2016年7月17日 (日)

eo光 を100Mから1Gへ

eo光を2002年の11月に工事費三万払って引いてから13年8ヶ月ちょい。
端末装置の保証期限が切れたので交換するとのハガキが届く。
今年の頭からスループットが異常に低くなっていて網内で1Mbpsとかになるぐらい
遅かったので端末壊れかけてるのかなぁ?

ということは宅内工事あるの? めんどうだなぁ(掃除が)。

宅内工事するならいまは+309円/月で1Gコースができるし
いまなら切り替え工事は0円というならちょうどいいかなぁということで切り替え工事依頼。

二週間程度で宅内工事。
装置の交換とおそらく接続先のセンターとの切り替えで30分掛からずに終了。
ルーターのRT-AC68UはWAN 1Gbps対応しているしPPPOEの設定もそのままなので
PCの設定何もしないであっという間に復旧。

で、実際どんだけ変わったかというと

01
たしかに網内のスループットは400Mbpsオーバーで数値で実感。


2016-07-17_09-27-31

スマホの11ac(433Mbps)接続でも100Mbpsオーバーは出る。


んで、実際のウェブサイトの表示は気持ち速くなった程度。
やはり道路の道幅が広くなっても相手側が広くないとあんまり意味が無い感じ。
ただ、相手側の道幅が広い大きいサーバーがあるところはかなりの体感できる
Youtubeの4K動画とか、シークさせるとすぐにフリーズしてたけどギガにしたら
そんなこともなく快適に再生できる。
Steamのゲームのダウンロードとか異常に速くなって実感できる。

13年前のFTTHに変えたときの劇的な変化は無いけどプラス300円で
快適になるならありなのかと。ほんとギガも安くなったな。

2016年7月11日 (月)

Xiaomi Mi Pad2 買ってきた

日本以外情勢が変化して突然の円高。
これは個人輸入でしょー。

つーことで前々から欲しかった。
4:3タブレットのXiaomi Mi Pad2をBestGearから輸入
送料込みで26000円ぐらい。
androidタブレットにはあんまり興味ないのでWindows10の64GB版

中国からのDHL発送なので三日程度で届く、速い。

xaiomi MI Pad 2 届いたー

P7060488.JPG

多分液晶パネルはiPad miniそのまま使っているんだろうといわんばかりのそっくり感。

P7060489.JPG

重さは331gで8インチクラスのタブレットでは平均かと。


P7060491.JPG

家の転がってるGalaxy Tab 7.7 PLUSと比較。
本体のサイズは変わらないけど、表示領域はだいぶ違う。

Win10とはいえ英語版なので日本語化が必要。
ただWin10は無料で日本語追加できるので検索すればそんなにかからない、
androidより全然簡単。
CPUはATOMなので、初期起動直後のアップデートの嵐の時は非常に遅いけど
それが終わればそれなりに快適。
Core MのVenue 11 proのサクサク感はさすがにないけど、最低限の動作はしてくれる。
ただRAMが2GBしかないのに64bit版つんでるのでメモリが心配。

4:3のタブレットを選んだのはやっぱり電子書籍。

P7100493.JPG

B6サイズコミックの一回り小さいサイズだけど、16:9のパネルよりは表示サイズは大きい。
今更ながら見比べるとNeat Imageのフィルターで裏地ほとんど消えてるなー。
Pro版買った甲斐あるな。

20160707_055732

Retinaパネルのおかげで、横向きの見開きでもはっきり見える。
断裁が斜めきりなのが良くわかる、まっすぐ切るの難しい。

ちなみにWindows10でのコミックビュアーはPicoViewer一択。
300ゲイツの有料だけど価値はあります。

あとは、質感は中華パッドらしくない手触りもいい、中華パッドといえば電源管理がザルで
スタンバイにしてるのにあっという間にバッテリーゼロとかあったけどMi Padは全然減らない。

いろいろいい感じだけど悪いところも
・MicroSDスロットが無い。
 64GB固定になるのでアプリの断捨離が必要

・LTEモデムがない
 個人的にはLTEモデムがあれば(BandClass19があれはなお)最強なんだけどね・・・。

このハード構成で4GBRAM+LTEモデムがあればマジ最強なんだけどねぇ。

P7100492.JPG

艦これがAndroidでもできるようになったのでWinタブ唯一の利点はエロゲーぐらいしか・・・。
フルHDゲームでもこんだけ余ります。

来るまで中華タブとバカにしてたけど、結構いい感じでXiaomi、恐るべし。

2016年7月 3日 (日)

