2014年7月 6日 (日)

全然懲りずに マッドキャッツ ワイヤレスゲームパッド C.T.R.L. R Mobile Gamepad Black

あれこれそれやを買ったあげくまた買ってる。

P7030721.JPG

Mad Catz製のC.T.R.L. R Mobile Gamepad Black。
今回は持ち運ぶことを考えてないので大き目で。

Windows/MacとAndroid用で、iPhoneはサポート外。

P7050732.JPG

すごくアレのコントローラにそっくりです。少なくともアレとボタン配置はおんなじ。


P7060774.JPG

FREEと比べるとどれだけデカいのかと。 持ち運びは向いてない。

P7050722.JPG

コントローラーは単四電池二本で動作。電池込の重さは274g。
アレのコントローラが単三電池二本で似たような重さなのでちょっと重い。

P7050723.JPG

スマホ用マウンタを取り付けると300gオーバー。 だいぶ重い。

P7050727.JPG

A,B,X,YにBack,Start,十字キーにアナログスティック2本とスティックボタン。
アレと違うのは、メディアボタン付いてるぐらい。

P7050725.JPG

トリガーとバンパー。
と書くとアレなので、R1,L1,R2,L2ボタン。
真ん中のねじ穴は、スマホマウントの取り付け治具用ねじ。
がっちりホールドするのでそうそう外れません。

P7050724.JPG

一番重要なところ、十字キー。
悪くはないんだけどつるつるで滑る。んでちと固い。
ファミコンの十字キーの矢印の溝は偉大だったと再確認。
すべり止め対策できるならいい感じと思う。

P7050733.JPG

アナログスティック、アレにそっくりと思われるけど微妙に軸が長い・・・。
合格点ではあるけどこの微妙な差がつらい。

P7050729.JPG

マウンタは幅が58.6mm から80.5mm までのスマートフォンが嵌めれる模様。
スペック上で調べれるとGalaxy Note3 5.7インチまで、6インチのXperia Zはムリポみたい。
縦画面もムリポ。

P7050728.JPG

モードスイッチが3つ。 左から
Android 端末などBluetooth LE 対応機器へ接続するための「GameSmart モード」
マウスカーソルをアナログスティックに割り当て操作する「マウスモード」
PC 用のゲームパッドとして動作する「PC モード」

Bluetooth LEをAndroidで使うにはVersion 4.3以上が必要らしい。
今使ってるGalaxy S3αはちょうど4.3なので使えてる。

といっても4.0.2のGalaxyTab7.7でもペアリングはできてるのであんまり変わらない気がする。


01

PCにつなぐと、ふつうにコントーラとマウスのデバイスとして認識。
コントローラは、四軸の十字キーはハットスイッチ、15個認識されてるけどボタンは12しかない。

PCモードとGameSmartモードだと微妙にボタンアサインが違う。
PCモードだとL/Rトリガはデジタルボタンとしてに認識されてるけど
GameSmartモードだと認識してない、ドライバーが悪いのかなぁ。

01_2

専用のソフトウェアがあるけどボタンアサインや感度の度合いの変更程度。
しかもこのアプリ、ものすごいリCPUソースとるのでまったくオススメできません。


ちなみにAndroid用にアプリもあるけど現状コントローラが認識しません。
Android側にこそアプリごとにキーアサインがないのでコンローラー側で変更アプリがほしいのに・・・。

ちなみマウスモードの場合、左スティックがマウスカーソルで、Backボタンで戻る
HomeボタンがHomeキー、R1もしくはBボタンが右クリック、L1もしくはAボタンて゜左クリック。
コンシューマーハードのブラウザを操作してる感じになる。

PC側での操作はゲーム側でキーアサインが出る気のでそんなに気にならない。


問題はAndroid側。 ほとんどのアプリがキーアサインできないので運次第。

P7050730.JPG

DeadSpaceはコントローラが対応してない・・・


P7060775.JPG

GTA3は一応対応してる。

コントローラとしては、普及点のコントローラ。
スマホで運用前提として、くそデカいコントローラ外に持っていくのはちょっと厳しいかと。
ほかのコントローラとくらべてもそこまで高くないので、操作性を重要視するなら
選択肢としては悪くないかと。

2013年12月21日 (土)

映画 RED リターンズ 見てきた 75点

PC200036.JPG

 

