2013年10月14日 (月)

iij mio SMS対応に変更

iijのsimカードがSMS対応になったらしいので申し込み
月曜頼んで土曜日届く。

IMG_3408.JPG

SMS対応だろうが見た目は変わらず。

SMS対応simの最大メリットは、データ専用simだと通話ができないので
アンテナピクトが立たず圏外となり基地局探すために電波を飛ばし続けて
よけいなバッテリーを消費するセルスタンバイ状態を解消できる。

ちなみに、GalaxyTabはデータ専用なのでSMS非対応でもアンテナピクトは立つので
この問題は無関係。通話ができるGalaxytab7.0でも同じなので端末依存の障害。

セルスタンバイはandroidの名称だけど、WindowsPhoneのLumiaでもおなじ症状になる
ただしLTEに関しては通話そのものがないので普通にアンテナピクトは立つ。

Wp_ss_20130915_00031 SMS非対応のSIMだと、データ通信はしてるけど、左上のピクトは圏外

Wp_ss_20131012_000311 SMS対応だと、ちゃんとピクトが立つようになった。
これFOMAプラスエリアで圏外だよーって見た目でわかるようになった。

Wp_ss_20131012_00051 本来のSMSも当然使えます。

ちなみにSMS対応のSIM交換には2100円別途必要で、SMSには別途147円/月が必要。
送信は国内3.15円、受信は無料。
クーポンはSIMに10MB単位で入る以外は引き継ぎ可能。
最初の契約時にSMS対応にすれば2100円はいらないので事前にセルスタンバイになる
端末にいれるなら先に変更しておいた方がいいかと。

2013年9月22日 (日)

100kbpsで490円/月のServersMan SIM LTE 100 契約

DTIの100Kbps SIM買ってきた

Lumia800はSimが簡単に外せたのでGalaxy Tabととっかえひっかえできたけど
Lumia820のカバーは外すのに一苦労なので追加でSIM追加しようかと。

100kbpsだけど、490円と最安のMVNO SIMのServersMan SIM LTE 100 契約。
まーもともとDTIのアドレス契約してたのでワンクリックだけで契約できて楽だったからともいう。

Screenshot_201309220915461 ほぼ100kbpsしかでないのはいいけど、時々遅延しまくるのでbMobileっぽいなー。
2chみてたらどーも海外サーバ経由することがあるらしい。

まー外でプッシュメール、2ch、twitterみれればいいので外で繋がらないよりは断然いい。

2013年9月15日 (日)

Nokia Lumia820 カテキタのでレビュー (ファーム書き換えたり、Qiカバーいろいろ)

Nexus7 2013 LTEが発売されたりiPhoneの新型が発表されたりと、androidとiosと
いろいろあるけど日本では完全ハブられた、WindowsPhone8。

元々安いけど価格が二万円中ほどで落ち着いてきたので、WP8を調達しようかと。
WinodowsPhone7.5からWindowsPhone8.0に変更点は
・WinCEベースからWinNTベースに変更してアプリ作りやすくなった
・シングルコアから64コアまでサポート
・WVGAのみではなく横1280までサポート
・IEが8からWindows8と同様の10に変更
・NFCのサポート
・PCとの同期にZuneが不要になりMTPデバイスで認識するようになった
・microSDが使えるようになった

実際ユーザーが実感するのは下の三つぐらいですか・・・。
が困ったことにLumia 625,720,820がほとんど同じ値段という困った状態に。
数値の多い820が一応一番ハイエンドなわけだけどすべてにおいて上じゃないのが困ったところ。
・Lumia625
4.7インチの大画面(といっても800×480)
ゴリラガラス2.0採用 NFCなし
LTEあるけどBand1がないので日本では使えないはず。

・Lumia720
バッテリーが大きいけど軽く、f1.9の高性能カメラ、LTE非対応でクロック1Ghzだけど
その分稼働時間が長い。
ゴリラガラス2.0採用

・Lumia820
クロックが1.5GhzでRamが1GB、無線Lanで5GHzでMiMOも使える
ジャイロスコープも使える。LEDもDualLED。

でいろいろ悩んで、OSがアップグレードすると重くなってくかなーと思いLumia820をチョイス。

EXPANSYSで買おうかと思ってたけど、赤色がなかったので1Shopmobileで注文するが
結局在庫切れで白色に。245ドル+送料30ドル+税金2000円と結局Amazon.co.jpで
買う価格とほとんどおんなじに・・・。
注文して二日目で到着。

