2014年4月16日 (水)

ヤフオクでSC-03E Galaxy SIIIaゲット。

P4160019.JPG

めでたく年度末賞与が出てたらしいので、SC-03Eヤクオクでゲット。
そろそろGalaxy S5も出るというのに、S3aなのとか言うと
べつにまちなかで使う分にはLumia820で十分だしAndroidよりも
WindowsPhoneの方が使いやすいわけだけど、いかんせん

FOMAプラスエリアを補足しない。

という海外端末の欠点があるわけで…。
ヒルクライムで登って山頂圏外でツイートできないショボーンなんてことはあるので
最新機種買っても何するわけでもなく、SNSとメールとブラウザ動けばいいので
そこそこな機種でそこそこな値段でということでGalaxy S3aになった。
本当は似たようなスペックで、グローブはめたままでもペンが使える
Galaxy Note2でも良かったんだけど意外と高いのでパス。

WindowPhone8でFomaプラスエリア掴む端末ほしいところで。
禿電SIM使えば解消するのは知っているが、まっとうなMVNOないからねぇ…。

2013年10月14日 (月)

iij mio SMS対応に変更

iijのsimカードがSMS対応になったらしいので申し込み
月曜頼んで土曜日届く。

IMG_3408.JPG

SMS対応だろうが見た目は変わらず。

SMS対応simの最大メリットは、データ専用simだと通話ができないので
アンテナピクトが立たず圏外となり基地局探すために電波を飛ばし続けて
よけいなバッテリーを消費するセルスタンバイ状態を解消できる。

ちなみに、GalaxyTabはデータ専用なのでSMS非対応でもアンテナピクトは立つので
この問題は無関係。通話ができるGalaxytab7.0でも同じなので端末依存の障害。

セルスタンバイはandroidの名称だけど、WindowsPhoneのLumiaでもおなじ症状になる
ただしLTEに関しては通話そのものがないので普通にアンテナピクトは立つ。

Wp_ss_20130915_00031 SMS非対応のSIMだと、データ通信はしてるけど、左上のピクトは圏外

Wp_ss_20131012_000311 SMS対応だと、ちゃんとピクトが立つようになった。
これFOMAプラスエリアで圏外だよーって見た目でわかるようになった。

Wp_ss_20131012_00051 本来のSMSも当然使えます。

ちなみにSMS対応のSIM交換には2100円別途必要で、SMSには別途147円/月が必要。
送信は国内3.15円、受信は無料。
クーポンはSIMに10MB単位で入る以外は引き継ぎ可能。
最初の契約時にSMS対応にすれば2100円はいらないので事前にセルスタンバイになる
端末にいれるなら先に変更しておいた方がいいかと。

2013年9月22日 (日)

100kbpsで490円/月のServersMan SIM LTE 100 契約

DTIの100Kbps SIM買ってきた

Lumia800はSimが簡単に外せたのでGalaxy Tabととっかえひっかえできたけど
Lumia820のカバーは外すのに一苦労なので追加でSIM追加しようかと。

100kbpsだけど、490円と最安のMVNO SIMのServersMan SIM LTE 100 契約。
まーもともとDTIのアドレス契約してたのでワンクリックだけで契約できて楽だったからともいう。

Screenshot_201309220915461 ほぼ100kbpsしかでないのはいいけど、時々遅延しまくるのでbMobileっぽいなー。
2chみてたらどーも海外サーバ経由することがあるらしい。

まー外でプッシュメール、2ch、twitterみれればいいので外で繋がらないよりは断然いい。

2013年8月13日 (火)

bmobile 4Gから IIJ mioへ

IMG_2993.JPG

LTEなのに300KbpsもでないbMobille 4G Pairから
iij mio 高速モバイル/Dへ変更。

iij mioの特徴としては
・980円で500MB/月
・1980円で2GB/月
・2980円で2GB/月+SIM3枚
(9月から容量アップ、いまはキャンペーン中)
の3つから選べる。
容量を使い切ったら200Kbpsで我慢するか525円(税込)/100MBで追加可能。
ちなみに同じSIMでサービスの切り替えも可能。