引退したスペシャルなオッサンオバサンが大活躍する映画第二弾。
恋人サラとコストコでショッピング中に元仲間のマーヴィンに警告を受ける元CIAのフランク。
その帰りにマーヴィンの車が爆破されてマーヴィンが死亡、告別式でCIA集団に拉致されて
ナイトシェードに関して拷問を受けるがフランク本人は何も知らず、
いろいろあって脱出し誰かから偽情報を流されて嵌められたことを知る。
CIAのエージェントと雇われた最強ヒットマン、MI6にも狙われながら
謎の兵器ナイトシェードに関して調査していく。

前作があまり期待値低めでいったら意外とよかった続編。
前作も少な目だったバレットタイムシーンがさらに減ってる感じは残念なところはあるけど
高年齢キャストなので演技がうまく、どのキャラクターも魅力的で且つ無敵エージェントの
ぶっ飛んだ設定で細かいことを考えずに気楽に見れる痛快アクション映画なのは
前作と変わらずなので前作がよければハズレではないはず。

でも、ブルースウィリスとイ・ビョンホンの組み合わせってGIジョー2とおなじじゃんという
突っ込みはなしで。

ヒットマンとして韓流スターのイ・ビョンホンは筋肉ムキムキでかっこいいアクションしてるけど
これぐらいできる目立った若い俳優が日本にいないのがちょっと残念と思う。
いまの邦画では無理だろうけど。

あと、相変わらず核弾頭を超強力な爆弾としか思っていないのはアメリカのステマなのかと思うぞ。

2013年10月26日 (土)

FC30 Bluetooth Gamepad カテキタ

Steelseries Freeで打ち止めと言いつつ、またBluetoothコントローラ買ってるし。

IMG_3633.JPG

だってファミコンコントローラーだもん。スルーのセービングロールの目標値たっけーよ。
どーみてもファミコンコントローラだけど元のメーカーに版権がないんだとか。

メーカーは8Bitdoらしい。

IMG_3634.JPG

裏の英語でいろいろ書いてます。これマニュアル入ってないんよね。
メーカーサイトに英語のマニュアルあるので参照で。

ComboキーとかTurboキーとか書いてるけどやり方わかんないよ。

IMG_3635.JPG

ボタンの数以外はほぼそのまんま。

IMG_3636.JPG

両サイドにLRボタン、真ん中にMiniUSBコネクタとLEDが元と違うところか。


IMG_3637.JPG

これぞ十字コントローラという、十字キー。 今となってはちと使いづらい。
中華コントローラよりは全然いいけど。

IMG_3639.JPG

ボタン、二つでいいのに四つもある。 ボタンの質感はそのまんまだけど
数がいただけない。

IMG_3641.JPG

上はBuffaloが出してるファミコンコントローラのUSB版。
ボタン配置は上の方がいいなぁ、使い勝手は下だけど・・・。

操作感覚は良くも悪くもファミコンコントローラ。オッサンの手にはちょっと小さいんだよねー。

IMG_3652.JPG

Xtanderというコントローラーに付けれて、スマホスタンドもなるアダプタも付いてる。
LumiaにはHIDないから意味ないけど。

で実際つなぐとなると三つのモードかあるらしい

・USBモード
 付属のUSBケーブルで接続するとUSBコントローラとして使える。
 Windows8 PCでつないだら普通にHIDデバイスとして認識。
 電源要らないので充電不要。

IMG_3642.JPG

ちなみに、OTGケーブルでGalaxytab7.7plusにつないだけどハイパワーUSBデバイス
として認識されて動かず。
Xbox360コントローラ認識できたNexus7ならできるかも、自己責任でヨロ。

・Bluetoothモード
これが普通の使い方かと、Windows/android/iosで認識可能。
Win/androidはSTARTボタン3秒押しで起動。LEDは1回点灯。
iosはA+STARTボタン3秒押しで起動。LEDは3回点灯
でペアリングすればいいらしい、ペアリングコードは0000
HIDで接続されてる模様。

IMG_3640.JPG

専用アプリがないのでボタンアサインはアプリ側任せ。
エミュならまずアサイン設定あるのでそこまで問題はないかと。
アサインできないなら運任せ。
WindowsでBluetoothコントローラで認識させる場合、BluetoothVer2.0だと
認識できなかった。
肝心のレスポンスは、シューティングするにはラグがちと気になるレベル。
それ以外なら気にならないぐらい。どっかのコントローラみたいにボタン暴発はなし。
スポーツゲームぐらいなら余裕かと。
レスポンスそのものはほかのBluetoothコントローラと変わらない。

