« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月 7日 (金)

Xbox ワイヤレス コントローラー(ブルー)カテキター

Xbox ワイヤレス コントローラー 届いたー

本当はXbox One S用のコントローラなんだけど、国内では本体がいまだ未発売で
先にコントローラが発売されるという・・・。

このコントローラの正式名称は
Xbox One スペシャル エディション ブルー ワイヤレス コントローラー
らしいけど、Oneがついたりつかなかったり良くわかんないところ。
箱の記載はWireless Controllerとシンプルな名前。

PA060183

エリートコントローラと違っていままでのコントローラとそんなに変わらない。
シイタケボタン周辺のデザインが変わったかな??
フィーリングもそんなに変わらず。
LB/RBボタンが根元で押し易くはなってるけど基本的に根元で押さないので
あんまりきにならんなぁーと。360のL/Rのほうがよほど押し辛い。

あと表面処理がザラザラになって滑りにくくなってるみたい。

PA060199

外観上の一番の違いは、Φ3.5のヘッドホンジャックが付いたこと。
市販のマイクを使うのにヘットセットアダプタが必要なくなったということ。
ちなみに、普通のヘッドホンを差してもちゃんとゲームの音は流れます。

PA060200

当然従来のヘッドセットアダプタも付きます。
こっちの方が、マイクミュートやゲーム音声とボイチャット音声の音量比率や
ボリューム調整ができるので結構便利です。

見た目はそんなに変わらないけど一番変わったのは

Bluetooth対応になったこと。

これまでのコントローラは、国内ではUSBの有線でしかパソコンと接続できず
未発売のXbox OneワイヤレスアダプタをUSBに差さないとワイヤレスプレイができなかった。
これがBTになることで、余計なアダプタもなくタブレットやノートPCではほぼ標準になった
Bluetoothで接続ができるのでかなりお手軽に使えるようになった。
ただBT接続できるのはWindows 10 Anniversary Update適応PCのみらしい。
まぁ一年間無料アップグレードさせてんだから大抵のPCはWin10になってるとは
思うけど・・・。

家のメインPCはBluetoothのメーカーのスタック使っててWin10標準のスタック使っていないので・・・
01
と、ペアリングが失敗してる。 Xinput専用のプロファイルがいるのかな?
atpxが使いたいからメーカーのCSRのスタック使ってたけど
今のWin10だと標準スタックでatpx使えるらしいので戻そうかなぁ・・・。

02

Bluetoothが使えない場合は、microUSBケーブルで接続すれば
普通に認識します。 有線だとWin7からサポートするらしい。
でも、コントローラのマイクとヘッドホンを使えるのは有線でもWin10のみだそうで。

ついでに言うとBluetooth接続の場合はマイクとヘッドホンは使えない模様。

PA060187

なにも弄っていない標準スタックのVenue 11 Proだとあっさりコントローラペアリング完了。

PA060195

ダライアスバーストもちゃんと操作できます。
ボタンが誤動作とかもなくレスポンスもなかなかいい感じ、なんといっても操作感が非常にいい。

PA060194

USG石村もちゃんとXbox360版と同じボタン操作できます。
Venue10 Proのハード的にはゲームプレイがちと厳しいけど。


PA060184

ちなみにAndroidだと問題なくペアリングできます。

十字キーとAで決定、Bで戻る、シイタケボタンで履歴ボタン。
3つボタンでホーム画面は操作可能。


PA060186

雷電はちゃんと動いたけど、R-Typeはレバー離すと左上に動きっぱなしになる。
でもPCと比べてるとちょっと反応が遅い気がする、このコントローラに限らす
Androidのコントローラ全体に言えることだけど・・・。

アサインがほとんどできないので、ボタンに対応できるアプリは動作確認が必要かと。
コントローラのキーアサインでできるアプリと言えばエミュレータなので
試しに入れてみてボタンアサイン調べたけど
左スティックと十字キーは同じ扱い、L/Rトリガーと右スティック以外のボタンは認識している模様。
これだけあればエミュレータでの使用も問題なさげ。

Android対応ゲームコントローラってぶっちゃけ腐っているのが多いので
選択肢としてはかなりいいのではないかと、大きいけど。


PA060189

ちなみにiPhoneでは認識すらしませんでした。
林檎のはコントローラは独自規格のMFIじゃないと動かないらしいので
対応とかさせてたらエリートコントローラ並みの値段になってそう・・・。



もともと使いやすいコントローラをBluetooth対応でさらに使いやすくなったのに
限定販売とか。
Xbox One Sには付いてくるけど限定はエリートだけでいいのに・・・。
残念

2016年10月 2日 (日)

関西コミティア49行ってきた

20161002_133541

相変わらず、OMMビル展示ホール全部で開催。
晴天にもかかわらず前回よりも少し人がすくなってきている感じ。
創作系である以上流行廃りがあまりないのでいつも通りの関西コミティア。

強いて言うなら、漫画編集者が原稿を見て評価してくれる出張編集部のコーナーで
スマホゲーのcygamesの漫画雑誌、サイコミがきてたぐらいか。
ソシャゲーの勢いはすごいけど売り方が詐欺じみたパチンコ商用で頂けないので
あまりいいイメージがないなぁ。

次で50回目でとうとうインテックス大阪の二号館で1500スペースで開催だそうな。
今回800強のサークル数でいきなり倍募集して集まるのかどうかはいざ知らず
成功してほしいところ。 関東の創作系大手サークルとかきてほしいねぇー。
でも遠くなるから、ジャージ着て朝練ついでに行きづらくなるなぁ・・・。