でほかのモバイルサービスと違って
有効期限はバンドルクーポンが付与された月の翌月末日まで
ということ。
例にとって980円で500MB/月サービスでひと月で500MB使い切らなければ、
次の月に持ち越せる。
また追加の容量の有効期限はご購入した月から3ヵ月後の末日
というその月で使い切らなければ損をするということがない。

このあたりiij mio特有のサービスかと。
bmobileは2GB/月で使い切りだったし。

対抗馬にはocn モバイルエントリーの容量制限が30MB/日というのがあるけど
容量アップができないので用途によって一長一短。

で実際bmobileとiijのスループットがどれぐらいでるか電波が入りづらい家の中でベンチ比較

LTEが補足できていないけど、モバイルの位置は同じで電波的には条件はおんなじ。

Screenshot_201308132238231

bmobile 400kbpsぐらい。

Screenshot_20130813224253

でiij mio。2Mbps程度でてる

Screenshot_20130813224628

もう一回、bmobile。やっぱり300Kbps前後。

変わる変わるといってたけどここまで変わるとは。
位置は変えていないのにアンテナピクトもえらい変わる。

はっきりいってbmobileは電車のなかだとスループット0Kbpはザラだったので
iijなら多少はマシになるかなと。

あとはラッシュ時に確認だな
iij mvnoいい感じです。

ps.
電車ラッシュ時につないだけどスループット安定してた。
Slingboxも低スループットながらちゃんと見れてた。 サクサクでいい感じだ。

2012年12月15日 (土)

auのHTC JをMNPで購入というか貰った。

IMG_1906.JPG
とかいいつつ、写真はW63K。 ストレート端末好きなので。

二年前に買ったGalaxyTabがめでたく二年契約完了したのでMNPしてみた。
今年の3月はMNPでキャッシュバックが美味しいのはAUだったけど、
いまはDOCOMOが美味しいらしい。

しかし携帯端末の料金表示がややこしい。

狙っているのは一括0円端末。条件も緩くて、出来ればキャッシュバック付き
よくある実質0円端末は、毎月割で本体価格を相殺して0円にしている。
で毎月割の加入条件は、フラットのパケット定額が必要で基本料金プラス5000円程度掛かる。

データ通信はbmobileでして通話だけでいいので余計なサービスは要らない。

ただ一括0円でも加入条件に、フラットのパケット定額加入とか有料コンテンツ加入とか
もあるのでちゃんと聞かないと面倒になる。
フラットのパケット定額は日割り計算で解約できるのでまだいいけど、コンテンツが面倒なんよね。

書いているのはauだけの話で、docomoとsoftbankだとまた変わるのでややこしい。
(sbのスマホタダ割がパケット定額外すと無効とかいろいろある)

日本橋の南からビックカメラなんばまで徒歩でうろうろ。

恵美須町付近はもうダメやね、雑居ビルに点在してた店もほとんどなくなってる。
活気があるのはアキバ系のサブカル。でオタロードに集中している。

狙っているのはHTC J (ISW13HT) 。
評判がいいのでヤフオクも高く売れるからという理由で。
さらに高くで売れるiPhone4sの16GBも探してたけど全然なかった。

IMG_1897.JPG

で結局ジョーシンの1番館でHTC JをMNPで購入。
ジョーシン、家電売ってる店が日本橋でココしかないわけで・・・。栄枯盛衰だ。

ジョーシンに決めた理由は
・HTC Jが一括0円
・条件が誰とでも割だけ。
・端末購入後二週間以内に未使用で動作する端末売却でポイント10000キャッシュバック

ビックカメラも一括0だったけど、キャッシュバックなく条件が多かったのでパス。

月々の料金は
プランZシンプル(980円)+誰とでも割+男子割(-980円)+ユニバーサル使用料3円=3円

ISNETも付けていないのでEメール受けれないけど、
もともとdocomoでもSPモード契約してなかったのであまり気にしない。
通話端末を安く維持するためにMNPしたようなものなので。

ちなみにふつーパケット放題で使う場合は

上にIS NET(315円)+ISフラット(5460円)+毎月割(-1365円)=4413円
eo、zaqとか加入しているならスマートバリュー割引(-1480円)=2933円

12/14までだったらHTC Jのmnpの毎月割が2450円と1000円程度さらに安くできたわけだけど
HTC Jの新機種がでたから本体価格下がった分毎月割も下がった模様。

