2016年1月 4日 (月)

RT-AC68U 買ったけどAmazonで初めて初期不良品喰らったりいろいろあった。

RT-N66U使ってたけど、11acでつなげれる端末がGalaxy Note3とVenue 11 Proと増えてきてるし
AmazonでちょくちょくタイムセールしていたのでRT-AC68U注文。

20151227_143500.jpg

PC270028.JPG

無線LANのパスワード貼りっぱなし、RT-N66Uと写真ではそんなに変わらないけど、
一回り大きい。

PC270029.JPG

裏は結構違う、RT-N66Uは元々水平置用でスタンド立ててるけどRT-AC68Uは
斜め置き前提なのでLanポートの後ろの下側。

PC270030.JPG

光り輝くASUSのパネル、実に無駄な機構だ。

が、しかし動作がなんか変??



LANケーブル繋いでも、ケーブル認識しない。
どうみても再起動繰り返している感じ。

これは、いわゆる初期不良か??
Amazonで買ったから交換面倒かなぁと思ったけど
注文履歴の商品の返品・交換クリックしたら
不具合詳細記載したら、すぐにできた。 便利だなぁ。

02

処理も終わって梱包するかとRT-AC68Uみたら普通にLED点灯して
LANケーブルも認識しとるんですけど。
ファームでも書き換えてたのかなぁ、これじゃあ正常品じゃん。
Amazonに交換のキャンセルしないと、と思って
再度Amazon 注文履歴みたけどキャンセルの項目無いんだよね・・・。
仕方ないのでカスタマーセンターへ連絡。

アカウントサービスの一番下にカスタマーセンターへ連絡のリンクがある。始めて知った。
03


カスタマーサービスに連絡クリック

04


対象の商品選んで

06

2.問い合わせ内容に
・返品、交換、返金
・交換
・商品の不具合、付属品の不足、箱と中身の不一致
選んで

3.問い合わせ方法
チャットの方がログが残るのでチャット選んだら
問い合わせ内容記載してチャット開始、ほんとに一分掛かんなかった
夜の20:00なのに・・・。

07
キャンセルしたいと要望したらあっさりとOKで終了。
実に簡単だった。

ちゃんと動くので、PPPOEの設定とかいろいろやって正常動作することを確認して就寝。
エージングを兼ねてそのまま電源入れたままにしてたんだけどさー

で、朝起きたら電源入らなくなっとるんですわ!!

LEDも付かないしウントモスントモ言わなくなった。
Amazonへ交換のキャンセルのキャンセルかよと同じ方法でカスタマーサービスへ連絡。
朝の8時だけどチャットもすぐに対応してもらい、その日の夜に代替品が届いた。
ちなみに故障品に関しては、別途メールで返品方法が記載されていて
・バーコード付いたラベルを印刷して梱包と商品に貼りつけ。
・メールに記載されているリンクからゆうパックに着払いで集荷依頼。
・集荷きたら渡す、送付先も送付元も記載済みなので印鑑押すだけ。
・Amazonに届いたらメールが届く。
Amazonの梱包ってラッピングしてるから返却の梱包材がちょっと面倒だけど実に簡単。


正常品が届いて動いてしまえば、メニューはRT-N66Uとほとんど変わらないので簡単。
最大の違いは11ac対応

02
Galaxy Note3は433.3Mbps、Venue 11 Proは866.7Mbpsでリンクしてる。
Galaxy Note3は11acといっても1×1 MIMOなので433.3と低め。
Venue 11 Proは2x2 MIMOなのでその倍になってる。
最新のスマホ(Nexus6とか)は2x2 MIMOらしい。

というか、3x3 MIMOに対応した端末って見たことないんだけど・・・。

大雑把なベンチマーク、RT-AC68UとRT-N66Uとの比較。
LAN Speed Test (Lite) v1.3.1 (Free)で100MBのライトとリード
五回測定した値の平均値
無線LanはVenue 11 Pro で確認
ルーターは2Fに設置。