・Emu-Touch Screen mode
 タッチパネルの操作をコントローラで操作できるらしいが、要root/Jailbreak。
 なので試してない。
 専用のアプリをインストール後、X+STARTボタンで起動してペアリング。
 SELECT+STARTでアプリ起動して、アサイン割り当てする模様。
 非root端末でAPKいれたけど動かなかった。

ほかにもB+STARTで電源入れるとキーボードモードで起動LEDは2回点灯。

ちなみに電源OFFは、STARTボタンをLEDが消えるまで押し続けると電源OFFになる。



まとめ
BluetoothとしてもUSBとしてもコントローラが使えるので使い勝手はかなりいいコントローラ。
もとあるコンシューマのコントローラのマルパクリなので操作性も悪くないし。
アナログスティックとかはないけど、8ボタンあるのでSFCエミュレータとかにもいいかもねー。

2013年9月22日 (日)

100kbpsで490円/月のServersMan SIM LTE 100 契約

DTIの100Kbps SIM買ってきた

Lumia800はSimが簡単に外せたのでGalaxy Tabととっかえひっかえできたけど
Lumia820のカバーは外すのに一苦労なので追加でSIM追加しようかと。

100kbpsだけど、490円と最安のMVNO SIMのServersMan SIM LTE 100 契約。
まーもともとDTIのアドレス契約してたのでワンクリックだけで契約できて楽だったからともいう。

Screenshot_201309220915461 ほぼ100kbpsしかでないのはいいけど、時々遅延しまくるのでbMobileっぽいなー。
2chみてたらどーも海外サーバ経由することがあるらしい。

まー外でプッシュメール、2ch、twitterみれればいいので外で繋がらないよりは断然いい。

2013年8月13日 (火)

bmobile 4Gから IIJ mioへ

IMG_2993.JPG

LTEなのに300KbpsもでないbMobille 4G Pairから
iij mio 高速モバイル/Dへ変更。

iij mioの特徴としては
・980円で500MB/月
・1980円で2GB/月
・2980円で2GB/月+SIM3枚
(9月から容量アップ、いまはキャンペーン中)
の3つから選べる。
容量を使い切ったら200Kbpsで我慢するか525円(税込)/100MBで追加可能。
ちなみに同じSIMでサービスの切り替えも可能。

でほかのモバイルサービスと違って
有効期限はバンドルクーポンが付与された月の翌月末日まで
ということ。
例にとって980円で500MB/月サービスでひと月で500MB使い切らなければ、
次の月に持ち越せる。
また追加の容量の有効期限はご購入した月から3ヵ月後の末日
というその月で使い切らなければ損をするということがない。

このあたりiij mio特有のサービスかと。
bmobileは2GB/月で使い切りだったし。

対抗馬にはocn モバイルエントリーの容量制限が30MB/日というのがあるけど
容量アップができないので用途によって一長一短。

で実際bmobileとiijのスループットがどれぐらいでるか電波が入りづらい家の中でベンチ比較

LTEが補足できていないけど、モバイルの位置は同じで電波的には条件はおんなじ。

Screenshot_201308132238231

bmobile 400kbpsぐらい。

Screenshot_20130813224253

でiij mio。2Mbps程度でてる

Screenshot_20130813224628

もう一回、bmobile。やっぱり300Kbps前後。

変わる変わるといってたけどここまで変わるとは。
位置は変えていないのにアンテナピクトもえらい変わる。

はっきりいってbmobileは電車のなかだとスループット0Kbpはザラだったので
iijなら多少はマシになるかなと。

あとはラッシュ時に確認だな
iij mvnoいい感じです。

ps.
電車ラッシュ時につないだけどスループット安定してた。
Slingboxも低スループットながらちゃんと見れてた。 サクサクでいい感じだ。

2013年4月17日 (水)

Slingbox350買ってきたのでVulkanoと比較してみる

IMG_2170.JPG
めでたくボーナスがでたので、なにか買おうとした矢先Slingboxが小さくなって
安くなったのが出たということで衝動買いしてみた。
といっても前モデルのSlingbox HDも一万円さがってるけど…。
Vulkanoも小さいモデルが出てるけどどーせならSlingboxで。

