2012年12月 8日 (土)

Android用ゲームコントローラー、 NYKO PLAYPAD

IMG_1720.JPG

GalaxyTabに戻してWiiコントローラが使えないので、別のBluetoothのコントローラ探してた。
で、NYKO PLAYPAD買ってみた。
Amazon.co.jpではなくAmazon.comで。

NYKOのよみってナイコっでいうみたいで。

IMG_1721.JPG

サイズは結構小さめ。

IMG_1728.JPG

重さ85g。バッテリー入っているのかと思いたいほど軽い。

IMG_1725.JPG
このサイズでトリガーとバンパーが左右についてます。
バンパーとトリガー同時押しはサイズ的に厳しい。
充電はマイクロUSBで、スイッチはモードの切り替えボタン。

IMG_1723.JPG
コントローラーが入るケースもついてます。

IMG_1726.JPG
ケースの中にはスマホを立てるスタンドがついてます。
傾きは三段階でGalaxyTab7.7が支えられるぐらい頑丈です。

IMG_1722.JPG
なぜか、日本で発売していないのに日本語マニュアルついてます。
基本的なことしか書いてないけど・・・。

で肝心の操作性だけど、これが想像以上に悪い。
海外コントローラでよくある十字キーが真ん中に寄り過ぎ。
十字キーの感触は悪くない、とにかく位置が悪い。

一番悪いのはアナログキー。

IMG_1724.JPG
横から見ればわかるけど、出っ張り過ぎなのにサイズが小さい。
親指に全然フィットしないし滑り止めの出っ張りがとにかく痛い。
スティックそのものは固いのでかなり操作が辛い。

親指の先ではなく、腹で使えばなんとかなるのかなと。
ボタンはそんなに悪くはない。

ハードウェア的にはこんなもん。

ソフト的にはかなりの未完成ぷりが。

Screenshot_20121202122909

Bluetoothとしては、GalaxyTab7.7で問題なくペアリングは可能。

ホームボタン押して、電源ON。もう一度ホームボタン2秒長押しでペアリングモード。
ポームボタン5秒長押しで電源OFF。

コントローラにスイッチがあり、
・HID
・iCADE
・マウス
・アプリ
と4つモードが切り替えられる。

iCadeはIOS用なのでAndroidでは役立たず。

マウスモードは左スティックでマウスカーソル、十字キーでカーソル
ボタンでクリック、ホーム、戻るの操作ができる。
ただスティックは先述どおり腐っているのであまり役立たず。

アプリモードは、専用アプリで使うモードだけど
現状Androidアプリはベータ版でHIDモードでしか使う無いので役立たず。

結局
HIDモードで使用することになる。
そのままだとキーアサインが動かないので
Playマーケットから専用アプリを落とす。

ただこのアプリ、ベータなので挙動がかなりおかしい。
OS側でペアリングしていると動作しないらしく。

Bluetoothをoffのままでコントローラ アプリを起動。

コントローラのモードをHIDにしてコントローラの電源をON
このあと自動的にペアリングして接続完了
こうしないとアプリで制御ができない模様。

Screenshot_20121202141028

アプリはインストールされているアプリを選択してキーアサインを選択して
LAUNCHでゲームを起動する、よくあるタイプ。

いちおうR-typeは動作するけど、GalaxyTab7.7だと途中でプチフリする。
コントローラのせいじゃないけど。

スティックが腐っているけど、タッチパネルでやるよりは100倍楽。
既成のゲームからの移植ゲームとかなり操作性が上がるかと。
アーケードとかNESのエミュとか。

このアプリ終了デキないバグがあるのでタスクマネージャで落とすしか無い。
このあたりもベータ。

まー、多少高くてもいいのなら日本デザインのSMACONが一番良さげな気がする。

2012年10月12日 (金)

Nexus7にワンセグチューナー。

IMG_1198.JPG

ラジオショックで安かったので購入。
問題は動くかどうかその一点だけ。

IMG_1200.JPG

チューナーそのものは小さくてコンパクト。
バッテリーも本体から供給されるので不要。
動作時の発熱はちょっと温かい程度

IMG_1199.JPG
プレイヤーはマーケットから無料で落としてくる。
2つあってスマホ用とタブレット用。
タブレット用は写真の様に2ペイン表示。
ただしフルスクリーン表示できません。