有線LAN
RT-AC68U   RT-N66U  
Write Read Write Read
598.058 470.958 584.658 448.154
無線LAN 目の前 5GHz
RT-AC68U (11ac)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
154.86 422.884 149.15 190.724
無線LAN 1F測定 5GHz
RT-AC68U (11ac)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
117.176 135.836 72.886 68.546
無線LAN 玄関測定 5GHz
RT-AC68U (11ac)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
16.50667 18.23667 30.30333 42.39333
無線LAN 目の前 2GHz
RT-AC68U (11n)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
81.124 100.648 83.236 103.374
無線LAN 1F測定 2GHz
RT-AC68U (11n)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
56.368 97.546 49.27 80.72
無線LAN 玄関測定 2GHz
どっちも圏外で測定不能

2GHzの無線LANは同じ11nなのでほとんど変わらない。
5GHzは受信スループットは倍近い速度、目の前だと
有線とほとんど変わらないぐらい速い。

USB2.0の転送限界の480Mbps近いので、
USBの11ac無線LANアダプタは使う場合はUSB3.0が必要。

しかしどっちにしても玄関全く電波届いてない・・・。
そんなに距離遠くないのになんでだろ。

あと

PC310032.JPG

RT-N66Uでは普通につながっていた、WLI-TX4-AG300NがRT-AC68Uだと全然つながらない。
セキュリティ無しすると繋がるけど、WPA2にするとIPが割り振れない。
Wimax2+のNAD11のWPA2は繋がるので多分相性問題・・・。

PC300031.JPG

家に転がってたプラネックスの無線LANコンバータで対応、1FのTVに接続用で
ポートは一つあればいいので。


1300Mbps対応を謳ってるけど
3x3 MIMO対応のスマホなんていまのところ存在しないし、
4x4 MIMOはWimax2+で使ってるけど他のキャリアとかスマホは当分先だし
866Mbpsのルーターあれば当分問題ない気がするな・・・。
ASUSの3x3のモデルないけど。

ヘビーユーザーが家族に多い場合は、1300Mbpsのリソースを有効に使える
MU-MIMO機能効くのでそういう環境ならいいのかもしんない。

余ったRT-N66Uは全然届かない玄関先にリピータモードでおいてみますかねぇ。


2015年12月24日 (木)

さらば、M-NV1BRBK。

PC210002_1.JPG

9台同時にマルチペアリングできるマウス、M-NV1BRBK。

マルチペアリングできるマウスはいろいろあるけど、切り替えボタンが裏にあって切り替え面倒
なのが多い。素早く複数の切り替えができるマウスがこれ以外にないというオンリーだったけど
とうとうホイールが死亡して使えなくなった。
同じマウスを買おうとすると生産中止でプレミア価格。

PC210001.JPG

結局、おなじエレコム製の新型EX-Gのマウス。
新製品なのに半額近く割引されている、エレコム製品の宿命。
Lサイズの方が安いけどちょっと大きすぎるのでMサイズ。

PC210004.JPG

Ex-Gの新型はスライドスイッチでマルチペアリングできる、でも二台だけ・・・。
前のモデルにあったカウント数切り替えもなし。
でもマウスを持ち上げずに切り替えできる。
まぁメインPCと録画PCが切り替えできればいいので良し。
時々タブレットつなぐときは、まぁ再ペアリングで。

PC210003.JPG

M-NV1BRBKとサイズは変わらないけど今どきな親指あたりがえぐれてる。

操作感覚はM-NV1BRBKより良いけど、やはり四台位ペアリングしたいなぁ・・・。

2015年12月21日 (月)

Dell Venue 11 Pro 7140 充電用に Mobile Power 買ってきた

PC120425.JPG

Venue 11 Proの電源端子は MicroUSB端子。

PC200467.JPG

なので、一応USBタイプのモバイルバッテリーは繋がるし、充電マークは付くんだけど・・・。
一時間PCをスリープにして充電させたところ、17%→ 23%しか上がってない。
テスター付けたら、5V 0.5A程度の最低電力の2.5Wしか流れてない。
スリープでこれだからバッテリー増えるけど立ち上げてたら間違いなく充電しながらバッテリーが減っていくはず。

PC180465.JPG

純正品のACアダプタのDC出力は19.5v 1.2A or 5v 2A。
ちなみにこれにUSBテスターつなぐと19.5vで流れるので焼けます、焼けました。
気を付けましょう。

