« SJCAM SJ5000x Elite 自転車車載完結編。 カタカタ音解消と振動対策。 | メイン | eoblog 2017/3/31に終了らしい »

2016年10月30日 (日)

槻並ルートでサイノカミ峠登って、長谷の棚田へ

たまには変なルートも通りたくなるわけで。

能勢の山中にあるサイノカミ峠、大昔は重要な峠だったらしいが今やひっそりと
ドマイナーな峠になってる。
一応舗装道路らしくロードバイクでヒルクライムは可能らしいので朝練がてらと
新カメラマウントのデキを試しに登ってきた。
どーせ登るなら、劇坂ルートらしい槻並ルートで。

場所は先週いったくろまんぷより近い。

いながわ 道の駅の手前を右折して入ってあとは道なり。

20161029_110655

目印は屏風岩のバス停、今井病院看板の方が目立つけど
ここを左折して後は道なりに延々と・・・。

2016_1029_110553_010mp4_000521583 オリンピック選手がトレーニングしてるらしい、何の種目??

いくつかの集落がありそのあたりはフツー道なので問題ないけど

2016_1029_111555_011mp4_000530096 とつぜん勾配が上がり、道が極端に狭くなり始まる劇坂ルート。

2016_1029_112555_012mp4_000074670 コンクリート舗装路+落ち葉+前日の雨というバッドコンディション。
ここ下りならやめてましたね。

写真ではわかんないけど、今のぼってるところで勾配が10%ぐらいで先はさらに勾配が
あるわけで・・・。 20%超えるところもある。

なので普通にヒルクライムすると、ハンドルを引きながらヒルクライムすると
勾配の所為でハンドルが浮くし、前に重心を寄せるとぬれたコンクリ路面ではスリップする
ので結局押して引く羽目に・・・。

県境ぐらい(標識は無い)超えると勾配も10%程度になりその先には

20161029_113804

サイノカミ峠。

20161029_113833

後ろを見ると真ん中が登って来た道で左右に2つで三叉路。

20161029_113821

前を見ると一番右に山頂への道の他3つの道の三叉路。
見える限りで六差路といういかにも重要な峠だったことが良くわかるかと。

ちなみに舗装路は、来た道と前の道左2つのみ、あとはダートなので走るならMTBで。
で、一番楽そうなも、前の左側の道でダウンヒル。

何処に着くかというと

2016_1029_113555_013mp4_000364917
日本棚田100選にも選ばれている、長谷の棚田の頂上。

サイノカミ峠経由で長谷の棚田通ったけど日本棚田100選だけあって綺麗だわ。

棚田の端をなぞるように下っていきます。
こっちのルートは景色もよくアスファルト舗装なので結構走り易いかと。
どころどころで勾配10%超えるけどあっちよりは全然マシ。

2016_1029_114555_014mp4_000483750 道沿いに下りきったら左手の校舎(今年閉校した西中学校)向かって進んで
T字路を右折すれば

2016_1029_115555_015mp4_000132688 能勢町にある二つのコンビニの一つがある栗栖交差点に到着。
ここが個人的能勢町一番のホットスポットと思うんですけど、異論は認める。

サイノカミ峠へは長谷の棚田から登ることをお勧めします。

前の記事の実施した自転車車載方法でかなり改善されて、
ホイールとブレーキがうるさい位なった。
でもバッテリー入れているトップチューブバックのコスリ音が酷かった、盲点。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347275/33985157

槻並ルートでサイノカミ峠登って、長谷の棚田へを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