IMG_3228.JPG

Lumia800より箱が小さい。

IMG_3233.JPG

でも本体は、4.3インチと3.8インチで結構違ってる。解像度は両方WVGAだけど・・・。

レブーとかは

続きを読む »

2012年11月 4日 (日)

Xbox360 2012秋のアップデート

Xbox1

Xbox2

毎年恒例のアップデート。 ほんと毎年インターフェイスが変わるなー。
去年からのメトロインターフェイスをちょっと変更、より細分化されてる感じ。
つーかせっかく慣れたところなのに・・・。

 

Xbox3

本体側の最大の変更点はInternetExplorerが搭載されたこと。
PS3とかWiiとかはとっくにブラウザあったのにねー。
さすが本家だけあって動作は快適。

Xbox4

YOUTUBEの埋め込み動画は動くけど・・・。

Xbox5

ニコニコのFlashは動かない模様。

 

でも今回の最大の変更点は、WiiU先取りのXbox SmartGlass

IMG_1495.JPG
スマホからXbox360の情報がリアルタイムで拾える。
WindowsPhone7.5とWindows8でちゃんと動いてる。
Android版もリリースされてるけどNexus7ではうごかず・・・。

IMG_1497.JPG
スマホの画面でXBOXの操作ができる。
でも普通にコントローラでやった方が速いわけで。

IMG_1496.JPG
プレイ中のゲームの情報とかも表示できる。
ちなみにForza HORIZONはSMARTGLASS対応だけど
WindowsPhone7.5には非対応・・・、意味ないじゃん。

IMG_1540.JPG
Windows8には対応してます。 マップ表示ができて、ナビの設定もできます。
アプリなのでWindowsのSMARTGLASSはWindows8専用です。

ちゃんとリアルタイムで動くところを動画で。

WiiUも同じだけどこういうのはソフト次第かなと。
FPSとかならマップとかランキングとか武器情報とか。



2012年8月 3日 (金)

b-mobile PairGB SIM 購入

U300のSiMの有効期限が切れそうだったので新規にPairGB siM

IMG_0993.JPG

SIM二枚共有で一ヶ月でデータスループット制限がなくデータ転送量2GBまで使えるが
2GBを超えると追加料金が必要なPairGB SIM

三枚のSIMで一月1GBまで、超えるとスループット128kB/s縛りという
似たようなサービスがiij mio ファミリーシェア1GBプランがありそれの対抗馬として
出来らしい。

ヨドバシであっさり買えるからPairGBにしたともいう。

どちらも月の料金は2970円

IMG_0996.JPG

U300も使えていたけど、PairGBもLumia800であっさり動いてます。



IMG_0995.JPG

Galaxy tabにさして朝一にスループット測定。上のみっつがそれ。
Downは3MbでてるけどUpは256Kbps程度・・・

画像のアップロードとかするのでもうちょっと上りはほしいところだけど
問題は月のデータ転送量がどこまでいくかだなぁ・・・。

2012年7月26日 (木)

Lumia800もTango

Lumia800、tangoになってインターネット共有可に。
WindowsPhone8へのUpgrade不可確定になってヤル気がでなくなったのか
えらい遅いtangoリリース。
つーても0.1しか上がっていないがわかるぐらいマイナーアップデート。
その中ではテザリング追加が一番大きなアップデートかと。
ただ、入れてるSIMがBモバの300kbpsなのであまり恩恵がないなー。
そろそろ半年たって切れるから別のSIM探しますか。


2012年4月29日 (日)

Lumia 800 でのデータ専用SIM運用

Lumia800でもデータ専用SIMのbmobileは一応使えるけど。
一度データの接続が途切れる(圏外やwifiの切り替え)と再接続に
1、2分は掛かり、最悪接続できない状態になる。