MicroUSB端子だけど実際は、19.5vと普通のノートPCと同じ電圧で充電している模様

PC170459.JPG

なので充電もノートPC用のモバイルバッテリーが必要なので・・・。
Mobile Powerバッテリー12000mAh。USB端子とDC端子で19v 2.5A出力が可能なバッテリー。
3.7v 12000mAhで、70~80%の変換率で考えるとVenue 11 Proのバッテリー 7.4v 5050mAhの容量を
9割近く充電できるはず。
重さは380g、本体の半分ぐらい。

ただ、DC端子からMicroUSB端子へ充電できるケーブルが無いんだよね・・・

PC200478.JPG
変換コネクタは、いろいろあるんですけどね・・・。
叩き売りされてるNECのVersa Pro VS(というかThinkpad Helix)も電源端子もある

PC200475.JPG

PC170461.JPG

変換ジョイントでぎりぎり入るジョイントにアルミ箔で無理やり・・・。
あとはOTGケーブルでつないで

PC200476.JPG

充電開始。 12v,16v,19vどれでも充電できる模様。
バッテリーフル充電、Venue 11 Proのバッテリーすっからかんで
二時間で90%まで充電可能。 16000mAhのモデルだとフル充電も行けそう。

アンペア数が純正ACアダプタより多いので充電がちょっと早い気がする。

PC170458.JPG

変換ケーブルがジョイントだらけだったので、スマート接続するために
DCケーブル→USBケーブル買ってきた。
取説には外径5.5mm 内径2.1mmって書いてたのでその通り買ってきたわけだけど
バッテリーに接続するDCケーブルの外の端子が5.5mm 内径2.1mmであって
バッテリーそのものDC出力端子は5.5mm 内径2.5mmという・・・。

PC200477.JPG

一応内径2.1mm→2.5mm変換コネクタはあるので、変換コネクタとOTGケーブルで充電できる。
でももうちょっとスマートしたいところ。
MicroUSB~DCコネクタ(外径 5.5mm 内径2.5mm)があれば一番だけど
まず売ってないな・・・、作るか。

作りました。

ちなみバッテリーは専用のACアダプタ(20v 2A)で充電、USB経由では無理っぽい。
DC出力のモバイルバッテリーってほとんどUSB充電できないのがちょっと辛いところ。
それでもDC出力のモバイルバッテリーは以前はもっと高かったけどだいぶ安くなったので
買いやすくなったのはいいところ。

でも、Venue 11 Pro、USBの充電端子、USB Type-Cにすれば20v 5Aで充電できるので
7140のモデルチェンジ時に替えてほしかったなぁと、でも次のモデルはUSB Type-Cになるらしい・・・。

2015年12月20日 (日)

Dell Venue 11 Pro 7140 LTEモデム DW5810E ファームアップ

前回モデム変えたの記事書いてDellのサイト見たら、Dell Wireless 5810eのファーム上がってるし

追記内容が

Enhancement:
- Included a new firmware to support Japan carriers

日本キャリア対応って、いままで対応してないんかい!!って突っ込み入れたい。

win8.1用だけど、Win10でも問題なくインストール、ファームアップ完了。

懲りずに勝尾寺へ

26
今日はあっさりとLTE掴んでる。 この間は3Gしか掴まなかったのに、時間帯かなぁ。

27
勝尾寺からちょっと離れたところ。 GPS補足してくれてるけど携帯は圏外。

01
ちょうど隙間、3Gは掴むけどLTEは穴なところ。
DW5810EのDocomo Simで3G 800MHZは無理だけと800MHz LTEは
捕捉できるようになった感じ。

ここまで安定すると、DW5810Eでもいい感じかしてきた・・・。

せっかく買ったANT30MOどーするか・・・
タッチパネルわれっぱなしのVenue 8 Proの3Gモデルに突っ込んでみますかね

でも先にタッチパネル入手しないと。

2015年12月19日 (土)