NAD11のWimax2+契約月なのでmineoのau sim入れ替えてVenue 11 PROと併用

二年前に購入した、NAD11
環境が変わって使い道がほとんど無く、ようやく更新月になったので
Wimax2+の固定額もバカにならないので解約。

余ったNAD11をどうしようか・・・
・DMM MobileぶっさしてるVenue11 Proのモデムはauの800MHZの
 BandClass18補足するなー
・auのsimはwimax2+使える、MVNOのmineoのau simも同様
・いまのスマホはmineo docomo simにMNPしてるなー
・mineoはdocomo simもau simどちらでもパケットシェアできるので
 無駄が少ない・・・。

という点でDMM Mobile解約してmineo Aプランへ変更。
最低額が1GB/700円とDMM Mobileの200kbps/480円よりやや高くなるけど
あまったパケットはメインのスマホとシェアできるので無駄になることは少ないはず。

P7030484.JPG

Amazonで投げ売り中、エントリーパッケージ。
コードが付いてて登録時に打ち込んで契約するパターン。

P7030483.JPG

で二日後にSIMが届く。
データSIMの所為か、普通にポスト投函されててちょっと驚き。
通話SIMの時は本人確認した気がするんだけど・・・。

ちょうど7/1なので先にWimax2+契約しているワイヤレスゲートの解約を実施。
相変わらずここはwebで解約するとすぐに使えなくなる。
その分、日割り計算なのでありがたいところ。
ちなみにDMM Mobileは月末締め。

SIMそのまま突っ込んでも接続できないのでNAD11のSIM入れ替えでWifi経由でつないで設定。
スクリーンショット (35)

ネットワーク設定のプロファイル設定で、mineoの設定を作成して
接続設定で作ったプロファイルを選択すれば接続できる。

P7030485.JPG

あっさり接続、当然だけどWiMAX1のノーリミットモードでは繋がらないので注意。
ハイスピードモード限定。
ぶっちゃけWimax1とWimax2+のエリアはほとんど変わらないので余り問題は無いはず。
どーせ数年でWiMAX1は停波ですよ。



Venue 11 Proも設定
P7030482.JPG

SIMもぶっさしてAPN設定で簡単に動くと思っていました・・・。

が、シグナルを受信しない・・・。

調べると、Dell Wireless 5810eのバージョン1.0.25、A07だと、docomoの繋がりはよくなるけど
auは全く繋がらなくなるらしい。
年末にDMMのSIM繋ぐためにファーム上げて調べてたけどその時上げたなーと。
一つ前の1.0.25,A06ではau繋がったけど、ドライバーそのものが不安定なので
最新のバージョン1.0.26、A08をインストール。
このモデムドライバー、インストール終わった後に10秒後ぐらいに
突然勝手にファームを上げ始めるので注意。

20160701_062251

APN設定したらあっさりと接続済みに。
家の目の前にauの基地局があるのでスループットは良好。

スクリーンショット (36)

NAD11 のWimax2+
登りが遅いのはwimax2+の仕様
UQの契約と違ってパケット定額ではないのであんまりメリットはないかなぁ。

スクリーンショット (37)

Venue 11 Pro のLTE
充分サクサク。

日曜の昼間だから出るスループット、docomoのMVNOみたいに
平日の昼の12:00にどれだけ下がるかな。
意外と下がらないなら、Docomo MVNO差してるGalaxy Note3から
auのGalaxy Note Edgeにしようかなぁ。
mineoのdocomo sim→au simの切り替えもできるみたいだし、
知らない間に、Galaxy Note3 800MHZのLTE補足しなくなってるし
そろそろ壊れそうな気がするので・・・。

2016年6月12日 (日)

NASのケースをSST-SG11Bに変更

あまりものでNASを組んで四か月、気温もあがりファンが非常にうるさくなってきた。
実際にHDDも触ると結構熱持ってる。排熱しきれていないからファンも止まらない。
このまま盛夏迎えるとHDDの二台がダブルで飛ぶ可能性もあるのでケースの交換

いろいろ悩んで、SST-SG11B
3.5インチHDDが三台詰めるのとHDDの冷却に12cmファンをつかってるところがポイント
2.5インチHDD9台詰めるらしいがだれが突っ込むのかと・・・。