Screenshot_20121011093408

スマホ用だとフルスクリーン表示できるけど画質はワンセグなので
推して知るべし。

ダダ感度が半端じゃないほど悪いので、よほどの強電界じゃないと
使い勝手悪いと思う。
ガラケー携帯のワンセグの感度が異常にいいのであれを期待すると痛い目見ます。
PCのワンセグ全部に言えることだけど。 
電波受信に関しては携帯メーカーの方がノウハウが全然違うんだろね。
値段相応でなんとなく納得。

まー家でTVみるならVulkanoかSlingboxのほうが期待どおりに綺麗にTV見れるかと。
初期投資が10から20倍違うけど・・・。

2012年10月 7日 (日)

Google Nexus7 レビュー おまけ 動画再生

Nexus7で動画再生能力を調べてみた。
あくまでフォーマットメインで、ビットレートは適当。

まーあまり性能が良くないのはわかってたけど・・・。
再生プレイヤーはMX動画プレイヤー

IMG_1134.JPG
サンプルは夏アニメ一押しTARITARIのOP

コーデックは真空波動研 120813調べ。


1920x1080 24Bit Windows Media Video 9 29.97fps 5000.00kb/s
Windows Media Audio 9.2 48.00kHz 16Bit 2ch 192.00kb/s
[WindowsMedia] 00:01:29.000 (89.000sec) / 58,710,056Bytes

1920x1080 24Bit Windows Media Video 9 Advanced Profile 29.97fps 5000.00kb/s
Windows Media Audio 9.2 48.00kHz 16Bit 2ch 192.00kb/s
[WindowsMedia] 00:01:29.000 (89.000sec) / 58,718,306Bytes

HW再生不可。SWの再生するけどでスロー再生。
wmvはAndroidでは厳しい。


720x480 24Bit Windows Media Video 9 29.97fps 1000.00kb/s
Windows Media Audio 9.2 48.00kHz 16Bit 2ch 192.00kb/s
[WindowsMedia] 00:01:29.000 (89.000sec) / 13,606,899Bytes

SWで普通に再生可。
SD画質ならなんとかなるみたい。


1920x1080 12Bit DivX 6.8.5 29.97fps 2696f 5954.21kb/s
MPEG1-LayerIII 48.00kHz 128.00kb/s CBR Stereo
INFOTAG
[RIFF(AVI2.0)] 00:01:29.956 (89.956sec) / 68,402,156Bytes

1920x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 1:1 Interlace 29.97fps 2696f 5626.17kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 125.37kb/s
[Extra][2]
MP4 v2
MetaData
[MPEG4] 00:01:29.962 (89.962sec) / 64,722,420Bytes

HWとHW+で再生可。コマ落ちも見られず。
Mpeg4系はハードエンコがちゃんと効く模様。


1920x1080 16Bit XviD MPEG4(XviD0064) 29.97fps 2696f 9893.05kb/s
PCM 48.00kHz 16Bit 2ch 1536.00kb/s
INFOTAG
[RIFF(AVI1.0)] 00:01:29.956 (89.956sec) / 128,619,172Bytes
HW+で再生、HWでは再生できず・・。
なんでだろ?


0100 1920x1080 MPEG2 MP@HL 16:9 625line Interlace 29.97fps 24000.00kb/s CBR

0110 AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 144.00kb/s
188Pct
[MPEG2-TS] 00:30:21.419 (1821.419sec) / 2,772,950,556Bytes

地デジのTSファイル、HW再生は可能だけど、ちょっとコマ落ちしてる。 シーク不可。
SWだとスロー再生、音声同期外れる

追記

1440×1080のTSファイルだとなんとか再生出来るレベル


720x480 MPEG2 MP@ML 16:9 625line Interlace 29.97fps 9200.00kb/s CBR
Dolby AC-3 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) CM 224.00kb/s
[MPEG2] 00:01:30.090 (90.090sec) / 107,366,404Bytes