海外版のVULKANO PLATINUMから変えてみた比較レビュー
Vulkano flowもモバイルプレイヤーが有料なだけで基本的には同じのはず。
VulkanoもっててSlingboxどーかなと思ってるなら参照に。

IMG_2171.JPG
横の電池は単三電池。
小さくなった分、SlingBoxHDは2入力対応だったけど、1入力になった。
350でもコンポーネントとコンポジットという2つの切り替えは可能だけと
音声入力はひとつのみ。HDMIは無し。
D端子⇔コンポーネント変換ケーブルはパッケージに付属しています。

ちなみに2011年以降のデジタルチューナーはD端子が無いので面倒かも。

このあたりはVulkanoと変わんない仕様。

チューナーとSlingboxとLanケーブル接続して、slingboxのサイトでユーザー登録して
プラグインをインストールすれば自動的にSlingboxを認識して再生が可能になる。
非常に簡単。

SlingboxHDまでは専用のアプリでも再生できたはずだけど
Slingbox 350はブラウザからのみ。
ただ、プラグインをインストールする必要があるので、出張先のホテルのPCで
TV見るとかはできないのでなんか微妙。
対応ブラウザはIE,Firefox、Chrome、Safariと大抵のに対応。

Slingbox1

ウリはフルHD対応というだけあって、PCでの再生時のビットレートは8Mbpsぐらいまで上がる。
デジタルチューナーから直接出力された画質に匹敵。
画質はHD、最高、高、標準と最低の4段階で選択可能。
HDだけ表記が変なのはSlingbox350で追加されたのかな。

VulkanoがSD画質でビットレートが2.5Mbpsどまりだったので
ビットレートが確保できれば、画質に関しては雲泥の差。

Slingbox3_2

ひだりがSlingbox350、右がVulkano

サムネイルだとわかりづらいけどこのサイズぐらいで差が出始める。
静止画ではわからないけど、Vulkanoはブロックノイズがのる。

30分のタイムシフトができるのはVulkanoと同じ

Slingbox2

リモコンに関しては、国産のリモコン対応数がかなりあるので大抵使えるはず。
リモコンのインターフェイスも実物に合わせているので使いやすい。
該当リモコンがない場合は以前は学習機能が使えたけど今は使用不能
似たようなリモコンを使うか、あきらめるか。

Vulkanoはリモコン学習機能がつかえるけど元々対応リモコンが少ないので
使わざるを得なく、インターフェイスもある程度のテンプレートの分しかないので
つかうのに慣れがいる。

IMG_2173.JPG

赤外線リモコンケーブルはSlingbox、Vulkano両方ともについてくる。
Slingbox350は本体前面にも赤外線出力が付いているのでケーブルなくても使えるけど
前面なのでチューナーとお見合い状態で設置する要るので、微妙な使い勝手。

追記
どうも左右にもセンサーついてる模様で。それでも微妙だけど。

で、実際にプレイヤーのリモコンの操作感覚というと、SlingboxもVulkanoも
どっちも再生される映像はエンコードとかで3秒程度ずれているので
実際のリモコンで操作すると三秒程度ずれて反映される。

ただプレイヤー側のリモコン操作をすると、Slingboxはすぐに同期を取って反映するのに対して
Vulkanoはすぐに同期をとらないので三秒程度ずれて反映される。

Slingboxの方が良さげに見えるけど、リモコン操作をすると同期を取る分映像が
止まって映像が途切れるので連続で操作するとカーソルがすっ飛んだり操作を見失うことが多い。
Vulkanoは同期を取らない分操作のレスポンスがかなり遅いけど映像は途切れない。
どっちもどっちな感じがする。
設定画面弄るならSlingboxだけど、再生中触るならVulkanoのほうがいい。

androidスマホ用のアプリはなぜか2つあり、for Phonefor Tabletがある。
IOS用でもiPhoneとiPad用でわかれているのでandroidもわけているのかと。
ちなみにWindowsPhone用もあります。