一括0円端末で、まじめに定額料金払う場合はこのあたりも要注意やね。


IMG_1907.JPG
HTC J、ちょっと触ったけどサクサクで良い感じやね。
評判いいのがわかるわ。

で、スマホで通話端末を維持してもバッテリーすぐ切れるしおもいしでかいし
ということで、最初のW63Kに戻るわけで。

auは端末ロックがあるので店にいって解除して貰う必要があるけど
どーも端末購入日は情報がサーバーに登録されていないので解除ができないらしい。
明日行くか。

2012年12月 8日 (土)

Android用ゲームコントローラー、 NYKO PLAYPAD

IMG_1720.JPG

GalaxyTabに戻してWiiコントローラが使えないので、別のBluetoothのコントローラ探してた。
で、NYKO PLAYPAD買ってみた。
Amazon.co.jpではなくAmazon.comで。

NYKOのよみってナイコっでいうみたいで。

IMG_1721.JPG

サイズは結構小さめ。

IMG_1728.JPG

重さ85g。バッテリー入っているのかと思いたいほど軽い。

IMG_1725.JPG
このサイズでトリガーとバンパーが左右についてます。
バンパーとトリガー同時押しはサイズ的に厳しい。
充電はマイクロUSBで、スイッチはモードの切り替えボタン。

IMG_1723.JPG
コントローラーが入るケースもついてます。

IMG_1726.JPG
ケースの中にはスマホを立てるスタンドがついてます。
傾きは三段階でGalaxyTab7.7が支えられるぐらい頑丈です。

IMG_1722.JPG
なぜか、日本で発売していないのに日本語マニュアルついてます。
基本的なことしか書いてないけど・・・。

で肝心の操作性だけど、これが想像以上に悪い。
海外コントローラでよくある十字キーが真ん中に寄り過ぎ。
十字キーの感触は悪くない、とにかく位置が悪い。

一番悪いのはアナログキー。

IMG_1724.JPG
横から見ればわかるけど、出っ張り過ぎなのにサイズが小さい。
親指に全然フィットしないし滑り止めの出っ張りがとにかく痛い。
スティックそのものは固いのでかなり操作が辛い。

親指の先ではなく、腹で使えばなんとかなるのかなと。
ボタンはそんなに悪くはない。

ハードウェア的にはこんなもん。

ソフト的にはかなりの未完成ぷりが。

Screenshot_20121202122909

Bluetoothとしては、GalaxyTab7.7で問題なくペアリングは可能。

ホームボタン押して、電源ON。もう一度ホームボタン2秒長押しでペアリングモード。
ポームボタン5秒長押しで電源OFF。

コントローラにスイッチがあり、
・HID
・iCADE
・マウス
・アプリ
と4つモードが切り替えられる。

iCadeはIOS用なのでAndroidでは役立たず。

マウスモードは左スティックでマウスカーソル、十字キーでカーソル
ボタンでクリック、ホーム、戻るの操作ができる。
ただスティックは先述どおり腐っているのであまり役立たず。

アプリモードは、専用アプリで使うモードだけど
現状Androidアプリはベータ版でHIDモードでしか使う無いので役立たず。

結局
HIDモードで使用することになる。
そのままだとキーアサインが動かないので
Playマーケットから専用アプリを落とす。

ただこのアプリ、ベータなので挙動がかなりおかしい。
OS側でペアリングしていると動作しないらしく。

Bluetoothをoffのままでコントローラ アプリを起動。

コントローラのモードをHIDにしてコントローラの電源をON
このあと自動的にペアリングして接続完了
こうしないとアプリで制御ができない模様。

Screenshot_20121202141028

アプリはインストールされているアプリを選択してキーアサインを選択して
LAUNCHでゲームを起動する、よくあるタイプ。

いちおうR-typeは動作するけど、GalaxyTab7.7だと途中でプチフリする。
コントローラのせいじゃないけど。

スティックが腐っているけど、タッチパネルでやるよりは100倍楽。
既成のゲームからの移植ゲームとかなり操作性が上がるかと。
アーケードとかNESのエミュとか。

このアプリ終了デキないバグがあるのでタスクマネージャで落とすしか無い。
このあたりもベータ。

まー、多少高くてもいいのなら日本デザインのSMACONが一番良さげな気がする。

2012年11月28日 (水)