DVDソースはSWでのみ再生可


予想通りのMpeg4だけいいという結果。 CPUであるTegra3は
よくあるNVIDIAの詐欺スペックかなやっぱり。

SD画質の古い動画ならまだソフトウェアでいいけど、HDだとMpeg4じゃないと辛いなー。

OMAPコアのタブレットだとHDのTS再生できるらしいけどOMAPはOMAPで
3D性能が低いらしい、3Dでtegraとるか動画でOMAPとるかかなぁ。snapdragonもあるけど。
ユーザーでCPUが選べないのでどうしようもないところ。
OMAPコアでNexus7に近いスペックといえばKindle Fire HDだけとPlayストアが使えないし・・・。

2012年9月30日 (日)

Google Nexus7のモバイルルーター用にL-09C

IMG_1122.JPG
GoogleNexus7用というか、BMOBILE4G  PairGB Simのもう一枚Simが余っているので
L-09C調達。ヤフオクで中古で4000円ちょっと。新品でも7000円ぐらい。

LTEも3Gも使えて、FOMAプラスも使えるのでDocomoの広いエリアとサービスは
ひと通り使えるので文句ないかと。

IMG_1121.JPG
ただサイズが、一般的なスマホと変わらない。
Lumia800は今となってはスマホとしては小さい方なので結構大きく感じる。

IMG_1120.JPG

156g、iPhone4sより重いです。
バッテリーが2700mAhなので仕方ないところ。
ちなみにバッテリーは取り外し可能。サードパーティ製のもあって選択肢は多い。

Screenshot_20120930093221

画面小さいけど、Nexus7でSpeedTest
家の中でもLTEは捕捉しているけどスループットはいまいち。
pingが速いので3Gよりレスポンスはいいです。

IMG_1124.JPG

月末だけど、PairGBの容量が1.7GBほど残っているのでL-09cのバッテリーチェック。
Vulkano再生してどれぐらい再生できるか。

起動は非常に早くて20秒あればつながる。Wimaxとはえらい違う。
発熱は結構する方でエネループカイロの弱ぐらいの暖かさ。

IMG_1125.JPG

再生時間6時間16分ほどで切れた。予想以上に持った感じ。

減った容量が1725mb→136mbまで。
376minで1589MB使ったのでストリーミングのビットレートは560kbps
といってもあまり画質は良くなかった。
Vulkanoは最高画質で2000kbpsぐらいは行くので、LTEの容量制限7GBがあっても8時間
持たないという計算。 やっぱりストリーミングは容量制限のないWimaxだな。

とはいえ持ち運ぶのに重要なエリアはWimaxに比べて間違いなく広い。
(Wimaxは都会でも地下が全滅・・・)
でMVNO込みで料金の選択肢がいっぱいあるDocomoのモバイルルーターも
選択肢としてありかと思う。 150kbps 980円/月なんてWimaxには無理だし。



追記

Screenshot_20121001153803

次の日に測定…、LTEでつないでも56kbps…。
これが300万パケットの速度制限か。

2012年9月26日 (水)

Google Nexus7用のカバー

IMG_1103.JPG

日本発売したのでそのうちいろいろ出てくるとは思うけどすでにに
Amazon.comで買っているのでそれのレビュー

i-Blasonというメーカーのケース、19ドルだったけど送料が15ドルぐらい掛かった。


IMG_1109.JPG
変哲の無いケース、価格からみてフェイクレザー。オレンジだったから買ったようなもんで。

IMG_1110.JPG
裏面、下のアナアナはスピーカの穴。ちょっと少ないけど十分聞こえます。


IMG_1112.JPG
本体は爪の6点で支えてる、意外としっかりホールドしています。
真ん中の爪が右にずれてるのと左側の爪が欠けてるのは…。

IMG_1104.JPG
爪を外して…。

IMG_1113.JPG
蓋の溝に本体を置くとスタンドになる。
溝が2本あるので、二段階スタンドでどっちも良い角度です。

IMG_1111.JPG
iPADのスマートカバーみたいにNexus7も同じ機能がある。
カバーを開けると画面が表示されて閉めると画面が消える。
このカバーもその機能に対応している。
多分カバーの爪にマグネットかなんか入っているのかと。
けど、いままでの癖で電源ボタンおすので意味がなかったりする…。