で中途半端サイズの7インチはどっちを買えばいいのかというとまた一長一短なわけで。

Screenshot_20130416194659

SlingPlayer for Phones
HQ画質とSQ画質が選択できるがHD画質が選択不可
最大ビットレートはHQで4Mbps、HQで1.5Mbpsぐらい。
200kbps程度のスループットあれば途切れずに再生は可能みたい。
なので3Gデータ通信にも安定すれば再生は可能。
ちなみにワンセグのビットレートが128kbpsなので似たような感じ。
フレームレートが違うのでワンセグよりはスムーズ。

リモコンがスクリーンショットのように小さい画面でも押しやすいレイアウトになってて項目ごとに分かれている。
Vulkanoのリモコンに近い。



Screenshot_20130416194447

SlingPlayer for Tablets
HD画質が選択可能
HD画質の最大ビットレートは5Mbpsぐらい。
7インチでHDとHQの画質を比較すると目視で認識できるぐらい差はある。
ばっと見てはそんなに変わらないけど10インチとかだと結構差が出る気がする。

リモコンがPCのプレイヤーのように実際のリモコンデザインになっている。
ピンチズームでリモコンを大きくできるけどそれでも矢印ボタンの判定が米粒程度しかなく
非常に押しづらい。小指でもつらい。(このリモコンだけかもしれないけど・・・)

for PhonesでHD画質が選べるか、for Tabletsのリモコンの押し判定が治れば
どっちか一つに選べるんだけどね。
どちらもVulkanoのモバイルアプリみたいにコネクションロストは一度も発生しなかった。

ちなみに、タイムシフトはどちらにもついていない。Vulkanoにも無いけど。

で、まとめVulkanoとSlingboxの長所と短所
・Vulkano
長所
 ・安い
  ・無線LAN内臓
 ・同じWAN内なら、複数のプレイヤーで視聴可。(海外版だけかも)
 ・HDDやSDの記録メディアをつないでいるとVulkano本体で録画可能で
  再生もVulkano単体で可能(ただしSD画質)
 ・リモコン操作時に画面が止まらない
 ・100kbps程度の低スループットでもなんとか再生してくれる。
 
短所
  ・無意味に長くでかい。(国産の最新型は当てはまらない)
  ・SDの2.5Mbpsの画質(4インチクラスのスマホなら気にならないと思うけど)
 ・モバイルアプリはスループットの急激な変動があるとコネクションロストで途切れて不安定
 ・リモコンの設定が面倒だし、学習がかなりやりづらい。
 ・リモコン操作時に反応が遅いのでイライラする。
 ・セッティングにも使用するにも慣れがいる。
  ・消費電力 約8.5w

・Slingbox 350
長所
  小さい
 フルHD再生可能な高いビットレート。
 セッティングが簡単
 リモコンが対応しているものが多い
 リモコンの操作時の反応が速い
 モバイルアプリのコネクションが安定している

短所
 対応リモコンじゃないと学習機能がないのでほぼ使えない
 リモコン操作時に画面がとまりイライラする。
 PCではブラウザで見るのでブラウザが落ちると一緒に落ちる。
 低ビットレートだと、音声ぶつ切れで視聴が困難。
  ブラウザで見る以上PCのモニタ制御ができないのでいきなり画面がスリープに入ったりする
 消費電力 約4.5w

個人的には、家の中で有線や無線LANとかでみるとか、外でも8Mbps程度のスループットが安定してでる公衆無線LANとかがメインであれば、
Slingboxの方が高画質なのでいいかと。

出先でモバイル通信使って視聴メインなら、Slingboxの高画質のビットレートが確保しづらいし
映し出す画面サイズも4~5インチのスマホサイズであればVulkanoでもいいかなーと。
CATVやADSLだと上りのスループットは8Mbsでないし。

ただし、どっち使うにもかかわらず
Wimax以外の3.9Gのモバイル通信だと一ヶ月7GB、三日間で1GBという制限があるので
気がつけば制限食らってたというのはよくあること。
8Mbpsで17分見れば1GB超えるし、117分で7GB超えるからね。

Wimax環境がありSlingbox置いている回線がFTTHならSlingbox一択。
それ以外ならVulkanoでもいいかもしれない。

家はFTTHだし外ではwimaxで見るのでSlingbox350はかなり画質が上がったので
かなり満足でした。
bmobileで見る場合は異常な低スループットになるのでちょっとつらいけど。

2013年4月 4日 (木)

