2011年6月20日 (月)

ICONIA TAB W500用にスタンド

Img_1656

iPadスタンドって書いてるけどIconia Tabでも問題なく使えます
ちなみに梅田のラジオショックで980円。
IconiaTabのカバーのスタンド機能は二段階でどっちも中途半端な角度で
ちょうど中間の角度のスタンドが欲しかったので購入。

Img_1657

折りたたんでこんな感じ。

Img_1659

展開してこうなる。
ネジ止め式のシンプルなスタンドです。

Img_1660

IODATAのカバーでは難しい角度も無段階角度なので自由自在。

Img_1663

当然縦置きも桶。

Img_1664

カバーつけっぱなしでも上に載せれるので自立は可能。

Img_1669

でもカバーが無い方ががっちりと嵌ります。
特に縦置き時はカバー無い方が良いです。

Img_1662

ちなみに7インチのGalaxy TABは手前のフレームよりも小さいので立てれません。
このスタンドの小さいものが売っていたのでそっちなら
for Samsung P1000(GalaxyTabの海外の型番)って書いてたので使えるかと。
780円だったキガス。

上海問屋にも同じものあるっぽい



 

2011年6月17日 (金)

Iconia TAB W500用にミニキーボード

Img_1636

ICONIAタッチパットも悪くないんだけど誤動作するとむかつくので
小型キーボード、Lenovo ミニ・ワイヤレスキーボード N590調達。
Bluetoothじゃなく2.4Ghzのワイヤレス。
Iconia TAB W500は起動時Bluetoothが必ずOFFで起動して面倒なので。
(休止やスタンバイからの復帰はONだけど)

Img_1628

Xbox360のチャットパットに似てるけどボタン配置はきっちきち。
ボタンの押したぺこぺこ感はどっちもは同じ。

Img_1630

61キーだけどかなり特殊配列。日本語キーボードにしてるからなおさら。
左上のオレンジボタンはなぜかWIN+Eキー(マイコンピュータ表示)
普通に考えてWINキーだと思うんだけどねここは。
上のメディアキーじやなくてファンクションキーがほしかったところで。
右下のCTRL+ALT+DELキーもそんなにいるかと。
ちなみにちゃんとCTRLとALTとDEL同時押しは可能。

Img_1632

トラックボール上に右左クリックが上側。
トラックボールは悪くないけど、
片手もち用にボールの横側ぐらいにもボタン押せるようにしてほしかった。

Img_1629

電池込みで125g、エネループとかだともうちょい重いはず。
サイズわりには軽い。

Img_1633

片手でもつとこんな感じ。
がっちりとホールドできます。
両手持ちの方がトラックホールはかなり使いやすいです。

Img_1634

裏蓋に単四電池×2と受信部のスペーサ。
レシーバーがはいるのはありがたい。

ドライバーはレシーバ差した時点でインストールされてるのでドライバー不要。

みための小ささよりしっかりと握れるのいいところ。キーホードも両手で
持てば使いやすい。
あとは変態キーボード配列がなければ・・。

こればリビング向けPCのキーボードやね。

Img_1638

最大のメリットは
右手が空くということ。
察しろ。


英語キーボード版もあり、かなうちする気がなければ
Winキーも付いてるのでそっちの方が良いかも。




キーボードとしてつかうならこっちの方がいいきもする・・・

 

 

2011年6月14日 (火)

ICONIA TAB W500 用 レザーケース

ついでにレザーケースも

アイオーデータのレザーケースつかってみた

Img_1608

特に変哲もないレザーケース。


Img_1609

スピーカーの穴も開いているので音が篭ることはないです。

Img_1610

再度からTAB入れてボタンで固定する方式。
ただここの部分ちょうどSDスロットになるのでカバーつけるとSDカードは抜けません。
(写真は反対に入れてた模様で・・・)

Img_1611

ウインドウボタンもしっかり出ます。

Img_1612

スタンド立て方は二種類。
カバーの裏面のストッパーにはめる。
ちょっと角度がつきすぎてる気もしないけど・・・

Img_1613

そのまま倒して使う、画面が反対になるけどICONIA TABは画面180度回転できるので
問題なし。
この場合は下に排気ファンがくるので要注意。
USBポートがが上になるので使いやすくなるけどね。