爪そのものは鉄芯入っててかなり硬いです。

IMG_1119.JPG

単体での重さは130gちょっと。Nexus7が340gなので足して470g
iPadよりはまだ軽いです

ちなみに、NFCはこのカバーつけたままでも認識します。

機能的には問題は無いんだけど、色が派手で合成皮革なので
色落ちしやすので結局カバーのためのカバーを用意するハメに…。

なので

IMG_1126.JPG

7インチタブレットにぴったりなスリップインケース買ってきた。
ケース込みで入れるとギリギリでちょっとはみ出る。むりやり引っ張ればなんとか入るけど。
ケース入れなければぴったり入ります。

まー日本製のいいやつか純正のプレミアム版でればそっちも検討したいところ。


色はちがうけど、日本でも取扱はあるそうで。

2012年9月25日 (火)

Nexus7 日本でも発売16GB 19800円

http://www.google.co.jp/nexus/#/7

もうサイトには出てるけど、19800円みたい。
いまならキャッシュバック2000円で実質17800円。

よく頑張った、Google。

あとは広告。

あとは時間の問題と思うけど、純正カバーとか
横置きの充電スタンドとかも出しほしいぞ。輸入せずに買えるのは楽だし。

とくに充電スタンドがほしい。

これで日本製NFCアプリがちゃんと動くようになるかな・・
カードは認識するけど認識してなかったので。

2012年9月23日 (日)

いま、Google Nexus 7を買ってアカウント登録すると2000円クレジットがもらえる。

Screenshot_20120923131243_2

http://support.google.com/googleplay/bin/answer.py?hl=ja&answer=2670129&topic=1046718&ctx=topic

Google Nexus7でGoogleアカウント登録すると、2000円分のPlayクレジットがもらえるそうで。
すでにNexus7にアカウント登録済みでも一旦削除して登録するとメールきた。

Screenshot_20120923132002_2

おまけに、トランスフォーマー ダークサイドムーンも付いてきます。
ちゃんと動画みたけど字幕ついてました。

この特典は日本だと10/31までなので、Nexus7の日本販売はそれまでにあるかもね。

しばらく使って Google Nexus7 レビュー 3 root化

IMG_1101.JPG

レビューの続き。

Nexus7はGoogle純正なのでroot化はツールがでまわっててかなり簡単かと。

手っ取り早いのはNexus Root Toolkit使って、Toolの中のドライバーをインストールしたあとに
UNLOCKとROOTボタンをポチポチと押すだけで完了します。
ROOT化する際にはデータ初期化されるのでバックアップ取るのが面倒なら
はじめからやっておいたほうがいいです。

検索すれば結構でてくるので詳細は省きます。

まず無駄に大きいアイコンの変更。
もともとインターフェイスがスマーフォン用らしくスマホのサイズにあわせた
画面サイズらしいので

systemフォルダのbuild.propファイルを編集
ro.sf.lcd_densityを213から変更、170以下の値で160ぐらいがいいらしい。
で再起動。

注意。

build.propはバックアップとってから編集しましょう。
しないとOSアップグレードする際にbuild.propのハッシュが違うぜって
弾かれます。つーか弾かれた。

もともとのホーム画面。

Screenshot_20120922113324_2

Screenshot_20120922214626

こーなる。時刻とかのインターフェイスもタブレット用に変わってるところを注目。

他にも

Screenshot_20120922212109

Screenshot_20120922205449

こんな感じで2ペイン表示に変わる。

Screenshot_20120922214653

横向きの表示もちゃんとされます。
DPI変えるとソフトウェアボタンが若干小さくなるメリットもあります。

Screenshot_20120922205214


Screenshot_20120922205505

dpiいじると、普通のアプリも文字が小さくなります。

個人的に160はちょっと小さいのでタブレットインターフェイスの限界値170にすると
今度はメニューが小さくなる。

Screenshot_20120922185033_2

Screenshot_20120922215004

こーなる。ちょっと押しづらい。
dpiを色々いじっていると、Playストアでアプリがこのバージョンには
対応していませんとエラーで落とせなくなるので
googleストアを一度アンインストールして五分ほどするとまた落とせるようになります。