Galaxy Tab 7.7 Plus (SC-01E)でLTEだけ切る方法

LTEそのものは速くていいんだけどアイドル状態でもバッテリーをバカ食いする。
auのLTEみたいに上位システムから停止できればいいんだけど、DOCOMOは
そうは行かないので端末側からLTEを捕捉しないようにしたい。

が、しかしLTEのみをOFFにするという都合のいい設定が無いので
隠しメニューのServiceModeから設定。

Screenshot_20121128113655

通話ができる端末とかだと、電話から*#2263#でサービスモードに入れたりするけど
GalaxyTab7.7 plusは電話機能が無いので
ShowServiceMode
というアプリなら直接ServiceModeを開くことができる。

メニューひらいて[1] Automaticなら自動でLTE優先、3G接続
[2] WCDMA Band Preference ⇒WCDMA ALLで3Gのみ接続
[4] LTE Band Preference⇒LTE ALLでLTEだけ接続

と設定が変更可能になる。
LTEでも3Gでもパケット料金は変わらないのでLTE常時ONでもいいんだろうけど
LTEはエリアが狭く頻繁に3GとLTEを切り替えるのでバッテリの消費が激しい。

常時LTE OFFでスループットが必要なときはLTE ONにすると良い感じかと。

設定の動画上げてみた。

ちょっと見づらいか・・・。

Androidスマホのデータ専用SIM運用にAMCT

Screenshot_20121128002948

Galaxyシリーズはデータ専用SIMをつないでもアンテナピクトはでるので
セルスタンバイ問題に関してはあんまり意味が無いけど
外で3G接続時にWifi ONだと意味なくバッテリー消費するし、
Wifi接続時にWCDMA捕捉させても意味ないし、バッテリ消費する。
なので自動的に3GとON/OFFとWiFIのOFF/ONができるツールを探してた。

で見つけたのが、AMCT
機内モードにしてモバイルデータとWCDMAをOFF、WifiをON。
Wifiが切れると機内モードをOFFにして3Gを接続したらWifiをOffにする。

機内モードで抑制してるのでWifi接続時は基地局からの電波受けなくなって
通話できなくなるのでデータSIM運用専用。

あとは一番消費の根源であるLTEを抑制できればいいんだけど、
GalaxyTab7.7 PlusはLTEだけ切るオプションが無い
んですよねぇ。

ps.
SC-01EでLTE OFFのやり方はわかりました。

2012年11月18日 (日)

Galaxy Tab 7.7 PLUS (SC-01E) 買い替え 

IMG_1586.JPG

Nexus7持っているにもかかわらず、GalaxyTab7.7 PLUS。
Docomoとしては出たばかりだけどハードそのものは去年のもの。

GalaxyTab7.7に変えた理由
・Nexus7の画面がちょっと狭い
・16GBで足りなくなってきた
・3G通信が欲しい。
・充電が遅い(充電しながらVULKANO見てたらバッテリ切れた)

Plusなしの海外版でも良かったんだけど
海外版のWIFIのみの16GBの値段でヤフオクでDOCOMOの32GBの3G+LTE版買えるので
あとLTE対応b-Mobile 4G Pairも持っているという理由もある。
ドコモスマホだとroot化しないとbモバでテザリングできない欠点はあるけどね。

NEXUS7の3G版が向こうの定価299ドルで買えたら画面サイズ
妥協して飛びついていたんだけどね・・・。
でもNexus7 3Gはドコモ Fomaプラスエリアは捕捉しないらしいので
これはこれでよかったなと、

簡単にレビュー

IMG_1593.JPG

解像度は1280×800で同じだけど、
Galaxy Tab 7.7の画面サイズ実寸で 103mm×165mm と Nexus7の画面サイズ 94mm×151mm。
縦横10mm近く違う。
dpiもGalaxy Tab 7.7は低くなっていて160でNexus7は213でGT7.7は小さく、N7は大きく見える。