Img_1618

カバーにはマグネットが付いてるのでカバーが固定できる。
でもかなり弱いのですぐに外れたりする。

Img_1619

レザーカバーつけた重さは1250g。カバーは300gぐらい。
もともと重いので重くなったというよりも厚くなったほうが目立つか。

標準でソフトケースが付いてるけど、取り出す手間もあるし裏面とか結構キズがつくので
Iconia TAB使うなら持っておいて損はないかと。



2011年6月13日 (月)

ICONIA TAB W500 レビュー その3 ソフトウェア

さらに続き。

タッチパネルはしようが無いけど、低電圧CPUとはいえ
atomZシリーズのようなもっさり感は無いです。
ヨドバシ梅田でONKYOのSLATE PCが横においてたけどあっちがちょっと
かわいそうなほど違います。

ただ複数アプリを立ち上げるとちょっとつらい、2GBメモリなので。
そのあたりはシングルタスク考えて使えば問題はないかと。

Img_1541

チップが当然HD動画支援つきなのでUSBでBDドライブつければBDソフトは
再生できます。1280×800でだけど・・・。

Radeon HD 6250相当なので
動画フォーマットほとんどHDソースは問題なく再生できます。

Img_1571

BDが再生できる以上TVTESTもあっさり動きます。
HDU2のドライバー入れるの面倒なのでSpinelドライバーで確認してます。
無線LANは11n 150Mbps対応なので11n無線親機があれば
ワイヤレス地デジプレイヤーにできます。
(親機つけっぱだけど)

Img_1598

IE9からニコニコ動画の弾幕も普通に再生できます。

Img_1584

簡単に縦画面にできるので縦シューもしやすいです。
式神2ぐらいなら快適に動きます。

が、しかしアスペクト比固定ができない。
CCCで固定項目が選択してもなぜか戻る、中央に配置選ぶと1:1表示はできるけど
したいのはアスペクト比固定のままでズーム。

Img_1544

横ならまだガマンできるか。
夏に出るであろうSF3 3rd HD版もこんな長さになるはず・・・。

Img_1581

Leeyesでもコミック鑑賞。
横向きでもGalaxy TABの縦向きの2cmぐらい小さい程度なので
見開きでも何とか見れるレベルの大きさ。
文字だらけ漫画はつらいと思うが。

Img_1583

縦読みで新書サイズだと比率的にほぼピッタリサイズ。

Img_1596

これぐらいのエミュなら余裕で動きます。
モバイルTOWNS

Img_1597

SSFは起動して動くけど、ドロップしまくり。
CULVノートだとギリ動いてたけどC-50ではちょっとつらい。

Img_1620

エロゲも桶。
がSISTERSは荷が重かった・・・。かなりコマオチします
タスクが50%で止まってるのでシングルタスクゲームはちとつらい。
メモリもかなり食ってる。

01_2
SCHOOL DAYS HQは普通に動くんだけどねぇ
マルチコア推奨だけあってシステムもちゃんと対応してるのかと。

Photo
闘神都市3 ベンチ。
微妙な速度。

Rewrite_2
ちはやローリング、これも微妙。

01_2
chaos;headはタッチパネルのタッチでちゃんとクリック判定されるし、
フルスクリーンでアスペクト比固定もできる。
処理もそんなに遅くないです。このハードで遊びやすいゲームです。
外でやるのはオススメしないけど・・・。

Img_1621
グリザイアの果実も動くけどタッチパネルの反応悪し。

物によっては一応プレイはできるけど、一番使う右シングルクリックの反応が悪い。
早く押すとクリック判定されず、ゆっくり押さないと判定されないので
外付けデバイスあったほうがやりやすい。
スタイラスと手でタッチパネルでやるときはレ点のゼスチャーすれば多少改善されます。

で、ベンチマーク

比較する対象は価格帯が近い、手持ちのCULVノートPC、EC1400-41R。
ATOMのネットブックが対象するのが一番良いんだろうけと・・・。

ちなみに
ベンチマーク中後ろは多少は暖かくなったけど触れないほど熱くはならないし
ファンも静かでした。

ICONIA TAB : EC1400

3DMark Score
1540 :  597

SM2.0 Score

527  :  185
HDR/SM3.0 Score
699 :  236
CPU Score
634 :  1053

予想通り、3D圧勝、CPU完敗。

ついでにPCMARK07 BASICで比較

PCMark score
919 : 832
Video playback and transcoding / Video playback
22.7 : 22.61 fps