P6120455.JPG

microATX用のキューブケースは

デカイです。

ミニサイズを求めるならMiniITXにしましょう。

P6120457.JPG

右側のファンブラケットはビデオカード冷却用、8cmファンが2つで冷却できる。
でも、

小ケースでハイエンドビデオカードはやめよう。

見た目にこだわるのはいいけど、確実に寿命が短くなるよ。1,2年ぐらい。
以前キューブケースで補助電源がいるPC組んだ人々がみな一、二年でつぶしてる
経験からそう思う。
ファンレスなんかすると半年でつぶれるぞ。

やるなら補助電源なしのミドルクラスのビデオカードにしませう、それで十分。

P6120459.JPG

3.5インチHDDブラケットは一応取り外し可能。
ビデオカード冷却ファンのブラケット外してから下からねじを外す。
でもこれ、HDD逆さまにしないと3台入らない。
若干の無理やり感、ちゃんと固定できればHDDは向きはどうでもいいんだけど。

P6120456.JPG

HDD冷却用12cmファン。1100回転ぐらい。厚さは5cmぐらい?
ペリフェラルかと思えば、普通の3ピンファンコネクタ。
12cmなので風力はそこそこで静か。

P6120460.JPG

5インチベイの上側に2.5インチが二台マウントできる
こんな感じで隙間隙間に2.5インチベイがいっぱいある。
SSDならともかく2.5HDDは発熱あるから設置はあんまりおすすめしづらいところ。

P6120462.JPG

一応ついてるCPUクーラーも薄いし、電源はACアダプタ化してるし
拡張ボードはまっさく差さないのでケース内スカスカ。

組み込み完了してSSDの中身は変えていないので電源入ってNAS立ちあがれば終了。
HDDも冷却充分。ファンも大型で低音なのでフル回転でも全然気にならない。

でもこのケース、HDDのLEDの場所が分からない。

P6120470.JPG

PowerのLEDは指で押せないリセットボタンのL字型のLEDだけど

P6120468.JPG

バラしてみたらどーもL型の半分はHDDのLEDらしい・・・。
全然わかんないですけど・・・。だれだよこれ設計した奴。

アルミ箔を真ん中に挟み込むと多少はましになるけどでもアクセスLEDがわかりづらい。

P6120469.JPG

で、何故かLEDのレンズが前向きも付いてるので

P6120477.JPG

ピンバイスで前面に穴二つ開ける。
相変わらずHDDアクセスLEDは見づらいけど・・。

P6120481.JPG

ケースを高いところに置いているので上面のLEDは全然見えないので
横からLEDが見えるようになったのはいい感じ。

これで夏を乗り越えられるか・・・。

2016年2月 7日 (日)

余りものPCパーツでNAS構築 その3 ACアダプタ化で簡単静音・・・・とはいかなかった

完成したけど、とにかくうるさいNAS-PC

P2060060.JPG

ファン全部フル回転時はのノイズは52db。大体普通の会話レベルの音。
そんなに高くないとおもうけど、NASである以上常時電源ONなので
となりずーと会話しているようなもんだから、このレベルはかなり気になる。

P2060061.JPG

ケース内のファンを止めて電源ファンだけにしても47dBまだ結構気になるレベル。
でも、これだと夏を乗り越えられない。

元々このマザーボードで録画PCとして使ってた時はACアダプタ稼働させていたので
(途中で12Vがヘタったので交換した)
電源をファンレス化という意味でACアダプタに入れ替え。
ほかのSFX電源でもいいんだけど高いんだよね、SFX電源。

P2060062.JPG

SFX電源ブラケットもついてて安心取り付け、と思っていた時期が僕にもありました。

くっつけるとダメなところがいろいろと・・・。

だめなところ、その一

P2060064.JPG

SFX電源がケースの前の方に付いてケースの後ろ側に延長ケーブルで伸ばしている。

P2060065.JPG

なのでACアダプタ電源のSFXブラケットつけるとここから外にACアダプタのケーブルを
繋ぐ必要がでてくる。

P2060066.JPG

さすがにかっこ悪いので、電源コネクタSFXブラケットにつけずに裏から後ろ側に・・・。

P2060067.JPG

元々電源ケーブルの部分からACアダプタケーブルを通してなんとかクリア。
かっこ悪いけど・・・。

だめなところ、その2

写真撮り忘れたけど、SFX電源ブラケット付けてケースにつけると電源基盤が長すぎて
マザーボードに付ける電源ケーブルが5インチベイに干渉して嵌らないという・・・。

なので・・・

P2060068.JPG

ブラケット外して、無理やり固定・・・。片方はワイヤー、結束バンドでも良かったけど。
斜めになってるけど当たらなければどうということはないって偉い人いってたので大丈夫。