でもdpiを170するとストアから落とせるアプリがかなり減るので、
結局160に戻すことに。

あとroot化するメリットのもう一つは外部ストレージが使えるようになること。
stickmountというroot化端末でしか使えないアプリがある。

IMG_1102.JPG

MicroSDスロットがないNexus7なので外部メモリ接続できると、かなりありがたい。
DVDドライブとかどうなんだろ、再生ソフトがないけど・・・。

ちなみにNTFSフォーマットだと読み込みしかできない、設定悪いのかなぁ
FAT32は問題なし。

Root化せずに使えるNexus Media Importerもあるけど見るだけだし
他のアプリからも見えないのでStickmountのほうが使いやすい。

結論
Nexus7、クアッドコアで1280×800の7インチでスペックが高く、
いろいろ遊べるのに19800円(249ドル)で安い。

中華パットみたいにスペックだけではなく、Google純正品としての
ソフトウェアのサポートもあるので買ったけどソフトが動かねーとかで
安物買いの銭失いにはならないはず。

サイズ的には家だけじゃなくて外でも使うのであればほんと7インチは
ジャストサイズ。

この軽さとこのサイズは、通勤電車で重いiPadを狭い車内で苦しそうに使っている
日本人向けと思う。

対抗馬としてKindle Fire HDが同じ価格で32GBででるけど、
Playストアがないというけっこう痛いところがある。

まーiPad Miniがででみんなそっち行くのはわかってますけどねぇ。

個人的には19800円なので衝動買いしてもその価値はあるからソンは無いと思う。
もし衝動買いしてイマイチでも通信キャリア契約じゃないので2年縛りもないから
さっさと売却という手もあるわけだし。

専用カバー買ったのであわせてレビューしてます。

2012年9月22日 (土)

しばらく使って Google Nexus7 レビュー 2 Android4.1

Google Nexus7 レビュー 続き。

OSが最新のandroid4.1がどうのこうのよりも、クアッドコアCPUのパフォーマンスと
1280×800の高解像度が際立ってる。

ちなみ海外輸入品でもにはじめから日本語選べます。

画面表示も広いけど、すごいところは動作がサクサク。
ipadと遜色がないらしい。

Screenshot_20120922113324

でもなんか知らないけど異様にアイコンが大きいです・・・。
なぜがこのホーム画面、横画面になりません。

googleの標準のブラウザがなくChromeブラウザがはじめから入っている。

Screenshot_20120922114113

Yahooのページのサイトを表示。
かなりの情報量出てくるけど、7インチなのでそれなりに見えます。

IMG_0990.JPG
Galaxy Tabとの比較。
同じブラウザじゃないのでそのままじゃないけど、細い。

ただAndroid2.3のGalaxytabと比較するとわかるけどハードキーがないので
画面の中にソフトキーが入っているぷん表示領域が狭い。
元々横幅がGalaxyTabと比べて狭いので余計にそう感じる。
縦ならまだましなところだけど。

IMG_1094.JPG
ソフトキー領域だけで0.9cmぐらいとってる。縦画面の長さは15cmぐらいなので
1/15ぐらい。
フルスクリーン設定で上の30×800のアイコンバーは消えるけど下のソフトキーは消えない。
領域でいうと80×800ぐらい、なので実質表示画面は1200×800。
これが結構大きいわけで・・・。そのあたりは何とかして欲しかったなー。
まーNexus7をroot化させるとある程度は改善できるのでできるだけ
Nexus7はroot化推奨。別の理由もあるので

ブラウザに関してはもうひとつ

Screenshot_20120922200139

Flashが動きません。
Chromeそのものが非対応でAndroid4.1そのものが動作保証していないので
仕方ないけど。

これの回避方法としては、FirefoxとFlash11をapkで入れればなんとかできる

Screenshot_20120922202944

壁、壁、壁・・・。


Screenshot_20120925032752

どっかのスカスカのマップじゃなくGoogle純正マップ。
GPSはかなり優秀ですぐに捕捉します。AGPSじゃないのに。
Galaxy Tabはこのマップ開くとフリーズしてたけどNeuxs7は
全然ないし軽い。