Video playback and transcoding / Video transcoding - downscaling
321.07 : 819.67 kB/s

System storage - gaming / System storage - gaming
9.39 : 3.08 MB/s

Graphics - DirectX 9 / Graphics - DirectX 9
5.62 : 1.85 fps

Image manipulation / Image manipulation
1.75 : 3.39 Mpx/s

System storage - importing pictures / System storage - importing pictures
3.55 : 3.52 MB/s

Web browsing and decrypting / Web browsing
1.54 : 2.91 pages/s

Web browsing and decrypting / Data decrypting
10.96 : 16.36 MB/s

System storage - Windows Defender / System storage - Windows Defender
3.62 : 1 MB/s

EC1400がギリで勝ちそうと思ってたけど、3D性能とSSDスピート>CPU処理速度になった模様。

ゲームのベンチ
銀英ベンチ
 1050 : 1074
どっちもプレイ保証外(1500必要)

ゆめりあベンチ 1024×768 最高
 5906 : 2707
ゆめりあベンチはもっとも正確にビデオチップの性能がでるので
倍ぐらいの性能差はあるのかと。

FFBENCH3 low設定
2619 : 1730
FF11ぐらいならなんとか出来そうなスペックかと。

BBbench  (設定はデフォルトのキーストローク出力10秒毎、Web巡回60秒毎)
省電力設定でバッテリー5%まで5時間20分

Diskmark

Ssd

SSDはやっぱり速い。

Sd

SDスロットに突っ込んだSDHC class10のベンチ。
SDカードなりな結果かと。




AMD C-50はAtomコアといい勝負はするけど、CULV PC相手だとどうしても
CPUが負ける結果にE-350載せてればまた違うはず。



んで、ICONIA TAB W500の全体的な感想。


AMD C-50そのものがATOM Z~Nクラスの対抗馬でATOMのようなもっさり感なし
サクサクとは行かないまでもストレス無く動作している。
でもWindows7独自のマウス向けインターフェイスでタッチパネル操作ほ要求してくるので
そっちでストレスがたまる、といってもそれはこのハード固有の問題じゃないか。
Windows Mobile同様にスタイラス使えばそれなりに改善されるけど。

10.1インチ1280×800のサイズはandroidタブレットむけ(ICONIA A500という兄弟機もあるし)
だけどタッチパネルのインターフェイスを除けばandroidやipadよりも使いやすいハードだと思う。
Windowsユーザーなら環境をそのまま持ってこれるわけで。(USB外部機器も含めて)
これは非常に大きいアドバンテージがあると思う。

GPUがこのクラスではかなり良いほうで動画再生も良好、BDソフトもドライブがあれば
再生もできる。
10インチのサイズもあって動画プレイヤーとしてはかなり優秀。
HDMI端子も付いてるし。

USBあるからゲームコントローラつけてゲームもできる。
Windowsだからエロゲーだって問題なしだ。(笑)

バッテリーは公称6時間で持ち運びでなんとか運用できるレベル。

で価格は現状五万程度。

Windowsタブレットのライバル機といえば、Atomタブレットは価格帯では変わらないけど
Atom Zの同じバッテリーの持ちとAton N以上のパフォーマンスがあるので比較にならない。
EEE SlateというWinタブレット最上位機種があるけど価格が倍以上するし12.1でさらに大きい。Core i3なのでバッテリーも半分とちょっと狙ってる層が違う気がする。
WindowsタブレットでチョイスするならW500がバランスが一番取れてると思う。

ベタボメだけじゃなく悪いところも。
タブレットでは明らかに重い970g。
ネットブックの流用してるからだろうけど(その分安い訳だし)
もう少し軽くてほしいかな。バッテリ容量減らすとかはなしで。

SSDが32GBしかない。
そのなかにWinシステムが入るので実質あまりは14GB程度。
SDカードに逃がせば多少は楽にはなるけどリムーバブルメディアなので
インストールに指定できないことがある。
昔のeee pcの様にSDカードをHDD化
するもの手かと。

SSDはmSATAでつながっているので殻割りして換装は出来るらしい。

C-50はちょっと非力
ATOMよりはマシとはいえ1.0GHzはちょっと弱い、上位CPUのE-350は
1.6GHz動作なのでインテルのCULVノートに匹敵するパフォーマンスはでるかと。
でも消費電力は倍なのでバッテリー稼働時間とどこまでトレードオフできるか・・・。


