2009年7月16日 (木)

バイオニックコマンドー シングルフルコンプ で レビューと攻略

01

一応難易度コマンドーもクリアしたのでかんそー。

ゲームはバイオニック コマンドー:マスターD復活計画の10年後の設定。
主人公は同じスペンサー。

14
なのにこんな奴。なんか違う・・・。

15

マスターD復活計画のクリア時のコードで前作のコスチュームに変わります。

02

ちなみに前作をクリアしていると、上の装備と試作武器とパーブルマトリックスが増えますが
使用効果は不明、パープルマトリックスは道中で扉が開くようになるけどその先にはオブジェがあるだけで意味不明・・・。試作武器も出てこなかった気が・・・。
使用できるコマンドはアカウントで変わるらしいので記載しても意味ないそーです。


03

ゲームとしては3Dワイヤーアクション。
荒廃した街を縦横無尽にワイヤーで飛びまくると想像したいところだけど
実は一本道でしかも戻れない、順路以外は放射能汚染で進めないのでそこはちと不満。

やってる感覚はロストプラネットの移動を速くしてとワイヤーの延びを長くしたような感じかと。
Lトリガー押しっぱなしでワイヤーが自動でくっ付くのでワイヤー移動は予想よりも簡単。
ワイヤーを離すタイミングが重要。

13

箱庭ゲームじゃないけど各マップに回収アイテムが転がっている。全部で150個。
戻れないので一度とり忘れるとオートセーブの為に初めからやり直しになる。
尚且つクリア後の引継ぎブレイは不可だし、クリアしたマップからリスタートという甘い設定も無し。
一度クリアしたマップのプレイは可能だけどそこでアイテムとっても累積カウントはされない。

操作感覚はさすがカプコンらしく、操作でむかつくようなことは無かった。
(回収アイテムの場所が取りづらいは別として)
特にワイヤーは慣れるとかなり楽しい。
マップも箱庭系を期待すると残念だけど、都市、港、森、洞窟等いろいろあって
ちゃんとワイヤースイングを考えた物の配置になっているのはいい感じ。

といいつつ不満点のほうが多いわけで・・・

・ワイヤースウイングは楽しいが、通れるルートは基本一箇所
・ワイヤーアクションを使ってギリギリ使って移動するマップがほとんど無い。
 あっても浮遊機雷ぐらいなのでちょっとあきる。
・基本武器のハンドガンが無制限じゃない割には、弾が少ないときほど敵から弾薬がワラワラ
 出てきて弾数制の意味が無い。
・サブウエポンの出てくるのシーンが少なすぎるうえに弾も少ないのでここぞの使い道が無い。
 そのくせチャレンジでは使用を強制させる。
・距離感がまったく掴めず、目視しても敵の位置が分からない役に立たないレーダー、
・チェックポイントごとにセーブされないので死んだらかなり戻されるところがあるわりには
  中継器でも無いのに突然セーブされるポイントがある。
・クリア後の引継ぎブレイ不可、なので回収物とチャレンジはワンプレイで全てとる必要アリ。
・エリアが戻れないのにオートセーブされるので一度でも取るのをミスると
 再プレイを強制される。 せめてエリアを最初からやり直す機能があれば・・・。
・意味不明なストーリー、ラストなにあれ。難易度コマンドーでもラストは変わらなかった・・・。
・ラスボスどーなったの?
・発売するの遅すぎ。

発売がおくれてゲームの調整したのかなーと思った結果が、個人的な期待値より下回った感じ。
ライオットアクト的なゲームを期待したんだけどね・・・。
ぶっちゃけ、XBLAのバイオニック コマンドー:マスターD復活計画の方が面白かった。

次回作があるのであれば箱庭系で、たかーいビル登って飛び降りたり、端から端までワイヤーでタイムアタックをしたいところで。

序盤10分の動画あげてみた。こんな感じのゲームです。


以下ゲーム攻略、長くなるので

続きを読む »

2008年9月11日 (木)

バイオニックコマンドー マスターD復活計画 レビューと スーパーハード攻略

08090818513204531280x720

http://www.capcom.co.jp/bc/thebionicworld/dindex.html


XBLA新作というかヒットラーの復活のリメイク
もともとの海外タイトルはヒットラーがまずいのでBionicCommando。

08090818530102961280x720

Topser1

08090818533302501280x720_2

Topser2

リメイクなので、基本的にはおんなじ。
といっても3Dにレンダリングされているし、BGMも原作のアレンジになってます。
難易度は今風にマイルドになっているけど、このゲームの死亡原因のひとつは操作ミスとおもうのでそのあたりはファミコン版となんら変わっておりません。
ジャンプできない、ぶら下がったら調整ができないとかなりストレスがたまる仕様。
でもタイミングが慣れるとスイスイと進めてしまうのもファミコン版と変わらずです。

また時間内にゲートをくぐるパズルのようなチャレンジモードもあり、800ゲイツにしてはかなり内容があるので、昔ハマッた人とかならかなりオススメします。
チャレンジモードはYoutubeにあったので貼り付け。




で、スーパーハードの攻略サイトがないのでメモ書き。
動画バリバリで当然ながーーくなるので以下

続きを読む »