Screenshot_20120922120414

定番のquadrant standard edition。
スコアは3963、詳細を見ればわかるけどCPUパワーでゴリ押しです。


IMG_1017.JPG

ちょっとかわったベンチでBullet Benchmark。
GalaxyTabの倍近い差が出てます。

Screenshot_20120922150302

動画もMX動画プレーヤーでHardware再生でPT2のTSファイルそのまま再生できます。
ただね、スクリーンショット見ればわかるけどシークができないのですわ。
Mpeg2-PSだとハードウェアで再生できないし。
ソフトウェアならシークもできてそれなりに動くけど微妙にコマ落ちして
音声と映像がずれてくる。
あと地デジのビットレートの17Mbpsをストリーミングで安定して再生するのは結構難しい。

androidの動画プレイヤーってハード仕様がバラバラのせいか
これひとつで完璧なプレイヤーがない気がする。
デフォルトフォーマットであるmp4ならたいていはハードデコードしてくれるけど。

このあたりは中華パッドが完璧なんだけどねぇ、あれはあれで品質がが・・・。
TS再生以外はGalaxyTabのほうが良かったなーと。

プレイヤーはいまのところはMX動画プレーヤーがベター。
作者、もっとガンバレ。

Screenshot_20120922144304

Vulkano Playerは、Galaxy tabだとところどころフレームドロップしてガクガクで
よく同期が外れてたけど、Nexus7はqulityがHIGHでも非常に快適に表示されてます。
Not,NOTTV。ただし要2Mbps程度までのネット回線。Wimaxおすすめ。

IMG_1096.JPG

音楽に関してはBluetoorhがAVRCP1.0なので曲情報でません。音そのものは悪くないんだけどね。

デフォルトのアプリはGoogle製だけあってメーカー専用のアプリもなくかなりシンプル。
国産PCと自作PCぐらい入っているアプリが違う。
ないものはアプリをインストールすればいいわけで、
KindleFireと違いGoogle純正なので当然Playストアが使える・・・。

つかえるんだけど、Android4.1というOSが出たばかりなので、
4.0でさえ対応するアプリケーションがすくないのに4.1だと更に少ない。
個人的にEye-FiとMyTracksがインスールできなかったときはかるく絶望してた。
これは時期に対応されることもあるので、時間が解決してくれるかと。
apkファイルがあるなら直接いれてもいいけど、これもroot化すればかなり改善されます。

Screenshot_20120922185033

IMG_1118.JPG

PerfectViewerは普通にインストール可能、GalaxyTabと比べてサクサクに動作してます。

新書サイズの一回り大きく340gの重さは片手で持っても長時間持たないかぎりは
大丈夫な重さで、通勤時にはかなり見やすい。
新書の文庫が300ページぐらいて250gだったので太い新書を片手で持つ感じかなと。
Nexus7の本体は340gなので
自炊ビューアとしては優秀です。
画面は実物よりは二回り小さいけど1ページ表示なら拡大して見る必要はないはず。

IMG_1097.JPG
意外なところで、Galaxyシリーズでは認識しなかったWiiのコントローラーを認識します。
R-typeはボタンのアサイン変更すればようやく普通にプレイができるようなった。
これは嬉しい。当然Wiiコンにクラコンつけても動かせます。
ちなみにroot権限じゃなくても動きます。

IMG_1098.JPG
ついでですが、OTGケーブル使うと、なんのアプリも入れずに
Xbox360の有線コントローラーも動きます(rootも要りません)。無線は無理っぽい。
これはandroid4.0かららしいです。
ちなみにR-typeは十字キーは動きますが、ボタンがアサインできません・・・。

IMG_1099.JPG

コントローラが使えると入れたくなるのがエミュレーター。
普通に動作してます。クアッドコアさまさまかと。

IMG_1100.JPG

こっちのエミュは動作が不安定だけど一応動いてる。Galaxytabだと重かった。
BTがHID対応してるのでBTキーボードで操作できるはず・・・。

Pc8801とかもでてるんだね。あとはX68000とFM-Townsがあれば・・・。

動作に関しては文句なくサクサク、バッテリーに関しても3Gモジュールが搭載されていないせいか
アイドル時のバッテリーの消費はかなり低いとおもう。GalaxyTabと比べて。
動画がちとがっかりなところ以外は満足。