P2080073.JPG

横から見るとこうなる。 大丈夫、当たってません。

P2060070.JPG

あと、HDDクーラーの取り付け方を変更
ミリねじとナットで、HDDクーラーを5インチベイの下側に取り付け。

P2060071.JPG

HDDは5インチベイの反対側逆さまに固定。 吸い上げで冷却できればいいなぁと。
ケースにとりけるとHDDクーラーの真下にHDDが付くので

P2080072.JPG

下のHDDは吸い込んだ風で冷却・・・・、できればいいなぁ・・・・。

あとは別途ファンコンなんて取り付けるスペースがないので
マザーボードのケースファンのピンにケースのファンの3ピン側をつけて
あまったペリフェラルの4ピンにHDDクーラーの電源つけて一緒に回して
無理矢理ファン回転制御。

P2080077.JPG

あとはBIOSでケースファンの設定を最低回転数(60%)に設定、
40℃超えたらフル回転設定に。

P2080075.JPG

ファン回転数60%で44dB、もうちょっと下げたかったけどまぁこれぐらいなら。
12cmファンを低速回転で冷却する録画PCの動作音も同じぐらいなので。

P2080076.JPG

ファンフル回転だど、電源変える前と全然変わりません・・・。
夏はこれぐらいじゃないとHDD飛ぶから仕方なし。

これで一応完成だけど、あとは夏を乗れ切れるかどうかやねぇ。


2016年2月 6日 (土)

余りものPCパーツでNAS構築 その2 FreeNAS 9.3 インストール

NAS用のPC組んだら、OSインストール。
Windows7アカ余っているのでWin7いれてWin10にしてもいいんだけど

NASに求めるものは
・SAMBAでファイル共有
・DLNAサーバーでテレビで動画再生
・FTPサーバーで外部アクセス

できればいいのもの
・DDNSクライアント
・VPNサーバ

ぐらいなので、FreeBSDをNAS専用にしたFreeNAS入れてみようと。

FreeNASインストールはそこまで難しくもなく
・Free NASのISOダウンロード
・Win32 Disk ImagerでUSBメモリにISOを書き込む
・NAS本体をUSBブートしてSSDにFreeNASをインストール

まっさらなwindowsをインストールしたことあるならそんなに難しくない
ただ全部英語だけど。
ここでを気を付けるのは、インストールに使ったUSBメモリ。
Windowsの仕様でUSBのメモリのパーティションが弄れないので
後で使う場合はlexar_usb_formatでフォーマットしないと
370MBのUSBメモリになるので注意。

P2030056.JPG

インストールして再起動、五分程度でここまで立ち上がったらあとは他のPCから
IPアドレス打ち込んでアクセス

あとほとんど外からできるので、NAS-PCは電源ケーブルとLANだけ繋いで放置でOK。

01
あとはよくあるNASと同じ・・・、とはいかずいろいろ面倒。
Wizard使えばある程度自動でできるけど。

・SYSTEM、General、Language、JapaneseでGUIの日本語化
・アカウントの追加設定(FTPアクセスしたいアカウントは、補助グループにftp追加)
・NICの設定(mtu設定変えたい場合は、オプションにmtu 数値を 追加)
・ストレージのボリュームの作成
・ボリュームの中でDatesetを作成
・作成したDataSetのパーミッションの設定
・共有のCIFSの追加で、DataSetを指定して共有
・サービスでCIFSをon
→これでようやく、Windowsのネットワーク上のコンピュータに出てきてアクセス可能
 (フォルダ名はDatasetの名前になる)

・サービス→FTP、FTPとして使用したいパスを指定、
・高度な設定のパッシブモードのポートの最小と最大設定(間は1024以上推奨らしい)
・ルーターでFTPのポートとパッシブ用のポートを開放
→これでFTPのパッシブモードで外部アクセス可能になる 
   ただ、ieのFTPクライアントはどーやっても文字化けする。
   FirefoxとかChromeは問題なし。

