国道43号線あるけど、15分間隔で船が行き来するなら
こっちの方が早い。

P8110210.JPG

港区側の甚兵衛渡船場。
大正区側と比べてちと地味。

渡船場をまっすぐいって港通りに当たったら左折して最後の渡船場へ。
四キロとちょっと離れているし大正区じゃない。

P8110212.JPG

築地交差点を右折して海遊館方面へ

P8110213.JPG

天保山交差点の観覧車見つつさらに奥へ。

P8110214.JPG

とその前に、山の日なので登山。 天保山、4.53mだけど登山。
しかし天保山公園に異様にスマホ見たままの人が多い多い。100人以上同じ行動してる
ポケモンGoやってるんだろうけどあれはちと気味が悪いなぁ・・・。
イングレスの場合はそう感じなかったんだけど、何の差だろう。
まぁ、そんなのはほっておいて

P8110217.JPG

最後の渡船場、天保山渡船場は天保山の裏側です。


P8110218.JPG

対岸は大阪渡船で一番遠い。

P8110219.JPG

案内プレート、400mだそうで。

ここだけ、海遊館とUSJの間にあるロケーションなので、観光客が多い多い。とくに外国人。
三年前初めて渡った時は全然居なかったのに・・・。
大阪市税で運営してるんだから納税してない人は50円ぐらいとれば
あっさり黒字化しそうだけどな・・・。

P8110224.JPG

時刻表もここだけ英語入ってる。30分間隔。

P8110221.JPG

波も一番きついけど千歳渡船場ほど揺れないのは客が多い所為か・・・。
梅田のビル群まで見えて景色はかなりいい。


P8110226.JPG

対岸の桜島側の天保山渡船場。
一番地味で知らないとまずわからない。

P8110227.JPG

あとはUSJを回るようにも北港通を通って

20160811_140207

西九条駅まで一周して終了。

距離的には28kmぐらいなのでクロスバイクで行くなら
出航待ちの時間が長く休憩できるので全然余裕で回れるかと。
ロードバイクなら余裕すぎる。

徒歩だと大正区は大正駅起点でしても結構な距離歩くので
あんまりおすすめできない。

あと大正区工場だらけでかなり空気悪いのでマスクしていった方がいいかと。
帰って自転車のフレーム拭いたら赤煤だらけだったし。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/33907365

山の日なので、大阪渡船巡りと天保山登山。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