穴あきサドルを試してみた。

ロードレーサーの偉い人曰く、尿道の圧迫はよくないらしい。

いまのサドルで四年ぐらい使ってるけど、そこまで圧迫される感じはないんだけど
基本ずーと座るので今後慢性的に圧迫して炎症とかは御免したいところなので
ためしに買ってみた。
といっても、本格的な物だと五桁円いくので安いので。
自転車ブームの所為でそこそこいいのがそこそこ安く買えるのはいいことですなー。

PC130433.JPG

Amazonのサイバーマンデーで安かったのも理由のうち。
コンフォート系のサドル。

PC130432.JPG

元々使ってたサドル。
こっちの方が大分軽いんですけどねー。持てば差がわかるぐらいちょっと違う。

PC130434.JPG

穴あきだとTCRのシートポストが取り付けやすいぞ。

で、実際に走ってみたけど、確かに股間のど真ん中に解放感あって股間の圧迫感が
少ない感じがする。
ちょっとお尻が滑りやすいのは新品だからかな。
わるくはないんだけど・・・

20151213_121536.jpg

色がフレームに合っていない・・・。

まーコンフォート向けだから、ジテツー用のクロモリマシンにつけようかなぁと。

もうちょっといいのがないかなぁと尼みてると売り上げ一位のサドルが750円と異様に安い
赤は100円高いけど850円。


これはいいなと注文
PC170463.JPG

で来たのがこれ。穴空きまくってるよ。 TIOGAのSpiderのパクリで価格は1/10。
見た目通りで182gは軽い。 カーボンだったらもっと軽いけど

20151219_122007.jpg

サドル変えて朝練。 寒い・・・。
当然といえば当然なんだけど、硬い、50km超えたらレーパン履いててもケツが痛い。
タブレットをウエストバッグに突っ込んで持っていたので余計にケツに来た。
レースとかとにかく軽さを求めるならコストパフォーマンスはかなりいいかと。

Dell Venue 11 Pro 7140 LTEモデム ANT30MO へ交換で楽々800MHz捕捉

PC160452.JPG

標準のDw5810eはほんとに不安定なので、新しいモデム追加。
ANT30MO、今はなき、アクセスネットワークテクノロジ製
技適マークもついてるし、ちゃんと申請情報もある。

取り付けのためにVenue 11 Proの裏蓋開ける。

PC160453.JPG

Venue 11 Pro 7140の裏蓋開けるにはmicroSDスロットの横のねじを外さないとダメ
外した後にここから蓋をマイナスドライバーでこじ開けていくと楽に外せるはず・・・。

PC160454.JPG

PC-Expressスロット鎮座しているDW5810e。
溝が薄い幅広なプラスねじで止まっているので取り外し。

PC160456.JPG

あとはカード外して、交換。
アンテナケーブルは付けづらいのでカード実装する前にケーブルにつけたほうがよろしかと。
ケーブルのMAINとAUXの配置が逆なので逆につないでもいいけどケーブルが届くので
合わせて接続。

GNSSのポートは所謂GPSアンテナなんだけど・・・。

PC170457.JPG

GPSアンテナケーブル繋いで30分ほど外で放置して試してみたけど、どうもGPSは補足していない。
元々ANT30MOの64bitドライバーは提供しておらず(会社潰れたし)、
モデム側はWin10の標準のドライバーで動ているけど、
GPSセンサーはドライバー動いてない感じがする。

25
実際、GPSの項目はあるけど、オンにしたらオフ戻って有効にできない。

まー、Dw5810eでもGPS補足すんげー遅いし、GPS使うアプリってかなり少ないし
google MapはスマホのGPS連携できるのでそこまでデメリットはない気がする。
どうしてもGPS使いたいならau MVNOで。

20151216_203337.jpg

DMM mobileのMVNO simも調達。
料金プランは細かく変更できるのと、意外とでかい初期投資のSIM代がamazonで買うと
非常に安いので。
でもSIM新調するなら、UQ MOBILEのau MVNOのSIMならモデム変える必要ないじゃん
という突っ込みはナシで。
大分広くなってきたけど、エリアの広さはauのLTEのみエリア<docmoの3G+LTEエリア
だと思うので。
最初にDMMのサイトで申請、すぐは有効にならないみたいなので30分ほどしたらあっさり接続。
確かに接続が異様に速いし安定してる気がする・・・。