IMG_1591.JPG
重さは340gぐらいなので、変わらないけど薄さはGalaxy Tab 7.7はかなり薄い。

バッテリーは4350mAhと5100mAhとかなり違うけど、GalaxyTab7.7は自前てモバイル通信するし
docomoのLTEはかなりエリアが狭く3GとLTEを切り替えるのでバッテリー消費が激しい感じ。
明らかにNexus7のほうが持つ。

IMG_1587.JPG
ワンセグ+NOTTV用アンテナついてます。海外製のケースだと間違いなく干渉。

IMG_1588.JPG

nottvはdocomoのsimならば契約切れでなければbモバイルのsimでも視聴は可能。
まー見るものがあってちゃんと受信できればいいんじゃないかと・・・。
アンテナ干渉しているのでカバーは180度回転して取り付けてます。

IMG_1583.JPG
VulkanoでTV再生。
初代GALAXYTABのようにコマ落ちは再生なし。画面が大きいぶん見やすい。

IMG_1584.JPG
自炊コミックは差がはっきりわかる。
発色はGalaxy Tab7.7のほうが綺麗で大きいです。

IMG_1595.JPG

付属品は初代にはついてなかったスタンド(HDMI出力はついてない)
とまとも使える容量の16GB microSDついてます。

IMG_1594.JPG

Galaxytabシリーズの端子はシリーズ共通なのでOTGコネクタも使えます。

まーGalaxy Tab 7.7のいいところをステマの様にかいてきたけど悪いところも
Nexus7比較ですが・・・。

Android4.0なので、アニメーションがいまいち。
4.1から60フレームになっているのでサクサク感があまりない。

DPIが最初から160なのでボタンが小さすぎる。

Bモバでテザリングできない。

ベンチマークも当然劣るわけで

Screenshot_20121118092117

Nexus7

Screenshot_20121118092115

Galaxytab 7.7

Screenshot_20121118095149
Nexus7

Screenshot_20121118095154

Galaxy tab7.7

決してGalaxyTab 7.7が悪いわけではなく、Nexus7が良すぎるわけで。
去年モデルのGalaxyTab7.7と今年モデルのNexus7だし。

Nexus7 3Gが安く買えたらGalaxyTab 7.7は売れないからDoocmoからださないのかなぁ。
つーか去年これ出しとけばいいのに・・・。


2012年9月26日 (水)

Google Nexus7用のカバー

IMG_1103.JPG

日本発売したのでそのうちいろいろ出てくるとは思うけどすでにに
Amazon.comで買っているのでそれのレビュー

i-Blasonというメーカーのケース、19ドルだったけど送料が15ドルぐらい掛かった。


IMG_1109.JPG
変哲の無いケース、価格からみてフェイクレザー。オレンジだったから買ったようなもんで。

IMG_1110.JPG
裏面、下のアナアナはスピーカの穴。ちょっと少ないけど十分聞こえます。


IMG_1112.JPG
本体は爪の6点で支えてる、意外としっかりホールドしています。
真ん中の爪が右にずれてるのと左側の爪が欠けてるのは…。

IMG_1104.JPG
爪を外して…。

IMG_1113.JPG
蓋の溝に本体を置くとスタンドになる。
溝が2本あるので、二段階スタンドでどっちも良い角度です。

IMG_1111.JPG
iPADのスマートカバーみたいにNexus7も同じ機能がある。
カバーを開けると画面が表示されて閉めると画面が消える。
このカバーもその機能に対応している。
多分カバーの爪にマグネットかなんか入っているのかと。
けど、いままでの癖で電源ボタンおすので意味がなかったりする…。

爪そのものは鉄芯入っててかなり硬いです。

IMG_1119.JPG

単体での重さは130gちょっと。Nexus7が340gなので足して470g
iPadよりはまだ軽いです

ちなみに、NFCはこのカバーつけたままでも認識します。

機能的には問題は無いんだけど、色が派手で合成皮革なので
色落ちしやすので結局カバーのためのカバーを用意するハメに…。

なので

IMG_1126.JPG

7インチタブレットにぴったりなスリップインケース買ってきた。
ケース込みで入れるとギリギリでちょっとはみ出る。むりやり引っ張ればなんとか入るけど。
ケース入れなければぴったり入ります。

まー日本製のいいやつか純正のプレミアム版でればそっちも検討したいところ。


色はちがうけど、日本でも取扱はあるそうで。