・プラグインから、PlexMediaServerをインストール。(結構時間が掛かる)
・Jails→plexmediaserver_1→ストレージ→add Storage
 Sourceは公開したいディレクトリ、DestinationはMediaServer側に表示する
  ディレクトリ(Sourceのファイルが表示される)
・プラグイン→Plexmediaserver
 "Click here to access your Plex Media Server"の
 here部分をクリックしてメディアサーバーWebを開く
・左上のPLEXMEDIASE...のとなりの"+"をクリックしてライブラリの種類選択
 " フォルダを追加"で上のadd Storageで追加したフォルダーを選択して保存を選択
  自動でフォルダ内更新してライブラリに追加される。
→これでDLNAサーバーが機能して使える。

他にいろいろ細かい設定もあるんだけど、最低限これで目的のNASの動作はしている。

あとは元のNASからファイルをftpでもいいんだけどフォルダとかが面倒なので
別のPCからsamba経由でフォルダごと転送。
ただ、これをやるとフォルダとファイルの更新日時がすべて転送した時間になるので
フォルダタイムスタンプ更新ツールで更新日時を作成日時に戻す。
Dtimeでやるとまとめて更新できるので時間はかかるけど簡単に戻った



いままでのNASと簡単比較

Qnap
QNAPのTS-110

FreenasFreeNAS
HDDが違うので正確じゃないけど
二倍近いスピードがでてる、体感できるぐらいの速度差。

FTPも外からWiMAX2+のフルスピード(20Mbpsぐらい)で1GBぐらいの動画ダウンロードしても
途中ダウンロードが止まることなく安定して出来ている。

五日程放置してるけど安定動作中。
設定は面倒だけとしてしまえば放置でいいのでこれで運用。

最大の問題はソフト的な問題ではなく、ケースがうるさいのでそっちをどうにかしようかと。

2016年2月 5日 (金)

余りものPCパーツでNAS構築 その1 組み込み

今使ってるNASのQnapのTS-110、4TB HDD突っ込んでるけど容量もそろそろやばくなり
、1ベイだし、5,6TBHDDってまだ結構高いし、それ買ってもまた同じ容量が問題がでてくるし、
FTPサーバーが腐ってて、外から負荷かけるとリスタートしてPassiveモードがローカルIP吐き出して
そとからアクセスできなくなってるデータ転送が止まったりとバグがいまだに直らない。

そろそろ七年経つので、スペック的にも新しいものがいいなぁ、でも2ベイのNASたっけーな。

そういや、
年末実家のPCをA8-7600セットへリプレイス、
そのあまりのAthlon X2 235eセットを録画PCへリプレイス、
そのあまりで出たE-350マザーが宙ぶらりんで余っているので
それでPCをNAS化にしようかと。省電力CPUファンレスだしNASにはちょうどいいし。

と、いうわけでPC組んでNASにする計画発動。

PCをNASにするメリット
・PCならSATAのポート分だけHDD増設できる(スペースはケース次第)
・NASよりスペックが無駄に高いのでスループット等のレスポンスがいい
・個人向けNASだと窒息ケースが多く、エアフロー確保してHDDの高寿命期待できる(ケース次第)
・余ってるPCパーツで組めば安くつく
などなど。

まずは入れるケース。
Mini-itxマザーがあれば小さいキューブケースがいいんだけど
余っているのはMicroATXのマザー、拡張ボードなんて差す気ゼロなので
MicroATXで特大サイズのDragonSlayerが家に転がってるけど
もうちょっと小さいのがほしいので、LowProfileケース物色。
とりあえず、3.5HDD二台入ればいいなぁということで
Aero Cool Cs-101 Black チョイス。

このクラスだとOSIRISとかKT-MB103もあるんだけど、どっちも実際見て
似たようなものだったしCS-101は触ったことないのでどーかなぁとおもったけど
USB3.0が二つ付いてるとか差異はあるけどやっぱりどれもそんなに変わらなかった。
見た目で選んでもいいかと。 どれにしても電源は煩いです。

P1280051.JPG

システムインストール用にSSD、Iconia Tab W500のぬけがらともいう・・。
SATA変換アダプタがビスで止まらないのでワイヤー固定。
SSDは振動に強いのでまぁいいかと・・・。

P2030054.JPG

組み込みはケースが膝の上におけるいいサイズなのでサクサク組める。

P2040057.JPG

本当は流用したいところだけど、今ついている4TBを移行するにはやっぱり
4TB HDDがいるのでHDD新調、これと元々の4TB HDDで8TB運用。
ミラーリングは考えてません。