でも、やっぱり800MHzちゃんと補足できるか試してたいので

20
800MHzしかないエリア勝尾寺まで行って接続。 タブレット重いっす。

余裕でHSDPAで接続、LTEじゃないけどぜんぜんつながる。
wifiのアクセスポイントがあるので、マップ上に大雑把な位置はでてる。
GPS補足すると位置マーカのグレーサークルがなくなるんだけど、やっぱりGPS補足はしてなかった。

20151219_110420.jpg

気温6℃、くそ寒いです。
その右側にdocmoの基地局あるけど、ここでLTEは補足しませんでした。

結論
docomoのSIMを使うならANT30MOへ変更は必須かと。
FOMAプラスエリアに行かない場合でも電波の待ち受けの問題で安定度が違います。


追記
ファームウェアアップデートで安定しました。

2015年12月15日 (火)

Dell Venue 11 Pro 7140 のケースとフィルム選び

とりあえず、普通に使うにも傷が入るのでカバーを注文するわけですわ

PC140440.JPG

Amazonで売っていたVenue 11 Pro用の一番安いケース。
一応入るんだけど、ちょっとカバカバで・・・。

PC140442.JPG

USBポートと電源ポートの真ん中にあるはずのMicroHDMIがふさがってるし、
スピーカーもふさがってる。
なんかガバガバだし



180度回転しても
PC140443.JPG

USBポート以外すべて塞がるという・・・。充電できんよ。

Venue 11  Proには

・Atomの5130 厚さ 10.2mm  幅: 177mm 長さ:280mm
・core i3/i5の7130 厚さ 15.4mm  幅: 177mm 長さ:280mm
・core Mの7140 厚さ 10.75mm 幅: 176.4mm 長さ: 279.8mm

と3つのモデルがあって、さらに端子位置もバラバラという。
端子位置もあるけど厚さがバラバラなのでピッタリカバーとかはモデルが違うと入らないという
サードパーティー泣かせの仕様。

なおかつ、7140シリーズの専用カバーとなると日本じゃまず見かけない。

Amazon.comに7140専用のポートフォリオケースあるけど日本にShipしないし・・・。




PC140446.JPG

なので、atom 5130用の四隅の爪で引っかけるカバー買い足し。

PC140445.JPG

atomモデルよりちょっと厚いので、右側が微妙に浮いてるけど外れないし、
端子にアクセスできるのでこれでいいかなぁと。

PC140447.JPG

カバーがマグネット、で所謂スマートカバー的なカバー閉めたら自動スリープ、
開けたら自動スリープ解除という動作するのはポイント高い。

PC150449.JPG

フィルムに関しては、前面パネルはカメラセンサーの位置は全部同じみたいなので
どれでもいけます。


2015年12月13日 (日)

Dell Venue 11 Pro 7140 LTEモデムで Docomo Simで何処まで掴むか

Venue 11 Proに刺さってる、LTEモデムはDell Wireless 5810E。
中身はTelit LN930-LTE、スペック見ると。
LTE BandClassは1-5, 7, 8, 13, 17, 18, 19, 20 だけど
3GのBCは1,2,4,5,8で19がないのでDocomo 800Mhzつかまない気がするので

20151213_105250.jpg

朝練がてらにわざわざ勝尾寺まで持って行って試してみた。
ロードレーサーで痛ジャージ着た上に、どでかいタブレット持ってる怪しい人。

01

勝尾寺は山の中なので、DocomoのエリアはFomaプラスの800Mhzしかないエリア。
使ってるのはDocomoのMVNO  iij mioのsim。

14
案の定、圏外ですよ。再起動とかいろいろやったんだけど圏外・・・。
katsuojiのSSIDがむなしい・・・。

20151213_112408.jpg


場所をちょっとずらして、箕面ダム。
なぜここかというと・・・。

20151213_112442.jpg

真後ろにドコモの基地局があるわけで。コン柱局ですよー。
外観対策されてて見づらいよー。


20151213_112514.jpg

コン柱局は柵が無いのでぶら下がってる無線機見えるけど、
ケーブルはLTE 800Mって書いてるから確実にLTE Band Class 19のはず。
3Gの無線機は配線見る限るはなさげ。というか箕面ダムの下側にも
docomoの基地局があるのでそっちは3G 800MHzの基地局かと思われ。