でそれを解消するのが、Nokia謹製のネットワーク設定
NokiaアプリなのでLumiaしかダウンロードできないはず。

Img_0447_1

Img_0451
bmobileの設定だけどiijとかも同じようにすればできる。

これで設定すれば、ほんとに切れることはなくなった。
Lumi800+データSIM使う際にはぜひお試しアレ。

2012年3月31日 (土)

Lumia800 バージョン上がってた

Img_0364_1_2

WPのバージョンアップは、一斉開始じゃないらしく人によって前後差があるそうで
うちの端末にも告知がでたので上げてみた。
Versionは1600.2487.8107.12070

Img_0363_1

目に見えて分かるのは、下のWINキーが点灯するようになった。
前のは明るさが"低いじゃないと点灯しなかった。

あとはバッテリー、いままでは1300mAh前後でしか認識してなかったけど
スペック値の1450mAh前後出てるし、Discharginigが80mAぐらいまで下がるようになった。
明らかに電池の持ちが良くなってる。

あとは、データ専用SIM使用時のアンテナピクト表示と
通信セッション切断後の再接続完了まで1,2分掛かるので直って欲しい。

ちなみにテザリングはまだでした。

2012年2月18日 (土)

Nokia Lumia 800 簡単レビュー

Img_0182

一週間使ったレビュー。

動画のレビューは結構あるのでそっち検索で

サクサクがウリのWindowsPhone 7シリーズの一応現行での最速CPU搭載。
んで何故か日本語インターフェイスが普通に入ってる。
当然日本にはauのIS12Tがあるけど、cdma2000だし一括はまだ高いし、
契約通信費用がいろいろかさむので、40000円を切ったEXPANSYSから
Lumia800注文。 身分写真要求されたけど、金曜朝一注文して月曜の夕方には届いた。
どこぞのプレアジの様にさくらんぼの詩はこなかったよ。

サイトから取ってきたLumia800のスペック

CPU: Qualcomm MSM8255 1.4GHz
システムメモリ: 512  MB
ストレージメモリ:16 GB
外部ストレージスロットなし
★サイズ(高さ×幅×厚さ)
 116.5×61.2×12.1mm
★重さ
 142  g
バッテリー:3.7V 1450mAh
3G通話時間:9.5  h
3G待機時間:335  h
音楽使用時間:55  h
動画使用時間:6.5  h
画面サイズ:3.7インチ
解像度:800×480ドット(5:3)
★液晶技術
 ゴリラガラス
 カーブグラス
 AMOLED
 クリアブラック液晶
★カメラ
 画素数: 800万画素
  F値:2.2
 デジタルズーム:3倍
 最大接写距離:10cm
 画角:28mm
★カメラ静止画
 3264×2448

★カメラ動画
 1280×720 30fps
 MPEG-4フォーマット
★音楽再生フォーマット
 MPEG-4 AAC , eAAC, eAAC+
 MPEG-1 audio Layer2 (MP2)
 MPEG-1 audio Layer3 (MP3)
 WMA 9, WMA Voice 9, WMA Lossless 9
 WMA Professional 9 and 10
 DRM保護対応
★動画再生フォーマット
 WMV 9
 H.264/AVC
 MPEG-4
 3GPP(H.263)
 AVI
 VC-1
 ASF

★通話方式
GSM 850,900,1800,1900MHz

  • WCDMA 900,1900,2100MHz
  • シングルコアCPU、外部スロットなしで解像度も800×480でスペック的に平凡つーか
    見劣りするところもあるけど、WindowsPhone7の仕様(シングルコア、800×480固定)なので
    仕方ないところ、ハードを縛っている分Androidである互換性問題はあまりないらしい。
    WindowsPhone8ではさらに緩和されるとか。

    外観はサイズ的にiPhone4S(115.2×58.6×9.3mm 重量:140g)とほとんど変わらない
    丸みがある分先が薄く感じる、MacbookAirとか同じ感じ。
    片手で操作するのにジャストサイズ。
    4インチとかだと片手(少なくとも日本人の手)だと辛い。