関西コミティア49の戦利品。 多めなのは給料日直後だからだよ。

関西コミティア49の戦利品。
コミティアにしては多いのは、給料日直後だから財布が緩かったり・・。

WH-9000-C24-CL、ナスカグリースでグリスアップとリムの修理とMichelin POWER enduranceへ交換

WH-9000-C24-CL、じつわ買ってから二年ほどたったけど
一度もグリスアップしてなかったりする。
ゴリゴリ感もなく回転が遅くなった感じもない所為ですが・・・。

20160920_191441

なんだかんだでいい感じだった追加でナスカルブ買うついでに、ナスカグリース。
ソフトタイプにしたけど、ハブにはミディアムタイプの方がいいかと。
20gで少ないかなぁと思ってたけど全然余裕でした。

さくさくとWH-9000のハブばらす。
基本構造はWH-6800と何ら変わらないので外すのは簡単。
5mmのアーレンキー二本でほぼバラせます。
まあWH-9000の方が先なんだけどね。

P9220159

フリーハブだけリテーナ無いのも同じ。
玉受けはそんなに傷はない。
そろそろ走行距離二万キロ行くはずなんだけど元々のグリースが優秀なのかと。


P9220160

玉はちょっと細かい傷が多いなぁ。
細かい砂入れてグルングルン回せば取れるぐらいだけどスモールパーツ注文で
13個で582円買えるので注文だけでもしとこうかなぁ。

P9220156

玉押しの方は、線が出てるぐらいで虫食いはない。
こっちのスモールパーツはアジャストシステムのパーツ混みで4635円と高め。
ちなみに反対側の軸付きの方玉押しは4389円とお安め。

残ったグリスをふきふきしてナスカグリス投入。

P9220161

そこそこな量のグリスいれたけど、ソフトタイプなので粘度が全然なく
水平を保たないと玉がぽろぽろ落ちます。

P9220163

フリーハブ以外はリテーナついてるのでメンテは楽々。

ハブはそんなに面倒でもないのでいいんだけど
リムがだいぶよろしくない状態。


PA010173

WH-9000-C24-CLは薄いアルミリムの上にカーボンで補強しているので表面は
カーボンだけどその保護クリア層が剥離しかかっている。

カーボンには有機溶剤使うとカーボンそのものか溶けてNGなので
簡単なのは瞬間接着剤、ここまで広いとウレタンクリアで保護するの方がまだ綺麗にできる。

部分的なので使い切りのウレタンクリアスプレー缶はもったいないので

PA010179

久々に登場の模型用エアブラシ。
忙しくてなかなかプラモが組めないのでほんと久々。
冷蔵庫に保存中の模型用のウレタンクリアでブーブー。

PA010176

多少の段差は出るけどカーボン層はコーティングできてるので良し。
模型と同様に研ぎ出しすれば段差はなくなるけどそこまでやることは無いかと
どーせ回転して見えない。

PA010178

エアブラシを部分的に拭くと他との艶の差が出てくる。
艶を統一して綺麗にするなら全部吹いた方がいいんだろうけどマスキングが面倒だし
どーせ回転して見えない。

で、あとはタイヤ。

PA010171

PanaRacerのRace A Evo3、Race D Evo3と同じくコンパウンド層が数カ所裂けてきた。
Evo3になって耐パンク性は上がったけど耐久性そのものは減った気がする。
この裂けサインが交換の目安なのかなと邪推したくなる・・・。

しかも値段もちょっと上がってるので一本4000円オーバーになってる。

ちょっと高くなってきたので別のタイヤをチョイスしてみた。

PA010170

ミシュラン パワー エンデュランス、ミシュランのレース用タイヤ。
フレームに合わせて赤黒で。

国内の定価は一本9000円で安くても7000円ぐらい。
でも海外で買うと一本4000円以下でぐらいで買えてしまう、当然個人輸入で二本購入。
Wiggleとか、ChainReactionCyclesとか海外のサイトもほぼ日本語でJPYで
買えてしまうのはどうなのと思うけど・・・。

タイヤはこの間組んだGRAND PRIXでもそうだったけど、
タイヤにビードワックス塗ってる感じでかなりタイヤは嵌めやすい。

PA010172

タイヤの表目にTWIという穴が・・・。
トレッドワイヤーインジケーターで、無くなったらタイヤ交換時期らしい
この穴に何か入ったら即パンクな気がするんですけど・・・

PA020180

ホイールフルメンテ終わってフレームに取り付け。
フレーム赤黒なのでタイヤも赤黒でなので無難に合ってる。
タイヤサイズは23cにしたけどPanaRacerの23cよりちょっと細い感じ。

で、ここまでホイールのメンテしてどう変わるかというと・・・
気持ち転がるかなぁという程度かと。

タイヤサイズを25c→23cにしたので、漕ぎだしも軽くなるし
その分振動もきつくなるので手のしびれが来るのも早いし尻の痛みも
早く来る感じ。

結局のところ、いっぺんに替えすぎて何の所為で良くなったが良くわからないという・・。


肝心の耐久性はあるはずのPOWER enduranceがどこまで持つかだねぇ。
いまのTCR Advnacedの走行距離は2860km。 
実際はもっといってるけどEdge800のデータが初期化したので・・・。