でも、

15 やっぱり圏外だぜ。

たぶんだけど、ドコモのシステム上、3Gの800MHzがあって、その上に800MHzのLTEがあるので
LTE 800MHzだけのエリアというのがないはず、
なので3Gの800MHz掴まないと、LTE 800MHzが掴まないシステムな気がする。

で、このモデムは元々3Gは800MHz掴まない仕様なので、2Ghz無いとLTEは掴まないと。

ドコモのガラパゴス仕様の所為だろうけど、多分無線関係はグローバルな仕様の
Softbankだとこんなことはないはず。

LTE Band 18も掴めるので、超ガラパゴスのCDMA2000を補足させないようにしている
LTEのみのauのMVNOのSimでも行けそう感じもする。

20151213_121359.jpg

さらに下って、五月山公園の秀望台。

16
さすがにここだと補足している。

がしかし、GPSは全然補足しないA-GPSとか無い所為だろうけどすげー遅い。


スクリーンショット (8)

接続さえしてしまえば、スループットはなかなかいい感じで出る。Youtubeも余裕。
池サラも50歳か・・・。


結論
Docomoで使う分にはVenue 8 Proの3Gモデムよりエリアが狭いのが非常に残念。

Amazon見てたら、富士通のM2.用のLTEモデムが3Gの800MHzも補足する
Docomo向けモデムあったので、換装しょうかなぁ。
それともauのMVNO使うかだなぁ。

追記
ファームが上がってすげー安定しました。

Dell Venue 11 Pro 7140 調達 簡単レビュー

置きタブを低価格で手に入れたので、寝タブ用のiconia W500も変えようかと。

家に転がっていた、30インチモニタやらあまり着ていない痛ジャージとか売却したら
結構な金額で売却できたのもある。 痛ジャージ、予想よりも売れたのがびっくりだわ。

120GBのSSDに換装しているのであっさりとWindow10にアップグレードできたけど
艦これですらまともに動かずCPUが1GHzでつらい、RAMが2GBでつらい、
加速センサー機能せず傾けても画面が傾かないので手動で画面の向き変える必要あり。

でも、一番つらいのは録画してMP4にエンコした1440×1080の動画が
ネットワーク越しにCPU的にも無線LAN的にも再生できないというのがつらい。

androidタブレットだと、複雑なフォーマットのアレな動画再生ができないのでパス。
ipadはアスペクト比的にNG。
今どきのBay TrailなAtomでも上の条件の動画再生に耐えれるんだけど
10インチクラスって意外と値段が高い。9インチ以上はOSが有料なせい?

安いタブレットだと中華タブレットだけど、カタログスペックだけみると惹かれるけど
電源管理が腐ってるし、無線LANが5GHz使えないし、調整不足で不安定で
Bluetoothともろに干渉してスループットが1/4ぐらいになるのでだいぶ懲りた。

で、調べると
NTT-XでVersaPro タイプVSが39800円とCore M-5Y10でえらい安い、とかしらべると
ASUS Outletでキーボードが付きで外せるTransBooK T300CHI-5Y10が49800円とか
いろいろ出てくる。
BayTrailなAtomとCore Mを比べると2倍近い性能差があるので価格差考えて
8インチのatomタブレットつかってて遅い所が解消できるならこっちのほうがいいなぁと
10インチクラスのcore Mで物色。

で、ヤフオクで、Core M-5Y11でLTEのSIMフリーモデルのVenue 11 Pro 7140が
出品されていたのでiyhで落札

PC120406.JPG

ヤフオクはちゃんと来るかどうか心配なところもあるけど、ちゃんと届いた。
Venue 11 Pro 7140 Core M-5Y71 LTE 128GB Win8.1 Proモデル。
何故か英語OSだったけど、Win8は無料で日本語化できるのであっさり変更して
そのままWin10へアップグレード。