    液晶は非常に綺麗で微妙にカーブしてる。

    Img_0184

    写真で撮っても分かりづらいけど微妙曲がってます。
    ゴリラガラスでAMOLEDでクリアブラック液晶で硬く綺麗ではっきりとした画面。

    Img_0183_2

    ソフトケースが元々付いてきます。知らずに別に買った俺涙目。

    Img_0186

    純正品だけにソフトケースつけても違和感なし。

    Img_0181

    カメラはカールツァイスのレンズで携帯にしてはかなりスペックいいかと。
    iPhone4sのF2.4よりも1段明るい。
    出っ張ってるのでケースつけないとこのようにキズが付くのでケースはすぐつけよう。
    LEDライトは二つ付いているのは伊達じゃなくかなり明るい
    眼つぶしできるぐらい。
    IMG_0204.JPGIMG_0205.JPG
    あまり参考にならないかもしれないけど、LEDのOff/Onの明るさ。
    本当に明るい、被写体はまーテキトーで。

    カメラそのものはカメラボタン長押しでニ、三秒で起動して動作はかなり高速。
    日本向けじゃないのでシャッター音はボリュームの連動して消せます。

    サンプルで撮影。ホワイトバランス悪いけどまーまー。

    LUMIA800 TEST SHOT
    夜景も撮ったけどブレた。 リトライする。


    別の日に取り直し。Filckrなのでクリックでフルサイズみれます。

    Img_0151

    SIMはMicroSIM、最初戸惑うけど簡単にアクセスできます。スライドして外れます。
    このためにb-mobileのSIMを買ったわけで。

    Lumia800でデータ専用SIM使う場合はこっちの記事参照

    Img_0150

    この間買ったSIMカッターで切ったSIMもちゃんと入る。
    右側の端子きりすぎてかなりびびったけどちゃんと認識してます。

    Img_0149

    ちゃんとNTT DOCOMOで認識して通話も可能。
    800MHzは使えないのでFOMAプラスエリアは使えない。
    将来900MHzを使うキャリアなら900MHzで捕捉するはず。
    Softbankがつかうとなると2100,900で両方捕捉するようになるかと。(通信品質は置いといて)
    当然Simフリーです。

    Img_0169

    外部端子は、MicroSim、3.5mm4芯コネクタとMicroUSB Bコネクタのみ。
    超シンプル。

    充電も当然MicroUSBから。
    Img_0170

    デバックモードで見ると分かるけど、普通にUSBケーブル繋いでも
    ChargingではなくDischargingのままで充電されない。
    充電開始の音はなるんだけどね。

    Img_0171

    いつものように電源側の2,3ピンショートさせてLumia側はカットするコネクトつくれば
    充電できる。作るのは簡単

    Img_0168

    Expansysで買うと付いてくるACアダプタは内部でショートしているので
    普通のUSBケーブル繋いで充電できる。

     

     

    ソフトウェアに関しては、他の人のレビューがいろいろあるので掻い摘んで。

    ブラウズ表示、灰鰤とIS02とLumia800のWMとWPのIEの比較

    Img_0174

    三機種とも解像度はそんなに変わらないので見た目はそれなりに見えるけど、
    Lumiaのレスポンス桁違い。WMとは別次元。
    ちなみにIS02のブラウザでYOUTUBの再生ボタンおすとメモリエラーで
    再生できません。
    灰鰤は画面すら出てません。

    Img_0153

    動画再生はMpeg4 avc High profile 3.1(1280×720 30fps)までならそのまま再生可能。
    動画再生はスムーズ。
    MSのハードなのでWMA、WMV9,WMV9AP(VC-1)が再生できるのは
    他のスマホにはないメリット。保護されているファイルも再生できるはず。

    DivXとかMpeg2は転送ソフトのZuneが受け付けない。
    AAC5.1chのソースもだめでした。
    ちなみにHigh Profile4(1440×1080とかも)は転送時にトランスコードされるので
    転送が結構かかります。

    Img_0152

    Bluetoothは対応プロファイルが非常に少ない。
    HFP,HSP,A2DP,AVRCPぐらいしか無いっぽい。
    せめてHIDでキーボード繋ぐぐらいは。
    ちなみに、AVRCPは1.3なので対応機器で曲名はでます。