これで打ち止め??、Bluetoothコントローラ steelseries FREE

IMG_2152.JPG

前回のsmaconで終わると思ってたのに・・・。

前々から気になってはいたんだけど、日本では売ってないし、Amazon.comでも
最初はNotshipだったので買えなかったsteelseries FREE
JapanでもShipできるようになったので注文。
しかし、当初の価格の倍近い値段になってるんだけど・・・。円安でさらに高いし・・・。

IMG_2158.JPG
Nykoと同じで、なんでか日本語マニュアルついてる。
なくても何とかなるレベルだけど

IMG_2153.JPG
いままで買ったコントローラよりも一回り小さい。
けど質感は一番いい、オールつや消しのピーチスキンでチャチく見えない。

IMG_2156.JPG
バンパーはLRのデジタル二つのみ、かなり長いけど何処押してもちゃんと反応します。

IMG_2155.JPG
十字キー、位置といい固さといいいままで一番のベスト。 斜めも入れやすい。
文句言うならちょっと長いのでいわゆるヨガフレイムコマンドがつらい。
wiiコンの短い十字キーよりはいいけど。

IMG_2154.JPG
アナログスティック。
見たまんまですが家庭用ハードコントローラとほぼ同一の形。
ストロークが短いので細かいのはつらいけど、ほかのBTコントローラに比べれば
ぜんぜん楽。

IMG_2157.JPG
ボタンもぎりぎりのレイアウト。
SMACONみたいにボタンのストロークねーよってことはなく、いままで一番深くて
ちょっと固い。

コントローラの感触としては小さいけどいままで一番いい。

コントローラのモードはHIDコントローラモードとiCadeモードの二つしかなく
ゲーム専用と割り切った設定。

IMG_2159.JPG

このコントローラ専用のアプリがあり動作チェックができるけど、
キーアサインの変更はできない。

Free

Windowsでもちゃんと使用できてこっちはかなり細かい設定ができる。
アナログスティックのあそびの設定までできたりする。
ちなみにWindows標準のBTマネージャー使わないとソフトがコントローラが認識できない模様。

Android側でキーアサイン設定ができないので結局対応ソフト次第
対応ソフトはかなりある模様

IMG_2160.JPG
GTA3は対応してるし、細かい動作もいらないのでかなーり快適。

で、肝心の操作感覚だけどかなりいい。
最初小さいから大丈夫かなと思ってたけど全然問題ない。
いままでコントローラは何だったんだといいたい、求めていた操作感覚。

ただね

このコントローラの問題じゃなくてGalaxyTab 7.7 Plus側に問題があるわけで・・・。

どーもBluetoothのデータが数秒途切るとボタン入力もとぎれて遅延がでてる。
なにも入力しない状態でボタンをおすと一秒ぐらい遅れてボタンが反応する。
連続してボタンを押すとちゃんと反応するけど最初だけが遅延している。
数秒でドーマントに入って休止してボタンを押すと再開するので遅延するような感じ。

この症状はWindowsやNexus7では出ていないのでSC-01Eの仕様かと。

まれにこの症状でないこともあるんだけど、確実に回避する方法は
ほかのBluetooth機器と一緒にペアリングしてドーマントに入らないようにすること。
手っ取り早いのはA2DPの機器でペアリングしてゲームのBGMをBluetooth機器で
鳴らせば、常にデータを送り続けるのでTab側のBTがスタンバイに入らず遅延が発生しない。
マウスとかだとマウスカーソル止まるとスタンバイに入るのでお勧めできない。

Galaxyシリーズなら同じ原因でコントローラの遅延が発生する気もするけど
手間を惜しんで使いたいほどこのコントローラはいいです。
つーかほかが悪すぎる。

欠点を言うなら、日本で買えないことと、本体が小さくボタンが少ないので
PSとかSS以降のエミュレーターとかには使いづらい。
専用のアプリがあるのにボタンアサインとかができないことぐらい。



でも一番いいのは・・・

IMG_2165.JPG
UBSサターンパットをOTGケーブルでつなげることだったり・・・。
GalaxyTabはUSB電力少ないのでXbox360のコントローラつかえないんよね・・・。
Nexus7はできるんだけど・・・。

そして懲りずにまた買っとるわけですわ。

2013年4月 3日 (水)

Galaxytab 7.7 plus (SC-01E)はapt-X対応か否か?