PC120423.JPG

液晶割れて放置中のVenue 8 Proと比べると10インチ大きいと実感。
海外のサイトで液晶パネルが3000円ぐらいで売ってたので
Venue8Proは後日自前で修理予定、ちゃんと届けばだけど。

PC120414.JPG

重さ743gは10インチとしてはかなり重い。

PC120415.JPG

この間のMeMO Pad Smart ME301Tは560g。
サイズ的に同じだけど、重さははっきりとわかるぐらい違う。

PC120422.JPG

Iconia W500と比べれば・・・、大分軽いです。これ黎明期のタブレットだからねぇ・・・。

PC120416.JPG

Simスロットもちゃんとあります、MicroSDスロットも。
Venue11の前モデル7130 とちがってトレイ式じゃなく、スロット式なのでアクセスはしやすいです.

PC120425.JPG

あるとうれしい、フルサイズUSB3.0。
venue 11 proをチョイスした理由の一つである充電専用端子は専用端子ではなく
Micro-USBなのでかなりうれしいんだけどこれには罠があったりする。
他のCoreMのPCは専用電源端子とか多いので。 
USB-Cあればまた別なんだけどね。

PC120426.JPG

裏蓋。
前モデルの7130は、簡単に蓋開けてアクセスできたけど7140はちょっと面倒

PC120407.JPG

PC120409

SIMスロットにある、ビスが裏蓋に固定しているので外す必要あり。
外せば後はいつもの通りにマイナスドライバーでバリバリと。

PC120412.JPG

裏蓋開けると、バッテリーとスロットにアクセス可能。
7.4v 38whのバッテリーで7130と違ってビス止めされてるけど交換はかなり簡単かと。

SIMフリーのLTEモジュールは手持ちのiij mioのsimであっさり認識はしたけど
中華タブレットを上回るほどの不安定さ。
Venue 8 Proの3Gモデムも大概酷かったけど、11 Pro LTEはそれを上回ってる。
LTEモデムは、Telit LN930-LTE。データシートをみると
LTE BandClassは1-5, 7, 8, 13, 17, 18, 19, 20 だけど
3GはBCは1,2,4,5,8で19がないのでDocomo 800Mhzつかまない気がする。
そのあたりは要検証って、これもってまた勝尾寺行くのかと・・。

持って行って検証しましたー。

PC130429.JPG

Venue 8 Proと一緒にかったアクティブスタイラスペンはちゃんとVenue 11 Proでも使用可。
win10でも動いてます、このサイズだと絵が描きやすいから使い勝手良くなるな

Atomに倍近いスペックのCore MとM.2規格のSSDと4GB RAMで
ほとんどストレスなく操作できる。
強いて言うなら800g弱の重さぐらい。  なかなかいい買い物でした。

PC130439.JPG

当初の目的のサンバ経由でのMP4にエンコした1440×1080の動画は1.4倍速でも
余裕でした。

2015年12月 8日 (火)

スマートフォン&タブレット用クレードル SPA-DK01 カテキタ

PC070393.JPG

汎用性が高いらしい、MircoUSB端子の充電台SPA-DK01 カテキタ。

PC070396.JPG

最大の特徴は、USB端子が裏表なしのリバーシブル仕様になっていることと
端子が左右にスライドして動いて端子の台が後ろに傾くこと。
USBケーブルはついてくるけどACアダプタは付いてません。

PC070400.JPG

利用価値なしのMicroUSB3.0コネクタの為の真ん中にならない、Galaxy Note3でも
スタンド側のコネクタがずれるので真ん中の位置における。
地味に左右にあるスプリングパーツが端子の加重分散している

PC070399.JPG
奥行は、S-viewカバーひっくり返しても刺さるぐらい。
大体1cmぐらい。大容量バッテリーとか付けてると多分刺さらないかと。

PC070397.JPG

端子は逆向きでも刺さるので無意味に反対側に立てるのも可。
逆向きのUSB端子のスマホとかなら有効かと。
  

PC080403.JPG

横設置でも、コネクタが深いところにあるスマホだと充電できません。

PC080404.JPG

充電はできますが立ちません。
立てれるのは大体6インチぐらいまでだと思う。

iPhone以外で複数のスマホ持ちなら持っててもいいんじゃないかと。