    Img_0187

    日本語文字入力もデフォルトで普通にできる。
    WP7だけとしてカーブフリック入力ができる。
    濁音半濁音とか斜めにフリックすることで入力可能でかなり速く文字入力ができる。
    フリック入力あまりしなかったけどコレは便利。

    あと特徴的なのはWP独自のハブ思想。
    Peopleハブ
    電話帳とSNSを統合した統合ハブ。
    facebook、twitter、WindowsLiveとかフレンドリストを纏めたり、
    すべてサービスを一つのアプリで履歴を確認できる。

    Img_0191

    Pictureハブ
    自分で撮った画像やPeopleハブで他のユーザーが上げた画像の一覧も出てくる。
    Flickerとかの画像共有アプリへランチできる。

    Img_0188

    Gameハブ
    XboxLiveのアカウントを使用できる、Liveのフレンドリスト参照やメッセージを送れる。
    WPのマーケットトのゲームで実績解除もできる。

    Img_0189

    Officeハブ
    PCで作った、Work,Excel,PowerPointが表示編集ができる。
    ただ外部メディアが使えないし、BTのファイル転送プロファイルもないので転送が面倒。
    メール転送、クラウド経由でファイルを使う。

    なかなか面白いけど、ちょっと慣れがいるな。

    このあたりファイルを外部メディアなしでどう扱うかというと、WMのActiveSyncではなく
    あたらしいZuneを使う。

    音楽、動画、画像はZuneで同期、転送できる。
    携帯のファームアップデートもZune。

    Zune

    日本は音楽のマーケットプレイスがないけど映画のマーケットプレイスはある。
    XboxのZuneと同じ。
    WP7のアプリのマーケットプレイスもある。

    Img_0190

    購入した画像や動画はMusic+Videoで再生可。
    ラジオは動くけど、Lumiaは日本設定にしても87.5MHz以下に設定が出来ない。
    なのでほとんどのラジオが聞けません。

    音楽、動画以外はのファイルはWP7では標準でSkydriveのクラウドサービスが使えるので
    ネット経由で転送する。
    無料で25GBまで使える


    とにかくWindowsPhone7.5のOSそのものの動作が非常にかるい。
    ハード構成を絞っているので、グラフィックアクセラレータも
    有効に使えてるし、タスクスケジュールをかなり細かくやってるから軽いし、バッテリーの持ちもいい。

    デカイタイルのMETROインターフェイスはかなり見やすいし
    ガラケー並みにかなり分かりやすい。

    ハードそのものには欠点らしいところもないけど、
    リリースが遅すぎたのとWindowsMobileの完全切捨てで移行組がでなかったところが
    ユーザー数が増えてないところかと。

    いまのところの個人的な問題点
    ・タスクスケジュールしっかりしている分、
     タスク切り替えると動作が止まるのでアプリが使いづらい。
     GPSロガーとか特に、ログが止まったらロガーの意味が無し。
     せっかくGPSトラックはかなり速いのに。

    ・アプリが少ない。
     AndroidとIOS両方出ているアプリは欲しい。
     androidで使ってるeye-fiとか、vulkanoとか skypeとか。

    ・PCのZune経由だと、画像、音楽、動画しか転送できない。
     officeのファイルとかはクラウド経由じゃないと転送できない。

    ・課金が映画はゲイツポイント、他は現金で統合されてない。
     Xboxユーザーならゲイツポイントはもってるけどそれ以外の人が
     ゲイツポイント持ってるわけも無く・・・。

    全部ソフトウェアの問題なのでWindowsPhone8になれば解決する問題もあるので
    バージョンアップに期待したい。
    とりあえずSkypeはPeople統合が面倒だろうけどリリース早くして。

    2012年2月12日 (日)

    とりあえず、Lumia 800

    Img_0148

    やーと届いたLumia 800。

    WindowsPhone7.5はIOSでもAndroidでもないので
    使い勝手が分かりづらいぞー。

    レビューはこっちで