P2030053.JPG

常時電源が入るNASのHDDは冷却最優先事項だけどこのサイズでエアエロー云々は
難しいので、直接HDDを冷やすクーラーで。
低速回転静動とかいってるけど、これ爆音です。

P2040058.JPG

HDDクーラー付けるとビスが合わなくなる罠発動。
幅は5インチベイピッタリなのでそのまま置いておくことに・・・。

P2030055.JPG

これで完成、電源いれるとファンが爆音で超煩い・・・。


2016年1月 4日 (月)

RT-AC68U 買ったけどAmazonで初めて初期不良品喰らったりいろいろあった。

RT-N66U使ってたけど、11acでつなげれる端末がGalaxy Note3とVenue 11 Proと増えてきてるし
AmazonでちょくちょくタイムセールしていたのでRT-AC68U注文。

20151227_143500.jpg

PC270028.JPG

無線LANのパスワード貼りっぱなし、RT-N66Uと写真ではそんなに変わらないけど、
一回り大きい。

PC270029.JPG

裏は結構違う、RT-N66Uは元々水平置用でスタンド立ててるけどRT-AC68Uは
斜め置き前提なのでLanポートの後ろの下側。

PC270030.JPG

光り輝くASUSのパネル、実に無駄な機構だ。

が、しかし動作がなんか変??



LANケーブル繋いでも、ケーブル認識しない。
どうみても再起動繰り返している感じ。

これは、いわゆる初期不良か??
Amazonで買ったから交換面倒かなぁと思ったけど
注文履歴の商品の返品・交換クリックしたら
不具合詳細記載したら、すぐにできた。 便利だなぁ。

02

処理も終わって梱包するかとRT-AC68Uみたら普通にLED点灯して
LANケーブルも認識しとるんですけど。
ファームでも書き換えてたのかなぁ、これじゃあ正常品じゃん。
Amazonに交換のキャンセルしないと、と思って
再度Amazon 注文履歴みたけどキャンセルの項目無いんだよね・・・。
仕方ないのでカスタマーセンターへ連絡。

アカウントサービスの一番下にカスタマーセンターへ連絡のリンクがある。始めて知った。
03


カスタマーサービスに連絡クリック

04


対象の商品選んで

06

2.問い合わせ内容に
・返品、交換、返金
・交換
・商品の不具合、付属品の不足、箱と中身の不一致
選んで

3.問い合わせ方法
チャットの方がログが残るのでチャット選んだら
問い合わせ内容記載してチャット開始、ほんとに一分掛かんなかった
夜の20:00なのに・・・。

07
キャンセルしたいと要望したらあっさりとOKで終了。
実に簡単だった。

ちゃんと動くので、PPPOEの設定とかいろいろやって正常動作することを確認して就寝。
エージングを兼ねてそのまま電源入れたままにしてたんだけどさー

で、朝起きたら電源入らなくなっとるんですわ!!

LEDも付かないしウントモスントモ言わなくなった。
Amazonへ交換のキャンセルのキャンセルかよと同じ方法でカスタマーサービスへ連絡。
朝の8時だけどチャットもすぐに対応してもらい、その日の夜に代替品が届いた。
ちなみに故障品に関しては、別途メールで返品方法が記載されていて
・バーコード付いたラベルを印刷して梱包と商品に貼りつけ。
・メールに記載されているリンクからゆうパックに着払いで集荷依頼。
・集荷きたら渡す、送付先も送付元も記載済みなので印鑑押すだけ。
・Amazonに届いたらメールが届く。
Amazonの梱包ってラッピングしてるから返却の梱包材がちょっと面倒だけど実に簡単。


正常品が届いて動いてしまえば、メニューはRT-N66Uとほとんど変わらないので簡単。
最大の違いは11ac対応

02
Galaxy Note3は433.3Mbps、Venue 11 Proは866.7Mbpsでリンクしてる。
Galaxy Note3は11acといっても1×1 MIMOなので433.3と低め。
Venue 11 Proは2x2 MIMOなのでその倍になってる。
最新のスマホ(Nexus6とか)は2x2 MIMOらしい。

というか、3x3 MIMOに対応した端末って見たことないんだけど・・・。

大雑把なベンチマーク、RT-AC68UとRT-N66Uとの比較。
LAN Speed Test (Lite) v1.3.1 (Free)で100MBのライトとリード
五回測定した値の平均値
無線LanはVenue 11 Pro で確認
ルーターは2Fに設置。