五万円だすなら性能のいいCULVノートが買えてしまう。
これが一番難点かと。
IdeaPad S205なんてW500よりも安くてパフォーマンスが上という。
ThinkpadX120eが日本で出たら飛びついてたわ
ThinkpadEdge11?あんなバランス悪いPCしらん。

W500のメリットとしては、キーボードがないから寝転がって使う分には
非常に使いやすい。 持ち運びやすい。
このタブレットの利点を求めるか否かでW500の評価は変わってくるかと思う。

タッチパネル使いづらいのでスタイラスは必須です。使い勝手がかなり改善されます。
これはWindows Mobileからの伝統です、キリッ。
静電タイプのスタイラスはハズレも多いので気をつけませう。
プリンストンのPIP-TP2は軽いタッチで使えるのでオススメ。

この価格なら子ども向けとかもありか、使いやすいし。

2011年6月12日 (日)

ICONIA TAB W500 レビュー その2 入力編

http://www.welovetab.jp/

その一からのつづき

タブレットなので当然入力タッチパネル。
OSはWindows7 HOMEなのでタッチパネル前提のデザインじゃないのでこれが大変。

画面は10.1インチなのでフォントは結構小さい。

Img_1586

メニューのフォントは2ミリぐらい、上下の空白がそれぞれ1ミリぐらいとして
約4mm。

Img_1570

それを人並みな人指し指だとこーなる。
かなりミスチョイスします。

Img_1569

なのでスタイラス使用を推奨です。
静電パネルなのでiPhoneとかで使えるスタイラスで使用可。

ちなみに
Windowsなので右クリックは重要だけどタッチパネルでどうやるかというと、アイコンを
数秒クリックして離すことにより右クリック相当の動きをします。
(スタイラスのスクリーンショットの様に丸円が出る状態まで押し続けると出ます)

Img_1588

文字入力は、入力フォームをタッチするとキーボードアイコンが出てくるのでタッチすると出てくる
Windows7標準のバーチャルキーボードで実測キーピッチは9mmぐらい。
マルチタッチ対応なので意外と打ち易い。
画面左上にあるタブ引っ張ってきてもキーボードでてくる。

メモ帳で文字打つ分は悪くないけどGoole検索で一文字打つと検索候補のウインドウが
でると、このキーボードなぜか引っ込むのがちと不便。

Img_1589

文字を書くことでも入力できます。
変換はそこそこ、当然文字がヘタほど認識は悪いです。

Img_1568

Bluetoothを搭載しているのでBluetoothキーボードもマウスも当然使えます。
なちみにこれはiBUFFALO の BSKBB01BK、サイズ的にはちょうどいいです。
安いし。

Img_1565

Bluetoothの機能を使うにはAcer Ringを起動する必要あり。
起動方法は画面を五点タッチするというタッチパネルらしい方法。

つーかこれぐらいしかタッチパネルラらしいアプリが無いわけで・・・。

欠点はPC起動時にBluetoothは必ずOFFで起動します。
PC立ち上げたらBT機器使うには必ずこの画面出す必要がある。
無線Lanは起動時にONで立ち上がるのに・・・。

無理にBluetooth使わなくてもUSBポートがあるのでUSB機器使うのも手です。
スマートじゃないけど。

ちなみにタッチパネルは標準でフィルム付いてますが光沢で指紋ベタベタなので
貼り替え推奨。

Img_1532

買ってみてすぐにホコリ入ってます。このあたりの品質は台湾だ。
まー肝心の画面にはホコリは入ってなかったけど。

Img_1535

専用のフィルム買いなおし。エレコムの液晶保護フィルム[マット]。
この間買ったフィルムは16:9のフィルムなので上下が足りなかったわけで・・・。
マットといっても半光沢といえるほどでもないけど指紋はそんなに付きません。

Img_1534

Windowsシールはフィルムについてるアホ仕様。
はがして付け直しませう。

文字入力に関しては、Windows7がタブレットに最適化されていないので
他のOSのタブレットと比べて非常につらい。
ただ外部入力デバイスに関しては他のOSでは太刀打ちできないほどいっぱいあるので
家で使う分には外部入力に頼れるので多少はましになります。

タッチパネルを使いこなすにはスタイラスは必須です。
プリンストンのPIP-TP2は軽いタッチで使えるのでオススメ。
指でやるのは非常手段と思っておいたほうがヨサゲ。