A2DPで音楽聞いているとどうしても音質も良くなく、
動画だと映像と同期がとれていない。
apt-xという新しい規格は、いわゆるいままでのSBCよりも
高音質で低遅延になっているらしい。

IMG_2162.JPG

で、
前のモデルのGalaxyTab 7.0 Plusはapt-Xに正式対応している。
でSC-01Eの海外モデルのGalaxy Tab 7.7 (Plusなし)はでもちゃんと
対応を明記している。

で肝心のGalaxyTab 7.7 Plusはどーかと、atp-X対応のBluetooth機器で
一番やっすいの
を買ってみて試したわけですが…。

SBCでつながっとります。

ちなみにGalaxytab7.0 Plusもってる人にペアリングさせたらちゃんとaptxで
接続してたので機器の故障では無し。

まーあれですな、ワンセグやNottvをワイヤレスで音声飛ばすには
SCMS-Tが要るので現状apt-xではSCMS-Tは使えないのでオミットしたと。
ならapt-xのOFF/ONつければいいんじゃないのと言いたいわけで。

結論
SC-01Eはapt-X非対応。

GalaxyTab7.7 Minusだよな、これ。

2013年3月28日 (木)

とうとう三つめBluetoothコントローラ SMACON-GP

IMG_2093.JPG

Nykoかいーの。

ipega買いーの

とうとう買ってしまったSMACON  国産だから安心と思ってました。

IMG_2144.JPG
いままで、買った三つ比較。
サイズ的にそんなに変わらない。

一般的なスマホの縦のサイズぐらい。

IMG_2142.JPG

ボタン配置はちよっと下すぎる気がするけど普及点。
上部はスマホに取り付けるアタッチメントを接続できる。

IMG_2141.JPG
十字キーは形状そのものは悪くないけど、方向キーが独立しているため
反対側のキー(上と下とか)を同時に押してしまうことが多々あり
そうなると上下が動かない。
ボタンのストロークがかなり浅いので高確率で誤動作する。

アナログキーは、Thinkpadの赤チクビを大きくした感じ。
大雑把な移動はできるけどエイミングはつらい。

IMG_2146.JPG
LRボタンはトリガーではなくバンパーボタンが2つずつ。
どっちもアナログではなくデジタルボタン。

IMG_2145.JPG
ボタンは悪くないんだど恐ろしい罠が・・・。

お約束でキーボードモード、マウスモード、HIDコントローラモード、SPPモードがある。
SPPモード以外はBluetoothで普通にペアリングで使用可能。

SPPモードは専用のIMEをダウンロードして使用。
基本的にHIDモードでボタンがアサインできない場合SPPをつかうといい、
という大体Nykoのコントローラと同じような感じ。
エミュレータでつかうならHIDコントローラモードで。

で使ったわけだけどこれが
予想上回る酷さ。

十字キーが誤動作しまくる。
十字キーはきっき書いたけど上下や左右を同時に押す誤動作がやたらと発生する。
斜め左下に移動するつもりが右上に移動することが多数・・・。
こっちはまたいいけどボタンがさらにひどい。

違うボタンが押される
これが最悪、対応ゲームとうたっているR-Typeで波動砲を溜めながら移動してると
ショットボタン押したままでも勝手に波動砲が飛んでるし。

どーもこの障害は別のボタンが押されているみたいで、
ライデンファイターズで使うと別のボタンがメニューボタンに
アサインされてるのでチャージ中に激しく移動すると、
ことごとくメニュー画面が出るうざさ。

SC-01Eだけの問題かなとおもってNexus7でやったけど発生頻度は下がるけど
ボタン誤動作は発生している。
SPPモードよりもHIDモードは頻度が低いけどやっぱり発生してる。

これはどう見てもハードの不具合としか思えないけど、2chスレみてると
同症状が多数。
メーカーに問い合わせしても見事に応答なし、スルーされている。

ボタンのストロークが浅すぎるから誤動作してるのかなーとおもったけど
十字キーを激しく操作しているときにしか発生していないのでボタンの処理数が
オーバーフローしてボタン取りこぼしている感じかと。
やっすいAD2Pのイヤフォンで聞いたら音がブツブツ途切れると同じなのかと。