有線LAN
RT-AC68U   RT-N66U  
Write Read Write Read
598.058 470.958 584.658 448.154
無線LAN 目の前 5GHz
RT-AC68U (11ac)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
154.86 422.884 149.15 190.724
無線LAN 1F測定 5GHz
RT-AC68U (11ac)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
117.176 135.836 72.886 68.546
無線LAN 玄関測定 5GHz
RT-AC68U (11ac)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
16.50667 18.23667 30.30333 42.39333
無線LAN 目の前 2GHz
RT-AC68U (11n)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
81.124 100.648 83.236 103.374
無線LAN 1F測定 2GHz
RT-AC68U (11n)   RT-N66U (11n)  
Write Read Write Read
56.368 97.546 49.27 80.72
無線LAN 玄関測定 2GHz
どっちも圏外で測定不能

2GHzの無線LANは同じ11nなのでほとんど変わらない。
5GHzは受信スループットは倍近い速度、目の前だと
有線とほとんど変わらないぐらい速い。

USB2.0の転送限界の480Mbps近いので、
USBの11ac無線LANアダプタは使う場合はUSB3.0が必要。

しかしどっちにしても玄関全く電波届いてない・・・。
そんなに距離遠くないのになんでだろ。

あと

PC310032.JPG

RT-N66Uでは普通につながっていた、WLI-TX4-AG300NがRT-AC68Uだと全然つながらない。
セキュリティ無しすると繋がるけど、WPA2にするとIPが割り振れない。
Wimax2+のNAD11のWPA2は繋がるので多分相性問題・・・。

PC300031.JPG

家に転がってたプラネックスの無線LANコンバータで対応、1FのTVに接続用で
ポートは一つあればいいので。


1300Mbps対応を謳ってるけど
3x3 MIMO対応のスマホなんていまのところ存在しないし、
4x4 MIMOはWimax2+で使ってるけど他のキャリアとかスマホは当分先だし
866Mbpsのルーターあれば当分問題ない気がするな・・・。
ASUSの3x3のモデルないけど。

ヘビーユーザーが家族に多い場合は、1300Mbpsのリソースを有効に使える
MU-MIMO機能効くのでそういう環境ならいいのかもしんない。

余ったRT-N66Uは全然届かない玄関先にリピータモードでおいてみますかねぇ。


2015年12月25日 (金)

Dell Venue 11 Pro 7140 用に Mobile Power その後

モバイルバッテリー買ったけど、ピッタリのケーブルが無いので・・・

PC210005.JPG

充電専用のMicroUSBケーブルちょんぎって。

PC210008.JPG

共立で買ってきた、外径5.5m、内径2.5mmのDCコネクタにはんだ付け。

PC210007.JPG

これでバッテリーと一本で接続できた。
ケーブルが短い+充電専用の太いケーブルなので充電が速い。

でもわざわざはんだこてしなくても

PC220009.JPG

MicoUSB⇔DC 内径2.1ケーブルというニッチケーブルが共立に売ってた。

PC220012.JPG

バッテリー付属のケーブルと繋げれば結構短く接続できたりする。

2015年12月24日 (木)

さらば、M-NV1BRBK。

PC210002_1.JPG

9台同時にマルチペアリングできるマウス、M-NV1BRBK。

マルチペアリングできるマウスはいろいろあるけど、切り替えボタンが裏にあって切り替え面倒
なのが多い。素早く複数の切り替えができるマウスがこれ以外にないというオンリーだったけど
とうとうホイールが死亡して使えなくなった。
同じマウスを買おうとすると生産中止でプレミア価格。

PC210001.JPG

結局、おなじエレコム製の新型EX-Gのマウス。
新製品なのに半額近く割引されている、エレコム製品の宿命。
Lサイズの方が安いけどちょっと大きすぎるのでMサイズ。

PC210004.JPG

Ex-Gの新型はスライドスイッチでマルチペアリングできる、でも二台だけ・・・。
前のモデルにあったカウント数切り替えもなし。
でもマウスを持ち上げずに切り替えできる。
まぁメインPCと録画PCが切り替えできればいいので良し。
時々タブレットつなぐときは、まぁ再ペアリングで。

PC210003.JPG

M-NV1BRBKとサイズは変わらないけど今どきな親指あたりがえぐれてる。

操作感覚はM-NV1BRBKより良いけど、やはり四台位ペアリングしたいなぁ・・・。