2011年6月11日 (土)

ICONIA TAB W500 レビュー その1 外観

http://www.welovetab.jp/

何とか慣れてきたのでレビュー。
いつもどおり画像だらけです。

概観
サイズは15.95(H)×275(W)×190(D)mm

Img_1563

正面。
左下のWINボタンはハードボタン。
見たままスタートメニューだせます。
このボタンプラス電源ボタンでCTRL+ALT+DELになります。
上面に130万画素カメラとその左にステレオマイク
ちなみに下の左右の丸ボッチはマグネットです。
(ドック接続用かと)

Img_1556

背面
上の四角は130万画素カメラ
下のメッシュはスピーカーです。
その左のカバーは外せません、

Img_1576

底面
左からUSBポート、画面回転ロック、USBポート。
真ん中のUSBポートの左右の丸穴はドックの電源供給端子とおもう。
ドックの所為でUSBが下向きなのは残念つーか左右にもう一つぐらいほしい

Img_1575

画面向かって左側面

左から
イヤフォンジャック、電源ボタン、ボリュームボタン、SDスロット、HDMI端子
真ん中のスリットはSSDの冷却用かとファンは付いてません。
HDMIはミニじゃなくて普通のHDMI、ケーブルは付いてきません。
SDカードスロットはSDXCの64GBも認識できるとか。

Img_1578

画面向かって右側面
電源端子のみ。

Img_1577
上面。
左側は排気ファンが付いてます。それなりに熱くはなりますがかなり静かです。

Img_1551

実測で重さは948g。IPADやXOOMの700gと比べると重い。
幅1.6cmなので片手でひょいと掴めるけど片手運用だと数分でつらくなる。
両手持ち前提です。

Img_1548

解像度は1280×800。なぜか画面比率16:10。
実測の画面サイズは約216mm×136mm

Img_1549

このクラスでよくある、11.6インチ16:9の解像度1366x768のモニタ。
横は広いけど、縦が狭い。
個人的にはPCには16:10がベストだと思っている、16:9はちょっと縦が狭いよ。

Img_1579

HDMI端子でのモニター接続。
ミラー表示固定で1280×800以上上げれません。

Img_1552_2

タブレットなので当然90度回転して縦向き表示も可能です。
800×1280なので左右はちょっと切れてます。
ちなみに180度回転も出来ます。

Img_1553

B6サイズのコミック載せてみた。
横もちょっとあまり、縦だとかなり余る。
コミックビュアーとしても悪くは無いんじゃないかと。

Img_1684

液晶パネルの視野角もそんなに悪くないです。
縦からも横からにも同じような感じの見え方。
色抜け等はないのでTNパネルではない模様。
IPSなのかな?VA?
応答速度はあまり速くない印象。測定していないけど。

Img_1554

ACアダプター。
ここはiPADやAndroidタブレットと大きく違うところ。
ノートPCの延長上なのでアダプタもデカイです。
コンセント直結型なので差すのが面倒、横向きなのがまだ救いか。}
訂正
コンセントの向きは90曲がるので縦でも横でも接続可能です。

Img_1555

19v 40wのACアダプター。
これをエネループで供給するのは無理。
外で充電するのなら19V出力のバッテリーが必要。

ちなみに内蔵バッテリーは11.1V 3260mAhで取り外し不可。
このスペックと価格ではがんばっている容量かと。

ちなみに稼働時間は公称で6時間。

他に付いているものといえば

Img_1566

インナーケースは付属しています。

Img_1567

このクラスでは珍しいリカバリーディスク付いてます。
SSDの容量が少なくなるからかと思われます。

外観の感想
ぶっちゃけ、ネットブックのキーボード取っ払ったぐらいの重さと変わらないぐらいの重さ。
キーボードが無い分自由な持ち方が出来るのでこれはこれでわるくいないんじゃないかと。
USBポートが下向きだけど180度回転すれば上になるわけだし。
(この場合排気ファンが下向きになるので熱には注意・・・)
でも左右にUSBもう一つほしかった。
あとHDDアクセスLEDも、マイク穴一つつぶしてつけてもいいのでは

2011年6月 7日 (火)

とどいたー

Img_1523

よーやく到着。

遊び倒したいところただけど、本日GalaxyTabのAndroid2.3バージョンアップもあり
夜勤でもあるのでナカナカいじれないよー