ちなみにいままで買った2つはこんな症状は一度も出てないです。

結論
コマンドRPGとかゆっくり入力するゲームなら問題ないけど
アクションゲームにはまったく向いていない。

今まで買ったBluetoothのコントローラの中ではSmaconの評価は一番悪いなと。

まーいろいろ買って思うけど十字キーって重要で、作るのが難しいってことかと。
硬いし、滑るし、斜めが入らないし。家庭用ハードのコントローラすごいわ。

あまりに出来の悪さにさらにもう一つ別のを注文してたり。

2013年3月10日 (日)

懲りずにAndroidコントローラ。

IMG_2077.JPG

NYkoのコントローラ買ったのに、懲りずにまたAndroid用のBluetoothコントローラ。iPega VM-IP-GCR-BK
PG-9017と書いてるけどどっちが正しいのやら。

IMG_2083.JPG

前に買ったNYKOのコントローラと比較。
サイズも重さもあまり変わらない。
アナログスティックと十字キーの位置が大きな差。

IMG_2085.JPG
LRボタンだけでバンパーのみ。トリガーは無し。

充電はmicro USB端子でケーブルは付属しています。

IMG_2086.JPG

十字キー、NYKOのよりは位置はいいけどちょっと外すぎ。もう1cmぐらい左にほしい。
キーはNYKOと同じだけど中のメンブレンが高すぎて遊びがなくて固い。
四方向は入れやすいけど斜めが入れづらい。あと滑る。
コマンドRPGとかは問題なさげだけどシューティングは不向き。

IMG_2084.JPG
アナログもNykoとおんなじ、十字キーと同じで固い。

IMG_2087.JPG

スマホを挟めるアタッチ付。幅は5cm程度。4インチ後半のスマホでは挟めない気がする。
タブレットで使うので使わないけど・・・。

ボタンはNYKOと変わらず、もう少し広がってる方がいいきがするけど
このサイズなので仕方なし。

例によってモードがあり
ボタンと真ん中のHomeボタン長押しで電源投入し
SEARCHのLEDが早点滅するため押し続けるとモードで起動する。

各ボタンは以下の通り

Yボタン iCade Mode
 例によってios用なので用無し。

Bボタン
 マウスモードらしい、Windows8でペアリングしたら
 右アナログでマウス、左右のバンパーボタンで左右クリック
 が、しかしSC-01Eではどのボタンでも動かなかった。

Aボタン
 キーボードモードらしい
 十字キーと左スティックがカーソルキーで動作する。
 ボタンはWindows8でペアリングした際のキーアサイン
 LB=q : RB=p :X=m : Y=i : A=j : B=k : Select=r : Start=y
 Androidでも動作してカーソルは反応するけどキーバッファのせいで反応はかなり悪い。
 コマンドRPGでもつらいきがする。

Xボタン
 ジョイスティックモード
 Windows8では反応せず・・・。
 Androidではちゃんと反応するけど、ボタンのアサインが不明。
 雷電やR-TYPEでは十字キーは反応するけどボタンが反応しなかった。

IMG_2091.JPG
正式対応しているSonicCDはちゃんと動作する。
ソニックは斜め操作がないのでかなり快適に使える。

2014/8/22追記
ジョイスティックモード、Windows8.1でBluetoothGamepadとして認識しました。

01 ボタンの表記は12個あるけど7,8,11,12は認識せず。
十字キーはハットスイッチ、左スティックはX,Y軸、右スティックはZ軸、Z回転で
アサインされてる模様で真ん中のHomeボタン以外は認識できる。

で結論。

ゲームのコントローラとして使うにはジョイスティックモードで使うのがいいんだけど
キーアサインでできないゲームでは割り当てができないのでかなり役立たず。

NYKOのコントローラは不安定とはいえ、NYKO純正のキーアサインソフトがあり
コントローラソフト側でボタンのアサインができるので調べるのが面倒だけど大抵のソフトで使える。
このコントローラはそれがなくゲーム側次第なのがちょっと残念。

 

IMG_2089.JPG

結局、ジョイスティックモードでエミュで キーアサインして使うのが一番いいのかと。
シューティングは十字キーが固いので疲れるけど。

Androidアプリのゲームで使うのなら、ボタンアサインが変更できるNykoのコントローラの方が
いいと思うけどアプリ側でボタンアサインが変更できるゲームで使うなら
こっちの方がいいのかもしれない。できるのはエミュレーターぐらいしか知らないけど・・・。

つーかSMACONが半額になってるし。