ソフトウェアの互換性に関しては今後の対応次第ということかと。

じつはまだ続きます。

しばらく使って Google Nexus7 レビュー 1 仕様と外観

IMG_1083.JPG

一ヶ月ちょっと使ったので感想。
初代のGalaxyTABからの買い替え。

スペック
・画面
1280×800 7インチディスプレイ(216ppi)
IPS液晶 
コーニンググラス(ゴリラガラスではない模様)
1.2Mフロントカメラ

・ボタン
電源とボリームのみ

・重さ
340グラム

・メモリ
メインメモリ 1GB
ストレージ 8GB or 16GB
MicroSDスロットなし

・バッテリー
4325mAh

・プロセッサ
Tegra 3 Quad Core 1.3GHz

・サイズ
198.5 x 120 x 10.45mm

・ワイヤレス
Bluetooth 3.0
対応プロファイル
(HFP1.5,A2DP 1.2,AVRCP 1.0,PAN 1.0,HID 1.0)
(OPP 1.0,PBAP 1.0,SPP(RFCOMM),HDP 1.0)

WiFi 802.11 b/g/n
NFC

・外部入力
MicroUSB (充電端子兼用)
3.5マイクロフォン端子

・その他
加速度センサー,GPS,方位センサー,ジャイロスコープ

バイブレータはついてません。
MicroUSBはOTGケーブルは使えるけど、MHLは使えない模様。

価格
8GBモデルが$199(15555円)、16GBモデルが$249
(19400円)

個人輸入で299ドル(24000円ぐらい)で購入。
輸入品は発売当時は3万円オーバーだったけどいまなら27000円程度までさがってるので
そっちでも買っても問題ないかと。
追記:つーか国内販売始まって価格崩壊がはじまってる模様で・・・

まー目に見えてわかるところでは自前で通信ができず、MicroSDスロットがないぐらい。

HD画面で軽くて、クアッドコアでGPSとかNFCとかあってバッテリーもでかい
のにこの価格というのがNexus7の最大のウリ。

IMG_1084.JPG
どう見てもカバーの寸法間違っているだろと言いたいカバー取り外し。
ものすごい固いです、通化儀式。

中は本体とMicroUSBケーブルと充電アダプタのシンプルな構成。

IMG_1085.JPG
アダプタの出力は2A、端子は北米用はそのまま日本でも使えます。
ほかのアダプタ使う場合はいつものように
DATA端子プラスマイナスをショートさせないと充電できません。


IMG_1019.JPG

実測で343g。GalaxyTABより軽いし薄い。

IMG_1087.JPG

裏面はエンボス地ですがただのプラ製。
文字はどこぞのメーカー見たいに自己主張して無いです。
下の横長い穴はスピーカ。縦向きに合わせた配置です。
個人的には横向き配置の方がいいんだけどね・・・。

ロゴみればわかるけどNexus7はサムスンではなくASUS製です。

ちなみに、nexusって書いてるところにNFCのセンサーがあります。
対応アプリ少なすぎて使い道ないけど・・・。

IMG_1088.JPG
右側、電源とボリュームだけ。
ちなみにスクリーンショットはボリュームの下と電源ボタン同時押し。
Galaxyの戻る+電源と違って失敗したら戻るっとことがないので楽。
画像はsdcard/Picture/Screenshotsに入ります。

IMG_1090.JPG

反対側、左の4つの穴は電源端子で別売の専用ドックの充電端子かと。
何気に穴が開いてます。
排気とかスピーカーの抜けとかかな。

IMG_1089.JPG
上の左側の穴はマイク。 skypeとかに使えます。

IMG_1095.JPG

画面は発色が綺麗だけと映り込みが激しいところ。
前面にハードキーはついてなく、ホームキーとかバックキーとかは
ソフトウェアのキーです。
フロントカメラは上部についてます。

外観上での感想は、
思いっきりコストリダクションしてるなという印象。
スエードで見た目だけは高級感なんだけど実際触るとアレって感じ
つーかカバー外すのにネジ一本要らないところからちょっと落としただけで
外れたんてすわカバーが。
いい意味で行ったらバッテリーの交換が簡単ということでもあるんですけどね。

外観だけは価格相応なきもするなーと。MicroSDスロットがないのも。
その分中身がすごいわけで・・・。

その2に続きます。