« SCJAM SJ5000x Eliteに128GB追加して、ハブマウント ダウンヒル録画。 | メイン | 2016年 中秋の名月 »

2016年9月11日 (日)

久々に輪行袋 を買い替え、TIOGA Flex Pod を新調

2011年に輪行袋買ってビワイチ一泊二日でいってから五年ぐらい。
さすがにプラ製のストラップが劣化して割れてたり袋そのものに穴が開き始めたので
そろそろ別の輪行袋とでも。

軽量や超軽量とか輪行袋あるけど、輪行必須のリアエンド金具を付けるとまず
ボトルケージには嵌らず別途バックがいるのであまり拘らない。

前の輪行袋が超軽量を唱っていただけあってスケスケ薄いんだけど、
袋越しに自転車が足にあたると薄いので結構痛かったのもあるので超軽量は避けようかと。

TIOGAのFlex Podがそこそこ軽くてストレッチ素材で伸びて入れやすいらしいし
しかも安いということで買ってきてみた。

TIOGAというば前輪だけ外すコクーンだけど、サイズオーバーで電車に乗せれないということで
価格が下落してせいでこれも安くなってるのかと。

P9110287

輪行袋の収容袋はストラップで固定していてこのストラップでサドルレールに固定できるらしい。

P9110316

重さは357g、サイトには270gって書いてるけど多分袋だけの重さかと。

P9110288

無理やりポトルケージにははいるけど、左のプラ製のに突っ込んだらケージ割れそう。
サドルレールなら余裕かと。

P9110289

収容袋、輪行袋、ショルダーストラップ、ホイール固定ストラップ×3、ブレーキレバーストラップ×2
デフォルトでこんだけ入ってるけど、輪行にするにはちょっと足りないんだよねぇ・・・。

取説も付いているので初めてでもそんなに難しくないかと。

TIOGA  Flex Podでの輪行方法。

P9110290

ハンドル周りのものは全部外す。
シートバッグは外さなくてもいいけどチェックはしっかり閉めよう。

P9110291

リアアウタートップにしてホイール外す。

P9110292

自転車をひっくり返してホイールを外すか、ひっくり返す前に外すかは人それぞれ。
ひっくり返さない方がタイヤは外れやすいし、ひっくり返した方がチェーンには絡みづらい。


P9110293
6800のアルテグラだとブレーキシューがリリースレバー外しても25cのタイヤに引っかかるけど、
5800の105とかなら25cのタイヤでもブレーキシュー当たらないので逆さま外し推奨。

P9110295

リアホイールにはスプロケットカバー。
スプロケット側をフレームの内側に向けて固定するのでギアの歯がフレームに当たって
フレームが削れます(削れました)。
別売ですけどカーボンフレームには必須です。

JAG WIREのカバーは見た通り、クイックリリース付けたままカバーできるのでお勧め。
オストリッチの青いカバーのはリリース外さないとカバーできないので。

P9110297

ブレーキレバー固定用ストラップで固定。袋でレバーが引っ掛る為らしいけど
引っかかったことないんだけどねぇ・・・。

P9110298

リアエンド金具取り付け。
輪行には絶対に必要です。
無いとリアエンド曲るよ。
クイックリリースはホイールの使いまわしして可能で手荷物減らせるけど
金具の間のパイプは結局必要でで意外と物が減らないので無理に使うことは無いかと。

フロントエンド金具はフロントフォークは輪行時は上に向いて必須でもないので
不慮の転倒時の保険として付けるのならよしかと。

P9110299

P9110300

P9110301

ホイール固定にストラップで三点固定。
取説ではハンドルと一緒に固定するらしい、ハンドルが動かない様かなぁ。
あとで気が付いたけどハンドル逆向きだわ。
左右バランス悪くなるけど固定できればそれでよしと。

三点は軽く締めてから本締めするけどこの向きで締めても立てたときに自立するか不明だよな・・・。

P9110302

ショルダーベルトのメス側はチェーンステーに取り付け。
輪っか通して締め付けは楽でいいなぁ、これは。

P9110303

でショルダーベルトのオス側はハンドルステムに取り付け。

これで袋かぶせる準備完了。

P9110304

輪行袋の赤い部分がストレッチ素材、伸びます。
防水は微妙なところだけど、雨の中に輪行袋放置はしないのでまぁいいんじゃないかと。

P9110305

フレーム倒したままで輪行袋を上にかぶせる。

P9110306

で、そのままフレームを立てる。
リアエンド金具がちゃんと立ってるかは袋ごとに触って確認したほうがいいかと。
写真だと右下の部分。
意外と倒れるので、金具。

P9110307

輪行袋の穴から、ショルダーストラップの二本出してくる。

P9110308

最後はジッパーで袋とじ。
ここがストレッチ素材で伸びるので簡単に締めれます。

P9110310

ショルダーストラップ繋いで、完成。
袋が厚めなので、自転車のとがったところに当たっても痛くない。
ホイールを固定してから90度起こしているので起こした状態で自立するか微妙なところだけど
輸送時は自立させて置くものじゃないし、輪行袋入れるときに
一番面倒な輪行袋被せて袋を閉じる工程が非常に簡単になっているのは良い所かと。
あとはストレッチ素材の寿命がどれぐらいかかなぁ・・・。

P9110311

ショルダーストラップ用にショルダーパットあると担ぐのが多少楽になります。

P9110312

必ず手はオイルで汚れるので、ウェットティッシュはサドルバックに突っ込んでおくといいかと。
間違ってアルコールが入っていないのは使わない様に、オイル取れないよ。
アルコール除菌とか、エタノール入ってる物で。
ダイソーの100均のはエタノール少な目であんまり取れないんですけどね・・・。

自転車組み立てる場合は逆の工程すれば元に戻る。

P9110313

で、組み立てた際に付属品忘れがちなのでちゃんと数は覚えておきましょう。

P9110314

収容袋に、リアエンド金具とスプロケットカバー一緒に入れれます。
確実にポトルケージには入らないけどちょっとありがたい。

収容袋そのものが大きくて物を入れやすいのもポイントかと。
普通の収容袋ってギリギリのサイズなので。

TIOGA  Flex Pod、耐久性は使い続けないと分からないけど
両輪外しての輪行のしやすさではかなりいい感じだし、安いので初心者に結構おすすめかと。

長時間録画環境と新しい輪行袋となればロングライドですね。
ちょうと涼しくなってきたし、自転車シーズン到来だわ。
とりあえずは、春のリベンジかなぁ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/33934257

久々に輪行袋 を買い替え、TIOGA Flex Pod を新調を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